NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1033記事

メルマガ登録

2016年11月11日 更新 | 4,489 views

頭皮アトピーにはシャンプーをやめて"湯シャン"にしよう

なかなか治らない頭皮のアトピー。その原因はシャンプーにあるかも? シャンプーの中には身体に有害な化学物質が含まれているものが多く、知らないうちにアトピーが悪化してしまうんです。そんな時、シャンプーをやめてお湯だけで洗髪する「湯シャン」に変えることで、頭皮のアトピーが改善に向かうことがあります。ここでは、シャンプーの怖さと、湯シャンのメリットをお伝えします。

今の日本では、日ごろから過剰な清潔感を求められるので、毎日の入浴とシャンプーはすっかり国民の義務になりました。特に女性は毎日のシャンプーと、髪のお手入れがたいへん。

ところが最近、このシャンプーに含まれる成分で、頭皮のトラブルをうったえる人が増えています。中でもアトピーの人の場合、ちょっとした刺激で症状が悪化してしまうため、刺激成分が入ったシャンプーは危険です。

肌にやさしい成分がウリのシャンプーでも、実際にはアトピーによくない成分が入っているかもしれません。 そこで、アトピーで頭皮のトラブルに悩む皆さんには、シャンプーなしの「湯シャン」をおすすめします。

その前に、なぜ一般のシャンプーがアトピーによくないのか、そのワケから見てみましょう。

この記事に書いてあること

  • 頭皮アトピー、乾燥とかゆみの原因は洗い過ぎ
  • アトピーを悪化させるシャンプー
  • シャンプーをやめて、湯シャンでアトピー改善

頭皮のアトピー、原因は洗い過ぎ

頭皮がガサガサに乾燥して、細かく白い粉がボロボロ落ちる... 黒い服を着たら、真っ白なフケがよく目立ってしまう... アトピーの人ならみんな、こんなが経験あると思います。

私も頭皮が乾燥して真っ白になってしまい、いつも白い粉がいっぱい肩についていたので、黒い服は絶対にムリでした。 はらってもはらっても、気づいたらいつも白い粉。恥ずかしくていつも周りを気にしていました。

頭皮のかゆみや炎症がなかなか治らないのは、髪の毛があるため薬が塗りにくいうえに、シャンプーやリンスなどの使い過ぎも大きく関係しています。

頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで落としてしまうので乾燥の原因となります。さらに、シャンプーに含まれる成分が刺激になって、アトピーを悪化させているんです。

頭皮アトピーに、シャンプーはこんなに悪い!

もともとシャンプーには、強力な洗浄効果を持つ界面活性剤や、パラベンなどの防腐剤をはじめ、さまざまな化学物質が使われていました。

最近は肌にやさしいタイプも増えましたが、オーガニックやノンシリコン、無添加タイプでも安心はできません。これらにも、界面活性剤や防腐剤が含まれている場合があるんです。

頭皮にやさしいシャンプーのはずが...

私はオーガニックやノンシリコン、無添加シャンプーをいろいろと試してみましたが、どれも肌に合わずにかぶれてしまい、よけいにアトピーが悪化してしまいました。

ベビーシャンプーは赤ちゃんにも使えるくらいだから、肌にやさしいんだろうと考えて使ってみましたが、手指がものすごくかゆくなって腫れ上がり、頭皮や耳、生え際などに赤い発疹がブツブツできてしまいました。

「もしかして、シャンプーを使うこと自体が悪いのでは?」と思ったのはこの時です。

アトピーには厳禁、危険なシャンプーの成分

シャンプーに使われている洗浄成分「界面活性剤」は、キッチンで使われる食器洗い洗剤にも使われる成分です。 特に石油系界面活性剤で、「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」などの成分表示があるシャンプーは、アトピーの人は絶対に使ってはいけません。

これらの成分は強力な洗浄力で、肌の皮脂や油分を根こそぎ取り去ってしまいます。必要な皮脂まで失った頭皮は乾燥し、バリア機能が破壊され、かゆみや炎症などアトピーの症状を引き起こすんです。

また、シャンプーの劣化を防ぐ防腐剤にも注意が必要です。石油系の「パラベン」や、アルコール系の「フェノキシエタノール」という防腐剤は、一般の人の肌にも刺激が強過ぎる成分です。

シャンプーをやめて"湯シャン"にしたらアトピーが改善!

こんなに危険なシャンプーを使い続けていたら、間違いなくアトピーの炎症が悪化するとは思いませんか?

いっそのことシャンプーをやめて、お湯だけで洗髪する「湯シャン」を実践してみませんか?

アトピー改善、湯シャンのすすめ

シャンプーを使わなくても、お湯だけで皮脂についた汗やホコリなどは充分に落ちるんです。わざわざ危険な化学物質を、身体の中に入れる必要はありません。

頭皮を清潔に保つつもりでも、シャンプーをすればするほど、強い洗浄力によってバリア機能が壊されて、かゆみや炎症はいつまで経っても治まらないでしょう。 しかも頭皮だけでなく、全身の肌にその成分が入り込んでいくので、毎日のシャンプーは非常に危険な行為です。

湯シャンにすれば、肌本来の自然な回復能力を取り戻せるんです。

ほらカンタン、湯シャンのやり方

私もシャンプーを完全にやめて、毎日湯シャンしています。頭皮の臭いやベタつきもいっさいなく、以前よりも髪がサラサラしていますよ。

かゆみや炎症も抑えられ、あんなに頭皮全体に広がっていた真っ白な乾燥がなくなりました。乾燥がなくなったのでフケが落ちることもなく、黒い洋服も平気で着られるようになりました。

湯シャンのやり方は、もちろんこれ以上ないくらい簡単です。まず洗髪の前に柔らかいヘアブラシで、やさしく髪のホコリなどを取っておきます。

次に髪全体をぬるめのシャワーで洗い流します。これだけです。

髪のにおいが気になる時は、クエン酸リンス

湯シャンだけでは髪のにおいが気になる時には、リンス替わりにクエン酸を使ってみましょう。

まず洗面器にぬるめのお湯を張って、そこにお酢(食酢で可)を少し混ぜます。それを髪全体にゆきわたらせたら、すぐに洗い流してそのままバスタオルで拭いてください。時間をおく必要はありません。

クエン酸リンスは髪がサラサラになるし、クシ通りもなめらかになるので、一度試してみてください。

私も、シャンプーをやめて湯シャンにしただけで、劇的にアトピーが良くなりました。頭皮のアトピーで悩んでる方はぜひ、シャンプーをやめて湯シャンを試してみることをおすすめします。

どうしてもシャンプーしたいなら「純石けん」が安全

いくらシャンプーが悪いとはいっても、夏場の暑い時期などには、シャンプーで髪を洗ってスッキリしたい日もありますよね。そんな時にはシャンプーではなく、純石けんを使ってみてください。

純せっけんはオリーブ油やパーム油、ヤシ油などの天然植物性油を使用しています。そして化学物質がいっさい含まれていないので安全で、シャンプーよりはるかに安心して使えます。ごく少量でもたっぷり泡立ちますし、汚れも十分に落とせます。

余計な成分が一切入っていない、「石けん素地」だけで作られた純石けんもおすすめです。 ただし、石けんのカスが頭皮に残ると、アトピーの肌ではかゆみの原因になりやすいので、しっかり洗い流すことが大切です。

いろいろ組み合わせて、長く続けることがポイント

頭皮のアトピーがよくならないのは、毎日のシャンプーが原因かもしれません。

まずはシャンプーをやめて、湯シャンすることからはじめてみませんか?きっと頭皮の乾燥や炎症などから、少しずつ解放されていくことでしょう。

でも、何ごともやり過ぎては逆効果。湯シャンだけって限定する必要はないんです。たまにさっぱりしたくなったら、石けんやシャンプーで洗ってもいいんです。

アトピーは気長に根気よく治療するのが大切、ふだんは湯シャンでときどきシャンプー。

いろんな洗髪法を組み合わせながら、自分に合ったやり方を見つけてみましょう。

written by 703まろん

まとめ:シャンプーをやめて"湯シャン"でアトピー改善

頭皮のアトピーの原因は洗い過ぎ

  • シャンプーが必要な皮脂まで除去
  • シャンプーの成分もアトピー悪化の原因に

頭皮アトピーに、シャンプーはこんなに悪い

  • 界面活性剤の強力な洗浄力でアトピーが悪化する
  • 防腐剤にも注意が必要
  • 肌にやさしいシャンプーにも要注意

アトピー改善には、湯シャンがおすすめ

  • お湯だけでも汚れは充分に落ちる
  • 湯シャンのやり方はカンタン
  • 髪のにおいが気になる時は、クエン酸でリンス

アトピーの洗髪は、組み合わせて根気よく

  • たまには、純石けんシャンプーでさっぱり
  • 毎日湯シャンで、ときどきシャンプーもOK!
  • 自分に合った洗髪法を見つけること

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45471 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ