2017年01月30日 更新 | 2,107 views

細かい部分のデザインも可能!アキュシェイプで部分やせをかなえよう

脂肪吸引やレーザーでの脂肪溶解には、広範囲に効果が期待できる場合と、狭い範囲への効果が期待できる場合があります。アキュシェイプは狭い範囲が得意なので、顔などの細かい部分へのケアが可能です。ですので、身体はそれほど太っていないのに、顔だけがふっくらしているというような人にとてもオススメです。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香先生が監修しています。

アキュシェイプは部分痩せを実現するダイエット方法のひとつです。

アキュシェイプでレーザー照射された脂肪は水に吸収されやすい特性があり、この脂肪を体外に排出することで効果が期待できます。

アキュシェイプとは?どんなダイエット法?

顔にレーザー治療を行っている女性

アキュシェイプはレーザー機器を使い行うダイエット法です。

アキュシェイプのレーザーは、1,444nmの波長をもつため、脂肪組織に反応し溶解します。

レーザー照射のメリットでコラーゲン生成が促されるので、脂肪吸引に伴うたるみもある程度抑えることができます。

アキュシェイプは狭い範囲で少量の脂肪溶解ができるので、顔などの細かい部分のデザインも可能です。

頬だけが膨らんでいるからエラが張っているように見える」などの悩みを持っている人に合っているそうです。

ただし、細かい部分のデザインには医師の高度な技術が必要になります。

医療技術によってはたるみがでてしまい、さらに他の施術が必要になったりすることもあるようです。

アキュシェイプと脂肪吸引の違い

脂肪を除去すると言えば、今までは脂肪吸引が一般的でした。そんな脂肪吸引とアキュシェイプはどのあたりが異なるのでしょうか?

いちばんの違うは使う機器です。アキュシェイプは脂肪吸引よりもずっと細いレーザー管を使用しています。さらにアキュシェイプは脂肪を溶かして吸うというメカニズムで痩身していきます。

この細い管によって、患者の肌や血管にかかる負担を最小限にすることができます。ダメージが少ないことによって、術後の腫れや痛みといったものもほぼないのがアキュシェイプの施術なのです。

アキュシェイプのメリット

スカートをはく女性の写真

アキュシェイプには他の痩身美容と比べて長けている点が多くあります。どのようなメリットがあるのかにフォーカスしていきましょう!

アキュシェイプのメリット1:1回で効果が出やすい

アキュシェイプは1回の施術で効果が期待できるとされています。なので何度もクリニックに足を運んで治療を繰り返さなくても痩せられるのがメリットといえるでしょう。

個人差もありますが、脂肪吸引よりも多くの脂肪を除去することができるといいます。

さらに皮膚の比較的薄い部分にも効果が出る施術なので、お尻・太ももだけに限らず二の腕などのダイエットにもよく使用されています。

アキュシェイプのメリット2:傷跡が目立たない

アキュシェイプの治療は極細のレーザーを体の中に挿入して、そのレーザーの熱で脂肪を溶かすというものです。

このレーザーは本当に細いものなので、皮膚につく傷はほんのわずか。大きく切開することがないのも、アキュシェイプの魅力と言っていいでしょう。

超音波脂肪吸引のように、ドレーンを入れるということもありません。できるだけ患者の体を傷つけないようにして施術をするのが、アキュシェイプなのです。

アキュシェイプのメリット3:たるみが出にくい

従来の脂肪吸引は、脂肪を除去する代償として皮膚のたるみというのがどうしてもつきまとってしまうものでした。とくに高齢だったり大量の脂肪をとったりすると、たるみが出てしまうのです。

しかしアキュシェイプは脂肪を除去しながらコラーゲンの生成も行ってくれるというメカニズム。なので皮膚をたるますことなく痩身できるとして、話題になっています!

脂肪吸引のあとにわざわざたるみ取りの別の美容整形を行わなくてもいい、これがアキュシェイプのダイエット美容施術としても大きなメリットなのです。

アキュシェイプのメリット4:保障された安全性

アキュシェイプはアメリカのFDAの認可を受けた美容施術。FDAとは、日本で言う厚生労働省のようなものだそうです。

美容業界では海外から輸入している機器が多いのですが、やはり国外の機器の安全性というのは確かめるのが難しくて医師たちも判断に困るところ。

ただこのFDA認可というのは非常に強い安全性を示しているので、輸入機器でも安心して施術に活かすことができるのです。海外で生まれた高い技術、それがアキュシェイプの美容施術です。

アキュシェイプがオススメなのはこんな人

太もものダイエットを考えている女性
  • 太ももを細くしたい人
  • お腹周りをスッキリさせたい人

などの、部分痩せを希望している人には最適だといわれています。

また、薄い層の脂肪をなくしたいと思っている人にも、ピンポイントでのアプローチが可能です。

ダウンタイムはだいたい2週間程度で、内出血や腫れも個人差はありますが、ダウンタイムと同じくらいの時間と考えるのがよさそうです。

アキュシェイプの施術の流れ

清潔感のある治療室

クリニックによって違いはありますが、だいたい施術の流れは下のようになっています。

カウンセリング

どんなスタイルにしたいのか、何が悩みなのかをしっかり聞いてもらうようにしましょう。

それを含めてデザインの相談になります。

たとえば「胸は残したいけれども腹部は減らしたい」という希望をしっかり伝え、その上で予算や施術についての相談と計画をします。

麻酔

麻酔もデザイン相談の時に、どのくらいの麻酔にするかを決められるクリニックがあります。

クリニックによっては、麻酔に関しての要望はあまり受け入れてもらえないこともありますので、気になる人はしっかり相談しましょう。

施術

施術は短時間で終わるとのこと。

術後は筋肉痛のような痛みやしびれがあるのですが、ほとんどの人が我慢できる程度だそうです。

その日に帰宅することができ、数日は吸引した部分をサポーターや包帯で圧迫固定し、一定期間の後に抜糸となります。

術後は腫れや内出血があらわれる人もいます。

アキシェイプの費用相場

何にしようか悩んでいる女性

アキュシェイプはクリニックによって差はありますが、ウエストで30万円程度が一般的です。

施術範囲が広いと金額が高くなることはもちろんですが、顔や細かい部分のケアの場合にも金額が上がる場合があります。

そして費用に限らず、細かい部分のケアには高度な医師の技術を必要としますので、口コミや実績などのチェックが必要です。

効果に関しては、「効果があると感じた」「すぐにサイズダウンした」などの感想があり、速効性を優先する人にとってはおすすめの施術といえます。

アキシェイプの副作用や修正・失敗談について

顔をおさえて悲しみおさえている女性

アキュシェイプに失敗してしまった、アキシェイプの修正をしたい、という場合にはまずは治療と施術を行ったクリニックに相談をする必要があります。

一時的な腫れのこともありますが、素人判断をせずに医師に相談するほうがよさそうです。

よく聞く失敗としては、

「頬の施術を受けた。脂肪は取れたけれども、表面がぼこぼこになってしまった」

「腫れが引かずにこぶのようになってしまった」

などが聞かれ、顔をはじめとする細部に関するものに関しては、かなり慎重に医師を選ぶ必要があるようです。

ただ医師の技量によっては非常に効果的な施術だといえるようですので、事前のリサーチをしっかり行うことを強くおすすめします。

アキュシェイプの注意点

アキュシェイプの施術を行ったあとは、激しい運動を避けるようにしましょう。大きくないとはいえ、はやり体に傷がついた状態ですから激しく体を動かすことは厳禁です。

スポーツ系の催しなどが直近の予定としてある方は、アキュシェイプの施術日程をよく考えた方がいいかもしれませんね。

そしてシャワーや入浴はアキュシェイプをした当日からOKと言われていますが、できるだけ患部は濡らさないようにしましょう。できれば施術1週間は軽くシャワーをする程度にするのがベストです。

これらをしっかり守れば、あとは今までの日常生活と変わらない日々を送って大丈夫です!

written by RIO

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー