2017年05月18日 更新 | 4,748 views

注射だけで脂肪が溶かせる?「リバイタルセルフォーム」の効果

「リバイタルセルフォーム」は脂肪を溶かし痩身効果が期待できる施術。施術は気になる部分に注射を打つだけです。脂肪吸引とは異なり、ダウンタイムも短く体への負担も少ないとされ、脂肪細胞自体を壊して痩身を目指すためリバウンドの心配もあまりないとされています。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

注射だけで痩身効果が期待できるリバイタルセルフォーム

脂肪吸引のように大規模な手術は行わないため、比較的手軽に施術を受けることができるとされます。

そんなリバイタルセルフォームの効果はどれほどのものなのでしょうか。

この記事では、リバイタルセルフォームの効果について紹介します。

脂肪溶解剤「リバイタルセルフォーム」とは?

注射器をくわえる女性の写真

リバイタルセルフォームは、イタリアのプロモイタリア社の製品。

脂肪溶解する薬剤を注射することで脂肪を溶かし、痩身効果が期待できます。

リバイタルセルフォームは、医療用のダイエット薬としてすでに一般的。現在では20か国以上で用いられています。

従来の脂肪溶解注射が脂肪細胞が小さくさせるだけなのに対し、リバイタルセルフォームは脂肪細胞を溶かすはたらきが期待できるのです。

リバイタルセルフォームの成分

薬の写真

従来の脂肪溶解注射は副作用で肝障害などの報告があり、挑戦したくともできない人が少なくありませんでした。

一方、リバイタルセルフォームは高脂血症や脂肪肝の治療に用いられている天然素材成分から抽出された薬剤。

痩身効果のための脂肪溶解成分は大豆由来のフォスファチジルコリンが5%、ほかに抗酸化作用成分、脂肪の燃焼を促す成分などが配合されていますが、副作用の心配はほとんどないとされます。

リバイタルセルフォームの効果について

脚をさわる女性の写真

リバイタルセルフォームは具体的にはどのような効果があるのでしょうか?リバイタルセルフォームの特徴といっしょにくわしく見ていきましょう。

リバイタルセルフォームがおすすめの人

  • ダイエットはしたいけど脂肪吸引には抵抗がある人
  • セルライトによる凹凸を解消したい人
  • ピンポイントに痩せたい部分がある人
  • 二の腕のたるみをなくしたい人
  • 今まで何度もダイエットに失敗している人
  • 肥満による各種の合併症を予防したい人

このような人たちにリバイタルセルフォームはおすすめできる美容治療です。

さらにダウンタイムが短いため、日常生活に支障なく治療を受けられるというのもメリットといえるでしょう。他人に気づかれたくない!という方にはもってこいの治療です。

リバイタルセルフォームとほかの施術の違いは?

リバイタルセルフォームの施術が脂肪吸引やレーザー治療と違う大きな点は、ダウンタイムの短さ。

注射をするだけなので、麻酔も表面麻酔のみでOK。その後、減らしたい脂肪の量に応じて時間を置いて何度か注射をすることになります。

そのため、忙しい人でも気軽に施術を受けることができます。

リバイタルセルフォームの施術の流れ

ピースをする女性の写真

リバイタルセルフォームの施術では、まずカウンセリングを行います。リバイタルセルフォームは部分痩せを目指す美容施術なため、ここでしっかり担当医師に自分の痩せたい部分に関して相談をしてください。

リバイタルセルフォームは即日の施術が可能なクリニックが多いです。事前に電話での予約をする必要があるところもありますが、施術までにあまり時間を要さない美容整形となっています。

さて実際の施術の話に移りましょう。施術ではまず医師や脂肪をなくしたい部分にマーキングします。ここにマイクロカニューレという注射を刺して、脂肪溶解液を注入していくのです。

リバイタルセルフォームではマイクロカニューレという先の尖っていない注射を使用します。そのため、事前に局部麻酔をすることもあります。

注入が終わったら、最後はマッサージをして終了です。マッサージを行うことによって、細胞が炎症を起こしにくくなるとされます。

マイクロカニューレを使用するかどうかは医師の施術の仕方によります。

術後に注意したいこと

リバイタルセルフォームの美容治療はダウンタイムなども少なくすぐに日常生活に戻れるというのがメリットとされています。以下の点を注意しながら、術後の生活を過ごしていきましょう。

当日からシャワーOK

リバイタルセルフォームの施術をした日にシャワーを浴びても大丈夫です。ただし入浴はしないようにしましょう。入浴は翌日から可能になります。

同じように施術当日禁止されていることとして、激しい運動やアルコールの飲酒というものがあります。これらは医師のOKが出るまでは控えてください。

自宅でも自分で患部マッサージをする

施術の最後に医師がマッサージをしてくれると思いますが、自分でも自宅でセルフマッサージをしましょう。

こうすることによって、血流がよくなって術後の痛みや炎症が和らぐそうです。治療効果を高めるためにもぜひ実践してください。

通常は1週間程度で腫れや痛みはおさまるそうですが、マッサージをすればこの時間がぐっと短くなる可能性があります。体をいたわる意味でもやってみましょう。

リバイタルセルフォームをクリニックで受ける場合の費用

リバイタルセルフォーム注射の施術をクリニックで受ける場合、費用は1万5千円〜3万円程度。

意外と良心的な価格!とおもいますが、これはあくまで手のひら程度の範囲の費用です。

クリニックによっては、複数回受けることで割引が適用されるところもあるようです。

リバイタルセルフォームの自己注射

鏡を見る女性の写真

実はリバイタルセルフォームは、クリニックで施術する以外に個人輸入して自分で施術するという方法があります。

輸入代行業者などを通じてリバイタルセルフォームの薬剤と注射器を取り寄せて、自分の手で注射をするのです。

自己注射って法律的に大丈夫なの?と心配になるところですが、自分で自分に注射をするのは医師法的にギリギリOKという見解もあります。

ただしすべては自己責任。おすすめできる方法ではありません。

リバイタルセルフォームの施術を受けるなら、やはりきちんとクリニックに行くべきです。

リバイタルセルフォームを受けた人たちのブログ

パソコンをする女性の写真

リバイタルセルフォームを実際に使用した際のようすや口コミなどが見られるサイトをまとめました。

リバイタルセルフォームに関する疑問

考える女性の写真

副作用・途中経過・術後の患部などに関して、気になる項目をまとめてみました。これから施術を受けようかなと思っている方もぜひ参考にしてみてくださいね!

リバイタルセルフォームを注射したあとは腫れる?

脂肪を融解していく過程で、大なり小なり細胞に炎症が起こることは事実です。腫れが起こりますがこれは早い人だと2日ほどで、遅くとも1週間もすればおさまることがほとんどです。

そのため、術後に腫れが起こってもあまり心配することはないでしょう。

数日から1週間程度の期間、赤みや腫れが出ることにも注意が必要です。

脂肪融解の注射をする部位や範囲は限定されている?

基本的にリバイタルセルフォームは体のどの部分にでも注射することができます。人気が高いのはお腹周り・二の腕・太もも・おしりなどです。

リバイタルセルフォームでは手のひらサイズの面積を施術できる脂肪誘拐液を1アンブル(10ml)としています。1日に注射のできる液の量は、4アンブルだそうです。

この量を超えなければ、体のどの部分にどれだけ注射してもOKということになるでしょう。同じ部位へ連続して注射したい場合は、2週間に1回という間隔をあけなければいけません。

ちなみに顔へのリバイタルセルフォーム施術はクリニックよっては行っていないことも。それは、腫れが起こってしまうために、顔へのリバイタルセルフォーム施術はしたくない!という医師が一定の割合でいるようです。

脂肪融解液を注射したあとは運動は必要?

ダウンタイムが終了して落ち着いてきたら、適度に運動することをおすすめします。リバイタルセルフォームは脂肪を溶かす効果は期待できても体重を減らすことはできないようです。

治療期間中というのは溶けた脂肪がよく排出される絶好の期間。ここでしっかりマッサージや運動をして高い効果が期待できます。

さらに水分を意識的に多く摂取することもおすすめ。体内の血液や体液の循環がよくなって、さらにリバイタルセルフォームの効果をアップさせることができるでしょう。

効果を出すには何度もクリニックに通わなければだめ?

効果が出るまでの期間には個人差があいますが、2~3回目のリバイタルセルフォームで効果がではじめる人が多いようです。

1回の注射でも効果を感じる人はいますが、視覚的に痩せた思うまでには、複数回の脂肪融解注射をすることが求められます。

医師的にも最低5回は受けてもらいたい、という考えがあるようです。そのためセット価格などを設けているクリニックも多くあります。

効果を出すには回数が必要です。最低でも3回以上は受けましょう。

リバイタルセルフォームでリバウンドの可能性はあるの?

通常のダイエットというのは脂肪細胞の大きさを小さくしていきながら痩せるのですが、脂肪細胞の数自体が減ることはありません。そのため途中でダイエットを中断してしまうと、脂肪細胞が再び大きくなってリバウンドをしてしまうのです。

リバイタルセルフォームでは脂肪細胞自体を壊して痩身をはかっていくため、滅多なことではリバウンドはしないでしょう

併用して飲むと良い薬はある?

リバイタルセルフォームの脂肪融解注射をしたあとに、その効果を高めるために飲むと良い薬があるようです。どれもダイエットの補助として有効なので、医師に相談して処方してもらいましょう!

サノレックス

サノレックスは、少量の食事で満足感を得られるとされる薬。さらに新陳代謝も上げてくれるので、ダイエットには非常に効果的とされます。

防風通聖散

防風通聖散は、漢方薬です。脂肪を分解・燃焼するはたらきがあるとされ、とくにお腹周りのダイエットに効果的だそう。

便秘の解消も期待できるため、ダイエットには強い味方です。

リバイタルセルフォームでスタイルアップを図ろう

ミニスカートをはく女性の写真

脂肪吸引やレーザー治療にくらべて、気軽かつ手軽に痩身できるとされるリバイタルセルフォーム。

いきなり大掛かりな施術を受けるのが怖い……という人は、まずリバイタルセルフォームから挑戦してみるのが良いかもしれません。

リバイタルセルフォームは、部分痩せに効果的で良い治療ですが、数日間は赤みや腫れが出てしまうことには注意が必要です。
ダウンタイムがない部分痩せ治療の方が良い場合は、BNLSや顔やせクイックをおすすめします。

NICOLY編集員が小顔になれるBNLS注射を体験してきました!

関連する記事

BNLS注射を18本打ってみた。そのビフォーアフターは?【湘南美容外科池袋西口院】

簡単に小顔が手にはいると大人気の脂肪溶解注射、BNLS注射を体験しました。湘南美容外科池袋西口院で6本のBNLS注射を計3回打った結果、うれしい変化が。施術直後の腫れや痛み、効果がでるまでにかかった期間も詳細にお伝えします。

太もも脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた

あごの下の脂肪が気になるというモニターのみみさんは、今回品川スキンクリニックで、脂肪溶解注射「顔やせクイック」を受けることに。顔やせクイックは注射を打って脂肪の解消をするというものなので、脂肪吸引のようにダウンタイムが短く済み、仕事で休めない人にもおすすめとされる施術です。

出典:[美容整形体験レポート]-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた|品川スキンクリニック 表参道院nicoly.jp/article/3730

関連する記事

[美容整形体験レポート]-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた|品川スキンクリニック 表参道院

あごの下の脂肪が気になるというモニターのみみさんは、今回品川スキンクリニックで、脂肪溶解注射「顔やせクイック」を受けることに。顔やせクイックは注射を打って脂肪の解消をするというものなので、脂肪吸引のようにダウンタイムが短く済み、仕事で休めない人にもおすすめとされる施術です。

【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪を解消することに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

出典:[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院nicoly.jp/article/4379

関連する記事

[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-20.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪の解消を目指すことに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

お腹への脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お腹への脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

関連する記事

[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-20.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪の解消を目指すことに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

脂肪溶解注射の施術を受けられるクリニック

  • 東京東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ
  • 腫れづらい脂肪溶解注射 1回(手のひらサイズ)9,310円

湘南美容外科 銀座院の詳細

  • 大阪心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ
  • 脂肪取り注射エバースリム 1cc2,400円

品川美容外科 心斎橋院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • 脂肪取り注射エバースリムお腹全体 100cc240,000円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー