2016年12月26日 更新 | 10,455 views

ウルトラリフトでリフトアップ。痛みも腫れもないって本当?

ウルトラリフトは、肌に超音波を照射するリフトアップ術です。皮膚深部の表在性筋膜に熱を与え、収縮による引き上げ効果と、自然治癒の経過で新たなコラーゲン生成が期待できます。HIFU(高密度焦点式超音波)のため、狙った部分以外へのダメージはなし。痛みが少なく、腫れによるダウンタイムもほとんどありません。

湘南美容外科大宮院 院長 吉原伯

この記事は、湘南美容外科大宮院 院長 吉原伯先生が監修しています。

肌のたるみが気になるけれど、メスを入れる手術や糸を入れるリフトアップ術は怖い、という人におすすめなのがウルトラリフト。

超音波が肌の深部に届き、切らずにリフトアップすることが可能です。

ウルトラリフトは超音波による切らないリフトアップ術

ウルトラリフトは、肌に超音波を照射してたるみの改善を目指す「切らないリフトアップ」術です。

「EVO」という機種で施術を行うため「ウルトラリフトEVO」とも表記されます。なお、EVOは医療機器のため、エステサロンなどでは施術を受けられません。

ウルトラリフトに使用される超音波は、 HIFU(ハイフ=High Intensity Focused Ultrasound)というもので、「高密度焦点式超音波」という意味。

虫めがねで光を集めて、紙に火をつける実験をイメージするとわかりやすいかもしれません。

HIFUは超音波のエネルギーを一点に集中して照射するため、ほかの部分にはダメージを与えないという特徴があります。

そのため皮膚の表面にはまったく傷がつきません。

ウルトラリフトがたるみに効果的な理由

深部にまで届く超音波

皮下組織の構造は外側から順に、表皮層、真皮層、皮下脂肪層、表在性筋膜(SMAS筋膜)、筋肉、となっています。

ウルトラリフトの超音波は、皮下脂肪の深部~表在性筋膜にまで到達できるので、たるみを深部からしっかりと引き上げられるそう。

早く効果を得やすい

ウルトラリフトの超音波が表在筋膜にダメージを与えると、熱変性によって収縮を起こしリフトアップします。このため、たるみを引き上げの効果が早く感じる人も。

時間差でコラーゲン増加の効果も

ダメージを受けた部分が自然治癒する際に新しいコラーゲンを生成するため、肌のハリがアップし、小ジワが改善されるなどの美肌効果もあります。

コラーゲンの増加を実感できるのは、施術後2、3か月経った頃からです。

まぎらわしい?「ウルトラVリフト」の違い

リフトアップを目的とした施術法にはたくさんの種類がありますが、ウルトラリフト(EVO)と名前が似たものに「ウルトラVリフト」があります。

ウルトラVリフトは、ショッピングスレッドリフトとも呼ばれる施術法で、顔に極細の糸を通すリフトアップ術です。

名前はとても似ていますが、まったく種類の異なる施術法です。

ほかの照射系リフトアップ術との違い

照射系リフトアップ術にもいくつかの種類があります。

IPL(光照射)やRF(高周波)などを利用した、ほかの照射系リフトアップ術とウルトラリフトの違いは、作用する皮膚の深さにあります。

たとえば、照射系でポピュラーな「サーマクール」は高周波を利用したもので、真皮層~皮下脂肪の浅い部分に働きかける、高い肌の引き締め効果が期待できる施術法です。

そのため、ウルトラリフトとサーマクールを併用すると、より高いリフトアップ効果が期待できます。

ウルトラリフトとサーマクールを組み合わせた「ウルサーマ」という名前の施術を行っているクリニックもあります。

ウルトラリフト施術の流れ

医師の写真

ウルトラリフトの一般的な施術の流れを紹介します。

1. カウンセリング・準備

ウルトラリフトの施術を行っても問題がないかを医師が診断し、準備としてメイク落としおよび洗顔で肌を清潔にします。

2. 施術

ウルトラリフトの施術を行います。

痛みが少ない施術法なので、基本的に麻酔は行いません。

歯の詰め物付近や頬骨付近、脂肪の少ない部位などにはピリピリと響くような刺激を感じやすい傾向があります。

施術にかかる時間は、顔全体で30分ほどです。

3. アフターケア

腫れや痛みによるダウンタイムはほぼありません。

施術後、メイクをすることが可能です。

入浴や洗顔も当日から普段通り行えます。

ウルトラリフトの料金の目安と効果が持続する期間

クリニックにより異なりますが、ウルトラリフトを顔全体に照射する場合、施術料金の目安は20万~25万円ほどです。

ウルトラリフトの効果が持続するのは半年~1年ほどとなっています。

そのため、効果を持続させるためには半年から1年に一度ほど定期的に施術を受けると良いようです。

ウルトラリフトなら人にばれずにリフトアップできる!

顔を隠す女性の写真

ウルトラリフトはダウンタイムがほとんどないため、施術を受けたことを人に知られたくない人に向いています。

効果の出方には「大きな効果があった」という人から「あまり変化を感じない」という人まで、個人差があるようです。

より大きな変化を求める人には、切るリフトアップ術の方が適しているかもしれません。

written by nodoguro

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー