NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年05月11日 更新 | 14,435 views

アイプチにはコツがある! 一日中キレイな二重をキープするには?

アイプチで二重を作れても、きれいな二重に整えるために何度もやり直すはめになったり、日中もたずに取れてしまったりなんてことありませんか。一日中キレイな二重をキープするには基本的なことが大切。また、意外なコツもあります。

アイプチは二重を作るのに欠かせないアイテムですが、使いこなすのはなかなか難しいもの。

二重が汚くなってしまったり、一日中キープできなかったりして悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

もしかすると、上手くアイプチができない原因は、やり方が間違っているからかも。

いま一度、正しいアイプチのやり方やコツを確認してみましょう。

アイプチの基本のやり方をおさらい

女性がこちらを見つめている画像出典:Pinterest

まずはアイプチの基本的なやり方をおさらいしましょう。

1. まぶたの皮脂や汚れをふきとる

コットンやティッシュを使ってやさしく拭き取ります。こすらないように注意しましょう。

2. プッシャーであらかじめ二重ラインを決めておく

いきなりアイプチをぬり始めると慣れないうちは失敗してしまうので、自分の理想とする二重をあらかじめ決めておきましょう。

3. アイプチをぬる

二重のラインが決まったら、目を半分くらいに開け、一度ラインをひきます。そして、そこを中心に半月型にかいていきます。

4. 乾いたらプッシャーで二重ラインを作る

のりが乾いてきたら、プッシャーを二重のラインに軽く押し当て、ゆっくりと目を開きます。目頭や目尻まできれいなラインになるよう整えたら完成です。

プッシャーがなければヘアピンやつまようじでも代用可能です。

アイプチできれいな二重を作る&キープするコツ

基本のやり方がわかったら、次はきれいな二重を作ったり長時間キープしたりするコツを紹介します。

心がけるだけで、もっと上手にアイプチを使いこなせるようになるはず。

アイプチのコツ1. まぶたの余分な皮脂・汚れを必ずとる

まぶたは意外にも油分や汚れがたまりやすい場所。

まぶたに皮脂などがついていると、アイプチを塗っても皮膚どうしがくっつきません。コットンややわらかいティッシュでやさしく拭き取りましょう。

油分や汚れをきちんとふき取っておくことで、アイプチで作った二重を長持ちさせることができます。

アイプチのコツ2. のりはつけすぎない

きちんと皮膚どうしがくっつくようにと、アイプチののりを塗りすぎてしまう人が多いようです。でも、それはかえって逆効果。

のりが多すぎると、よれてしまったり仕上がりが汚くなったりしてしまいます。

アイプチは薄くムラなくぬるのがコツです。また、はけについている余分なのりは落としてから使うようにしましょう。

アイプチのコツ3. まぶた重めの人はアイプチ二度塗り

まぶたが厚く重めの人はアイプチの効果をなかなか感じることができないかもしれません。

でも、効果を優先するあまり接着力の強いアイプチを使うと、目がかぶれてしまったり目が腫れてしまったりといったトラブルにつながることも。

もし、長持ちしないのであれば二度塗りをすることをおすすめします。

もちろんアイプチを二度塗りするときも、あくまで薄くムラなく塗るのがコツです。

アイプチのコツ4. のりを指でなじませる

アイプチをぬったら、のりが乾いてしまう前に人差し指でなじませましょう。

このひと手間で、アイプチしたあとの皮膚のつっぱりを防ぐことができます。のりを塗りすぎてしまったときにもおすすめの方法です。

アイプチのコツ5. のりが完全に乾く前に二重を整える

のりをぬったら乾くまでそのままですが、完全に乾いてしまうとキレイな二重のラインが作れません。

半乾きくらいで二重を整えたほうがきれいに仕上がります。

のりが白色の場合、半透明になったくらいがちょうどいいタイミングです。

アイプチのコツ6. プッシャーはすくい上げるように使う

プッシャーで二重のラインを決めますが、目線はなるべく下を見て、まぶたにしわが入らないように伸ばしておきます。

そして、プッシャーでまぶたの中央ではなく、目尻のほうを軽く押さえ上げるように使います。二重の輪郭の下部をすくい上げるようにするのがコツです。

アイプチのコツ7. 自分に合う二重幅を理解する

アイプチがすぐ取れてしまったり、仕上がりが不自然になってしまったりする人は、二重幅が合っていないかもしれません。

ぱっちりした二重になりたくて、ついついハーフタレントのように広い二重幅を作ってしまいがち。 ですが、広すぎる二重幅を作るには不自然な位置で皮膚を無理やり固定することになるので、どうしても取れやすく、また目を閉じると半目になるなどの弊害があります。

練習を繰り返して、自分に合った二重幅を見つけてみましょう。

アイプチを使うときの注意点

女性の顔のアップ出典:Weheartit

最後に、アイプチを使う時の注意点をチェックしておきましょう。

注意点1. アイプチをオフするときは目をこすらない

まぶたの皮膚はとても薄いもの。 なので、アイプチを落とすときにこすってしまうと、色素沈着してしまったり、腫れたりする原因になります。

アイプチをオフするときは、まずはお湯ですすいでアイプチののりを軽く流しておきましょう。 そのあと、クレンジングオイルなどで他のメイクといっしょに洗い流します。 このときも、まぶたを強くこすることがないよう注意してください。

注意点2. まぶたに炎症が出たら使用を中止する

アイプチののりで、まぶたに炎症が出てしまう場合があります。 もし炎症が起きたら、すぐにアイプチの使用を中止してください。

しばらく経っても炎症がよくならないときは、皮膚科を受診しましょう。

また、アイプチの種類によっても肌に合うかどうかが分かれます。 たまたま合わないアイプチを使っていたという場合もあるので、炎症がおさまったら違う種類のアイプチを試してみるのもありかもしれません。

アイプチのやり方を見直して、きれいな二重をキープ!

アイプチに慣れてきたら、さまざまなコツを試して自分に合った方法を見つけましょう。

しっかりコツをつかめば、きれいな二重を簡単に作れて、さらに一日中キープできるようになります。

Top image via Weheartit

written by えぃみん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43688 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ