2017年01月30日 更新 | 3,412 views

切らないリフトアップ術「スプリングスレッド」でほうれい線の改善へ

スプリングスレッドリフトは、糸による「切らないリフトアップ術」。糸に付いたコグ(突起)により皮下組織を引っ掛けて、肌のたるみを持ち上げます。伸縮性が高いため、筋肉の動きが大きい口元のほうれい線やマリオネットラインの改善にも適しているのです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

顔のたるみが気になるけれど、切るリフトアップ手術にはまだ踏み切れない。

そんな人に人気の「スプリングスレッドリフト」は、糸でフェイスラインを引き上げる、切らないリフトアップ術です。

この記事では、スプリングスレッドリフトの施術内容やメリット・デメリットについて、くわしく解説していきますね。

目次

スプリングスレッドは「コグ」の付いた糸

スプリングスレッドリフトは、コグ(突起)の付いた特殊な糸を皮下組織に入れて、肌のたるみを改善するリフトアップ術

スプリングスレッド(糸)には、1センチあたり24個、それぞれ4方向を向いたコグが付いています。

そのため、皮下組織にしっかりと引っ掛かり、強力な力で肌を引っ張り上げることが可能です。

また、突起は丸みを帯びた形で尖った部分がないため、周辺の筋肉や神経などを傷つけないようになっています。

スプリングスレッドの特徴は安全性と伸縮性

スプリングスレッドの糸は、50年以上医療現場で用いられている、安全性の高いポリエステルとシリコンからできています。また、柔軟性と伸縮性が高いことも特徴。

従来のリフトアップ糸は収縮性がないため、顔の表情によってはこわばった印象になってしまうこともありましたが、スプリングスレッドの糸は筋肉の動きに合わせて伸縮するため、表情が自然で違和感がありません。

筋肉の動きが大きい口の周辺にも使用できるため、たるみによるほうれい線、マリオネットラインの改善に効果が期待できます。

また、体に吸収されない糸なので持続期間が長く、施術後3~5年ほどはリフトアップ効果が持続するそうです。

スプリングスレッドで使用する糸まとめ

スプリングスレッドで使う糸は、従来の医療用の糸と比べて美容に特化しています。その特徴をまとめてみると、

  • どんなリフトアップか:糸の突起によって組織を引っ掛けてリフトアップ。
  • 糸のタイプ:皮膚内に挿入しても溶けない糸。
  • 糸の伸縮性:伸縮性・弾力性に富んでいて、表情とともに伸び縮みする。
  • 突起の特性:丸みを帯びているため、神経・血管などを損傷する心配がない。
  • 糸の素材:糸の中心部はポリエステル。外側と突起はシリコン性でできている。
  • 持続期間:3年~5年は持続が期待できる。
  • 仕上がりの自然さ:立体感があるがナチュラルな仕上がり。

持続時間などは糸の入れ方によっても変わってくるようですが、糸が溶けずに自在に伸縮するのでかなり長持ちします。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

溶けない糸による施術ですので、肌質改善効果も含め持続期間は長期的に期待できます。

スプリングスレッドリフトとほかのリフトアップ施術の比較

リフトアップ手術を受ける女性

スプリングスレッドリフトは画期的な美容整形で、リスクも少ないといわれています。ほかのたるみ改善の施術と、どのようなところが異なっているのでしょうか?

下記では、ふたつの「肌を若々しくする施術」を取り上げてみました。

1. 切るリフトアップ手術

これまで、「リフトアップ」といえば顔の側面の皮膚を切って引き上げるというかたちが主流でした。しかし、スプリングスレッドリフトは切るということをしません。

切る手術というのは、正面部分のリフトアップができないことが多かったそう。なぜなら、切る部分は顔側面の目立たない部分で行っていたからです。

一方、スプリングスレッドリフトは糸を挿入するだけなので、場所を問わず行うことが可能に。こういった点が、スプリングスレッドリフトが多くの人に好まれる理由になっているわけです。

ただ、たるみが強く出ている人は「切るリフトアップ術」の方が適しているかもしれませんので、医師に相談しましょう。

2. たるみへのヒアルロン酸注射

美容整形の先駆けともいえる「ヒアルロン酸注射」。ヒアルロン酸を注入することによって肌や唇にボリュームが出て、ハリのなかった肌を若々しくするという美容整形です。

ただ、このヒアルロン酸にも難点が……。ヒアルロン酸には、物理的にたるみを引き上げる効果はなく、あくまで肌にハリを与えるものであるということ。

「深いほうれい線を改善する」「おでこのシワを目立たなくする」などの効果は期待できますが、アゴや頬のたるみをなくすにはヒアルロン酸では難しいようです。

これは、レーザー手術にも同じことがいえます。どちらも、たるみにピンポイントに効果を発揮するかというと、そういうわけではないんですね。

スプリングスレッドリフトの施術の流れ

カウンセリングを受ける女性

次に、スプリングスレッドリフトの一般的な施術の流れを紹介します。

1.カウンセリング

スプリングスレッドを使用しても問題がないかなどを医師が診断し、仕上がりの希望にそって使用する糸の本数などを決めていきます。

2.マーキングおよび麻酔

スプリングスレッドを通す場所にマーキング(印付け)をします。

施術は局所麻酔で行いますが、恐怖心が強い人には笑気麻酔や静脈麻酔を使用するクリニックも。

3.施術

まず、マーキングしたラインにそって、スプリングスレッドを中に通したニードル(針)を皮下組織に挿入していきます。

それから、針だけを引き抜いて肌に糸を残し、コグを引っ掛けるように糸を軽く引き調整します。

施術にかかる時間は、使用するスプリングスレッドの本数にもよりますが30~60分ほど。

4.アフターケア

腫れを冷却材などでクーリングして落ち着かせます。

入浴や洗顔は、当日から行うことが可能(クリニックによっては翌日からとしている場合もあります)。

顔のマッサージは、術後2週間ほどは行わないようにしましょう。

スプリングスレッドリフトの腫れは個人差が大きい

鏡を見る女性

スプリングスレッドリフトは、切るリフトアップ術に比べると腫れや痛みが少ない施術法だといわれています。

術後に腫れが強く出るダウンタイムは3日ほどとなっていますが、体質によっては強い腫れやむくみが1週間ほど続く人もいるのだとか。

メスを入れる手術ではないので、施術部分は針跡しか残りません。施術の際にニードルが毛細血管に触れた場合には内出血が起きることがありますが、メイクで隠せる程度。

腫れが引くまでは横向きに寝ると痛みが出やすいため、仰向けに寝ると良いでしょう。

リフトアップ効果は施術直後からも実感できますが、むくみや腫れがおさまりフェイスラインが落ち着くのは2~4週間後です。

スプリングスレッドリフトの副作用の心配はないの?

前述したように、スプリングスレッドリフトはメリットが多くデメリットの少ない美容整形です。しかし、まったく失敗例がないかというと、そういうわけでもありません。

スプリングスレッドリフトは、医師の技量によるものが大きい手術だといわれています。使用する糸の本数、挿入時の引っ張り加減などで仕上がりはもちろん、その後の副作用・後遺症なども出たり出なかったりするのだそう。

糸の入れ方が悪いと、バネがすぐに劣化してしまって美容効果も薄れてしまいます。また、技術のない医師のスプリングスレッドリフト手術で偏頭痛を起こすようになった患者さんもいるのだとか。

こういったことを未然に防ぐためにも、事前にクリニックや医師のリサーチをしておいてください。ネットの口コミなど、調べればたくさんの情報が出てきます。

スプリングスレッドリフトの施術料金の目安

金額を考える女性

スプリングスレッドリフトの施術料金はクリニックにより差がありますが、料金の目安は6本(片側3本ずつ)の施術で30万〜50万円ほど。

1本単位での追加も可能なので、たるみの状態や希望の仕上がりによって、施術を行う本数を医師と相談しましょう。

片側2本で計4本、片側3本で計6本、片側5本で計10本などセットでの料金設定しているところがほとんどですので、クリニックのホームページなどで確認してみてくださいね!

経験豊富で信頼できる医師選びが大切!

女性医師

スプリングスレッドリフトの施術を受けた人のなかには、「高い効果を実感できた」という声もある一方、「あまり効果を感じられなかった」「左右で引き上がりに差が出てしまった」などの声もあります。

スプリングスレッドリフトは、糸を挿入する方向や位置などによって、仕上がりに差が出る施術法。経験豊富で信頼できる医師や、万が一の際にアフターケアの保証がしっかりとしているクリニックを選びましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

スプリングスレッドは溶けない糸の施術になりますので、以下の2点のリスクがあります。

・凹凸が一生残ってしまう可能性
・感染のリスクが生涯に渡ってある

そのため、技術のある医師選びが重要になってきます。100症例以上の経験と症例写真が豊富にあり、信頼できる医師を選びましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

71,367 views

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー