NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年06月24日 更新 | 2,962 views

切らないダイエット、アメリカFDA認可の「ヴェラシェイプ」とは?

ヴェラシェイプは切らないダイエットのひとつで、サイズダウンをしたいという人に注目されているダイエット方法です。ダイエットによるたるみ、セルライトのケアにもなるので、シルエットも理想どおりになりやすいと言われています。

ダイエットというと食事や運動などとても苦しく、時間が長くかかるものというのが今までの常識でした。

近年アメリカFDAから認可されているヴェラシェイプは、これらの時間も我慢も必要のないダイエット法です。

ヴェラシェイプとはどんなダイエット法?

太もものダイエットを考えている女性

ヴェラシェイプは高周波赤外線を使いさらに吸引によるマッサージ効果のあるダイエットマシーンです。

「アメリカ食品医薬品局」であるFDAの認可を受けており、医療機関でしか扱えない医療器具なので、医師の下での施術になります。

ヴェラシェイプの効果やメリット

ヴェラシェイプがダイエットやセルライトの除去の美容施術として人気があるのは、やはりたくさんのメリットがあるから。

やはろ「切らない」と言っても、美容施術にはたくさんの不安がつきまといますよね。そんな中でヴェラシェイプが選ばれる理由とはなんなのでしょうか?

ヴェラシェイプの効果やメリット1:痛みがない

ヴェラシェイプは専用の美容医療機器によって体に施術を施しますが、きれいになりたい部分に照射するだけなのでまったく痛みがありません。

機器自体を使うことも痛みを発症させませんが、麻酔や薬剤を一切使用しないというのも痛みと無縁であることに大きく関係しています。

他の美容医療(とくに切ったり刺したりする系統のもの)は、実際の美容整形というよりはその前の麻酔が痛くてしんどいという女性の声が多いんです。

ヴェラシェイプの効果やメリット2:ピンポイントに効く美容施術

ヴェラシェイプは痩せたい部分にピンポイントに効果を発揮できるので、その分効果の大きさも実感できることと思います。

痛みを感じず大きな効果を得られる美容施術、ここがヴェラシェイプの最大の魅力と言ってもいいかもしれませんね。

またヴェラシェイプはハンドピースを用いて行うため、体のどの部分にでも美容施術を行うことができます。

基本的には太もも裏・おしり・二の腕などにヴェラシェイプをする女性が多いですが、あなたが気になっているところだったらどこにでもつかってOK!

ヴェラシェイプの効果やメリット3:高い安全性

前述したように、ヴェラシェイプはFDAの認可を受けている美容医療。しっかり事前に安全性が確認されています。ちなみにFDAとは日本でいう厚生省のような位置づけになります

こういったバックボーンがあるので、私たちもしっかり身を委ねることができます。

ヴェラシェイプの効果やメリット4:温熱効果とマッサージ

ヴェラシェイプは体を温めながら行う美容施術です。もちろん施術自体にも効果があるのですが、この温熱によって体の代謝が上がっていき体は痩せやすくなっていきます

よってヴェラシェイプを何度も受けることによって、体はダイエットへのベクトルを大きくするとともに効率も良くなっていくという好循環が生まれると言います。

また温熱には心と体をリラックスさせるような効果も秘めており、ヴェラシェイプの施術を受けることは体を美しくするだけでなく心もスッキリさせることができると評判なのです。

ヴェラシェイプはどんな仕組み?

出典:湘南美容外科 ダイエット外来

ヴェラシェイプはRFといわれる高周波と赤外線を使い、それから吸引マッサージをおこないます。

腫れや内出血はありません。

まずは熱エネルギーで代謝を促し、コラーゲンを活性化させ皮膚を引き締めながら脂肪を燃焼させます。

さらに、コラーゲンの活性をし、美肌効果も得られるという、うれしいおまけも人気の秘密のようです。

また、なんといっても血液やリンパの流れがよくなるため、イヤなセルライトを改善し、体のデコボコをなくしたなめらかなボディラインを実現することができます。

他の治療と違い痛みもなく、受診した人は「むしろ温かくて気持ち良かった」という感想もあります。

ヴェラシェイプの効果を実感できる回数や期間はどれくらい?

何をしようか考えごとをしている女性

ヴェラシェイプは効果が実感しやすいのも人気の理由のようです。

たとえば切らないダイエットで人気施術の一つであるスリムスペックの場合には、5回から10回の施術が必要だといわれています。

脂肪吸引のエンダモロジーの場合は、10回から20回になりますのでどちらも回数が多いために通う時間が必要になります。

一方、ヴェラシェイプはだいたい6回から8回程度の施術が一般的になり、また、リバウンドもほとんどないのもうれしいところです。

セルライトの除去にも効果的で、太ももなどのボコボコがなめらかになるそうです。

ヴェラシェイプの施術効果や術後経過の写真・体験談

男性でもヴェラシェイプの利用者は多く、実際に施行した人の写真をいくつか挙げてみましょう。

トキコ若返りドットコム ヴェラシェイプ 症例写真

フェミークリニック 美容皮膚科 体験談

ナカノメディカルエステティック ヴェラシェイプ

どの写真でもセルライトがなくなり、メリハリボディに近くなっていることが分かります。

ヴェラシェイプがオススメな人はどんな人?

お尻のセルライトが気になる女性
  • 切らずにダイエットをしたい人
  • セルライトが気になっている人
  • また、痛みもほとんどないので痛みに弱い人

金額はだいたい1回につき、3万円から4万円が一般的のようです。

また施術は週に1~2回のスパンで、少なくとも4回から8回受ける必要があるので、時間の余裕も必要です。

施術は、カウンセリングのあと1時間程度。当日帰宅でOKなのでエステに行く感覚で施術を受けることができます。

ダウンタイムがないところも嬉しいところですね。

一般的に、ヴェラシェイプを受けるのは、「他の施術をするつもりだったけれども、まず最初は負担の少ないものから」と考える人が多いようです。

たとえば、「学生時代に運動をしていたので腕が太い。さらに今では、筋肉ではなくセルライトになっている」という人も、部分痩せをすることができたという声があるそうです。

ヴェラシェイプの副作用やデメリット

ヴェラシェイプにはとくにデメリットとというものがありません。痛みなし、ダウンタイムなしの安全な美容施術・・・整形ではなくエステに近いとも言われています。

強いてデメリットを挙げるとすれば、効果を実感できないこともあるということでしょうか。脂肪吸引などの施術に比べると、ヴェラシェイプの効果は劣るとも言われています。

そして一度の施術ではなかなか終わることができません。個人差はありますが、5回10回はヴェラシェイプをしないとセルライト除去にも効果が薄いです。

複数回の施術が必要なことは、忙しい方には不向きと言えるかもしれません。何より1週間ごとという比較的短いスパンでヴェラシェイプを受けることが推奨されています。

仕事で忙しい女性にはこの短いスパンでヴェラシェイプを受け続けるのはなかなか難しいでしょう。こういった面はヴェラシェイプのデメリットと言えますでしょうか。

より効果を高めるためには、規則正しい食生活適度な運動というのも推奨されています。生活のベースを健康志向にしていかないと、せっかくのヴェラシェイプも台無しになってしまう可能性が・・・。

ただ闇雲にヴェラシェイプを受けに行けばきれいになれる!と思っている方がいたら、その考えは少し改めた方がいいかもしれません。

医療痩身の地域別人気クリニック

東京

渋谷美容外科

渋谷駅東口徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44767 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ