NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月01日 更新 | 10,267 views

貧乳のせいで不幸続き! 私のおっぱいトラブル[体験談]

中学生の頃のプールの授業がきっかけで貧乳コンプレックスになった私。親からは「貧相な身体」とバカにされました。高校はプールのない学校へ進学し、さまざまな努力をしました。そんななか、はじめての彼氏ができたのですが……。

海の波で遊んでいる黒いビキニの女性出典:We heart it

わたしが貧乳をコンプレックスに感じるようになったのは、中学3年生のころでした。

それまでは、胸の成長や体毛が生えてくるという変化が嫌で、ブラを着けない生活をしていたほど。貧乳を気にしたことなんてまったくありませんでした。

ある夏の日、プールの授業で水着に着替えたとき、周りの友達にふと目が行きました。そのとき、自分の胸だけが、ほとんど真っ平なことに衝撃を受けました。

その瞬間から、みんなが私の身体を見て笑っているように感じて、恥ずかしくて恥ずかしくて、その場から逃げ出したくなりました。

それ以来、体育の授業がプールのときは、発熱や生理など何かと理由をつけては見学するようになりました。

また、田舎に帰省した際、仲のいい小学生のいとこと一緒にお風呂に入る機会があったのですが、「なんで〇〇ちゃんのおっぱいはこんなに小さいの?」と言われ、何も言い返せずとても恥ずかしい思いをしたこともあります。

相手は子供ですし、純粋に疑問に思っただけだと分かってはいたものの、そこに追い討ちをかけるかのように、祖母からは「あんたは本当に貧相な身体だねえ」と言われました。

さらに、仲のよかった母からでさえ「こないだテレビで見た拒食症のポスターみたい」という心無い一言を言われ、冗談だったとしてもさすがにショックでした。

それ以来、裸で隠れる場所もない温泉の大浴場は私にとって地獄になりました。たとえ仲のいい友人と旅行にいったときでも、何かと理由を作っては、ひとりでホテルの部屋のお風呂に入り、大浴場には絶対に行かないようになりました。

高校に進学したものの……

正面を見つめている肌が白くて青い瞳の女性出典:We heart it

その後も、平らな胸が成長することはなく、思春期真っただ中のわたしは、母のブラを内緒で借りて、中にティッシュを詰めたり厚手のパッドを大量に入れたりして、おっぱいが大きかったらどんなにいいだろうと悲しい想像をしたこともありました。

こんな経験から、高校はプールがないことを条件に進学先の高校を決めたほどでした。

おかげで、高校生活の3年間は、貧乳をさらけ出す機会はなかったのですが、密かにバストアップサプリバストアップ体操マッサージなどを試していました。まったく効果はなかったのですが……。

高校二年生のとき、初めて彼氏ができました。

彼は胸の大きさにさほど興味がない様子でしたが、何気ない会話で好きな芸能人が巨乳のグラビアアイドルだったと知ったときは、あーやっぱりおっぱいか、とマイナスにとらえていました。

制服で過ごす日常生活でも、さまざまな工夫をしていました。

周りの友達はスタイルのいい子が多かったので、いつも貧乳が目立たないように分厚いパッドの入った下着をつけたり冬場は寒いふりをして絶対にコートを脱がなかったりなど、自分なりにかなり努力していたつもりです。

おっぱいがないのに、太っているのが嫌で、高校3年間は積極的にダイエットをしました。

わたしは遺伝的に、上半身には肉が付きづらく、下半身ががっちりした体型です。

家族からは「20歳になったら嫌でも痩せるんだからたくさん食べなさい」「別に太ってないんだから、ダイエットする必要なんてないよ」と言われていましたが、他人からみた自分がどうであれ、わたし自身が気になってしょうがありませんでした。

脚の肉がブルンブルンして、大根足だと思っていたんです。

わたしが高校生の頃、絶大な人気があったのは歌手の倖田來未さんでした。

大きなおっぱいを強調したセクシーな衣装で、エロかっこいい抜群スタイルの倖田來未さんはわたしの憧れでした。

テレビで「18時以降食べないダイエット」を継続することで、あのスタイルを維持しているという話を聞いてから、わたしもその体型を目指して18時以降食べないダイエットを始めました。

すると努力の甲斐あって、体重を5キロほど落とすことに成功しました!

しかし、悲しいことに落ちたのは、おっぱいにあったはずの大事なわずかな脂肪でした...。

ブラのサイズはA65にダウン。

もともと貧相な身体と言われていたのに、ダイエットをしたことで、見るも無残な状態になってしまったのです。

卒業後にわかったことでしたが、高校の同級生だった男友達と飲みに行った際、「貧乳だよねってみんな言ってたよ」

と暴露をされたときはただただ笑うしかなかったです。

愛する恋人にキスをしようとしている女性出典:We heart it

大学に進学してからは、少し太ったこともありブラのサイズがB65に戻りました。

女性向けファッション誌の男の子が好きな理想の女の子像を目指して、気になるところの部分痩せにチャレンジし始めたこと、ひとりの男の子に一目惚れをしました。

彼は入学まもなくしてイケメンだと学内で有名になり、ライバルもたくさんいましたが、わたしは同じ学部だったので同じ授業が多く、運良く仲良くなることができました。

彼には当時付き合っている彼女がいたのですが、わたしのアピールが功を奏したのか、彼はその彼女と別れて、わたしは付き合ってくれたんです!

しかしすぐに「やっぱり付き合えない、別れてほしい」とハッキリしない理由でフラれてしまいました。

短期間でしたが、わたしは完全にのめり込んでしまっていたので、フラれた直後は授業をまともに受けることもできず、トイレで泣き崩れてしまうほどにボロボロになっていました。

卒業ギリギリまで引きずって、仲のいい友達にはたくさん相談しました。実は4年間の間に一度よりを戻したことがあったのですが、ただの気まぐれだったのか、またすぐにフラれてしまいました。

それから数年後、友人との何気ない会話のなかで驚きの事実を知ってしまったのです。

なんと、私をずっと励ましてくれて相談に乗ってくれていた仲のいい女友だちがが、ずっと彼とセフレ関係であったとか……。

その女友だちは私とは正反対の巨乳でした。

考えてみれば、わたしが彼といい雰囲気になったとき、おっぱいを触りながら探していることがあった気が……。

やっぱりこんな貧乳では物足りなかったんでしょうか。

仲のよかった友達には裏切られ、結局、男はおっぱいの大きい子が好きなんだと痛いくらい思い知らされました。

ぺったんこで服が似合わない!

綺麗に色分けされたクローゼット出典:We heart it

大学を無事に卒業し社会人になると、唯一の趣味だったショッピングをする時間がないほど忙しくなってしまいました。

服をゆっくり買いに行くこともできず、夜な夜なネットショッピングでポチポチと買い物をしていました。

特に、その頃は女性らしい体のラインが出るボディコン風の洋服が流行っていたので、わたしもそんな洋服が欲しいなと思い、ネットで探していました。

そんななか、買ったはいいものの、着る機会がなかったので眠らせてあった、タイトなワンピースを試しに着てみました。

すると「あれ? 写真で見たイメージと全然違う……」

ネットで買い物をするときは、損しないように細心の注意を払っていたのですが……。

似合わない洋服を持っていても仕方がないので、友だちに譲ることにしました。

後日、その友達と遊ぶ機会に、彼女がそのワンピースを着て来てくれました。

すると、まさにわたしがいいと思ったイメージ通りの着こなしだったのです。

「背丈は同じなのに、まったく違う洋服に見えるのはなんでだろう...…」

考えてみると、違うのはおっぱいの大きさでした。

わたしのように胸がないと、シンプルなデザインの黒い洋服は、引き締め効果も相まって、男性的になりがち。

胸にボリュームがある方が断然女性らしいシルエットになるので、シンプルでもセクシーに着こなせているように見えました。

大好きなファッションにまで、貧乳が影響を及ぼすなんて想像していなかったので、それ以来ネットショッピングは控えるようになってしまいました。

愛する子供との時間を幸せそうにしている女性出典:We heart it

貧乳に悩んでいたわたしも、いい出会いに恵まれ、お付き合いしたいた男性と結婚。程なく妊娠が発覚しました。

妊娠してから5か月ほど経ったころ、「あんなに小さかったおっぱいが少し大きくなったような気がする!!」

わたしにはこれ以上ないというほどにうれしい発見でした。

調べてみると、赤ちゃんへの授乳に備えて乳腺の働きが活発になり、胸が膨らみ始める場合があるということでした。

そして出産後、なんとおっぱいのサイズはますます大きくなり、なんとD65まで成長しました!

旦那さんからも思わず「え!巨乳じゃん!!」と言われるほどのボリュームに!

特に努力もせず2カップもサイズがあがるなんて夢のようで、毎日のように鏡の前で胸を寄せて谷間を作ってはニヤニヤしてしまいました。

しかし……また事件は起こったのです。

気分転換に、久々に下着を購入しようと思い、ランジェリーショップでサイズを測ってもらうと、店員さんからこんな言葉をかけられました。

「お胸のサイズはB65ですね。余っている部分はパッドを2枚程入れれば良いと思いますよ!」

ああ、ああ、また貧乳になってしまった...。

そう。実は、子どもへの授乳をやめてからしばらくすると、ブラに隙間ができ始めていたのです。

旦那さんにも「あれ、なんかしぼんだね」などと言われる始末……。子供もわたしのしぼんだおっぱいをツンツンして、なんだか物足りなさそうな顔でわたしを見つめてくるのです。

このまま巨乳のままだと勝手に思っていましたが、役目を終えたわたしのお胸は、また平たく戻ってしまったのでした。

突然の裏切り! 旦那さんが〇〇に……

ベットに横たわっているレースの下着をきている女性出典:We heart it

旦那さんとは付き合って3年程で結婚したのですが、付き合い始めた当初から「君は自分で思ってるほど貧乳じゃないし、おっぱいちゃんとあるから大丈夫だよ。そりゃおっぱいが好きな男もいるけど、俺はそうじゃないし、そんなこと気にしてないよ!」と、優しい言葉をかけてくれていました。

そんな旦那さんと子どもと3人で、ドライブをしていたある日の出来事です。

旦那さんから、「料金所でお金を払うから、小銭を財布から出して」と頼まれ、言われた通りお財布を開けました。すると、チラッとピンク色のポイントカードのようなものが見えました。

ピンクのポイントカードってなんのお店だろう……?

といろいろ考えているうちに、女の勘が働きました。

見てはいけない、見てもいいことはない……と思いつつも、確認せずにはいられず、帰宅してから財布の中身をこっそり見てみると、なんとそれはおっぱいパブのカードでした。

それも何軒も、何枚も出てきたのです。

しかも通っていたのは、付き合い始めた当初から出産後のつい最近まで...…。

両手ではおさまりきらないほどの枚数でした。

見つけてしまったときは、怒りと悲しさで身震いするほどでしたが、ふと冷静になると、もう問い詰める気力も無くしてしまいました。

大学時代の悪夢が再び蘇りました。

「気にしないって言ってくれてたのに、貧乳はやっぱり物足りないんだ...…。やっぱり男はおっぱいなんだ...…」

ただでさえ、おっぱいが小さくなった気がしていたときに、おっぱいがしぼんだと言われてショックだったのに、追い打ちをかけるかのようにこの仕打ちは辛すぎました。

正直、今もまだ現実を受け入れきれていない現状です。

割り切ることも、吹っ切ることもできません。この先の夫婦生活がどうなるのか心配な今日このごろです。

AAAカップの貧乳に悩んでいた私が「胸が小さくてよかったな」と思うようになった理由

Top image via Weheartit

written by asujas

豊胸・プチ豊胸の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ