NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月04日 更新 | 6,993 views

30代40代女性必見!老け顔の原因「7つの生活習慣」とは

30代40代の女性はとくに、老け顔の原因は年齢による影響と思い込んでいる人が多いかも。でもじつは老け顔の原因には、普段の生活習慣が関係しているんです!まずは老け顔をつくる7つの生活習慣を知り、原因と対策をチェックしていきましょう♡

実年齢よりも年上に見られてしまう「老け顔」。

若い頃は「大人っぽい」で済んだかもしれませんが、ある程度歳を重ねていくと、老け顔がコンプレックスになってしまうことも……。

そこで、今回は 老け顔の原因と対策を一挙に紹介していきます。

この記事を読んで、もう「老け顔」なんて言わせない、若々しい見た目を手に入れましょう。

老け顔の原因7つ

  1. ほうれい線
  2. シミ
  3. くすみ
  4. 目の下のクマ
  5. むくみ
  6. メイク

老け顔の原因1:ほうれい線

女性が気だるそうにこちらを見ている画像出典:we♡it

老け顔の主な原因になる「ほうれい線」は、口周りの筋肉である口輪筋や周辺筋肉の上に、目の下や頬の皮下組織が加齢により垂れてくることでつくられます。

ほうれい線を悪化させる要因1: やわらかいものばかり食べている

やわらかいものばかり食べていると、口周りの筋肉が衰えてたるみを引き起こします。

また、物を食べるとき、片方の歯ばかりで噛む癖がある人は、使わない側の筋肉が衰えやすくなります。

ほうれい線を悪化させる要因2: 口呼吸

口呼吸をはじめ、口を開けっ放しにするのはほうれい線を悪化させる要因になります。

これは、口輪筋が緩んだままになってしまうからです。

ほうれい線の対策: 癖を直し、よく噛む

片側だけで咀嚼する癖や口を開いたままの癖は、意識して治すようにしましょう。

また、できるだけ噛みごたえのある食事を取るのもおすすめです。

老け顔の原因2:シミ

そばかすの多い女性の画像出典:we♡it

加齢とともに気になってくるシミは、肌を汚く見せてしまい、一気に老けた印象を形成します。

シミを悪化させる要因1: 紫外線

紫外線は、お肌の大敵です。

紫外線で肌が炎症を起こすと、メラノサイトという細胞からメラニン色素が過剰に生成されます。

このメラニン色素が蓄積することでシミになるのです。

シミを悪化させる要因2: 過度なスキンケア

紫外線だけでなく、過度なスキンケアも実はメラニン色素を生成させてしまうのです。

過度なスキンケアで肌をゴシゴシこするなどすると、その部分が炎症を起こして紫外線のときど同様にメラニン色素が作られます。

続いて、シミの対策方法をチェックしていきましょう。

シミの対策1:日焼け止めを塗る

基本的なことですが、日焼け止めを塗って紫外線対策をするのが一番大切です。

化粧水や乳液で肌を整えたあと、日焼け止めを塗っていきましょう。

このとき、刷り込むように塗るのは肌への負担になるので避けてください。

また、一通り塗り終わったあとに同量を塗り直すとムラなくカバーできます。

シミの対策2: スキンケアで肌をこすらない

スキンケアは大切ですが、その際なるべく肌に負担を掛けないように心がけましょう。

例えば、洗顔のときはたっぷりの泡でなでるように。

化粧水や乳液をつけるときは、こっとんでゴシゴシこすらず、肌に浸透させるようにゆっくりと行いましょう。

老け顔の原因3:くすみ

女性が窓辺に座っている画像出典:we♡it

くすみは、肌から透明感を奪って老けた印象を作ります。

まずは、くすみを悪化させる主な要因を2つ紹介します。

くすみを悪化させる要因1: ターンオーバーの乱れ

肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーが乱れると、古くなった角質層が溜まってしまい、くすんだ印象の肌になってしまいます。

くすみを悪化させる要因2: 糖質や脂質の摂りすぎ

糖質や脂質の多い食事をしていると、肌が黄色っぽくくすむことがあります。

糖質の摂りすぎの場合「糖化」が、脂質の摂りすぎの場合「カルボニル化」が起こり、変質したタンパク質が生み出されてしまいます。

このたんぱく質が、黄色っぽいくすみを引き起こすのです。

くすみの対策としては、ピーリングでターンオーバーを促す方法と、生活習慣を改善して根本的にくすみを治す方法があります。

くすみの対策1: ピーリング化粧品を使う

ピーリング化粧品を使って、肌の角質を除去する方法です。

ピーリングすることで肌をリセットすることができます。

ただし、 やりすぎは禁物。かえって肌荒れの原因になってしまうかもしれません。

また、ピーリング後はしっかり保湿をして乾燥を防ぎましょう。

くすみの対策2: 生活習慣の見直し

根本的にくすみを解消するには、生活習慣を見直すことが大切です。

十分な睡眠をとったり、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

これにより、ターンオーバーも整い、また糖化やカルボニル化を防ぐことができます。

老け顔の原因4:目の下のクマ

女性が寝転んでいる画像出典:we♡it

目の下のクマは、疲れた印象を与えてしまいます。

慢性的にクマができている人は、諦めずにぜひ対策をしてみてください。

目の下のクマは、ご存じのとおり寝不足などによる血行不良でできるものと、色素沈着によってできるものとがあります。

目の下のクマを悪化させる要因1: 血行不良

睡眠不足や冷えなどで血行が悪いと、目の下のクマができやすくなります。

目の下のクマを悪化させる要因2: 色素沈着

毎日のメイクやクレンジング、花粉症などのアレルギーなどで、目や目の周りをこすってしまう人は要注意です。

目の周りの皮膚はとても薄いので、色素沈着が起こりやすいのです。

目の下のクマの対策1: 血行不良にはマッサージ

血行不良によるクマの場合、目の周りのマッサージが効果的です。

ただし、このとき目の周りの皮膚に刺激を与え過ぎないように注意してください。

マッサージをする際は乳液などのクリームなどをつけて、優しく行いましょう。

また、運動で全身の血行を良くするのも効果的です。

目の下のクマの対策2: 色素沈着にはハイドロキノンやトレノイチン

色素沈着によるクマは、ハイドロキノンやトレノイチンなど、美白成分が配合された化粧品を使うのがおすすめです。

老け顔の原因5:むくみ

帽子を目深にかぶっている女性の画像出典:we♡it

むくみを悪化させる要因: 過度の飲酒

むくみを悪化させる要因には、「過度の飲酒」があります。

過度の飲酒が続くと、血液中の老廃物や毒素を分解し浄化作用のある肝臓を弱らせてしまう可能性があります。

肝臓が弱まると、むくみの常習化を招きます。

むくみの対策1: 利尿作用のある食品を摂る

簡単にできるむくみ対策としては、利尿作用のある食品を摂ってむくみを排出する方法があります。

<利尿作用のある食品の例> コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、キュウリ、スイカ など

むくみの対策2: 半身浴をする

半身浴も、むくみの解消には効果的です。

ぬるめのお湯に20~30分浸かると、汗をかいて全身の水分が排出されていきます。

むくみの対策3: リンパマッサージをする

リンパマッサージもむくみの解消には効果的です。

脚のむくみの場合は、ふくらはぎから太ももにかけて、下から上へさするようにマッサージします。

最後は脚の付け根のリンパ節に老廃物を流していくイメージで行います。

顔のむくみの場合は、 顔のパーツを中心によせるようにギュッと力を入れ、その状態で10秒ほどキープしたあと、一気に弛緩させます。

その後、耳の後ろから鎖骨にかけて、さするようにリンパを流します。

老け顔の原因6:髪の量の減少や質の低下

女性の髪形の写真出典:we♡it

髪も、顔の印象を大きく左右します。

髪の量が少なかったり、髪にツヤやコシがなかったりすると、一気に老けた印象に。

髪を美しく保つ方法をチェックしていきましょう。

髪の量を少なくする要因: ホルモンバランスの乱れ

女性に多いのは、ホルモンバランスの乱れによる薄毛です。

加齢やストレスなどから女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位になり、ホルモンバランスが乱れます。

その結果、全体的に髪が薄くなる「びまん性脱毛症」になります。

髪の質を低下させる要因: 血行不良

紙の質を低下させる要因に、血行不良があります。

頭皮の血行が悪いと、栄養を運ぶ血液が髪まで行き届きません。

その結果、髪質が低下して、ツヤやコシがなくなってしまいます。

髪の量や質をキープするための対策: 生活習慣の改善

髪の量や質をキープするには、生活習慣の改善が大切です。

適度な睡眠や運動でストレスを解消し、また血液の流れなど体内の巡りを良くしておきましょう。

また、薄毛が気になる場合は、薄毛専門のクリニックなどで治療することができるので、そちらを利用してみてもいいかもしれません。

老け顔の原因7:メイク

濃いメイクをした女性の画像出典:we♡it

美しくなれるはずのメイクで、かえって老けた印象になっている人もいるかもしれません!

自分が間違ったメイクをしていないか、チェックしてみてください。

メイクで老け顔になる要因には、「メイクが昔から変わらない」ことや「メイクが濃すぎる」ことが挙げられます。

メイクで老け顔になる要因1: メイクが昔から変わらない

昔からメイク方法が変わっていない人は要注意です。

メイクにも流行があるので、若い頃と同じようなメイクをしていると「なんとなく古臭い」印象を与えてしまうかもしれません。

メイクで老け顔になる要因2: メイクが濃すぎる

シミやくすみをカバーしようとして、濃いメイクをしている人も要注意。

濃いメイクは、透明感を奪い、かえって老けた印象になってしまうかもしれません。

メイクで老け顔にならないための対策: 我流メイクをやめる

メイクで老け顔にならないためには、我流メイクをやめるのが吉。

ファッション誌を読むなどして、 今っぽい、年相応のメイクを研究してみましょう。

また、プロのメイクアップアーティストの人のレッスンを受けてみて、アドバイスをもらうのも効果的です。

老け顔の原因を特定して若返ろう!

女性が風船を持っている画像

老け顔に見られてしまう原因を特定することで、若々しくいられるコツがわかるはずです。

今日からさっそく、脱・老け顔を目指しましょう!

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44067 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ