NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年02月15日 更新 | 7,176 views

部分矯正で気になる歯だけをキレイに♡

中村デンタルクリニック 院長 中村朋美

この記事は、中村デンタルクリニック 院長 中村朋美が監修しています。

歯の一部に矯正装置を装着し、部分的な歯列矯正をおこなう「部分矯正」。部分矯正は、気になる部分の歯だけを最小限の矯正装置や期間、費用で矯正できる治療法です。また、部分矯正にはワイヤーのついたブラケットを表側、または裏側に装着する方法や、目立ちにくいマウスピースを使用するものなどいくつか種類があるので、予算や好みに応じて選ぶといいでしょう。

べつに歯全体を矯正するほどではないんだけど、ここだけ直せたら……

出っ歯になっている前歯だけ直したい!

という人も多いはず。

部分的に歯をキレイにしたい人には、「部分矯正」がおすすめ。

必要最小限の矯正装置だけで、気になる部分だけをピンポイントで矯正することができるんです

部分矯正とは?

ゆがんだ唇からのぞく女性の歯出典:we heart it

部分矯正とは、「小矯正」、「MTM (Minor Tooth Movement)」などとも呼ばれており、歯列全体を矯正する全顎矯正とは異なり、歯の一部のみに矯正装置を装着する歯列矯正のこと。

「前歯だけ」、「出っ歯だけ」、「すきっ歯になっている部分だけ」、「八重歯になっている部分だけ」というような、部分的な歯の矯正が可能です

部分矯正がおすすめな理由

部分矯正の場合、使用する矯正装置が全顎用のものに比べて少なく、目立ちにくいです。

また、全顎矯正の場合には治療が完了するまでに何年もかかってしまうことが多いのですが、部分矯正の場合は早くて3か月から6か月ほどで治療が終わることが多いみたい。

さらに、矯正装置が小さいうえに治療期間が短いため、全顎矯正よりも治療費が安く済むというメリットもあるんです。

気になる部分だけを必要最小限の装置と治療期間、費用で矯正できるため、部分矯正はかなりシンプルな治療法だといえるでしょう。

部分矯正にするデメリット

部分矯正にするメリットはさまざまありますが、一方のデメリットは、

  • 全顎矯正に比べると矯正力の点で劣る
  • 奥歯を動かすことはできない
  • 上下の顎骨の位置に問題がある場合には対応できない
  • 噛み合わせに影響が出る場合がある
  • 重度の不揃いを矯正するのは難しい

などがあげられます。

部分矯正に使用する装置の種類

現在裏側矯正に使用されている矯正装置のタイプは、

  • 歯の表側にワイヤーと留め具で固定するブラケット
  • 歯の裏側にワイヤーと留め具で固定するブラケット
  • マウスピース

のおもに3タイプ。

マウスピースはアクリル樹脂やラバー系の材料の無色透明の目立ちにくいもので、着脱可能です。

また、歯の裏側に装着するブラケットは外側からは見えないためほとんど人に気づかれることがありません

表側用のブラケットでも留め具の部分が白や透明で目立ちにくいものもあります。

部分矯正の施術について

歩く女性出典:we heart it

部分矯正の施術は、

  1. 医師の診察と矯正治療について説明を受け、開始時期などを決定する
  2. 矯正治療に必要な精密検査を受ける
  3. 精密検査の結果をもとに、治療方針を確定する
  4. 準備が整ったら、矯正装置を装着し、1か月ごとに通院してワイヤーの交換やマウスピースの調整をし、すこしずつ歯を移動させていく
  5. 施術が終わったら矯正装置を外し、歯がもとの位置に戻るのを防ぐための保定装置「リテーナー」を一定期間装着して過ごす

という流れです。

部分矯正の費用相場

治療費は治療する歯の本数や矯正装置の種類によって異なりますが、片顎の前歯みの矯正で20~30万円ほど

また、さらに矯正装置の調節料として、治療期間中は毎月5,000円ほどかかることが多いようです。

部分矯正の通院回数

部分矯正による歯列矯正治療をおこなうためには、はじめに2~3回ほど診察や検査のために通院したあと、器具を装着してからも1か月おき程度に定期的に通院することが必要です

症状にもよりますが、一般的に部分矯正による矯正治療にかかる期間の目安は3か月~1年ほどといわれています。

また、治療が終わったあとも噛み合わせのチェックや調整などを受けるために、数か月おきに検診に通うようにした方がいいでしょう。

部分矯正の症例写真が見られるサイト

パソコンで調べる女性出典:we heart it

部分矯正によって美しく整えられた歯を見るなら、クリニックのホームページに掲載されている症例写真を見るのがおすすめ。

自分に似た歯列の症例写真を見つけてみるのもいいでしょう。

青山審美会歯科矯正クリニック公式サイト

東京の港区にある青山審美会歯科矯正クリニックの公式サイト。

出っ歯、がたがたの歯並びになっている「叢生(そうせい)」や「乱杭歯(らんくいば)」、八重歯など、症状ごとに症例写真が分けられているので自分の歯の症状に近い症例写真を見つけやすいでしょう。

青山審美会歯科矯正クリニック公式サイト

吉祥寺セントラルクリニック公式サイト

東京の武蔵野市にある歯科医院、吉祥寺セントラルクリニックの公式サイト。

部分矯正のみの症例写真はもちろん、部分矯正にインプラントやセラミック治療などのほかのさまざまな治療を組み合わせた症例の写真が豊富です。

吉祥寺セントラルクリニック公式サイト

恵比寿矯正歯科公式サイト

東京の渋谷区にある矯正専門クリニック、恵比寿矯正歯科のサイト。

部分矯正の症例写真が多数掲載されており、治療に使用された矯正器具の仕様なども詳しく解説されています

恵比寿矯正歯科公式サイト

部分矯正による施術を受けた人の体験レポートや感想文が読めるサイト

実際に施術を受けた人のブログを見たり、クリニックのサイトにある体験談を見ればよりリアルな声を知れるかも。

できるだけさまざまな人の感想を知っておくといいかもしれません。

銀座青山You矯正歯科公式サイト

都内に4つのクリニックを持つ部分矯正専門クリニック、You矯正歯科のサイト。

豊富な症例写真が「デコボコ」、「すきっ歯」、「出っ歯」という症状別に、また、治療を受けた人の年齢層別に分かりやすくまとめられています

それぞれの症例写真に治療を受けた人の感想文つきで、治療中の苦労話やコンプレックスが解消された喜びの声などがたくさん寄せられているのでかなり参考になるでしょう。

銀座青山You矯正歯科公式サイト

anco27歳歯列部分矯正の始まり

部分矯正による上の前歯の矯正治療を体験したancoさんのブログ。

ancoさんはねじれた前歯がコンプレックスだったそうですが、目立ちにくいブラケットを使用した6か月間の部分矯正で、かなりキレイに前歯を整えることができたようです。

治療していくなかで少しずつ歯が動いていく様子や、痛みについてのリアルな本音などが載っています

anco27歳歯列部分矯正の始まり

部分矯正のメリット、デメリットをよく知ってから施術を受けよう

前歯を見せる女性出典:we heart it

部分矯正は、コンプレックスに感じる部分だけをキレイにできるうれしい治療法。

ただ、歯の状態や希望する仕上がりなどによって、部分矯正に最適な矯正装置や治療にかかる期間、治療費はかなり変わってくるようです。

矯正治療に関して無料相談を受けつけているクリニックも多いので、いくつかのクリニックを回って、さまざまな医師に相談して、比較検討するといいでしょう。

top image via we heart it

written by エクリトアコ

お悩み別人気クリニック

東京

湘南美容歯科 新宿院

地下鉄丸の内線 西新宿駅より 徒歩2分

詳しく見る

神奈川

湘南美容歯科 横浜院

JR横浜駅西口徒歩5分

詳しく見る

大阪

湘南美容歯科 大阪心斎橋院

長堀鶴見緑地線 心斎橋駅4-B出口より徒歩4分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43193 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ