NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月13日 更新 | 1,569 views

首のシワは、原因を知ればちゃんと防げる。加齢とともに美しくなるために

加齢と共に気になってくる首のシワ。一度できたら自力で消すのは難しいけれど、実は首のシワは原因をきちんと知れば、遅らせることが可能なんです。紫外線対策や寝る時の姿勢など、ちょっとしたケアを心がければ、加齢とともに美しくなる未来がまっているかも。

頭を抱え悩む40代の女性

年齢と共にでてくる首のシワ。

年を取ったら誰にでも起こる自然な現象だけれど、なるべくならない方がいい……。

実は日常のちょっとしたケアで、首のシワの出現を遅らせることができるんです。

首のシワができる原因

首に触れる美しい女性

首のシワは加齢と共にコラーゲン量が減ってゆくことが原因とされています。

若いうちはコラーゲン量があり、一度シワがついてもクセづくことなく元に戻るんだとか。

でも実は加齢以外にも、首のシワには様々な原因が。

紫外線

紫外線がシワの原因になりうることは、知っている人も多いのでは。

顔にはたっぷり日焼け止めをぬっても、首は見落としがち、なんてこともあるかもしれません。

首や忘れやすいあごの裏などもちゃんと塗って、シワを未然に防ぎましょう。

乾燥

また、極端な乾燥もシワの原因のひとつ。

乾燥肌でなくても、ワセリンをぬるなどして首の乾燥対策は徹底したいものです。

首が曲がる姿勢

仕事や癖、あとは眠るときの枕の高さによって首にシワが寄ってしまっている人がいます。

特に注意したいのは寝る時の首の角度。

首の下が頭の部分より高めになっている枕を選ぶのがおすすめです。

もし適した枕がなくても、首の下に巻いたタオルを敷くだけで、首をぴんと張った状態で眠りにつくことが可能。

首のシワ対策法

日焼け止めをぬっている水着姿の小さい女の子

できるだけ首のシワの出現を遅らせるために、普段からできるシワ対策法は、実はとっても簡単です。

顔と首を一緒にケア

日焼け止めや化粧水、クリームなど、顔に行ったケアは首にもするよう習慣づければ、わざわざ「首をケアしなきゃ! 」とストレスに感じずに済みます。

顔のパックをついでに首に塗る人も多いんだとか。

ちなみに日焼け止めは、肌への刺激が過度にない「SPF20~30、PA+」のものがいいらしいです。

また、ストールやマフラーを巻けば、おしゃれを楽しみながら日焼け対策ができちゃいます。

首にいい成分はこれ

首のシワを改善するため、そして首のシワができないようにするために有効な成分は以下のようなものです。

できるだけこれらの成分がたくさん入っているスキンケアを選んで使用するようにしましょう!

レチノール(ビタミンA)

コラーゲンの生成を促進させる成分であるレチノールは、肌のしわやたるみの予防には非常に効果的です!

ただ刺激を感じる人も中にはいるので、使ってみて違和感を感じる方は使用を中止するようにしましょう。

レチノールがダメという方は、以下の2つが入っているスキンケアを使うようにしてください。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは美肌を目指す上でとても重要な成分です。しかしこのビタミンCというのは酸化しやすく、なかなか良質なまま肌の深層に届いてくれません。

そこでそんな脆弱なビタミンCを手助けするのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定させて吸収されやすいようにする働きがあります。

ビタミンC単体で含有されているものより、ビタミンC誘導体もいっしょに入っているスキンケアを選ぶようにしましょう!

ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンはニコチン酸とも呼ばれている成分です。このビタミンもシワを解消するには有効な成分となっています。

ナイアシンは、酵母・米ぬか・豆類・胚芽に多く含まれています。スキンケアで肌に浸透させるのと同時に、食べ物から摂取することもおすすめですよ。

首のスキンケアにおいて気をつけたいこと

首へ化粧水やクリームを塗ってケアすることは、首にシワを作らないためには重要なことです。

しかし間違った首のケアをしてしまうことで、効果を削いでしまったりさらにシワを深くしてしまうということもあり得えます。

しっかり正しいスキンケアの仕方を学んで、首のシワを改善していくようにしましょう!

優しくおさえるように塗る

化粧水やクリームの浸透率というのは、実は塗りこむ強さやテクニックではなく含まれている成分によって変わってくるのです。

ちゃんとシワに効果のある成分が含有されているものを使えば、優しくおさえるように塗りこむだけできちんと肌へ浸透していきます。

なのでスキンケアは軽く肌に乗せるようなイメージで塗布していきましょう。

たたいて塗るのはNG

スキンケアを叩いてパッティングしてなじませるのはやめましょう!これは毛細血管を傷つけてしまう原因になります。

毛細血管が切れたりすると、顔が赤みがかってしまうという恐ろしい現象がおきます。

前述したように、首のスキンケアは優しくおさえるように行ってくださいね。

のばしてすり込むのもダメ

たまにクリームなどを手のひらで伸ばしながらすり込むような方がいますが、これも肌には良くないのでやめてください。

首の皮膚が伸びしてしまうことがあるので、のばしてスキンケアをすり込むのもNGです。

皮膚が伸びると余計にシワやたるみを増長させてしまいます。

マッサージをしてみる

首のリンパマッサージで老廃物を流すことも、シワ対策に効果的。

マッサージクリームを塗り、人差し指、中指、薬指を使って、耳の後ろあたりから軽く圧力を当てて鎖骨に向かってリンパを流します。

変に強い力で行うと摩擦によりさらにしわが寄ってしまうので、「痛きもちいい」くらいの力で行うのがベスト。

首の汗を放置しない

首の汗を放置しないことも、シワ対策にとても大事なことです。

首の汗をそのままにしておくと汗が蒸発した時に肌が乾燥してしまうとか。

首に汗をかいた時にはこまめに拭くようにしましょう。

完全に消すなら医療機関に

一度シワができてしまった皮膚は、自力で戻すのは難しいです。

その場合にはクリニックでコラーゲンやボトックスなどの注射を施し、シワを目立たなくすることが可能。

どうしても首のシワをコンプレックスに感じるのなら、専門家への相談だってありだと思います。

枕の高さも首のシワの原因のひとつに!?

枕出典:spotlight-media.jp

日中の乾燥や紫外線対策以外にも、首のシワができないようにする対策をする必要があります。

実は枕の高さが自分に合っていないということも、首に深いシワ・ちりめんジワができてしまう要因になってしまいます・・・。

普段あまり気にしたことがないという方がほとんどでしょう。枕についても一度見直していきましょう。

首にシワができない適正な高さ

今ご自身が使っている枕が正しい高さになっているか?今一度確認してみましょう!

枕は低くても高くてもシワができてしまうので要注意です。理想はまっすぐな状態で立っている姿勢をそのままベッドに横向けにした感じ。

ベッドと自分の体が並行になっていないとだめです。

枕が低すぎると首が沿ってしまいますし、高すぎると前に折れてしまします。寝ている数時間の間にこの状態がキープされると、あっという間に首にシワができてしまうんですね・・・。

枕の高さを自分で調整してみる

今使っている枕の高さがわかったら、ちゃんと体が並行になるように調整していきましょう。

自分にぴったりの高さの枕を店頭で見つけるのはなかなか難しいかと思います。なので自分でタオルを入れるなどして枕の高さを調整していきましょう。

ただ枕が高すぎるときはこの方法は使えないので、残念ですが買い換える以外の選択肢がありません。

最近は枕のオーダーメイドができる専門店というのも増えてきています。枕を買い換えるのであれば、せっかくですからそういったお店に注文してみてもいいかもしれませんね!

枕のオーダーメイドは使う素材などによって変わってきますが、だいたい3万円程度で購入することができます。

枕に3万円はちょっと高いかな・・・と思うかもしれませんが、一度買えばずっと長く使えるものですから決して無駄にはなりません。

寝ている間にできる首のシワが心配!という方は、枕にも気を配っていきましょう!

空いてる時間に首のマッサージやエクササイズをするのも有効

首マッサージ出典:www.rakunari.com

外的環境によってシワができるだけでなく、単純に加齢のせいで首のシワやたるみが増えてきたということもあります。

首のアンチエイジングをするためにも、日頃から空いている時間を利用してマッサージ・エクササイズを行ってみてください。

ちょっとの努力を毎日続けることによって、シワは改善へ向かうはずです。

「親指」を使ったマッサージ

お風呂上がりに化粧水やクリームを塗ったあとの肌は、滑りが非常にいいのでマッサージにはもってこいのタイミングです。

ここで親指を使ったマッサージをご紹介します。親指をあご下~耳の下のフェイスラインに沿って這わせるような動作を繰り返します。

顔の中心から外側へ向かうようなイメージで行ってください。

耳の周りにはリンパがたくさん通っています。このリンパを刺激することによって滞っていた老廃物が排出されていくのです。

老廃物がなくなると、首の負担が軽くなってシワの原因をまたひとつ潰すことができます。

一回数分でけっこうですので、毎日続けてみてください。一日に長時間やる必要はありません、大切なのは毎日継続していくことです!

首のエクササイズ

年齢とともに、首の筋肉というのも次第に衰えていきます。筋肉の衰えは、そのまま皮膚の衰えにもつながっていくのです。

筋肉がしっかりつけば、首のシワも防ぐことができます。筋肉によって皮膚がハリを取り戻すからです。

首の筋肉をつけるために、仕事の空き時間などを利用してエクササイズをするようにしてください。

エクササイズといっても、大それたものではありません。

首を左右にぐるりと数周回したり下アゴを突き出して「イーッ」という口をして10秒キープするなどといった簡単なものです。

首の筋肉はなかなか鍛えづらい場所ですので、こうしてこまめにエクササイズを行って鍛えていきましょう。首に筋肉があると、首だけでなく顔全体のハリも戻ってきますよ!

首のシワ対策をがんばって、未来の自分に自信を与える

カメラ目線で笑顔の女性

加齢にともないシワができるのは、当たり前のこと。

シワがない=美しい、というわけではありませんが、女性なら誰でもシワは気になるところ。

原因と対策を知ってシワ対策をすれば、未来の自分は輝いているかもしれません。

written by RIO

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

くすみ・しわ

詳しく見る

全国

聖心美容外科

痛くないたるみ治療

詳しく見る

全国

品川美容外科

しわ・ほうれい線

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ