NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 8,259 views

一重まぶたの魅力を引き出すアイメイク術まとめ

一重だって可愛く見られたい。クールに見られたい。でも、自分に合うアイメイクがわからない。雑誌を見ても二重のアイメイク方法しか載ってない、また一重のアイメイク方法が載っていてもピンこない、そんな方、必見です!「ナチュラル」「クール」「可愛く」の3つのタイプに分けて紹介します。自分のなりたいメイクに近づけてくださいね。

この記事に書いてあること

  • 一重さんにおすすめのつけまつげ
  • 一重さんにおすすめのアイラインの引き方
  • 一重さんにおすすめのアイシャドウ

一重さんアイメイクの必須アイテム『つけまつげ』

現在多くのつけまつげが売られています。オフの日はメイクをお休みして、つけまつげだけをして外出するモデルさんなども少なくありません。

慣れてくると1枚では足りず、2~3枚重ねて使用している人も多いようです。今回は100均のつけまつげの一部を例にご紹介致します。

出典:jyoshikoredou.com

ナチュラルに見せたい方

  • ストレートタイプ⑥:一番自然に見えて使用している人が多い。人によってはストレートすぎて違和感がある人もいるようです。
  • クロスタイプ③:ついている感じがしない。なじみ易い。こちらも自然には見えますが、物足りないと感じる人もいます。

クールに見せたい方

  • ハーフタイプ⑬:目尻につけるだけでインパクトを3倍に。スッと抜けるまつげでクールさがでます。

可愛く見せたい方

  • 短い直毛⑭:毛が短く自然。束感が馴染みやすい。

奥一重の方はつけまつげ2枚重ねや、ボリュームタイプのつけまつげを使用すると自然と二重になることがあります。

一重アイメイクの最大の力の入れどころ「アイライン」

アイメイクで一番力を入れるのがアイライン。アイラインの描き方によってその人の印象がガラッと変わります。それぞれタイプに合わせて、描くポイントを紹介します。

ちなみに、クールに見せたい方は黒のアイライナー。可愛く、ナチュラルに見せたい人は茶色のアイライナーを使用することをオススメします。

一重メイク法出典:きままに一重メイク:♪

ナチュラルに見せたい方

まつげの際を塗りつぶす。目尻をはみ出さず、跳ね上げない。引いたようなラインはNG。埋め込みながらラインを引きます。

クールに見せたい方

目尻を”細く”跳ね上げる。目頭もインサイドもきちんと塗る。ただ跳ね上げるのではなくて、自分の目と繋がるように角度を気にしながら描くとネコ目が描けます。

可愛く見せたい方

目尻は”太く”跳ねあげて描く。目頭もきちんと塗る。インサイドもしっかり塗る。インサイドにしっかり塗ると目が大きく見えます。また、目頭にちょこっとペンシル等でアイライナーをのせるだけでも目頭切開並にデカ目になります。

一重の中でもとくにふっくらした一重の方

ふっくらとした一重まぶたは、アイラインを少し長めに描くのがGOOD!目尻のハネを演出してあげると、よりパッチリ目にするのに効果的です。

そして中央部分をやや太めにアイラインを引くと、目の上下幅がさらに強調されて小さい目でお悩みの方でも可愛いアイメイクができるでしょう。

同じ一重でもその程度はバラバラ、個人差があります。自分にいちばん合ったアイメイクを見つけるためにも、いろんなパターンにチャレンジしてみましょう♪

一重まぶたの魅力を引き出してくれる『アイシャドウ』

奥一重さんの場合は暖色系の色を使用すると目が腫れ上がったように見えてしまいます。人によってピンクやオレンジの暖色系が合う人もいます。では、何色を使用したらいいのでしょうか?タイプ別にご紹介します。

ナチュラルに見せたい方

ブラウン、ベージュ等

クールに見せたい方

ブラウン、パープル、ブルー、濃いグレー、淡いグリーン等

可愛く見せたい方

ブラウン、薄いピンク、薄いパール系(グレーに近い)等

一番人気があるのはブラウンです。濃さを変えればどのタイプにもなれます。 単色ですと描きました感が出てしまうので、薄いパールやゴールド系でグラデーションにすると良いです。 ピンクやオレンジでも薄く塗ると腫れぼったくならない人もいるので、色々な色に挑戦してみてほしいです。

一重さんにおすすめのメイクテクニック

「ナチュラル」「クール」「可愛い」の3種類のメイク方法について説明してきました。一重ということで、雑誌やメイクコラムに載っているようなアイメイクにはないような情報を出していけたと思います。

さてそんな一重さんのアイメイク、他にもテクニックがあるのでぜひ参考にしてみてください!

陰影をしっかりつけるアイメイクをしよう

一重まぶたに不足しがちなのは立体感です。立体感がないと、のっぺりした印象が出てしまいます。

これによって目元が小さく地味に見えてしまうということも…。これらを防ぐためにも、陰影をつけるというのは非常に重要なのです!

陰影をつけるためには、アイシャドウやグロス入りのメイクアイテムをうまく活用してください。

アイシャドウをぼかさない

アイシャドウをぼかして可愛い雰囲気のメイクに仕上げているという方は多いでしょう。ただこのメイク方法、一重まぶたの方にはあまりおすすめしません。

アイシャドウをぼかすと、ダークカラーがまぶたに隠れて見えなくなってしまうのです。こうなると、アイシャドウをしっかり塗ってもあまり目立たなくなります。

目を開けたときにダークカラーが見えるくらいにアイシャドウは広げるのがポイントです!

目の下のアイメイクにも力を入れて

目の下、涙袋のあたりにもしっかり陰影をつけてみましょう。こうすることで、一重まぶたでも立体感に富んだメイクができるでしょう。

最近は涙袋専用のメイクペンシルなど商品として出ています。それがなければ、明るい色の眉パウダーを使ってもGOODです♪

いかがでしたでしょうか? 以上を参考に、諦めていた自分のなりたい目に近づけたら幸いです。 一重でも奥一重でも、アイメイク次第で可愛くクールに見せる方法はいくらでもあります。 二重の人は一重にはなれません。一重の人は一重のメイクもできて、二重のメイクも両方楽しめるんです。 楽しみましょう、一重を。

一重こそホットビューラーを活用

日本人は、欧米の人たちに比べて残念ながらまつ毛が短いです。さらにカーブが短いとも言われています。

理想とされる美しいまつ毛よりも、およそ3mmほど短い日本人のまつ毛・・・これをキュートに変えるにはどうしたらいいのでしょうか!?

まつ毛の毛質はすぐに変えられるものではありません。なのでこういったケースでは、ホットビューラーを使うのが効果的です!

ふつうのビューラーとホットビューラー

一重の方におすすめなのが、ふつうのものとホットのもの二種類のビューラーを使うということです。

ビューラー→マスカラ→ホットビューラーといった感じで使い分けます。

こうすることによってカールが非常に長持ちしますし、目元のパッチリさもより強調できるからです。

もしホットビューラーを持っていなかったら、ドライヤーやコンロで少しビューラーを温めてからまつ毛に当てるようにしましょう。これで代用品になります。

ただしヤケドしないように十分気をつけてくださいね!

ホットビューラーの滑らせ方

ホットビューラーですが、最初はまつげの根元に当てて半円を描くように滑らせていきます。毛先をくるんと巻くようなイメージで行っていきましょう。

ホットビューラーは高温すぎてもいけません。温度が高すぎるとまつ毛に負担をかけてしまって、毛質が悪くなります。

ビューラーを触っても大丈夫なくらいの温度が目安。ほどほどの温かさでビューラーを当てていきます。

まとめ:タイプ別!一重さんにおすすめのアイメイク

一重さんにおすすめの百均つけまつげ

  • 目元をナチュラルに見せたい人→ストレートタイプ⑥番・クロスタイプ③番がおすすめ
  • 目元をクールに見せたい方→ハーフタイプ⑬番がおすすめ
  • 目元を可愛く見せたい人→短い直毛⑭番がおすすめ

一重さんにおすすめのアイラインの引き方

  • 目元をナチュラルに見せたい人→まつげの際を塗りつぶす
  • 目元をクールに見せたい方→目尻を細く跳ね上げる
  • 目元を可愛く見せたい人→目尻を太く跳ね上げる

一重さんにおすすめのアイシャドウ

  • 目元をナチュラルに見せたい人→ブラウン・ベージュ等
  • 目元をクールに見せたい方→ブラウン、パープル、ブルー、濃いグレー、淡いグリーン等
  • 目元を可愛く見せたい人→ブラウン、薄いピンク、薄いパール系(グレーに近い)等

written by カラカラ

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44918 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ