NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年07月19日 更新 | 3,649 views

リップのアートメイクで、悩みにサヨナラして直しいらずの唇に♡

リップのアートメイクは、メイクの時間短縮ができてリタッチいらず、さらに唇の形を整えられてと魅力的です。しかし、感染症が起きることがあったり、効果が永続的ではなかったりなどのデメリットもあります。費用は、ラインのみだと40,000円から100,000円で、全体なら50,000円から150,000円程度かかります。

リップのアートメイクは、食事のたびに口紅やリップグロスを塗り直すのが面倒な人、もともと口元のラインがあいまいで口の印象がぼやけている人、グロスや口紅が合わなくてすぐに荒れてしまう人などに向いています。

この記事では、リップのアートメイクのメリットやデメリット、施術の流れや費用について調べました。

リップのアートメイクのメリット

ハートのロリポップを持つ女性の写真

リップのアートメイクをすると、化粧直しが格段に楽になります。

食事やお酒を飲んだときにも口紅が落ちてしまうことはないので、常に美しいリップを保つことができます。

またリップがもともと薄い、口角が下がっている、上唇と下唇の大きさやバランスが悪い、などの悩みを抱えている場合に、形とバランスを整えるために利用することもできます。

こんなことでお悩みの方におすすめです!

  • 唇の輪郭が曖昧である
  • 唇の血色が悪い、くすみが目立っている
  • 唇が薄い、もっと厚みを持たせたい
  • 唇の形の左右や上下のバランスが悪い

刺青とは違うの?

麻酔をしてする美容整形なので、「唇に傷をつけるの?」「彫ったりするの?」と不安な気持ちを抱いている方もいるかもしれません。

刺青やタトゥーというのは、表皮の下に存在する真皮に直接施術していきます。なので一度施して」しまうとそれは一生取れません。

しかしアートメイクは表皮から下0.02~0.03ミリくらいのところに施術をします。なので刺青のように永久に色素が残ってしまうわけではないのです。

アメリカのFDAという、日本で言う厚生労働省のようなところに認可された安全な色素を使ってアートメイクは行われます。

なので過度に怖がらなくても大丈夫!新陳代謝によってアートメイクは自然と落ちていくような、手軽な美容整形なのです。

リップのアートメイクの施術の流れ

リップのアートメイクの施術の様子

アートメイクの流れは、施術を受ける施設によって差がありますが、おおむね以下のような流れで行われます。

1:カウンセリング

リップのアートメイクの場合には形だけではなく色についてのイメージのずれが生じやすいので、じっくりカウンセリングをし、自分の希望をしっかり伝えましょう。

デザインやアートをしっかり決める。

どんな唇にしていきたいのか、この時点でしっかり担当医師と話し合って決めていきましょう。

骨格や筋肉の動きを考慮に入れながら、バランスのいいデザインにしていくことがきれいな仕上りにするポイントです!

またクリニックによってはデザインする人と施術をする人が違うことがあります。やはり同じ人にデザイン&施術をやってもらった方が理想の仕上がりになることが多いです。

このあたりも施術前にしっかり確認しておきたい部分でしょうか。

またデザインに加えて、色味も重要なポイント。使用する色素は液体のため、肌の質や色に合わせて自分にいちばん合ったものをチョイスしてください。

発色には個人差があるため、100%望んだ色にならないこともあるので、その点も留意しておきましょうね!

2:麻酔薬の塗布

高濃度の麻酔クリームを塗布します。リップの場合には麻酔クリームのほか、シール麻酔や部分麻酔を選ぶことも可能です。

3:アートメイクを施す

麻酔をしているため、痛みを感じることはほぼないそうですが、体質によっては麻酔が効きづらいことがあるため、我慢できない場合は施術者にそのことを伝えましょう。

リップラインのアートメイクの施術時間は1時間半から2時間程度が一般的です。術後すぐは、やや腫れぼったい印象になりますが、数日で落ち着いてきます。

リップの施術範囲はどこまで可能?

局部麻酔が効く範囲であればどこまででも施術を施すことは可能です。

ただし痛みの緩和ができるといっても個人差があるので、あまり広範囲だと痛みを感じてしまう患者さんもいるようです。

麻酔の効果は体調に大きく左右される部分があるとのことなので、施術の前日はたっぷりと睡眠をとってきてください!

リップのアートメイクの費用の相場は?

財布とお金の写真

リップラインのアートメイクの費用は大きく分けて2パターンあります。

口のまわりの輪郭をはっきりさせるリップラインの費用は、40,000円から100,000円が一般的です。口元をはっきりさせたいという人であればリップラインのみで十分ということもあります。

一方、唇の色が悪い、唇の色を似合う色で常にメイクしていたいと場合には、フルリップという施術になります。

フルリップの費用の相場は、50,000円から150,000円程度となっています。

リップラインのアートメイクのデメリット

壊れたハートの写真

腫れが出ることもある?

アートメイクは施術のあとに多少の赤みが出るそうです。眉毛などに施術をした場合は、少し目立ってしまうかもしれませんね。

しかし唇はもともと赤みがあってふっくらしているんので、腫れは外から見てもほとんどわかりません。その点は安心してもらって大丈夫です。

ちなみにダウンタイムもアートメイクの場合は非常に短いので、普段忙しい人は仕事に追われている人でも気軽に受けられる美容整形。

施術を受けた翌日からメイクすることも可能です。メイクするときはできるだけ清潔なスポンジやパフを使うようにしましょう。

ただし入浴は施術当日は控えてください。なぜなら体温が急激に上がってしまうと、その分腫れの引きが遅くなってしまうからです。

アートメイクの施術の日はシャワーですませてください。そして激しい運動・サウナ・岩盤浴など体温が上がることは翌日以降から解禁になります。

感染症が起きる可能性がある

いいこと尽くしのように見えるリップへのアートメイクですが、リスクもあります。それは、感染症のリスクがあるということ。

なかでもヘルペスが発症するケースは多いようなので、術後は医師の指示にしたがって正しくケアするようにしましょう。

口唇ヘルペスはウィルスをもともと保持している人がなるもので、すべての患者に発症のリスクがあるわけではありません。

水泡のようなブツブツができて、神経痛のようなかすかな痛みを伴います。対応が遅れると完治にも時間がかかってしまいますから、できてしまったらすぐに医師に相談しましょうね!

効果は永続的ではない

アートメイクは色を刺青のように深く刺すわけではないので、数年程度で薄くなることが一般的です。

ですので、美しいコンディションを常に保ちたいのなら、定期的に施術を受ける必要があります。

リップのアートメイクで、魅力的な唇に

笑顔の唇が魅力的な女性の写真

アートメイクはデメリットはゼロではありませんが、気に入る仕上がりになれば、メイクが楽で色落ちも気にしなくて良くて、といいことばかりです。

施術はサロンやクリニックなどさまざまな施設で受けられるので、ホームページで施術例などを見て、安全にアートメイクができるか確認してから臨みましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43649 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ