NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年08月15日 更新 | 5,873 views

切らずに肌をリフトアップするリファーム。痛みがないってほんと?

リファームは赤外線によって高周波を効率良く肌の深部へ送る美容機器。真皮層に熱エネルギーを与え、即時的なスキンタイトニング効果と、コラーゲン生成の促進効果があり、肌のハリ感をアップさせることで、たるみ、毛穴の広がり、小ジワなどの改善が期待できます。「オーロラ」などと組み合わせた施術コースのあるクリニックも。

「リファーム」とは?

目を開けている表情と閉じている表情を重ねている映像出典:Weheartit

リファームは、RF(ラジオ派・高周波)と赤外線の相乗効果を利用した美容機器で、 肌の引き締め効果とコラーゲンの生成促進効果が期待できます。

リファームは切らないリフトアップ術のひとつ

リファームを肌に照射すると、肌内部の真皮層に熱エネルギーが到達し、コラーゲン繊維が収縮するため、即時的なスキンタイトニング効果があらわれます。

また、熱による刺激で新陳代謝が活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されるんです。

リファームのメカニズム

リファームは、ヘッド部分に2つの電極があり、その間に高周波を発生させる「バイポーラ方式(双極式)」を採用しています。

ところが、バイポーラ方式の高周波は、そのままでは肌の深部へ届けることが困難です。

一方、赤外線は、肌表面にダメージを与えることなく、真皮層に熱を伝えることができます。

そこで、「高周波は暖かい方に伝わりやすい」という性質を利用し、赤外線と高周波を同時に照射することで、熱エネルギーを肌の深部へ効率良く届けることができるのです。

たるみ解消やハリ感アップに。リファームの効果

リファームによってどのような効果が期待できるのかチェックしてみましょう。

リファームで期待できる効果

  • 肌のたるみ解消
  • 小顔効果
  • 小ジワの改善
  • ハリ感のアップ
  • 毛穴の開きの改善

リファームは肌のたるみ解消に効果的な施術です。

たるみが解消すると顔全体が引き締まって見え、小顔になります。

また、肌のたるみによる毛穴も改善することができるなど、嬉しい効果が満載です。

リファームが選ばれる理由

最近の美容整形というのは「たるみ解消」だけをとって見ても、施術方法がいくつもあって目移りしてしまうほど。そんな中でリファームが人気な理由を詳しく調べてみました。

効果に即効性がある

美容整形はその効果に即日性や即効性がることから、食事・サプリメント・運動などに比べるとすぐに効果を得ることができます。

リファームも例に漏れず、すぐに効果を出してくれる美容方法として知られているのです。施術を半分終えて鏡を見てみると・・・もう効果が現れ始めている!施術してない残りの半分と比べると一目瞭然!なんて言われています。

施術開始直後から効果を実感できるなんて、他のたるみ解消美容整形でもなかなか見られない効果です!

痛みが少ない

サーマクールCPTやウルセラシステムといったたるみ解消の美容整形では、若干ですが痛みをともなうことがあります。しかしリファームはほぼ無痛で施術を終えることができると評判です。

痛みに弱くて美容整形に一歩踏み出せない・・・という方でも安心して受けられます。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

年齢が出やすい首にも施術OK

顔への美容整形というのはいろいろな方法があったり、お馴染みになっているものも多いのですが・・・実はなかなか首の美容効果を高める施術というのはないんです。

首は私たちが思っている以上にケアの必要は場所。首に年齢が出る、と昔から言われている通り顔がキレイでハリがあっても首がだるんだるんなんてミセスも多く見られます・・・。

リファームはそんな首のアンチエイジングにも効果てきめんです!首のしわ・たるみを解消して、より若々しい印象を手に入れられるでしょう。

リファームのメリット

顔をおさえているお団子ヘアーの女性出典:Weheartit

続いて、リファームのメリットをチェックしてみましょう。

強力なリフトアップ効果

リファームには強力なリフトアップ効果があり、施術直後からその効果を実感できます。

また、20~40代の微妙なたるみにも効果を発揮してくれるのも嬉しいポイントです。

リファームには肌の深層にまで働きかけることができるメリットがあります。この働きかけによって、コラーゲンの生成が促されて肌のハリや弾力を取り戻すことができるのです。

コラーゲン入りのスキンケア商品を使っている方も多いかと思いますが、ああいったものはなかなか肌の奥底には届きにくいもの・・・

リファームでしっかり深層にまで働きかけて、コラーゲンを作り出せれば美容効果もすぐに実感できますよ!

肌に優しいので目のキワや唇にも照射可能

リファームは、全く痛みを感じない、肌に優しい施術です。

そのため、目のキワや唇などの皮膚の薄い部分にも照射できます。

目尻などのちりめんジワ解消

目の横に細かいシワができてしまった・・・とお悩みの方にもリファームがおすすめ。この目の横のシワというのは、顔が老けて見られる大きな要因となってしまっています。

赤外線レーザーのように表面だけを刺激するのと違って、リファームは肌の奥底に影響を及ぼします。なので細胞が活性化してちりめんジワにも効果を発揮してくれるのです!

こういった目元の細かいシワだけでなく、ほうれい線などの比較的深いシワを解消する効果もあります。20代でも深いシワふが出てきてお悩みの方は、ぜひリファームを受けてみてください。

ここまでのまとめ:)

  • リファームには強力なリフトアップ効果があり、施術直後から効果を実感できる。
  • シワの解消も期待でき、目尻などのちりめんジワからほうれい線などの深いシワまで幅広く対応している。
  • リファームは肌に優しい施術なので、施術中の痛みは少なく、また目のキワや唇など皮膚の薄い部分にも照射可能。

リファームのデメリット

メリットに続いて、リファームのデメリットも確認しておきましょう。

効果を出すには何度か施術が必要

リファームは肌にマイルドにはたらきかけるため、効果を実感するには繰り返しの施術が必要です。

目安としては、2~4週間ごとの頻度で3〜5回ほどです。

また、効果がしっかり出たあとも、持続させるために3か月ほどの周期で定期的に施術をし直す必要があります。

まれにヤケドなどの副作用が出ることも

リファームは安全性の高い機器ですが、肌に熱エネルギーを与える美容術のため、肌が弱い人などには、まれにヤケドや水泡などができる場合があります。

もし施術中に強い痛みや熱さを感じた場合には、我慢せずにその場で申告しましょう。

痛みが出ているということはしっかり細胞に照射できているということなので、申告があればドクターもそれ以上の施術はしないでアフターケアに移行してくれるはずです!

照射後に赤みが残ったりピリピリすることもありますが、状態によってはクリニックがクリーム・軟膏を出してくれる場合もあります。

また、肌の状態や希望する効果によっては別の美容術の方が適していることもあるので、まずはクリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

リファームはどこで受けられる? 費用はどのくらい?

リファームは、美容皮膚科や形成外科で受けることができます。

また、施術料金はクリニックにより差がありますが、顔全体への照射で3万〜5万円、5回コースで15万〜25万円ほどの場合が多いです。

リファームの施術の流れ

メリットやデメリット、費用などがわかったところで、次はリファームの一般的な施術の流れを見てみましょう。

1. 医師によるカウンセリング

希望する効果にリファームの施術が適しているか、照射を行っても問題がないかなどを医師が診断します。

以下に当てはまる人は施術を受けることができない可能性があるので、必ず申告しましょう。

  • 妊娠している・妊娠の可能性がある
  • 心臓ペースメーカーを使用している
  • 心臓疾患や糖尿病などの持病がある
  • 金属板や金の糸を埋め込んでいる部位

2. 準備

メイク落としおよび洗顔で肌を清潔にし、目を保護するゴーグルを装着。冷却ジェルを塗布します。

3. 施術

リファームの照射を行っていきます。

施術中はパチパチとした刺激がありますが、強い痛みは伴わない施術なので基本的に麻酔は行いません。

照射にかかる時間は、顔全体で20〜30分ほどです。

4. アフターケア

リファームには腫れや痛みによるダウンタイムはほとんどありません。

施術後すぐにメイクをすることが可能で、入浴や洗顔も当日から行うことができます。

ただし、施術後は肌が敏感になっており、乾燥を感じることもあります。

保湿や紫外線対策はふだん以上に入念に行いましょう。

他の美容施術との併用もおすすめ!

リファームはそれだけで抜群の美容効果が期待できますが、他の美容施術といっしょに受けることでさらなる効果の増長を得ることができます。

クリニックによっておすすめしている施術は違いますが、一般的にはケミカルピーリング・イオン導入・DMAE導入などをいっしょに受けると相乗効果が出ると言われています。

こういった違う種類の美容施術を受けることによって、リファーム1回でもしっかり効果を出し切ることができます。つまりたるみ解消のために何度もクリニックに通わなくてもOKということです。

リファーム以外の照射系美容機器と徹底比較!

水の中に沈んでいる女性出典:Weheartit

照射系の美容機器は、リファームのほかにもさまざまな種類があります。

それぞれの違いについて比較してみましょう。

フォトRFオーロラ

オーロラは、IPL(光)と高周波を組み合わせた機器。

IPLは色素の濃いものに熱エネルギーを与える特徴があるため、シミやそばかす、くすみなどの改善に効果的です。

オーロラとリファームを組み合わせたコースを設定しているクリニックも多くみられます。

タイタンXL

タイタンはたるみ解消をおもな目的とした赤外線機器。

たるみ解消の持続期間はリファームよりタイタンの方がやや長く、施術時の痛みのなさや、引き締め効果の即効性はリファームのほうが高いようです。

サーマクール

サーマクールは、肌の引き締めをおもな目的とした高周波機器。

特に脂肪層の引き締め効果が高いとされており、リファームに比べると施術時の刺激は強いようです。

ここまでのまとめ:)

  • リファームの効果を実感するには2~4週間のペースで合計3~5回施術を繰り返す必要がある。
  • はっきり効果が出てからも、3ヶ月に1回ほど施術をし直したほうが良い。
  • リファームはほかの美容施術と併用することで効果を増長させることができる。
  • 肌が弱い人だと、まれにヤケドや水泡などの副作用が出ることも。

リファームでリフトアップ効果を体感して

リファームは施術当日から効果を実感できることもあり、施術へのモチベーションが維持できます。

そのため個人的には、3~5回ほどの施術であれば続けられるのではないかと思います。

リファームに興味が出てきた人は、ぜひ一度クリニックでカウンセリングを受けてみてください。

Top image via Weheartit

フェイスリフト・リフトアップの地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科

東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46111 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ