NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年01月15日 更新 | 6,630 views

あだ名は「ババア」。8歳から白髪に悩まされた私の30年[体験談](3)

白髪がバレたことで「またいじめられる……」と恐怖を感じました。でも私の白髪をみた友達の反応は、意外なほど優しく「みんなで髪の毛を染めよう」という約束までしてくれたんです。このころには、もうほとんど100%の髪が白髪になっていました。

この記事はあだ名は「ババア」。8歳から白髪に悩まされた私の30年[体験談](2)のつづきです。

初めて自分で白髪染めをして登校した日、後ろまでしっかり染めきれていなかったために、周囲のクラスメートに白髪がバレてしまいました。

またいじめられる……とおもいましたが、周囲の反応は意外なもので、「もしかして、白髪なの?それで染めているの?」と聞いてきました。

その声はとても優しかったので、私はだまってうなずきました。

すると、「そうなんだ。大変だね。でも、もうちょっと明るい色にした方が可愛いかもよ」と言ってくれたんです。

でも私は、驚いたと同時に、もしかしたらあからさまに「染めています」という髪の色にさせて、みんなでいじめるのではないかと疑ってしまいました

でも、彼女たちは私の白髪をからかってくることもなく「今度みんなで髪の毛を染めよう!」という約束までしました。

でも「校則で禁止されているよ」と小さな声で言うと、周りの友達は大声で笑い「そんなの守っている人いないから大丈夫だよ」と言ってくれました。

みんなで髪の毛を染める!

女の子たち出典:pinterest

それからすぐ、友だちの家に集まってみんなで髪の毛を染めました。

私の髪の毛は、もう100%と言っていいほど白髪になっていたと思います。

友だちは、かつての姉と同じように、私の髪の毛の白髪をかわいそうだと言ってくれました。

憐れんでいたのかもしれませんが、私の心はとても救われました。

みんなで染めたときは、黒ではなくちょっと明るい茶色にしてみました。そして、また違う自分に出会うことができたんです。

明るい色にした方がいいよと言った友達は美容師になりたいという夢があり、髪の毛を染めるときは自分にやらせてほしいと言ってくれました。

1か月に1度は染めないといけないよと言いましたが、明るい色にしてからは白髪があまり目立たなくなりました。ときには根本が白くなるまで放っておくこともありましたが、それをからかってくる人は誰もいませんでした。

もしかしたら陰ではコソコソ言われていたのかもしれませんが、私の耳には入ってきませんでした。

こんなことなら、中学のときも、もっと早く他の学校に転校していればよかったと思いました。本当に後悔です。

染め続けてきたことで髪はパサパサ……

髪を持つ女性出典:pinterest

髪の毛を染めることで白髪のコンプレックスからは解放されましたが、ずっと染め続けているぶん、傷んでパサパサです。

実は姉も友達も美容師になったので、休みの日などにカラーやカットもしてもらっています。

やはり美容院へ行くのは抵抗があるのです。トラウマがぬぐいきれていないのかもしれません。

髪のパサつきはトリートメントなどでケアをして、椿油も使用しています。染める回数が頻繁なので傷むのは仕方がないと思っています。

でも、それで自分に自信がつき、周りと仲良くできるのであればそれくらいの代償はなんてこともありません。

かつてのいじめの加害者たちに会うことも……

窓の外を見つめる女性出典:pinterest

私はまだ実家に住んでいるので、中学生当時、いじめてきた人とたまたたますれ違うことがあります。

嫌な気分ではありますが、30歳も過ぎてくればだんだんみんなも白髪になってくるのが普通です。

私はそれが人より早かっただけのことであって、あと20年もすればみんな同じようになることでしょう。すれ違ったとき、その人の髪の毛に白髪がキラっと光っていれば鼻で笑えるくらい強くなりました。

もしかしたら相手は私の存在も忘れているかもしれません。

恨みがあるわけではありませんが、いずれは自分も同じように白髪になるということを夢にも思わなかったであろう人を心の中で笑ってしまうのです。

もし、自分に子供が産まれたら、ひとに自分と違うことがあっても決してそれをからかうような人には育てたくないと思います。

そして、それをかばうと自分がいじめられるからと一緒になってからかうようなこともしてほしくないと思っています。

私が白髪になってしまったのはどういうわけか、それは今でもわかりません。病院に行くと言ってもどこにいけばいいのかわからなかったし、薬で治るものでもなかったのではないかと思います。

もし、同じように悩んでいる人がいるのであれば、早めに親や先生に相談して苦しみから逃れる方法を探してほしいと思います。

せっかく楽しいことが待っている学校生活です。行かなくなるというのはもったいないと思っています。

written by charzaku

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45548 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ