NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 3,994 views

肝斑の原因はメイクやマッサージ? 頬杖をつくのも要注意!

肝斑のおもな原因はホルモンの乱れや肌への摩擦で、妊娠時や生理時に色が濃くなることが多いようです。メイク・洗顔の際や、顔を拭く際にゴシゴシこするのは厳禁。皮膚科などで治療を受けると効果的ですが、肝斑の原因となる生活習慣の改善も同時に行いましょう。

頬にぼんやりとしたシミが増えてきたと感じたら、それは肝斑かもしれません。

他の種類のシミと肝斑は、実は原因が違うんです。

肝斑とは頬の左右にぼんやりと広がるシミ

肝斑はシミの一種で、目の下(頬骨)の周辺にぼんやりと広がり、ほぼ左右対称に現れることが特徴です。目の周辺にはできないので、目元だけが白く浮き上がって見えることもあります。

肝斑は30〜40代の女性に多く見られますが、早い人では20代から現れることも。

また、60歳くらいになると自然に色が薄くなったり、消えてしまうこともあります。

肝斑の原因は?

正面を見つめている色白で青い瞳の女性出典:Pinterest

肝斑ができるメカニズムは、いまのところ完全には解明されていません。

ですが、肝斑ができる男性は少ないことから、 女性ホルモンが大きな原因のひとつと言われています。

さらにもうひとつの原因が、 メイクや洗顔などによって肌をこする刺激です。

どちらの原因も「肌に炎症を起こす」という点で共通しています。

肌の炎症によって肝斑ができる

ホルモンバランスの乱れや摩擦刺激により肌の内側で炎症が起きると、「プラスミン」という物質が発生します。

プラスミンにはメラノサイト(メラニン色素が作られる細胞)に「シミを作れ」というシグナルを送る作用があるので、肝斑ができてしまうんです。

肝斑の治療方法をチェック

書類の上におかれた聴診器の画像出典:Weheartit

肝斑を治療したい場合は、皮膚科や美容クリニックなどへ相談してみることをおすすめします。

医療機関では、肝斑の状態によって内服薬や外用薬などを併用して治療を進めます。

ちなみに、肝斑の治療は原則的に健康保険の対象外です。

内服薬

肝斑治療に有効な成分に「トラネキサム酸」があります。医療機関では、このトラネキサム酸が配合された「トランサミン」などの薬を処方されることが多いです。また、同時にビタミンCを含む薬を処方されることもあります。

外用薬

シミの改善効果がある塗り薬が「ハイドロキノン」です。 ハイドロキノンは、非常に高い漂白作用を持っており、シミや肝斑の治療によく使われます。

また、肌のターンオーバーを強力に促進する「トレイチノン」と併用されることも多いです。

レーザー治療

従来レーザー治療は肝斑治療に不向きとされていましたが、「レーザートーニング」という肝斑の改善効果がある照射法が登場しています。

ただし、肝斑へのレーザートーニング照射には皮膚科医のなかにも賛否両論あり、対応していないクリニックもあるので確認が必要です。

自宅でできる肝斑の治療方法は?

肝斑は気になるけれど、できることなら自宅で治療したいと考える人も多いはず。

そこで、続いては自宅でできる肝斑の治療方法を紹介したいと思います。

市販薬を服用する

肝斑に効果的な薬は、たくさんではありませんが市販されています。

ここでは、特におすすめな市販薬を紹介します。

トランシーノⅡ

トランシーノⅡの画像出典:第一三共ヘルスケア

トランシーノⅡ 第一三共ヘルスケア 1800円(60錠、税抜)

トランシーノⅡは、第一三共ヘルスケアから販売されている医薬品です。

肝斑の改善に効果的だと言われている成分「トラネキサム酸」を1日量(4錠)につき750mg配合しています。

トランシーノⅡの効果は高く、臨床試験において、1回2錠、朝晩の服用を8週間続けた人のうち85.2%の肝斑が改善したとのこと。

8週間という効果が出るまでの目安の期間が決まっているので、効果が出るのを待ってズルズル飲み続けることにならずに済み安心です。

シナールLホワイト錠

シナールLホワイト出典:amazon

シナールLホワイト錠 シオノギ製薬 1505円(60錠、税抜)

シナールLホワイト錠は、シオノギ製薬から販売されている、ビタミンCを主成分とした複合ビタミン剤です。

複数の種類があるシナール錠のなかでも、特にシミ対策に重点が置かれています。

美白効果のほか、疲労回復や歯茎からの出血予防などにも効果があるそう。

このシナールLホワイト錠は、上記のトランシーノⅡなど、トラネキサム酸配合の薬と一緒に服用するのがおすすめです。

化粧品で肝斑をケアする

化粧品で肝斑をケアし、改善していく方法もあります。

市販の化粧品で肝斑を改善したいのなら、強い漂白作用のある成分「ハイドロキノン」や、肝斑治療に効果的な成分「トラネキサム酸」が配合された化粧水や乳液、フェイシャルマスクなどを選ぶのがポイントです。

肝斑を悪化させる原因をチェック

肝斑を改善することも大切ですが、すでにできてしまった肝斑を悪化させないことも大切です。

ここでは、肝斑を悪化させる原因をチェックしてみましょう。

肝斑を悪化させる原因1:女性ホルモン

肝斑は女性ホルモンの作用が大きいため、季節や体調によって色の濃さの変化を感じることもあります。

そこで、肝斑が悪化しやすいきっかけをまとめてみました。

妊娠

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため、肝斑が急に現れることが多いようです。

ただし妊娠中は母子の健康が最優先のため、薬などによる肝斑治療は出産後にしましょう。

ピルの服用

避妊目的のほか、ニキビ対策や生理不順の解消のために服用している人も多いのがピル(経口避妊薬)です。

ピルを服用している人には、肝斑が出来やすい傾向があります。

生理中・生理前

生理前や生理中はホルモンバランスの変化によって、イライラを感じたり体調の変化に悩まされる人も多いもの。

生理中に肝斑の色が濃くなることもあります。

ストレスや不摂生

強いストレスや不規則な生活など、ホルモンのバランスが崩れる原因はさまざまです。

ホルモンバランスの乱れは肝斑の悪化以外にも、体重の増加、ニキビなどの肌荒れ、頭痛など、体調不良につながることも。

肝斑を悪化させる原因2:肌への摩擦刺激

何気ない生活習慣の中にも、肌をこすってしまい肝斑を悪化させる原因があります。

メイクの仕方

ファンデーションをパフで肌にこすりつけるように塗っていませんか。

パウダータイプ・リキッドタイプともに、肌に乗せるようなイメージで優しく塗りましょう。

顔の洗い方や拭き方

洗顔の際は、よく泡立てた洗顔料で肌を包み込むように洗いましょう。

スクラブ洗顔やシートタイプのメイク落としなども、肝斑治療中は避けたいもの。

顔を拭く際にも、ゴシゴシこすらずにタオルで水気を押さえるように意識しましょう。

顔のマッサージ

美容のための顔マッサージも、肝斑には大敵なんです。

特に頬骨周辺などの、皮膚と骨の距離が近い部分には負担が掛かりがち。肝斑の治療中は、マッサージをお休みしましょう。

頬杖や顔を触るクセ

仕事や勉強をしながら、テレビを観ながら、無意識に頬杖をついている人は多いのではないでしょうか。

頬杖も肝斑を悪化させる原因です。また、顔を触るクセがある人も注意しましょう。

肝斑を悪化させる原因3:紫外線

肝斑は、紫外線を浴びることでさらに悪化します。

肝斑以外の種類のシミの悪化原因、肌老化の促進によるハリの低下やシワの原因にもなりますから、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

天気がくもりの場合でも、晴天の60〜70%ほどの紫外線が降り注いでいるので、油断できません。

肝斑の原因を取り除こう

肝斑の治療を行う際には、原因となる生活習慣を改善することも大切です。

洗顔やメイク方法の改善ならすぐに取り入れることが可能なので、今日からはじめてみましょう。

肝斑レーザー治療(スペクトラ)の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 2,593円
品川美容外科 2,800円
聖心美容クリニック 30,000円
シロノクリニック 40,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お悩み別人気クリニック

全国

品川美容外科

肝斑

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43613 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ