NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年09月06日 更新 | 27,062 views

姿勢は1日にしてならず。生活の中に取り入れる猫背の治し方

猫背を「生まれつき」と思っていませんか? 実は病気や先天性の骨のゆがみ等を除いて、「生まれつき猫背」という人はいません。ほぼすべての人が、後天性、つまり日頃の生活習慣が原因で背中が丸くなってしまっているそうです。ということは、これから生活習慣を見直せば治る可能性は大きいんです。日常でできる治し方を実践していきましょう。

女性の後ろ姿の写真出典:we♡it

丸まった背中や肩が特徴的な猫背

なんだか自信がなさそうで、頼りなさそうに見えませんか? 

姿勢が悪いと実年齢より老けて見えてしまうことも。

正しく美しい姿勢をつくるためには、まず猫背の原因を知ることが大切です。

自分に合った治し方で猫背を改善しましょう。

日本人の9割が猫背?!

女性がぽかーんとした表情をしている写真出典:we♡it

実は、日本人の約9割が猫背と言われています。

欧米人の体型に比べ、体格が横に薄く筋力が発達しづらいということに加えて、農耕民族である日本人は昔から腰をかがめる姿勢をとることが多かったということが一因のようです。

これに加え、猫背を加速させているのがパソコンやスマートフォンなどの普及によるもの。

知らず知らずのうちに前かがみの姿勢を長時間とっているために、それが常態化して悪い姿勢を作っているのです。

猫背ってどういう姿勢?

海辺にいる女性の写真出典:we♡it

では、猫背とはどういう姿勢のことでしょうか。

見た目でいうと首や肩が前傾し、背中や腰が曲がっていて、まるで猫のような姿勢のことです。

これには4つのタイプがあり、それぞれの生活習慣によっても変わってきます。

猫背の4つのタイプ

猫背には大きく分けて4つのタイプがあります。

  • 首猫背:首が前方に出ているタイプ
  • 背中猫背:肩の部分から前傾しているタイプ
  • 肩猫背:両肩が胸の方に巻き込まれているタイプ
  • 反り腰猫背:腰をそらすことが多いため、バランスをとるために肩部分を丸めてしまうタイプ

これらの主な原因となるのが、体幹や背中、下肢の筋力不足と非柔軟性によるもの

通常、姿勢を保つために必要な背骨は首にある頸椎(けいつい)、胸部分の胸椎(きょうつい)、腰部分の腰椎(ようつい)という3箇所の部位がS字カーブを描いています。

そこに5キロほどある頭部が乗りバランスを保っているわけですが、背筋や腹筋などの筋力と柔軟性が不足していると頭部を支えることができなくなり、首が前に倒れ、肩も前のめりになっていきます。

また、下腹部の腹筋や腰の筋肉が働かないと骨盤が後傾し、猫背を引き起こす原因ともなります。

猫背になりやすい生活習慣

舌を出している女性の写真出典:we♡it

猫背になりやすい生活習慣には以下のようなものがあります。

デスクワーク

長時間椅子に座ってパソコン作業などをしているとき、必要な筋力がない人は正しい姿勢を保つことができず、つい背中を丸めた楽な姿勢になります。

椅子の座り方

仕事中、リラックスタイム、運転中、公共交通機関での移動中等、どのような姿勢で座っていますか?

常に背もたれに体重をかけて座っている方は要注意です。

また足を組んで座っている場合も骨盤のゆがみにつながります。

立つ時に左右どちらかに体重をかけている

信号待ちや電車待ちのときなど、左右どちらかに体重をかけて立っている場合、骨盤のゆがみにつながり、それが猫背の原因となります。

鞄をいつも同じ側で持っている

鞄をいつも同じ側で持つことも体のバランスを崩す原因です。

どちらかだけに負担をかけるとゆがみにつながります。

寝転びながらの読書やゲーム

うつ伏せ姿勢の状態で長時間読書やゲームをする行為も、背骨や腰に負担がかかり背骨をゆがませる原因に。

スマートフォンの長時間使用

携帯端末を操作するときには、胸より下で持つことが多いため前かがみの姿勢になり、姿勢のゆがみにつながります。

寝方

猫背の人はうつ伏せか横向きが多いそうです。

また寝返りを打ちづらい布団や高さのあっていない枕を使うことで体のゆがみを作ることも。

心理的不安

人の心理状態は姿勢に反映されると言います。

不安があったり自身がない時、落ち込んでいるときにはどうしてもうつむき、背中が丸くなりがち。

心理的不安が筋肉の過剰な緊張を生み出すともいわれます。

無理せずできる猫背の治し方

帽子をかぶった女性が笑っている写真出典:we♡it

では、猫背はどうやって治すのでしょうか。

たとえば、長時間パソコン作業をしている人ならそれを止めれば猫背の進行は止まるかもしれません。

でも大半の人がそんなに急に生活や仕事を変えることはできませんよね。

そういう場合にも日々の習慣を少しだけ意識して変えたり、わずかなストレッチやトレーニングを行うことで猫背を改善ことは可能です。

正しい姿勢で椅子に座る

デスクワーク中や運転中など、可能なかぎり正しい姿勢を意識して座ります。

  • 顎を軽く引く
  • お尻を背もたれに付けるように腰掛ける
  • 腰部分にある腰椎という骨を立てるように背筋を伸ばす
  • 両足が地面につくようにする。
  • 椅子が高い場合は台などを置く

姿勢サポートシートを椅子に置いて使うこともおすすめです。

姿勢サポートシート出典:amazon

amazonで人気の姿勢サポートシート

パソコンの位置や携帯端末の位置を調整する

パソコンや携帯端末の画面があまり下にありすぎると頭がさがり首や肩にも大きな負担となります。

画面は目線から少し下がベスト。

また、顔から40センチ以上は離すようにしましょう。

左右の偏り癖を直す

立っているときや鞄を持つとき、脚を組むときに左右どちらかだけに負担をかける癖がある場合には、左右が均等になるように、鞄を逆の手でもったり、脚を組み替えたりしてバランスをとりましょう。

寝具を見直す

できるだけ仰向けで寝られるような適度な硬さのものを選びましょう。

寝返りがしやすいかどうかも判断ポイントです。

また専門家に相談して、自分にあった枕を選ぶのもいいと思います。

ストレッチやトレーニングを毎日数十秒から数分程度行う

女性がストレッチをしている写真出典:we♡it

正しい姿勢が維持できないのは筋力が衰えているから。

特にインナーマッスルと呼ばれるお腹の深いところにある筋肉(腹横筋)は不可欠です。

ドローイングと呼ばれる呼吸を使った腹横筋のトレーニングはわずか1分足らずでできる簡単なもの。

深い呼吸をすることで心理状態の安定にもつながります。

ドローイングの方法は以下の通りです。

  1. 背筋を伸ばした状態で(座位の場合には、腰椎を立てた状態)両手をお腹に当てます。
  2. 鼻から大きく息を吸い込み、息を吸ったときにお腹が膨らむように意識します。
  3. 息を口からゆっくり吐きながら、今度はお腹をへこませます。できるだけ細く長く息を吐きます。
  4. これを5~10回ほど繰り返します。

整体院に通う

骨格を正すプロである整体院に行くと、その人独自の体のゆがみを確認し、矯正してくれるだけでなく、予防するためのストレッチや生活習慣のアドバイスも教えてくれます。

ただし、整体院には国家資格もなく、「自称」だけで開業している院もあります。

実績などを確認してから相談するようにしましょう。

猫背の治し方を今日から実践してみよう!

海辺にいる女性の写真出典:we♡it

「姿勢は1日してならず」という言葉がぴったりなほど、人の姿勢は日々の習慣から形成されています。

ということは、生活習慣を変えれば姿勢は改善されるわけですが、「本気になればいつでも治せる」と考えるのは危険です。

猫背を放っておくと肩こりや腰痛を引き起こすだけではなく、悪化すると最悪な場合脊椎の圧迫骨折につながることも……。

そうならないためにも今日からすぐに生活習慣を見直し、正しい姿勢になる猫背の治し方を実践していきましょう!

written by hananoko

top image via we♡it

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44878 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ