NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年06月09日 更新 | 15,202 views

18歳の春、あごにヒアルロン酸注射をしました

私は大学入学前の春休み、ずっとコンプレックスに思っていたあごにヒアルロン酸注射をしました。この記事では、あごにヒアルロン酸注射をするまでの悩み、経緯、そして気をつけてほしいことを紹介します。私と同じようにあごにコンプレックを持ち、ヒアルロン酸注射を考えている人は、参考になると思います。

横顔が気になり始めた高校時代

手鏡をみて肌の調子を確認している女性出典:hadalove.jp

私があごや横顔にコンプレックスを持ち始めたのは、高校生のころです。学校行事の写真で、自分と友人が一緒に横を向いて映っているものを見た時に、自分の横顔のバランスが良くないと気づきました。

3年間を過ごすうちに、もっと顎が出ていれば、きれいな横顔になるのに……という思いは強くなり、学内の臨床心理士に相談したところ醜型恐怖症と言われるまでになりました。

あごの整形を決意させたこと

見た目を認められたいという気持ちが私にとって大きかったことです。

ユーモアや頭の良さ、鍛えられた身体など、人がプライドを持ち他人に認められたい部分は人によって違い、そこにコンプレックスを持つと自分そのものにまで自信が持てなくなります。

つまり、私がウェイトを置いていたものが見た目だったのです。

顔の印象を左右するあご

色白で肌質の綺麗なシャープな女性出典:www.skincare-univ.com

女性なら誰しもほっそりとしたシャープなアゴに憧れますよね。顔の輪郭の印象というのは、あごが占めている部分も大きいのです。

あごが後ろに引っ込んでいたり、短くてのっぺりとしているとなかなか可愛らしい印象を持つことができません。修正しようにも、輪郭はメイクなどで隠せないのが難点ですし・・・

そんなお悩みを持っている方は、やはりヒアルロン酸注射というものに注目するでしょう。ヒアルロン酸の注射をする人も目的には以下のようなものがあります。

  • シャープな輪郭にしていく
  • ほっそりと痩せた印象をつける
  • 顎の割れている部分を消す
  • 加齢とともに減ってきた顎を出して若く見せる

極端にあごが出ていたり引っ込んでいるとヒアルロン酸注射だけではなかなか治せないこともありますが、たいていのあごの悩みはこのヒアルロン酸の力で改善していくことができます。

病院を予約するまで

高校卒業後の春休みに両親に整形を受けることを相談しました。はじめは両親とも反対、というか整形をするという発想が理解できない様子でしたが、根気強く説得し、ヒアルロン酸注射を受けることを認めてもらいました。

了承が得られたら、インターネットで病院探しです。病院探しは信頼できる口コミ情報を元に、信頼できる病院が見つかるまで徹底して行いました。

信頼できる病院を見つけたら電話で予約をとります。施術先の病院では、未成年は保護者同伴の必要があるということだったので、保護者の都合も考慮して予約をとりました。

いよいよ病院を受診

施術室の様子出典:www.kyowac.com

予約をした日になったら病院を受診し、まず医師のカウンセリングを受けます。

ヒアルロン酸を注入する量を相談して決め、ヒアルロン酸に種類があったのでそれを選び、麻酔の使用についても相談しました。ここで料金が決まり、同意書にサインします。

施術を受ける

施術部位にペンでマーキングをした後、施術台に寝かされ、場合によっては麻酔をして、注射を受けます。

麻酔とほぼ同時ににヒアルロン酸を注入しましたが、痛みは少し強くつまんだ程度でした。私の場合は麻酔を含めて10分もかかりませんでした。

麻酔の種類

ヒアルロン酸注射をするときに、クリニックによっては麻酔をするところもあります。クリニックの形態にもよりますので、しっかり事前に確認しておきましょう!

表面麻酔(塗る麻酔)

いちばん一般的な麻酔です。皮膚の表面に塗ることで、ヒアルロン酸の注射の痛みを感じなくなる麻酔。

注射を刺したときの痛みは感じなくなりますが、ヒアルロン酸を注入するときの痛みは感じてしまうので完全に無痛になるものではないようです。

また麻酔が効果を表すのに20分ほどかかってしまうという特徴もあります。

笑気麻酔(ガスタイプの麻酔)

歯科医院などでも活用されているタイプの麻酔です。短時間ですぐ効果を出す麻酔なので、時間をかけない施術を行うことができます。

ただ個人差が出やすいので、ちゃんと効く人とほとんど効かない人が出てしまう麻酔でもあります。これは実際に麻酔をかけてみないとわからない、というのが難点かと思います。

局所麻酔

注射タイプの麻酔です。麻酔を入れるときの痛みはありますが、確実に効果を発揮するので施術中の痛みはほぼないと言っていいでしょう。

あごにヒアルロン酸を注入した後

注射器出典:www.hanngetubann.com

会計をし、帰宅します。腫れや赤みはそれほど目立たなかったので、マスクをせずそのまま帰宅しました。

私の場合1ccのみだったので、同伴した親以外に知られることもなく、施術以前の写真と比べても全く違和感はありませんでした。

知っておきたい失敗例

ヒアルロン酸注射は手軽で低価格で、間口の広い美容整形として知られています。たくさんの人が施術することもあって、中には失敗例というのも確認されています。

これからヒアルロン酸治療を受けようと思っている方は、こういった失敗例も頭に入れておいた方がいいかもしれません。

注射したヒアルロン酸がすぐなくなってしまう

あごの皮膚は私たちが思っている以上に分厚いそうです。なのでヒアルロン酸注射をしても、皮膚の押し戻す力が強く戻ってきてしまうこともあります。

また皮膚の伸びにも限界があるので、たくさんヒアルロン酸を入れたとしても限界というものがあります。しっかり効果を出し続けるためには、定期的にヒアルロン酸注射をして徐々に皮膚を伸ばす必要があるんだとか。

左右に差が出てしまう

これは施術を受けた人の体質やドクターの力量にもよると思いますが、ヒアルロン酸を入れたあごの左右の出っ張り具合が偏ることがあります。

人間のあごというのは元々左右の骨格差があるのですが、ヒアルロン酸注射でそれが顕著になってしまっては本末転倒です。

あまりに仕上がりが左右非対称すぎる!ということであれば、クリニックを変えてみるのもおすすめです。

しこりが残ってしまう

ごくまれに、ヒアルロン酸が溶けずに固まってあごの中に残ってしまうということがあるようです。あごの皮膚は厚いので、しこりによって見た目がおかしくなるということはありませんが・・・

気になる方はドクターに相談してみてください。ヒアルロン酸溶解液という注射をして、しこりをなくしてくれる処置をしてくれるはずです。

ヒアルロン酸注射で気をつけてほしいこと

ヒアルロン酸注射の料金はホームページに記載されていますが、費用は多めに用意しておきましょう。料金がホームページだけで予測できない理由は3つあります。

1. ヒアルロン酸の種類によって値段は変わる

多くの病院では複数のヒアルロン酸を使用しており、ホームページに掲載されている値段は最安値のものであることが多いです。診察時に、もっと長持ちするなどの理由でより高価なヒアルロン酸を提案される場合があります。

2. ヒアルロン酸の注入量によって値段は変わる

カウンセリング時にヒアルロン酸を何cc注入するか相談します。ホームページに掲載されている値段は最小単位(多くの場合1本、1cc)であることが多いので、複数本注入したい場合は当然料金も多くかかります。

3. 麻酔によっても値段が変わる

ヒアルロン酸の麻酔に関しては各病院で考えが異なります。少量の注入では麻酔を使用しないところもあれば、麻酔料金が別途にかからないところ、追加料金でより効き目の有る麻酔をしてくれるところもあります。

私の場合、ホームページでは2万円程度でした。しかし施術当日に、その場で紹介されたそのクリニックで一番高いヒアルロン酸に変更し、別料金で注射の麻酔を打ったため、最終的には10万円いかない程度になりました。

心配な場合は事前に詳しく問い合わせましょう。

あごへのヒアルロン酸は比較的ハードルが低い

世間的にはまだハードルが高い美容整形ですが、私はこのような過程で美容整形に踏み切りました。

あごのヒアルロン酸注射は比較的安価な上に、気に入らなくても半年程度で元に戻る、とっつきやすい手術です。あごが小さいことに悩んでいる方は、今後整形することも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46124 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ