2016年04月29日 更新 | 1,272 views

人気の亜麻仁油はダイエット・美肌に◎! おすすめの用い方は?

健康・美容・ダイエット効果の高い油として注目の亜麻仁油。オメガ3系の油の他に、油にしては珍しく食物繊維も豊富に含まれています。さらに主成分のα‐リノレン以外にも、リグナンというポリフェノールが、健康・ダイエット効果にいい影響をもたらします。ここでは、亜麻仁油がどのように体に良いかや、取り入れ方などについてお教えします。

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎さんが監修しています。

オーガニック食用油

亜麻仁油ってどんな油?

亜麻仁油はアマという植物から取れる油で、オメガ3系のα-リノレン酸が豊富です。

またポリフェノールの一種であるリグナンを含み、さらに食物繊維も多く含まれています。

このα‐リノレン酸・リグナン・食物繊維が豊富であることがこの油の最大の特徴で、積極的な摂取でと骨と血液を美しく肌します。

α‐リノレン酸は何がいいの?

「オメガ3系・6系のバランスに気を付けて!」ということを聞いたことがあるかと思います。

オメガ3・6は多価不飽和脂肪酸の名称ですが、理想の比率はオメガ3:オメガ6=1:4だといわれます。

しかし、現代人はこの比率が1:10〜20ほどに崩れています。これを理想に近づける意味でも、亜麻仁油を摂る意味があります。

では、このバランスを理想に近づけることにどんな意味があるかというと、現代人にありがちなオメガ6系が多い状態だと体の中では炎症反応が頻発しやすくなります。この炎症反応は、お腹を下したり血管が詰まったり等の不調の原因となっています。

そこで、オメガ3系を積極的に摂ると体内の炎症反応が抑えられ、胃腸症状の改善や血液中の余分脂肪を排出し、中性脂肪が作られるのを抑制するので血液がサラサラになります。これがダイエット効果が得られる理由の1つです。

またα‐リノレン酸は体内でEPAやDHAに合成されるので、魚やサプリメントを必死に摂らなくても、亜麻仁油を普段の食事に使うだけで十分摂取できます。

亜麻仁油はどこが優れている?

様々なタイプのオリーブオイル

リグナンは亜麻仁油に含まれるポリフェノールの一種で、活性酸素の働きを抑制することと、腸内で女性ホルモンのエストロゲンに似た物質に変換されるのが特徴です。

この特徴により、細胞の状態を若々しい状態に改善し、維持していく効果があります。これがダイエット効果が得られる理由の2つめです。

食物繊維が豊富なのも魅力

油なのに食物繊維が豊富な亜麻仁油。血液がサラサラになった上に食物繊維が豊富であるということは、健康・美容・ダイエットのすべての大敵である便秘の解消と予防に効果があるということです。

これが、ダイエット効果が得られる理由の3つめとして挙げられます。

亜麻仁油はアレルギーや乾燥対策にも有効

亜麻仁油はEPAやDHAのを作るもととなるので、脳に作用し記憶力の改善と向上から認知症予防になります。

さらにEPAやDHA合成の副経路から生成される、生体調節ホルモンのプロスタグランジンにも抗炎症作用があるので、アレルギー症状の緩和・改善に効果があります。

このプロスタグランジンにはいくつか種類があり、その中には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするものがあります。

このプロスタグランジンは血管壁の柔軟性を保つ働きによって肌を美しく保ったり、コラーゲン合成を促進することで骨を基礎から強くし、骨粗しょう症を予防したり、という効果に期待ができます。

このエストロゲンに似た作用はポリフェノールのリグナンにもあるので、亜麻仁油は女性にとってかなり有用だといえます。

さらに、意識して油を摂ることで、体に必要な分の油が供給されるので、肌や毛髪の乾燥を防ぐことができます。

亜麻仁油は摂れば摂るほど効果が上がる?

瓶に入ったオリーブオイル

ここまで聞くと、「亜麻仁油は多く摂るほどいいのかな?」と思う人もいるかもしれません。

亜麻仁油は確かに他の油と比べてカロリーが低く、100g中のカロリーは2/3程度ですが、やはり油ですから高カロリーであることは間違いありません

なので、摂り過ぎればカロリーオーバーになりますし、理想のオメガ3:オメガ6=1:4の理想的なバランスからも外れてしまいます。

亜麻仁油の摂取量の目安は?使い方は?

亜麻仁油でのダイエット効果を期待するのであれば、1日に大さじ1杯程度で十分です。摂りすぎてもデメリットが増えてくるだけなので、多くても大さじ2杯までに留めておくのが良いでしょう。

使う時の注意点としては、1点だけ!「加熱しないで使う」ということです。

亜麻仁油は構成脂肪酸のほとんどが不飽和脂肪酸で、熱にとても弱いのが特徴です。

加熱して酸化させてしまうとかえって体に悪い油になってしまうので、注意しましょう。

亜麻仁油はそのままでもアレンジしても

亜麻仁油は独特の香りがします。平気な人ならスプーンにとってそのまま摂るのも問題ないと思いますが、生の香りが苦手という人は、ヨーグルトやスムージー、サラダのドレッシングなどにすると楽に取り入れられます。

普段の食生活に無理なく取り入れて、健康で美しい体を目指しましょう!

written by 岩月啓四郎

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

57,700 views

この記事の監修者

管理栄養士 岩月啓四郎

岩月啓四郎

管理栄養士

この記事のライター

管理栄養士 岩月啓四郎

岩月啓四郎

管理栄養士

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー