NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 8,125 views

肝斑は治療できる。肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

肝斑は女性に多く見られるシミの一種。基本的に、保険適用外ですが、皮膚科で治療を受けることが可能です。肝斑に有効な治療法は、ハイドロキノンやトレイチノンなどの塗り薬、トラネキサム酸などの飲み薬、メドライトやスペクトラなどによるレーザー治療など。また普段から紫外線ケアやビタミンを補給する事が大事です。どの治療もすぐに大きな変化が現れるものではないので、医師の指示を守って気長に続けましょう。

振り返って見つめている黒髪でブルーの瞳の女性出典:Weheartit

目次

肝斑(かんぱん)は、女性に多く見られるシミの一種で、両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称にぼんやりと広がることが特徴です。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

シミには色んな種類がありますが、日本人の皮膚はとりわけ肝斑が出来やすく、皮膚の色が浅黒い人ほど出来やすいといわれています。肝斑は30~40代の女性たちに多くみられます。基本的に保険適用外ですが、皮膚科で治療を受けることが可能です。

目の周囲にはできないので、目元がゴーグルのように白く浮き上がって見えることも。

肝斑のできるメカニズムは今のところ完全には解明されていませんが、おもな原因は女性ホルモンやストレス、肌の摩擦刺激とされています。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

また紫外線が当たりやすい部位に症状が現れる事が多いので、紫外線も肝斑の原因や進行に関連性があると言われています。

肝斑以外のおもなシミの特徴

  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん):最も一般的な、紫外線によるシミ。
  • 雀卵斑(じゃくらんはん):そばかすとも呼ばれる、遺伝的要素が強いシミ。
  • 炎症後色素沈着:ニキビや火傷など、皮膚炎が治ったあとのシミ。

自己診断に疑問を感じたら、皮膚科へ

ポニーテールで白いシャツをきたサングラスの女性出典:Weheartit

自己流のシミ治療で症状が改善しない場合は、皮膚科で診断を受けてみたほうが良いかもしれません。

シミの種類によって原因が違うため、適した対処法もそれぞれ異なります。

肝斑だと思っていたら他のタイプのシミだった、シミだと思っていたら実はアザだった、肝斑とほかの種類のシミが混在していた、ということもあるそうです。

病気ではないのに皮膚科へ行くのに抵抗があるという人は、美容皮膚科などを受診するといいでしょう。

皮膚科で肝斑治療を受ける際のポイント

猫を抱きかかえている色白の女性出典:Weheartit

皮膚科では、既往症や生活習慣などの問診には正直に答えましょう。

肌の状態によっては「レーザー治療+塗り薬」、「塗り薬+飲み薬」など、併用した治療を行うこともあります。

皮膚科はすっぴんで行ったほうがいいの?

受診の際はすっぴん(メイクなし、日焼け止めのみ)の状態でのぞみます。

肌の様子をしっかりと確認するためには、日焼け止めも色調やくすみなどのカバー力がないタイプの方がベターです。

仕事帰りなどでメイクをしたまま皮膚科へ向かう場合には、洗面所などで洗顔をする必要があります。

美容医療に力を入れている皮膚科では、パウダールームを用意していることもあるので、気になる場合にはあらかじめ問い合わせておきましょう。

肝斑以外のシミが混在している場合は?

肝斑のほか異なる種類のシミが混在している場合には、ます肝斑の治療を優先に行います。

健康保険は適用されるの?

美容目的の治療は、基本的に健康保険の適用対象外です。

ただし治療の内容によっては一部保険対象となることもあるので、保険証を忘れずに持参しましょう。

皮膚科でできる肝斑治療:飲み薬

絵画にいたずらしている様子出典:Weheartit

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、止血剤や抗炎症剤としても用いられる成分で、肝斑が作られる前の段階にはたらきかけ、メラニン色素を作らせないようにする作用があります。

薬品名は「トランサミン」で、後発品(ジェネリック)を選択できる場合も。

処方量にもよりますが、価格の目安は1か月2,000〜3,000円ほど。

皮膚科でできる肝斑治療:塗り薬

アイスクリームを食べている女性出典:Weheartit

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、強力な漂白作用を持った外用薬です。新たなシミを作らせないようにするほか、既にできてしまったシミを漂白するはたらきを持っています。

浸透力が大変高く、洗顔後すぐの肌に塗ると効果が出すぎることもあるので、スキンケア(化粧水、乳液)の後、もしくは洗顔後20分ほど待ってから、肝斑の部分だけに塗りましょう。

まれに、肌の色がまだらに抜け落ちる「白斑(はくはん)」という副作用があります。

価格の目安は1か月分2,000〜3,000円ほど。

トレチノイン(レチノイン酸)

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、シミの治療以外にもニキビやシワの治療にも用いられる外用薬。

肌のターンオーバーを強力に促すはたらきを持ち、肝斑治療にはハイドロキノンと併用して使用されます。

効果が強い薬剤のため、一時的に肌の赤みが出たり皮がむけたりすることもあるので、医師の指示を必ず守るようにしてください。

また、酸化しやすいため冷蔵庫で保管する必要があります。

価格の目安は1か月分で4,000円〜6,000円ほど。

皮膚科でできる肝斑治療 :レーザー治療

カヤの中でイルミネーションをつけてこもっている女性出典:Weheartit

これまで、レーザー治療は老人性色素斑などのシミ治療には有効なものの、肝斑に照射するとかえって悪化させてしまうというのが定説でした。

しかし近年では、レーザーの出力を調整することで、肝斑を刺激しない「レーザートーニング」が登場してきています。

「メドライト」や「スペクトラ」などです。

レーザートーニングは、1回の施術で肝斑の大きな改善が現れる治療法ではありません。

6〜12回ほど、施術の回数を重ねることで効果を実感することができます。

クリニックにもよりますが、料金の目安は顔全体への照射で1回1、2万円ほどです。

皮膚科での肝斑治療レポートが読めるブログまとめ

正面を見つめている金髪の女性出典:Weheartit

WADA-blog(わだぶろぐ)

シロノクリニックで肝斑治療を受けたブロガーさんの記事です。

カウンセリングの様子や処方された内服薬の内容など、かなり詳しく記載されています。

【WADA-blog】シミ・肝斑を消したい!シロノクリニック体験レポ(1)内服薬

シミ(しみ)と肝斑(かんぱん)をレーザーとハイドロキノンで治療した体験記

2種類のレーザーとハイドロキノンで、シミ(老人性色素斑)と肝斑の治療を行っているブロガーさんです。

施術後の肌の様子がよくわかる画像を、毎回掲載しているので参考になります。

【シミ(しみ)と肝斑(かんぱん)をレーザーとハイドロキノンで治療した体験記】

美活動ブログ〜とにかく美肌主義〜

スキンケアマニアのブロガーさんが、スペクトラによるレーザー治療を受けた際の記事です。

美容のための顔マッサージが、肝斑の原因になってしまったとか。

【美活動ブログ〜とにかく美肌主義〜】肝斑対策でスペクトラ受けてきましたっ

@beutist aloha♪さんのブログ

メドライトによるレーザートーニング治療のレポート記事です。画像はありませんが、照射を受けた際の様子や施術後の肌の状態について詳しく書かれています。

【aloha♪さんのブログ】メドライト(レーザートーニング)をしてきました☆

品川スキンクリニック立川院 院長和田ブログ

肝斑の症例写真が掲載されています。

レーザートーニングを6回した方の写真ですが、6回で肝斑だけでなく、肌全体が綺麗になっています。

トーニングについての説明も細かくされてるので、レーザー治療で考えてる方は参考になります。

品川スキンクリニック立川院 院長和田ブログ

肝斑治療は気長に続けよう

崖の上に登って白いパラソルを広げている女性出典:Weheartit

肝斑の治療は、効果がすぐに出るものではありません。3、4か月ほどは様子を見ながら、医師の指示を守って地道に治療を続けましょう。

また、塗り薬やレーザー治療を行っている間は、皮膚のバリア機能が低くなっているので、紫外線対策も同時進行で入念に行いましょう。

肝斑レーザー治療(スペクトラ)の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 2,593円
品川美容外科 2,800円
聖心美容クリニック 30,000円
シロノクリニック 40,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お悩み別人気クリニック

全国

品川美容外科

肝斑

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ