2017年01月31日 更新 | 7,527 views

結婚や就活前に!「ピコレーザー」によるタトゥー除去とは

「ピコレーザー」はシミやくすみ、タトゥーをレーザーで除去する治療法。結婚式やちょっとしたパーティーで肌を少し露出する際、以前背中や胸元などに入れたタトゥーに慌てた……という経験をした人もいるはず。レーザー治療のなかでも「次世代型」といわれるピコレーザーなら、これまでのものよりも痛みが少なく短い期間でタトゥーやシミを消すことができるんです。

湘南美容外科新宿本院 西川礼華

この記事は、湘南美容外科新宿本院 西川礼華先生が監修しています。

タトゥーはオシャレとして海外では人気ですが、国内ではまだまだ認められる場面が少ないものです。

結婚式や就職活動を機に除去をしたいけれど、レーザー治療は時間がかかりそうだし痛そう……。

実はいま、「ピコレーザー」という治療がこういった負担が少ないことから注目されています。

ピコレーザーって何?

タトゥーをしている女性の写真

この段落に書いてあること

  • ピコレーザーと他のタトゥー除去レーザーの違い

ピコレーザーは、タトゥー・シミ除去治療の最新のレーザー機器。

サイノシュアー社のピコシュア、キュテラ社のエンライトン、シネロンキャンデラ社のピコウェイという機械が有名です。

ピコレーザーはレーザー治療のなかでも「新型」「次世代型」といわれ、今までのレーザー照射によるタトゥー除去とはいくつか違いがあります。

まず、レーザー照射回数が少なく済むという点。

今までのレーザーは何度もレーザーを照射する必要がありましたが、ピコレーザーはその約半分の回数で済むとされます。そのため治療の通院期間も短くなるようです。

次に、カラータトゥーの除去ができるという点。

今までのレーザーでは赤、青、緑などの色は除去が難しかったので、カラータトゥーの除去には外科的治療を必要としましたが、ピコレーザーなら除去が可能なんです。

ピコレーザーの効果と仕組みは?

この段落に書いてあること ピコレーザーがよりタトゥーを消しやすい仕組み

レーザー治療でタトゥーやシミ、色素沈着を消すためには、「レーザーの波長」と「照射時間(パルス幅)」が関係しています。

ピコレーザーはパルス幅が短く細かい粒子でも粉砕することができます。

つまり、従来の機械では反応しなかった色素も破壊し、除去することができるのです。

周囲の正常な皮膚に影響を与えずに除去できることも良いところ。治療後の炎症後色素沈着や瘢痕のリスクが減るそう。

またカラフルなタトゥーも治療可能となりました。

ピコレーザーの施術について

薬を取ろとして患者様に笑顔で対応している薬剤師さん

この段落に書いてあること

  • ピコレーザーの施術の流れ
  • ピコレーザーにかかる費用の相場
  • ピコレーザーは痛いの?ダウンタイムはどのくらい?
  • 術後にやるべきケアについて

ピコレーザー治療の施術の流れ

では、実際のピコレーザー治療ではどんな流れで施術を行うのでしょうか。

一例を挙げると以下のとおり。

  1. カウンセリング
  2. 消毒、麻酔、十分な冷却
  3. レーザー照射
  4. アフターケア

刺青やタトゥーの除去の場合は特に、カウンセリングの段階で「いつ」「どこで」「どのような施設で」入れたものなのかなど詳しく話しておく必要がありそうです。

また、アフターケアではテープ保護を行うところや軟膏を塗るところなど、クリニックによって内容が異なります。

費用相場

価格設定はクリニックによって、「手首」「手の甲」というように身体の部位で決めているところや、「何平方センチメートル」というように大きさで決めているところがあるので、事前にクリニックのホームページで確認したほうがいいかも。

相場としては10平方センチメートルまでで20,000~30,000円ほど、30平方センチメートルまでで30,000~50,000円ほどです。

痛み、ダウンタイム

従来のレーザー治療よりも痛みが少ないことが特徴的ではあります。

とはいえ、麻酔をしていてもレーザー特有のパチパチ弾かれるような痛みを感じる人も。

また、施術直後から赤みや腫れ、場合によっては水ぶくれが出現します。

術後のケアについて

施術範囲によっては、1週間程度ガーゼで覆う必要があります。

シャワーの制限などはありませんが、入浴や激しい運動、飲酒などの血の巡りを良くする行為は腫れを助⻑するためしばらく控えましょう。

ピコレーザーは副作用はあるの?

少し肌寒い海辺で歩いている女性

レーザー治療は一時的にやけどをするようなもの。

照射時間が少ないとはいえ、ピコレーザーの場合でも「赤み」「ヒリつき」「水ぶくれ」が生じる可能性はあるようです。

もし水ぶくれができてしまったら刺激を与えず、患部を冷やし、湯船などに患部が浸からないようにしましょう。

また、痛みや腫れが日ごとに悪化して不安な場合は、ピコレーザー治療を受けたクリニックに相談したほうがいいでしょう。

ピコレーザーを行うなら医師にしっかり相談を

患者様の要望をしっかりカウンセリングしている様子

ピコレーザーは何度か治療を必要とします。

体質によっては、なかなか成果がでない、炎症後の色素沈着が強く出てしまう、白抜きしてしまう、肌に凹凸が残るなどの可能性もあります。

そのためアフターケアを含めてしっかりとケアをしてくれるクリニックを選ぶことが必要です。

納得のいく施術を選べるようにカウンセリングをしっかりしてくれるクリニックを選びたいですね。

written by R

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー