NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年05月01日 更新 | 7,527 views

鼻くそボクロといじめられた私の心の傷は深かった[体験談]

両親からの遺伝で私の体はホクロだらけ。中でも鼻の下にあるホクロは、小学生の頃に男子から「鼻くそボクロ」と言われて以来コンプレックスに変わり、自分に自信が持てずに次第に男子のことも怖くなりました。社会人になって、ある美容サロンの広告に目がとまり、ホクロを取るために母親と共に予約を入れました。

鎖骨に複数のほくろのある女性出典:We heart it

私の両親は、どちらも体中にホクロがたくさんあります。

そして子どもの私も、体中にホクロがありました。

お風呂に入るときは、姉妹で体のどこにホクロがあるのか探したり、何個あるのか数えたり、新しいホクロを発見したりと「ホクロ遊び」するのがが当たり前でした。

幼少期は、ホクロによって嫌な思いをすることはありませんでした。

小学校の頃の私

金髪で長い髪の毛の青い瞳の女のコ出典:We heart it

小学校に入った私は、クラスに友達もいて、楽しく過ごしていました。

低学年のときは学校が楽しくて楽しくて、校庭を走りまわっていた記憶があります。

木に登っておままごとをしたり、基地を作ったり、学校の森を探検したり……。

本当に楽しい日々を送っていました。

ただ、高学年になるにつれ、鼻と口の間にあったホクロがみるみるうちに大きくなっていきました。

その鼻の下のホクロだけがどんどん大きくなって、さらに日に日に色が濃くなっていきました。

男子に言われたひどい言葉

気分がのらずどうしようか迷っている女性出典:We heart it

ある日、学校で遊んでいると男子が邪魔と口論になり、最終的に大きな喧嘩になってしまいました。

そうしているうちに、口の悪い男子に

「おまえ、うっとおしいって言ってるだろ! 鼻くそボクロのくせに!」

と言われたんです。

その言葉と聞いた男子たちがいっせいに笑い始めて

「黙れ、鼻くそボクロ!」

「鼻くそ取ってやろうか?」

と鼻の下のホクロを取ろうと爪で引っかいてきました。

「やめて!」

と言っているのに面白がって止めてくれなくて、とうとう泣いてしまいました。

すごく恥ずかしくて悔しくて、私はただ泣くしかありませんでした。

毎日、鏡をみるのがイヤに

ぼーっとしながら寝転がっている女性出典:We heart it

男の子に「鼻くそボクロ」と言われてから、ただでさえイヤだった鼻の下のホクロが余計イヤになり、鏡を見るたび気になって仕方ありませんでした。

ホクロを取ることができないかと、自分でカッタ-で傷を付けてみましたが、取れるどころか、赤く腫れてしまって余計に目立つばかり。

クラスのみんなは、本当は心の中で「鼻くそボクロ」と思ってるんではないか。

陰で笑っているんじゃないか。

そんな気持ちになってしまって、友達の顔を見るのも怖くなってしまいました。

家族さえも笑ってくる

ジョシトークに盛り上がりながら変顔の写真の女性出典:We heart it

幼少期はホクロの数を数えて遊んでいた妹も、思春期になるとお洒落や美容に関心を持ち、どちらがキレイかなどを口にするようになっていました。

私は、口元のホクロが気になって仕方なく、そのホクロのせいで自分は醜いとまで思うようになりました。

ある日、妹と盛り上がってしゃべっていたときに、ふと妹が

「お姉ちゃんはその口元のホクロはおしゃべりボクロだね」

「そのホクロが無くてよかった」

「そのホクロってブラックホ-ルみたいだね」

男子に「鼻くそボクロ」といわれて深く傷付き、気にしていたのに、妹にもひどいことを言われてしまいました。

もうイヤだ。こんなホクロなんてイヤだ。

そんな思いばかりがどんどん募って自分にも自信が持てなくなり、日に日に元気がなくなっていきました。

ホクロが完璧にコンプレックスになった中学時代

正面を困った顔で見つめる黒髪でスッピンの女性出典:We heart it

中学に入ると、好きな人ができました。

友達にも「告白しなよ!」なんて言われたのですが、

きっとこんな自分のこと好きになってくれるはずがない。

だって私は「鼻くそボクロ」なんだもん。「ブラックホ-ル」なんだもん。

そう思い込んでいた私は自分にまったく自信が持てず、片思いのまま学生生活を送りました。 他の友達は好きな人に告白したり、一緒に帰ったり楽しそうに過ごしていました。

でも、私は好きな人に近付くことが出来ず、体育館で彼が部活のバトミントンをしている姿を陰からずっと見ることしかできませんでした。 いつも心の隅には

「こんな私に告白されても嬉しいはずがない」「どうせ鼻くそボクロがあるから笑われてしまう」

自分は好きな人がいても、付き合うことが許されない人間なんだと思っていました。

コンプレックスから女子校を選択

ブラックネイルをしている三つ編みの女性出典:We heart it

結局ホクロのことがネックになって中学時代も自分に自信が持てず、男子は怖い存在でした。

「また何か言われてしまう」

そう思った私は、自分の希望だった共学の普通高校から女子高に希望を変え、男子のいない生活を送りました。

高校時代は3年間同じクラスで揉めごとも無く、それなりに楽しい生活を送っていました。

走るのが早い私は、女子からの応援で歓声があがるほどのモテぶりで、男子が怖いことやコンプレックスのことは一時的に忘れて楽しい高校生活を過ごしました。

たまに合コンの話があって、人数が足りないから来て!と誘われて行くこともあったのですが、いつも心の中で、また「鼻くそボクロ」と言われるのではないか、と思うとハラハラしてうまく男子としゃべることが出来ませんでした。

社会人になってもコンプレックス

顔に出来た出来物のケアをしている女性出典:We heart it

就職してから、そろそろ自分も身奇麗にしなきゃ、と化粧に興味を持ち始めて、職場の同僚とどこの化粧品がいいとか、こんな色がきれいだよとか、美容の話で盛り上がるようになりました。

自分の部署にはかっこいい上司がいたので、ますますキレイにしたい願望が強くなり、いろんな情報を集めて鏡を覗く回数が増えました。

あんなに鏡が嫌いだったのに、常にカバンに手鏡を入れて持ち歩いていました。

けれど、顔中に広がる宇宙のようなホクロと、立体的に盛り上がった鼻の下のホクロは、どんなコンシ-ラ-を使ってもホクロを消すことはできませんでした。

ある先輩に、

「ホクロさえなければキレイな顔をしてるのにね」

と言われたときも、本当に泣きそうになりました。

ほくろ除去を決意

周りに草が生い茂った渡橋出典:We heart it

ある日、「レ-ザ-でホクロ取ります」という美容サロンの広告を見つけ、思わず食い入るように読みました。

これだ!

そう思うとすぐにそのサロンに電話しました。

ホクロは病院でしか取れないといったイメ-ジでしたが、今は美容サロンで簡単に取れるというのです。

費用もお試し価格で、とりあえず1個取ってみて、もし他に取りたいホクロがあったら追加料金で取っていく、といったシステムでした。

働いて間もない私は貯金があまりなかったので、

とりあえず1個取りたいホクロがあります!

とすぐに予約を取りました。

その夜は、なかなか寝付くことができませんでした。

*本当にホクロは取れるんだろうか。

今まで長年悩んできたホクロだけど、取っても大丈夫だろうか、顔のイメ-ジが変わってしまって後悔しないだろうか。*

いろんなことを考えました。

ひとつ安心だったのは、親がホクロをとることに賛成してくれたことでした。

母親も取りたいホクロがあるとのことで、一緒に予約を入れたんです。

ロングヘアーのブルーの髪色の女性出典:We heart it

最初にサロンで簡単な説明があったとき

「レ-ザ-は痛みを伴います」

とのことでした。

痛いとはうわさで聞いていたので、心配はあったもののホクロとおさらばできるといううれしい気持ちとのほうが強かったです。

母親と私とベッドに並んで、ホクロをレ-ザ-で焼き始めました。

正直、一発目からものすごく痛かったです。

母親は

「うわっ、痛すぎる! 待って!」

と中断してすぐに休憩に入っていました。

私はというと、焼いている間に過去のことが走馬灯のように頭にグルグル思い出して

「絶対に取ってやる」

という強い気持ちで歯を食いしばっていました。

コンプレックスの気持ちが勇気に変わるのだなと自分でもビックリするくらい、とても強気な自分がいました。

その日は終わり、母親は途中で中断したのであまり赤くならず、私の鼻の下はヒリヒリ真っ赤になっていて皮膚が痛くて仕方なかったのですが、今だけの痛みだと思えば苦ではありませんでした。

明るい未来

ビーチでハートを作ってノリノリのビキニの女性出典:We heart it

レ-ザ-で焼いた後の皮膚はかさぶたのようになっていて、化粧をするとファンデ-ションが浮いてしまったり、かさぶたが取れてしまって真っ赤な皮膚が丸出しになります。

だから薄化粧になっていました。

大きなホクロ以外も顔にたくさんの小さなホクロがあったので、それを隠せないのがが本当に辛かったです。

しかし、

これを乗り越えて頑張れば、ホクロが無くなるんだ! もう鼻くそボクロとかブラックホ-ルなんて言われることもなくなるんだ!

そう思うだけで、心の底からうれしくて、おもわず笑顔になってしまうほどでした。

ホクロのレーザー治療は一度きりで終わりというわけではありません。

わたしは、まだかまだかという気持ちでサロンに通い続けました。

「なんとか取れそうですが、奥のほうからまだ色素がでてきそうなので」

と言われたときに、相当根深いホクロを取ろうとしてるんだな、簡単なことではないのだな、ということがわかりました。

今までとは違う私

風船ガムを食べながら横目で見ている女性出典:We heart it

痛みを伴うレ-ザ-に何度も通い、頑張ってきたこと。

このホクロを取ったプロセスが自分の自信へと繋がっていきました。

「自分ってこんなに根性があったのか」

「こんなに強い思いを自分は成し遂げた」

といった満足感と達成感。

それから、鏡を覗くと鼻の下に盛り上がっていた真っ黒なホクロの姿はもうありません。

「ホクロって取れるんだ!」

やればできる!きれいになれる!

そんな気持ちでうれしくて仕方ありませんでした。

ホクロをとって人生変わった

カフェタイムを楽しんでいる女性出典:We heart it

私は口元のホクロが無くなってから、化粧がす上手くなりました。

今までは「鼻くそボクロ」といって笑われて、自分はブスなんだと思い込んでいました。

しかし、実際にホクロを取ってみたら、案外自分はキレイになれるのかも!と思えて今まで以上にお化粧やファッションを楽しみました。

彼氏もできて「きれいだね」

と言われるたびに

「ヤッタ-!」

という気持ちになります。

その後、顔にまだたくさんの細かいホクロが無数あったので、お金を貯めて「取り放題」のプランで顔の気になるホクロを全部取りました。

大きなホクロがキレイに取れたので、取り放題のときは、不安も無く、痛みも平気でした。

全部取れると、顔の印象が明るくなって、大満足です!

いろいろな人にホクロのことを言われて、鏡を見るのがいやだったのに、ホクロを取ってからは鏡を見るのが大好きになりました。

目の近くのホクロだけは、怖くてとれなかったのですが、逆に愛おしく思えたりします。

周りの反応は?

煙球をもって何かを訴えている女性出典:We heart it

自分の気持ちではすごく大きなことを成し遂げた気持ちでした。

ホクロのある顔とホクロの無い顔は、まったく雰囲気も違うし、別人になった気持ちでした。

しかし、友達に会っても何も気付いてくれなくて、自分から言わないと、誰一人、変化に気付いてくれる人はいませんでした。

友人にホクロの話をして、正直な意見が欲しいというと、その友人は

「ホクロがあったほうがチャ-ミングだった」

という意見でした。

正直、かなりショックでした。

私にとっては憎い敵のホクロ。長年ホクロに苦しめられきました。誰もが私のことを笑い、ブスだと思っていると思っていたのに……違ったのかと愕然としました。

しかし、私はホクロを取ったことを後悔していません。

なぜなら、そのことによって自信を取り戻すことができたから。

ただ、人から見た印象と自分が思っているっことはまったく違うものだということが分かり、悩んでいた自分がバカらしく思え、笑ってしまいました。

ホクロやシミなどで悩んでいる人へ

ポーズを決めて正面を見つめている巻き髪ロングヘアーの女性出典:We heart it

私は、ひとりの男の子の心無い言葉によって傷付き、本当に長い年月そのことで悩み続け、自己否定が強くなり、悲しい気持ちを持ったまま過ごしてきました。

でも、思い切ってレ-ザ-でホクロを焼いてもらったら、こんなにすがすがしい気持ちになったのは何年ぶりかというくらい、毎日楽しくて仕方ありません。

悩みが消えて、自分に自信が持てることは本当に素晴らしいことです。

Top image via Weheartit

written by satinori

ほくろ除去の地域別人気クリニック

東京

池袋サンシャイン美容外科

JR池袋駅 東口 徒歩5分

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

湘南美容外科 福岡院

地下鉄七隈線天神南駅 徒歩1分

詳しく見る

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ