NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月04日 更新 | 2,692 views

アイプチならぬ鼻プチって知ってる? 簡単に高い鼻が手に入る♡

鼻にコンプレックスを抱えている人は結構多いのではないでしょうか。外国人のようにスッと通った鼻筋、憧れますよね。でも整形するのは怖い……そんな人には鼻プチがおすすめ♡鼻に入れるだけで憧れの高い鼻が手に入るんです。「鼻プチって痛くないの?」「価格はどれくらいなの?」「どこで買えばいいの?」これらの疑問を調査しました。

白貴重のはかなげな女性の横顔写真出典:we♡it

巷で噂の「鼻プチ」を知っていますか?

鼻プチとはアイプチのように、整形なしで鼻を高く見せちゃう道具のこと。

海外では鼻プチが流行中ですが、日本にはまだ入荷されていません。

通信販売で購入できるそうですが、大人気でSOLD OUT(売り切れ)ばかり。

鼻プチ、結構気になります!

鼻プチで鼻をキュっと高くする

鼻プチは、黒くて少しカーブのかかった小さな棒。

これを鼻に入れることで、鼻をキュッと高く見せてくれるんです。

鼻プチ体験者の声を聞いてみると「鼻筋がしゅっとする」んだとか。

一重の目はメイクで二重にできるけど、低い鼻は変えられない……と思いきや、鼻までメイクできる時代になっていたんですね。

小さな棒を鼻に入れるだけで鼻が高くなるなら、ちょっとやってみたい気もします。

そこで気になるのが鼻プチを鼻に入れるときの痛み。

調べによると「正規品は痛くないけど、類似品は数時間入れていると痛くなるものが多い」そう。

まずは正規品を選ぶのが良さそうです。

整形はしたくないけど鼻は高くしたい

鼻にコンプレックスを抱いている方はかなり多いかと思います。実際に鼻にヒアルロン酸やプロテーゼを入れて人工的に高くする人もいますが、整形はちょっと・・・と抵抗がある人がほとんどでしょう。

最近の女性はメイクの技術というのも向上してきているので、ノーズシャドウやハイライトを入れて高く見せる工夫をされているでしょう。

しかしメイクだけでは横から見たときの立体感などはなかなか出ないもの。一種の誤魔化しに過ぎないというのも事実です。

そこで鼻プチの出番です!整形などで鼻を一切いじることなく、立体感に鼻を高くすることができるのです。「メイクで変えられなかった鼻の高さ」に感動して毎日使う女性もたくさんいます。

鼻の中の違和感がどうしても苦手、という方は特別なときだけ使用するというのもありですよ!写真を残すような大切なイベントがある日なんかは鼻プチが大活躍することでしょう!

日本ではまだ認知度がそこまで高くない鼻プチですが、これからどんどんブームに火がついていきそうな予感・・・。整形はNGだけど鼻を変えたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね♪

鼻プチはいくらで買えるの?

唇の指を当てている女性の写真出典:we♡it

鼻プチの価格の相場は、大体3000円~5000円。

中にはとても安いものもありますが、安全性を考慮すると、あまりにも安い価格の鼻プチはやめた方が良さそうです。

質の悪いプラスティック製品は固いので、鼻に入れているとすぐに痛くなってしまうみたい。

正規品の鼻プチはとても柔らかく、弾力性と柔軟性を備えたシリコン製。

鼻に入れても全然痛くないんだとか。

安い価格に飛びつくと損をしてしまうかもしれないので、リサーチが必要です。

サイズ選びは非常に重要!

鼻プロテーゼ出典:www.amazon.co.jp

鼻プチは入れ方も大切ですが、まずは鼻プチそのもののサイズを見極めることも重要。大きすぎても小さすぎてもだめなのです。

日本人は鼻の穴が小さいので、Sを使用する方が多いようです。それどころかSでも大きい!という方も少なからずいるようなので、そんなときはXSを挿入してください。

「より高い鼻になりたい!」と欲張って大きすぎる鼻プチを入れてしまうと、いかにも作り物っぽい鼻が出来上がってしまいます。整形鼻のように見えてしまっては、せっかくのアイテムも台無しです。

自分の鼻の穴のサイズにぴったり合った商品をぜひチョイスするようにしてくださいね!

鼻プチを買うならここ!

鼻プチといえば、「ノーズシークレット社」の製品が最も有名。

ノーズシークレット社の正規商品を販売しているのがこちらのサイトです。

価格は2980円と高くはないので、試してみる価値あり。

それでも痛みが心配な場合は、ちょっと高めの価格になってしまいますが韓国製の鼻プチがおすすめ。

この鼻プチはアジア人女性向けに作られていて、赤ちゃんの哺乳瓶と同じくらい柔らかいシリコン素材を使用しています。

価格は5000円。

どちらの製品も安心できる会社の製品なので、好みで選んでOK。

鼻プチは自分に合ったサイズを見つけるのが大変?

ベットで寝ている女性の横顔の写真出典:we♡it

私も低い鼻に悩んでいる1人なので、商品の購入を決意。

いざサイトを見ると「XS」「S」「M」「L」とサイズを選ぶ必要が……。

初めて買う場合どのサイズを選べばいいのか悩んでしまいそうですが、大抵の場合、日本人女性は「XS」を選ぶと良いそうです。

さらに鼻を高く見せたい場合は「S」を選ぶのがおすすめなんだとか。

写真撮影など、ここぞというときの「S」、普段使いの「XS」といったかんじで、2サイズ持っておいてもいいかもしれませんね。

入れ方に注意!

鼻プチは整形せずに鼻の高さを出すことができる非常に便利なアイテムですが、使い方によっては自分の体を傷つけてしまうものにもなりかねません。

以下に鼻プチを入れて起こったトラブルなどをまとめてみました。これから鼻プチを利用してみようかな、という方はしっかり事前の知識として頭に入れておくといいでしょう!

鼻血が出てしまった

鼻プチの正規商品はシリコン製となっています。なので鼻の中という狭い空間に入れても、無理に皮膚を傷つけることなく使用することが可能です。

しかし非正規のものはプラスチックでできているものが多いため、長時間挿入したりサイズの合わないものを無理やり入れたりすると粘膜が傷ついてしまします

その結果鼻血が出てしまったり、鼻の中が傷ついて鼻プチをとったあとにヒリヒリしたりするんだとか・・・。

きれいになりたい一心で大事な体を傷つけてしまうと、これこそ本末転倒です。使い方はしっかりマスターしておきたいところです。

鼻の奥に入りすぎてしまって・・・

鼻プチは入れ方を間違うと、鼻の奥の方へ行き過ぎてしまうという難点もあります。また鼻の大きさに対して挿入する鼻プチが小さくても、どんどん奥へ入っていってしまうと言います。

鼻プチを使用している人の中には、「鼻の奥へ入りすぎて口から出てきてしまった」なんていう恐ろしい体験をした方も・・・。

鼻と口はつながっていますから、奥へ入りすぎると結果体外へ排出されるのでこれはこれで最悪の事態はまぬがれています。もっと恐ろしいのは口からも出てこないで鼻の奥で留まってしまうことです!

鼻腔の奥へ入ってそのまま放置すると、鼻プチは腐敗していずれは身体へ影響を及ぼしていきます。非常に危険なことですので、万が一鼻プチが取れなくなってしまったらすぐに病院へ行ってくださいね。

鼻プチは鼻の矯正にもなる!

公園をバックにウィンクをしている女の子の写真出典:we♡it

鼻プチを毎日つけていると、鼻にだんだん癖がついて、鼻プチを外してもスッとした鼻筋をキープできるみたい。 

鼻プチの他にも、ヒアルロン注射で鼻を簡単に高くできる方法もあるみたいなので気になる人はチェックしてみてください。

「高い鼻に憧れる!」「横顔美人になりたい!」なんて人は、一度試してみてはいかがでしょうか♡

written by かよちゃん

top image via we♡it

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46139 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ