2017年03月03日 更新 | 22,204 views

美白や肝斑ケアに効くトラネキサム酸の効果や市販品、副作用とは

トラネキサム酸は肝斑の改善に有効な医薬品で、プラスミンの作用を阻害し、シミができる前にブロックします。ただし、トラネキサム酸はもともと止血剤として用いられているものなので、血栓リスクの高い人は注意しましょう。服用に適していないと診断された人は、トラネキサム酸配合の化粧品でシミやそばかすの抑制を目指すといいかもしれません。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

一般的なシミとは少し違う「肝斑」の治療に有効なトラネキサム酸

肝斑の抑制効果が高いだけに、注意したい点もいくつかあります。

トラネキサム酸は肝斑になぜ効く?

お風呂上がりのスキンケアをしている女性

トラネキサム酸は人工合成アミノ酸の一種で、医療現場で止血剤や抗炎剤として長く使用されてきた成分です。

肝斑の改善効果が見られることが偶然発見され、研究の末2002年に厚生労働省から正式に「美白効果のある成分」と承認されました。

医療機関で処方されるトラネキサム酸は「トランサミン」という医薬品で、ほかにいくつかのジェネリック(後発)品もあります。

出典:NICOLY:)nicoly.jp/article/1929

トラネキサム酸のはたらきとは?

トラネキサム酸には、体内の「プラスミン」という物質の作用を抑える働きがあります。

プラスミンは血液を溶かす作用や、皮膚のメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)にシミをつくるように情報を送る性質を持っています。

肝斑は目の下に左右対称にぼんやりとした形で現れることの多いシミで、30〜40代の女性に多く見られるものです。

一般的なシミの原因が紫外線であるのに対して、肝斑の原因はホルモンバランスの乱れや肌の摩擦ダメージと言われてはいますが、今のところ完全には解明されていません。

トラネキサム酸が作用する仕組み

女性ホルモンの影響で肌が炎症を起こすと、皮膚の細胞にプラスミンが発生します。

そこで、トラネキサム酸を用いると、プラスミンがメラノサイトにシミを作らせる前に先回りすることができ、シミの生成をおさえられるのです。

血栓リスクのある人は要注意

顔をおさえてびっくりしている青い瞳の女性

トラネキサム酸には、ごくまれに吐き気や食欲不振などの副作用がありますが、怪我や風邪で体内に炎症が起きているときなどに処方される安全性の高い薬剤です。

ただし、肝斑やシミの抑制効果を期待する場合には長く飲み続けるので、注意する点もあります。

プラスミンの役割のひとつが、血栓(血液の塊)を溶かし血管の詰まりを防ぐことです。

そのため、血栓リスクが高い人はトラネキサム酸の長期服用が適していない可能性があります。

以下に当てはまる人は服用の前に必ず医師に相談しましょう。

  • 血栓関連の疾患(心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎、肺塞栓症など)のある人
  • 家族が血栓症を起こしたことのある人
  • 血液凝固異常のある人
  • ピルを服用している人(特に35歳以上、喫煙者)

など

市販のトラネキサム酸配合薬で肝斑やシミの抑制を目指そう

しみを改善する錠剤薬
出典:第一三共ヘルスケアwww.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/

トラネキサム酸は皮膚科などの医療機関では「トランサミン」などの薬剤で処方されます。

そして、ドラッグストアや薬局で購入できる薬品では、「トランシーノⅡ」がよく知られています。

トランシーノⅡの製品の注意書きを読むと、連用する場合は2か月まで、再開するまでに2か月の期間を置くこととされています。

もし2か月服用してもシミの改善が見られない場合は、肝斑ではないことが考えられます。

トランシーノⅡ ブランドサイト

参考:しみ(肝斑に限る)改善薬 トランシーノⅡ

トランシーノⅡ 説明書 1

トランシーノⅡ 説明書 2

トラネキサム酸を含む化粧品で肝斑やシミの抑制を目指す

色んなタイプの美容液

美白成分としてトラネキサム酸を配合している化粧品も市販されています。

配合されたトラネキサム酸が血液濃度に影響を与えることは考えにくいため、内服薬のような注意事項はありません。

内服が適していない人は、化粧品で肝斑やシミの抑制効果を取り入れてみるといいかもしれません。

美容液

まずは美容液をチェックしてみましょう。

クレ・ド・ポー ボーテ セラムブランプレシユー

クレ・ド・ポー ボーテ セラムブランプレシユー

第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX

第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX

資生堂 HAKU メラノフォーカスCR

資生堂 HAKU メラノフォーカスCR

クリーム

続いては、クリームをチェックしてみましょう。

資生堂 ベネフィーク リニュー ホワイトクリーム

ベネフィーク リニュー ホワイトクリーム

第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム

トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム

資生堂 アクアレーベル クリームEX

アクアレーベル クリームEX

美白乳液

最後に、美白乳液をチェックしてみましょう。

IPSA(イプサ) ME エクストラ 4

ME エクストラ 4

IPSA ME エクストラ 4  6,500円(税抜)

AYURA fサインディフェンス バランシングプライマー センシティブ

fサインディフェンス バランシングプライマー センシティブ

生活習慣の改善も行うことが肝斑やシミを抑制する近道

トラネキサム酸はプラスミンによるシミへのシグナルをブロックしますが、肝斑の根本的な原因を解消するわけではありません。

ストレスや生活習慣の改善などでホルモンバランスの乱れを整え、洗顔やメイク時の摩擦などにも気を使うなど、総合的に肝斑やシミの抑制を目指しましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

シミ・そばかすの施術を受けられるクリニック

  • 全国シミ・くすみ
  • 顔全体初回 フォトシルクプラス9,250円

品川スキンクリニックの詳細

  • 全国シミ・肝斑
  • レーザートーニング 顔全体初回4,800円

品川美容外科の詳細

  • 全国シミ・そばかす
  • フラクセルレーザー 頬40,000円

シロノクリニックの詳細

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー