2017年05月19日 更新 | 13,454 views

糸治療の進化形「ミラクルリフト」は効果が5年も続く!?

ミラクルリフトとは、こめかみから頬のあたりにかけての皮下に特殊な形状の「溶けない糸」を挿入することで、皮膚を持ち上げるたるみ治療。糸でひっぱり上げるリフトアップ治療のなかでは高い効果が期待できるとされ、人によっては5年も効果が持続するのだそう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

美容大国、韓国生まれの「ミラクルリフト」。

メスも必要なく顔のリフトアップができるとされ、たるみなどが気になる女性に人気のある施術のひとつ。

この記事では、ミラクルリフトの効果についてくわしく解説していきます。

目次

ミラクルリフトとは?

頬をさわる女性の写真

ミラクルリフトは、韓国の医師により考案されたたるみ治療法。

専用の糸を針で皮膚に通し、側頭部(こめかみ)から頬のあたりの皮下に固定して、メスを入れずに顔のリフトアップを図ることができるとされます。

特殊な構造の「溶けない糸」を大量に埋め込むことで、同じように糸を使用して皮膚をひっぱり上げ、しわやたるみを解消するほかの治療法(フェザーリフトなど)よりも、高いリフトアップ効果が得られるとされ、かつ長い効果が期待できるそう。

ミラクルリフトの仕組み

女性の横顔の写真

ミラクルリフトに使用する糸は、両端の真ん中に折り返しがついた約40センチほどの長さのもの。

これは、外科手術によく用いられる非吸収性の「ポリプロピレン糸」に、皮膚へのひっかかりを与える毛羽立ちを加えたもの。真ん中を境に、左右で毛羽立ちの方向が逆(両端から真ん中に向かって、毛羽立ちが開いている状態)になっています。

この糸は、側頭部から頬(法令線~口角水平線上)のあたりに向かって糸の両端が頬の方にくるようにU字型で皮下に挿入され、こめかみを支点に皮膚を大きく持ち上げる役割を果たすとされます。

さらに、毛羽立った糸が肌の真皮層でコラーゲンやエラスチンといった美肌作りに欠かせない物質を生成している「線維芽細胞」を刺激し、コラーゲンの生成を促すことで徐々に糸の周囲にコラーゲン繊維が形成されていくので、肌のハリや弾力をアップする効果なども期待できます。

ミラクルリフトで使うのは「特殊な糸」

ミラクルリフトの施術で使用する糸は非常に特殊なものになっていて、ほかの美容整形で使うものとは異なった性質を持っているよう。

ミラクルリフトで使うときには40センチほどの長さで使用されることが多いですが、先述したように「ポリプロピレン」という成分によってできています。

このポリプロピレンは、溶けないという特徴があります。そのため、一度皮膚のなかに通せば、消えることなくリフトアップした状態の維持が期待できるのです。

ポリプロピレン製の糸は、「ギザギザ構造」でらせん状の形をしています。このような特殊な糸を多数使用して、ミラクルリフトの施術は行われていくのです。

糸の1本1本に強力な組織把持力があるので、裂けたり劣化する心配もないのだそう。また、従来の医療用の糸と比較すると、治療効果が大きく持続期間も長いそうです。

ミラクルリフトがおすすめな人のタイプは

微笑む女性

ミラクルリフトが適しているのは、下記のような人になります。

  • 頬や口もと、首などの皮膚のたるみが気になる。
  • ほうれい線、マリオネットラインが気になる。
  • フェイスラインのゆるみが気になる。
  • 肌のハリや弾力不足している。

ミラクルリフトを検討する際に、自分が当てはまっているかチェックしてみてくださいね。

ミラクルリフトのメリットとデメリット

考える女性の写真

次に、ミラクルリフトの施術のメリットとデメリットをまとめました。それぞれ確認してみましょう。

ミラクルリフトのメリット

  • メスを入れず、傷跡をなるべく残さずに肌のたるみの改善が期待できる。
  • 従来のスレッドリフトよりも高いリフティング効果が期待できる。
  • 従来のスレッドリフトに比べて効果が長持ちするとされる。
  • 肌内部のコラーゲン量を増やすことで、たるみの改善と同時に肌状態の改善を図れる。
  • 施術後のダウンタイムが少なく、腫れや内出血を生じるリスクが低い。

溶けない糸を使用しますので、糸を用いたリフトアップ施術のなかでは、効果の持続期間が長いほうです。

ミラクルリフトのデメリット

  • 治療の効果は永続するのものではない。
  • 埋め込んだ糸が体内に残り続ける。
  • 施術者の技術によって仕上がりに差が出やすい。
  • 肌がつっぱるような感覚が残ることがある。

糸が体内に一生残ってしまうということは、感染症などのリスクとなります。

ミラクルリフトの施術内容について

整形を受ける女性の写真

ミラクルリフトの施術内容について、施術の流れ、施術時間、費用などについてまとめました。順に見ていきましょう。

ミラクルリフトの施術の流れ

ミラクルリフトの一般的な治療の流れは以下のとおり。

1. カウンセリング

医師から施術について説明を受けます。

2. 洗顔

メイクを落とし、洗顔します。

3. デザイン

糸を通す箇所に目印をつけ、マーキングを行います。

4. 麻酔

施術を行う部位に麻酔クリームなどで麻酔を行います。

5. 糸の挿入

マーキングに従って糸を埋め込んでいきます。

6. 終了

肌を冷却・消毒し、マーキングを落としたあと帰宅可能です。

ミラクルリフトの費用

施術にかかる費用は挿入する糸の本数によって変わります。

顔全体をカバーするのに必要な本数の目安とされている10本の糸を挿入する場合、50万~70万円ほどです。

ミラクルリフトの施術の所要時間

挿入する糸の本数にもよりますが、施術にかかる時間の目安は30分ほど。

ミラクルリフトの持続期間

個人差がありますが、ミラクルリフトの効果の持続期間は5年以上といわれています。

痛み

ミラクルリフトは施術部位に麻酔を施してから行う場合が多く、また施術に使用する糸も針も細いので、挿入時の痛みはほとんどないとされています。

施術後、麻酔が切れてから手術部位に痛みを生じる場合がありますが、医師から処方される「痛み止め」を服用すれば、耐えられるくらいのものであることが多いようです。

ひどい痛みが何日も続くような場合には、埋め込んだ糸が知覚神経や筋膜と接触してしまっている恐れがありますので、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

ミラクルリフト治療のリスク

落ち込む女性の写真

ミラクルリフトは画期的な施術方法ですが、リスクがまったくないわけではありません。

副作用

ミラクルリフトに使用される糸は「FDA(アメリカ食品医療局)」からの認可を受けているもので、非常に安全性の高いものだといわれています。

しかし、糸そのもののに問題がなくとも衛生状態が良くないと感染症を引き起こす恐れがありますので、衛生管理の徹底されたクリニックで施術を受けましょう。

また、これはおもに施術者の技術不足によるものですが、糸を挿入した部分の皮膚が引き攣れたり、凹みができたりすることもあるようです。

なるべく失敗したくない人や美しい仕上がりを望む人には、信頼のおける経験豊富な医師に施術を担当してもらうことをおすすめします。

施術後のダウンタイム

メイクと入浴は施術の翌日から、シャワーは当日から可能です。施術部位に水をかけないようにしましょう。

施術後、肌に多少の腫れやむくみなどが生じることがありますが、2、3日ほどで落ち着くようです。炎症が長引く場合には感染症やアレルギーの疑いもありますので、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

施術中に針が毛細血管を傷つけた場合、内出血を生じることがありますが、1〜2週間ほどで消失するでしょう。

また、施術を受けた部分の皮膚に違和感や引き攣れるような感覚を生じることも。そうした感覚は次第に解消されていくものとされていますが、まれに施術後数か月間にわたって続く場合があるようです。

切らない施術のためにダウンタイムが少ない

ミラクルリフトは、効果を実感できるうえにダウンタイムが短いのが好まれる理由でもあります。施術後に通院したり、入院したりする必要も一切ありません。

一切切らない・メスを入れない手術ゆえに、こうした短いダウンタイムが可能になるのです。前述したように多少の腫れや内出血が見られることもありますが、自然に治まる場合がほとんどです。

ただ、挿入する糸や肌のたるみ具合によってダウンタイムも多少変わってくるので、そのあたりは担当の医師に確認するようにしてくださいね!

仕事をしている人にとっては、ダウンタイムが少ないのは嬉しいことです。そのため、ミラクルリフトは特に働き盛りのOLさんに人気のある施術となっています。

皮膚の線維化にも効果が期待できる?

頬をさわる女性の写真

ミラクルリフトの施術を受けると、顔のたるみをリフトアップ効果が期待できるだけでなく、皮膚を線維化してきれいにしてくれる効果もあるというウワサがあります。

しかし、これに関してはイエスともノーともいえないそう。

ミラクルリフトの効果は、「フェイスリフトの手術+脂肪吸引」に似ているともいわれています。フェイスシフトはたるんだ肉を持ち上げるだけですが、ミラクルリフトは引き上げてさらにシャープにするといった仕上がりになるようです。

また、ミラクルリフトは実際に脂肪吸引はしません。ただ、針を何度も皮膚に刺すことによって、組織の内部には無数の傷がつきます。

これによって、「細胞は創傷治癒効果(肌が自らの力で傷を治そうとする力)が高まるのでは?」と考えられています。肌の組織の線維化を狙うことによって、美容効果も高めようということでしょうか。

ミラクルリフトの症例写真や施術詳細が良くわかるサイト

パソコンをする女性の写真

最後に、ミラクルリフトの症例写真が見らたり、施術の詳細が説明されているサイトをまとめました。

品川美容外科公式サイト

ミラクルリフトの症例写真が豊富に掲載されています。

品川美容外科公式サイト

コムロ美容外科公式サイト

ミラクルリフトによるたるみ治療のメカニズムが、非常にくわしく解説されています。

コムロ美容外科公式サイト

城本クリニック公式サイト

ミラクルリフトの症例写真が豊富です。

城本クリニック公式サイト

メスなしでリフトアップを目指す人へ!

きれいな女性の写真

従来の糸を使用したリフトアップ治療とは一線を画した効果が期待できそうなミラクルリフト。

「ヒアルロン酸注入やほかの糸治療じゃ物足りない!」「だけどフェイスリフト手術を受けるのはいや!」という人にとくにおすすめの治療法だといえるので、気になる人は検討してみても良いかもしれませんね。

ミラクルリフトは溶けない糸の施術になりますので、以下の2点のリスクがあります。

・凹凸が一生残ってしまう可能性
・感染のリスクが生涯に渡ってある

そのため、100症例以上の経験と症例写真が豊富にあり、信頼できる医師を選びましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー