2016年12月20日 更新 | 12,087 views

体質改善して痩せられる♡日本人にもっとも合うおにぎりダイエットとは

おにぎりダイエットは1日に米2合と野菜中心のおかずを食べるというもので、3週間を目安に行います。おにぎりダイエットは体質改善をしながら痩せる方法なので、普段から脂っこい食事や間食を多く食べている人に特に効果があるよう。おにぎりダイエットでご飯をきちんと食べながらダイエットと体質改善をし、健康的に無理なく痩せちゃいましょう。

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美さんが監修しています。

ダイエットには、朝食バナナダイエットやプチ断食ダイエットなどさまざまなものがあります。

なかでも最近話題なのが、おにぎりダイエットというダイエット法。

おにぎりダイエットは日本人の体質に特に合ったダイエットといわれており、お米をしっかりと摂りながらダイエットができちゃうというものなんです。

おにぎりダイエットとは

本を読む女性

おにぎりダイエットは、麺やパンなどの原型の残っていない炭水化物を食べずに、自然の状態である米をメインに食事を摂り、体質改善から始めるダイエット法。

継続的におにぎりダイエットを行って体内環境が生まれ変わるという3週間を目安に行い、3週間以上続ける必要はないようです。

また、おにぎりダイエットは痩せている人にはあまり効果がなく、太っている人の方がより効果があるとされています。

なぜおにぎりなのか

数あるダイエットのなかでおにぎりダイエットが日本人に合うとされているのには遺伝子的な理由があるんです。

また、栄養素を増やすという意味でも、温かい米を食べるのではなくおにぎりを食べるようにしましょう。

おにぎりダイエットがいい理由1:遺伝子的に米は日本人に合う

日本人はもともと農耕民族なので、遺伝子的に穀類のほうが身体に合うと言われています。

現在は食の欧米化が進み、脂質の摂取量が増えたことで、肥満や脂質異常症などの患者が増えているよう。

でも、おにぎりダイエットをすることで、摂り過ぎていた脂質を減らし、体内環境を改善できるんです。

ただ、おにぎりダイエットの目的は摂りすぎていた脂質を減らすことなので、すでに痩せている人にはあまり効果はありませんし、痩せたからと言ってすぐに元の食生活に戻すとリバウンドしてしまいます。

おにぎりダイエットがいい理由2:おにぎりに含まれるレジスタントスターチが豊富

レジスタントスターチは食物繊維の1種で、でんぷんであるのに小腸で吸収されにくく、エネルギーにもなりにくい成分で、腸内環境を整える効果があると言われています。

レジスタントスターチは加熱したお米を冷やす過程で増えるよう。

だから、温かいご飯ではなく冷やしておにぎりにして食べることで、レジスタントスターチを豊富に取り入れられるんです。

おにぎりダイエットのやり方

おにぎり

おにぎりダイエットでは、1日に2合を目安にお米を食べます。

大きさにもよりますが、おにぎりにするとだいたい朝1個、昼2個、夜1個が理想的で、白米より雑穀米などのほうがいいです。

米2合で女性の基礎代謝量と同じくらいの約1,200kcalなので、カロリーを気にせずに食べれます。

ただ、おにぎりダイエットをするときのおかずは野菜をメインにして、肉、魚、脂質の多い食品などは避けましょう

米2合を主食にする生活を3週間続けると、徐々に体質が改善されていきます。

おかずは野菜中心となるので、総摂取エネルギー量を増やさずにダイエットできるでしょう。

おにぎりダイエットの注意点

おにぎりダイエット中のおにぎりの具材は、塩や梅干し、昆布、おかかなどのシンプルなものにし、ツナマヨなどのカロリーが高くなってしまう具材は避けましょう。

また、おにぎりダイエット中はお菓子やジュース、お酒は一切やめ、水分補給は水かお茶にしてください

カロリーゼロの飲み物でも人工甘味料などが含まれており、体質改善の邪魔をするので控えた方がいいです。

さらに、野菜を食べるときはドレッシングは控えてポン酢などで食べるようにしましょう

温野菜にしてしょうゆやみそで食べるのもいいです。

ダイエット後に肉や魚を食べるときは急に大量の肉や魚を食べるのではなく、少しずつ量を調節し、身体を慣らしていきましょう。

また、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うのは問題ありません。

おにぎりダイエットで痩せながら体質改善しよう

ヨガのポーズをする女性

おにぎりダイエットは、熱してから冷やした米を朝昼夕に分けて1日2合摂取する生活を3週間続け、体質改善をしながらダイエットもできちゃうというもの

ただ、おにぎりの具を梅干しやおかかなどのシンプルなものにすることや、水分補給は水かお茶ですること、おかずで野菜を食べるときはポン酢などのたれで食べることなど、注意点をきちんと守りましょう。

また、おにぎりダイエットはお菓子や脂っこい食事をよく食べている人ほど効果がでるので、1週間くらいでも便秘の改善などの体調の変化が表れる人もいるかも。

日本人に合うダイエット法を効果的に利用して痩せながら、体質改善もしちゃいましょう。

written by 若子みな美

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

58,384 views

この記事の監修者

管理栄養士 若子みな美

若子みな美

管理栄養士

この記事のライター

管理栄養士 若子みな美

若子みな美

管理栄養士

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー