NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年02月02日 更新 | 2,505 views

ダイエット中こそ朝食を食べて、健康スリムなカラダになろう♡

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

ダイエット中はごはんを抜きがちですが、実はダイエット中ほど、炭水化物とタンパク質、野菜がしっかりそろった朝食を食べたほうがいいんです。朝食を食べると体内時計がリセットされ、体温が上昇するので、1日のエネルギー代謝が活発になったり、腸の蠕動運動が激しくなったり、便秘を改善したりする効果があります。朝昼夕のなかで朝食を特にしっかり摂って、健康的にスリムなカラダを目指しましょう。

白いバラを持つ女性出典:we heart it

私たちの身体にある体内時計の中心は脳にありますが、実は、胃や腸などの各臓器にもそれぞれの体内時計があり、その体内時計が体温調節をしたり、臓器を動かしたり、エネルギー代謝を活発にしたりしているんです。

朝食を食べると体内時計がリセットされ、身体のスイッチがオンになるので、代謝を活発にしてくれます。

だから、ダイエットは朝食が重要

朝食をうまく使っていままでうまくいかなかったダイエットを簡単に成功させちゃいましょう♡

朝食は胃腸の働きを活発にする

ニットワンピースの裾を押さえる女性出典:we heart it

寝ているとき、胃腸などの活動は穏やかになるので、朝起きてから何も食べていないと胃腸の動きがすぐに活発になりにくいよう

また、朝食を抜くと身体は飢餓状態と錯覚してしまうので、「次はいつ食事を食べられるかわからないから、エネルギーを蓄えよう」という感覚で次に食べるものをできるだけ体脂肪に変えようとします。

だから、朝食を抜いたことで昼食を多めに食べてしまったり、甘いコーヒーなどで過剰にエネルギーを摂取してしまったりするんです。

逆に、朝食を食べれば胃腸が刺激され、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になるため、便秘も改善され、どんどん腸内環境も良くなります

ダイエットの食事量は、朝:昼:夕=4:3:3がベスト

ハーフパンツに手を入れる女性出典:we heart it

私たちの身体は、日中のエネルギー消費が多く、夜間のエネルギー消費は少ないんです。

だから、エネルギー消費が少ない夜間にカロリーの高い食事を摂ると体脂肪として蓄積されやすくなり、消化の悪いものを食べると翌日胃もたれしたり寝起きが悪くなったりすることがあります。

多くの人が3食のなかで夕食をもっとも多く食べていますが、夕食を多く摂るのは実は身体にとってあまり好ましくないんです

夕食を多く食べるのではなく、1日のスタートである朝食をもっとも多く食べるのが理想的。

ただ、急に夕食を減らして朝食を多くするのは難しいので、まずは、朝:昼:夜が4:3:3になるように心がけましょう

ダイエット朝食は炭水化物、タンパク質、野菜の組み合わせが理想的

うつむく女性の横顔出典:we heart it

朝食に必ず食べてほしいのは、脳のエネルギーになる炭水化物、1日の総摂取エネルギーを低くし、脂肪燃焼効率を上げるタンパク質、代謝活動に必要なビタミンや腸内環境を整える食物繊維を豊富に含む野菜です。

ダイエットの基本は栄養バランスを整えることでもあるので、朝食で食べる食材と、昼食や夕食で食べる食材が同じものにならないようにし、1日の中でさまざまな食品を摂るようにするのがポイント

また、朝食は菓子パンだけという人がいますが、菓子パンはカロリーが高いだけでタンパク質やビタミン類がほとんど含まれず、代謝をアップさせづらいのでダイエットにはならないでしょう。

理想的なダイエット朝食の例

理想的なダイエット朝食は、和食の場合は、

  • ごはん
  • 卵や納豆などのおかず
  • 具だくさんのみそ汁
  • 野菜の小鉢

という献立。

ごはんの白米は玄米にするとより栄養が摂りやすくなるでしょう

また、納豆は非常に身体に良いので、ダイエット中でもできるだけ食べた方がいいかもしれません。

洋食の場合は、

  • パン
  • 卵やツナなどのおかず
  • たっぷりのサラダ
  • ヨーグルト
  • 無糖のコーヒーや紅茶

という献立。

洋食の朝食によくあるウインナーやベーコンは脂質や食品添加物が多いので、ダイエット中はあまりオススメできません。

さらに、パンは全粒粉のパンにすると、より多くの食物繊維を摂取できます

どうしても時間がない場合は、ヨーグルトや無糖の野菜ジュースなどで代用することも可能ですが、もちろん野菜ジュースを飲んでも野菜の栄養素をすべて摂取できるわけではありません。

だから、できるだけ朝食は摂るよう心がけましょう。

朝食をきちんと摂ることは、結果的にダイエットにつながる

鍵盤に触れる女性の手出典:we heart it

ダイエットをするなら、炭水化物、タンパク質、野菜がそろった朝食をきちんと摂ることが重要で、朝昼夕の食事量は、4:3:3が理想的。

ただ、朝食を食べることがすぐにダイエットにつながるというわけではなく、ダイエットがうまく進むひとつの手助けになるというだけです。

ダイエット効果をはやく実感したい人は、朝食をしっかり食べたうえでさらに運動を習慣的に続けるなどの対策をした方がいいでしょう。

top image via we heart it

written by 若子みな美

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44150 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ