NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年03月14日 更新 | 12,142 views

サルみたいと言われた顔のうぶ毛の濃さが嫌でした[体験談]

私は子供ながらにして顔のうぶ毛が濃く、口元を隠すためにマスクが手放せなくなったり友達には陰口を叩かれていました。母親から剃ることを止められていましたが、我慢できずに父親のT字カミソリで初めて剃ってみると、元々あった私の白い肌が見えました。そんな私に見兼ねた母親も協力してくれるようになりました。

大きな白いクマのぬいぐるみを抱きしめている女性出典:We heart it

小学校3年生ぐらいからでしょうか。

女の子としてファッションやおしゃれを意識し始めたころ。

自分は、顔をはじめ、体毛が人より濃くて多いな、と感じました。

腕や脚はまだ隠すことができますが、顔はどうすることもできません。

口の上などはひげのように見えていました。

「ボーボーじゃん」「おっさん?」「サルから進化中?」

などと体のムダ毛のことでも男子にからかわれ、とても傷ついたことは今でも忘れられません。

いじめというほどひどいものではありませんでしたが、女の子としての自尊心をズタズタにされたのは言うまでもありません。

こんな私も今は母親となり女の子を育てています。

あの頃、母親がしっかり味方になってくれていれば……と思わずにはいられないことも多いです。

顔のうぶ毛の濃さに悩んでいる人、子どもが顔のうぶ毛の濃さを気にしていると思うお母さんにもぜひ読んでほしいと思います。

小学生は顔剃りなんてするものじゃない

タートルネックのセーターを着こなしている青い瞳の女の子出典:We heart it

顔の産毛が原因で学校でからかわれていることを母親に勇気を出して相談したときのことです。

「お母さん、私のお顔の毛、ヒゲみたいだよ。男の子にもいろいろ言われて困るの。お父さんみたいにヒゲ剃りで剃っちゃダメなの?」

私は母親である女性が、お顔のシェービングをしていることをこのときまだ知りませんでした。

顔のヒゲを剃るのは男だけ、と思っていたのでこのように質問しました。

すると母は、

「みんなそんなもんだよ。あなただけ特別に濃いわけじゃない。成長の過程で濃くなったり薄くなったりするもんだよ。今剃ったりしたらもっと黒くて太い毛が生えてきちゃうかもしれないよ。剃るなんて考えないの!」

こう言われて話は終わってしまいました。

母以外に相談する人もいなかったので、このように言われたらもう何もいえませんでした。

マスクが手放せなくなる

マスクをしながら自撮りをしているボブの女性出典:We heart it

小学校高学年になると、悩みはより深刻になり、口の周りを隠すためにマスクをして学校に行くことが多くなりました。

給食の時間は嫌で嫌でたまりませんでした。

さすがに食事中はマスクを外してみんなとグループになり食べなくてはならないからです。

私がマスクを外すと、みんながちゃんと目を合わせてくれません。

私自身も友達の顔が見られず下ばかり向いて食べていたのでそう思ったのかもしれませんが、給食をみんなで楽しく食べた記憶がありません。

友達も陰口をたたくように

公園でしゃがみこんでいる女性出典:We heart it

女の子の友達も私の顔の毛が濃いと思っていたのは確かです。

でも高学年にもなると本人に直接は言わないんです。

影で面白おかしく話をされているのを聞いてしまったことがあります。

「ほんとヒゲすごいよね。テレビで見たことあるけど、びっくり人間っていうの?(笑)」

「ああいう病気とかもあるじゃない?本人には絶対言えないけどさ、剃っちゃえばいいのにね」

数人で笑いながら私のことを話していました。

私は気付かれないようにその場を逃げ出しました。

お風呂でこっそり男性用のT字カミソリを使ってみたもの……

清潔感のある洗面所出典:We heart it

女友達の陰口の中で出てきた

「剃っちゃえばいいのにね。」という言葉。

母親がダメだと言ったことだったので、「剃る」という行為は頭から消えていたのです。

でも友達の言葉を聞いてお風呂に置いてある、父親のT字カミソリを使ってみようと決心しました。

母親がパートでいない夕方、私はドキドキしながら、よくある男性の髭剃りのシーンのように石鹸を泡立てて口の周りにつけました。

そしてカミソリを水で濡らして肌にそっと当てて、角度をつけて撫でるようにしてみました。

鼻の下の一部分を剃って泡を取り、鏡で自分の顔を見てみました。

すると、鼻の下だけ白いきれいな肌があります。

私の肌はこんなに白く透明だったんだ!と思うとともに、これは大変!と焦ってしまいました。

だって、鼻の下だけうぶ毛がキレイになっているのです。

一番目立っていたのは鼻の下、口周りなのは確かですが、明らかにそこだけ剃ったとわかる変なしあがりです。

顔全体を剃らなくてはいけないと思い、また石鹸を泡立て始めたのです。

そのとき、玄関のドアが開いた音がしました。

母の気持ちと子どもの気持ち

親子で抱き合って撮影をしている様子出典:We heart it

母がパートから帰ってきたのです。

私は慌ててカミソリを片付けましたが、母も何かおかしいと思ったのでしょう。

お風呂場にやってきて言いました。

「顔見せて」

私の今の顔は、鼻の下だけ剃った状態のおかしな顔です。

でももう隠し切れないので顔を上げて母に見せました。

「自分で剃ったの? これで?」

と母は父のT字カミソリを指さしました。

私はうなずきました。

そして母は話し始めたのです。

「女の顔はこのカミソリじゃ上手く剃れないの。こういう細いカミソリがあるんだよ。なんでお母さんに言わないの?」

と言って女性用の細長いカミソリを出してきたのです。

「だって、顔は剃るものじゃないって前に言われていたし……」

母は少し困っていましたが、少し反省しているように見えたのを覚えています。

子どもが顔のうぶ毛のことでこんなにも悩んでいると思っていなかったのでしょう。

子どもの気持ちの重さって親や大人にも伝わらないことって多いんですね。

このあと、母は女性用のカミソリで私の顔をキレイに剃ってくれました。

まだ危ないから自分でやらないようにとも言われました。

顔の明るさは心の明るさにつながる

花を持って後ろを向いている背中が綺麗な女性出典:We heart it

それ以降、顔のうぶ毛は2週間に1回ほど母に剃ってもらうようになりました。

マスクをして学校に行くことはなくなり、友達や男子にもからかわれることもなく、楽しい学校生活が送れるようになっていったのです。

うぶ毛を剃ったあとは、顔色は明るく、目や鼻などの顔立ちもくっきり見えるようになりました。

それと比例するように自信を持って人の目を見て話ができるようになっていったのです。

ベットからなかなか出れずぼーっとしている金髪の女性出典:We heart it

風呂場で「ダメ」と言われていたうぶ毛剃りをしていたところに、母がパートから帰ってきてしまいました。

私は慌ててカミソリを片付けましたが、母も何かおかしいと思ったのでしょう。

お風呂場にやってきて言いました。

「顔見せて」

私の今の顔は、鼻の下だけ剃った状態のおかしな顔です。

でももう隠し切れないので顔を上げて母に見せました。

「自分で剃ったの? これで?」

と母は父のT字カミソリを指さしました。

私はうなずきました。

そして母は話し始めたのです。

「女の顔はこのカミソリじゃ上手く剃れないの。こういう細いカミソリがあるんだよ。なんでお母さんに言わないの?」

と言って女性用の細長いカミソリを出してきたのです。

「だって、顔は剃るものじゃないって前に言われていたし……」

母は少し困っていましたが、少し反省しているように見えたのを覚えています。

子どもが顔のうぶ毛のことでこんなにも悩んでいると思っていなかったのでしょう。

子どもの気持ちの重さって親や大人にも伝わらないことって多いんですね。

このあと、母は女性用のカミソリで私の顔をキレイに剃ってくれました。

まだ危ないから自分でやらないようにとも言われました。

顔の明るさは心の明るさにつながる

花を持って後ろを向いている背中が綺麗な女性出典:We heart it

それ以降、顔のうぶ毛は2週間に1回ほど母に剃ってもらうようになりました。

マスクをして学校に行くことはなくなり、友達や男子にもからかわれることもなく、楽しい学校生活が送れるようになっていったのです。

うぶ毛を剃ったあとは、顔色は明るく、目や鼻などの顔立ちもくっきり見えるようになりました。

それと比例するように自信を持って人の目を見て話ができるようになっていったのです。

うぶ毛が濃くなってしまう原因は?

これは大人になってから気になって調べてみたことですが、子ども、とくに女の子のうぶ毛が濃くなる原因として考えられるのは「男性ホルモンが活発になっている」ことだそうです。

原因のひとつとして「運動不足と糖分の摂り過ぎ」が挙げられています。

運動不足からくるストレスが、男性ホルモンを活発にします。

また、糖分を摂取すると、インスリン値が上がるのですが、このインスリン値が上がった状態だと男性ホルモンが作られやすいそうです。

私はどちらも当てはまっていました。

毛の濃さもあって内気だったので放課後はひとりで家で遊んでいることが多かったと思います。

そして、おやつはチョコレートやケーキなどの甘いもの。

パートに出ていた母が置いておいてくれたおやつは、菓子パンや板チョコといったボリュームたっぷりな市販品でした。

そして夕飯の後にも父が甘いデザートを買ってきてくれたりと毎日食べてばかりいました。

子どもの頃からの食習慣や生活も毛の濃さに関係しているとはびっくりでした。

女性用の電動シェーバーで安全に

砂浜で寝ながら焼いている女性出典:we heart it

中学生になると、美容にはより気を使うようになります。

そこで、入学祝いとして親戚からもらったお小遣いで女性用の電気シェーバーを購入しました。

中学生らしくない買い物ですよね。

でも長年、悩み続けていたので、自分へのご褒美でした。

シェービングのやりすぎも肌を痛める原因に

お気に入りの化粧品を紹介している女性出典:We heart it

女性用のシェーバーで顔のコンプレックスも解決、と思った私でしたが、思わぬ肌トラブルにあったことがあります。

1. 顔中が粉をふいたように白くなっていた!

スイッチを入れれば簡単にシェービングができるので、自分の部屋で毎日のように顔を剃っていたんです。

すると冬の寒い朝、鏡を見てみると、顔中が粉をふいたように真っ白。

冬の乾燥肌にシェーバーで負担をかけ続けたことにより角質までボロボロになり、ガサガサの状態になってしまいました。

皮膚科へいき、専用の軟膏をしっかり塗りましたが、1週間ぐらいはひどい顔でした。

そんな思いをしても、顔を剃れないと不安になってしまうのです。

また毛が生えてきてしまうことが怖くて怖くて……。

ただその後は、シェービングは1週間に1度のペースにしました。

2. ニキビが破裂して赤く腫れた!

思春期になると大きなニキビができることも増えてきました。

でも顔剃りはやめられません……。

気をつけて剃っているつもりでしたが、ガリッとニキビを剃ってしまったことがあります。

血が大量に出て絆創膏では足りないほどでした。ガーゼでしっかりテーピングし、学校ではみんなに「どうしたの?」と心配され恥ずかしかったです。

シェービング以外のうぶ毛処理方法を考える

ベットで寝ている女性出典:We heart it

肌トラブルにも見まわれ、シェーバー頼みのケアにも限界を感じ始めた私。他の処理方法を色々試してみました。

1. 脱毛クリーム

ムダ毛を薬剤入のクリームで溶かして処理する方法です。

顔用というものだけを使ってください。

からだ用のクリームは刺激が強いため顔に使うのは危険です。

顔用の脱毛クリームでも肌が弱い人、ニキビがある人には向かないので注意が必要です。

私は数回でやめてしまいました。

2. 脱毛ローション

毛を薄くする効果があるという成分を配合したローションです。

化粧水替わりに長く使い続けることが大切です。

私は肌に合わず残念ながら続けられなかったので効果のほどはわかりません。

3. 脱毛サロン

学生の間は金銭面から無理だろうなと思っていた処理方法です。

私は、就職したら最初のお給料で行くのは脱毛サロンと決めていました。

だからプランや施術方法などまだ通わないうちからいろいろと調べて自分に一番いいサロンをいくつか絞っていました。

脱毛サロンで顔の施術をするときの注意点

カラフルなタオル出典:We heart it

脱毛サロンやエステは、安価なキャンペーンが設定されているので、あまり気負わずに通えるようになったのではないでしょうか。

ただ、顔脱毛がしたい場合は注意も必要です。

顔全体の施術を行ってくれるサロンは限られています。

口周りの脱毛はやっているけれど、おでこや頬はやっていないということころもあり、私はしっかり顔全部を施術してくれるサロンを探しました。

私の場合は、口周りだけではダメなレベルですから……。

小学生の子どもと一緒に通える脱毛サロンも続々登場

お洒落なインテリアの部屋出典:We heart it

これは私が小学生のころには考えられなかったことですが、小学生の子どもと一緒に通える脱毛サロンもあります。

私同様にムダ毛や顔のうぶ毛に悩む子も増えているのでしょう。

お母さん世代も昔より脱毛に積極的になっています。

アラサー、アラフォーなど関係なくムダ毛処理に脱毛サロンへ通う時代です。

「うぶ毛の濃さなんて」と思わず、お母さんは子どもに向き合って

久しぶりの再会を果たした友人と抱き合っている様子出典:We heart it

子どもの悩みは小さいかもしれません。

でもちょっとした傷でも痛くて取り返しがつかなくなってしまうものです。

うぶ毛の濃さのおかげで私の小学校時代は辛い記憶の方が多いです。

まずは子どもの悩みに寄り添うことが大切だと思います。

一生付き合っていくムダ毛の問題ですが、ラクにできる方法を選択してなるべく自分の心に負担をかけないように。

Top image via Weheartit

written by sayabou

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43167 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ