NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 6,380 views

ウーロン茶、玄米茶、緑茶…で痩せる!お茶で手軽にダイエット

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

お茶にはたくさんの種類があり、それぞれ身体の中での働きが異なります。多くのお茶にはダイエットのサポートをしてくれる働きがあり、さらに、血行を促進し冷え性や肩こりを改善するお茶や、脂肪の吸収を予防するお茶など様々です。自分にぴったりのお茶を選んで、楽しくダイエットしちゃいましょう♪

普段の水分補給をジュースなどで行っている方は、お茶に変えるだけでダイエット効果に期待ができます。しかし、お茶を飲むだけですぐに痩せられるわけではありません。お茶はダイエットのサポートをするものと考え、補助的に用いてみてください。

ダイエットに効果的なお茶の飲み方

おしゃれなカップにお茶が入っている写真出典:We Heart It

お茶は温かくして飲む

冷たいお茶は胃腸を冷やし、やがて身体全体が冷えてしまいます。身体が冷えると代謝がうまくまわらず、脂肪を溜め込みやすい身体になってしまうんです。ダイエットのためには、温かいお茶を飲むようにしましょう。

少量ずつこまめに飲む

お茶には利尿作用があるものが多いです。利尿作用が強いお茶だと、飲んだ量より多くの尿が出ることがありますので、脱水状態になりかねません。一気に大量に飲むのではなく、少量ずつこまめに飲みましょう。

1日の必要水分量のバランスを考える

ダイエットのためにお茶を飲むことは良いのですが、1日の必要水分量のすべてをお茶で摂るのは、あまりおすすめできません。お茶には、ダイエットへの嬉しい効果もありますが、利尿作用で体内に必要な水まで出て行ってしまうことも考えられるからです。そのようなことを避けるために、お茶と水を飲み分けるようにしましょう。

特に、

  • 就寝前の、睡眠中の脱水を予防するための水分補給
  • 起床後の、就寝中に失った水分を補給するための水分補給

この2回はお茶ではなく、水か白湯を飲むようにしましょう。

食事中はお茶を飲む

脂肪の吸収や血糖値の急上昇を抑制する働きのあるお茶は、食事中に摂ると効果的です。この時も、一気にではなく、少しずつ飲むようにしましょう。

ダイエットに効くお茶を効能別に紹介!

花をあしらったカップに入ったお茶の写真出典:We Heart It

ほとんどのお茶にはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、体内の酸化(老化)を防止する働きがあります。

ここでは、ポリフェノール以外のダイエットに有効な成分などを含めて、お茶ごとの特徴を紹介します。

黒ウーロン茶

黒ウーロン茶にはウーロン茶ポリフェノールが含まれていて、脂肪を排出する働きがあります。脂っこい食事と一緒に摂るのが効果的です。また、脂肪燃焼効果もあるといわれています。

プーアール茶

プーアール茶には、ポリフェノールの一種であるタンニンや重合型カテキンなどが含まれています。タンニンは、血行を促進する働きがあるので代謝が良くなり、冷え性や肩こり、むくみの改善が期待できます。また、プーアール茶は発酵して作られているため、身体を温める作用があり、さらに冷え性に効果的なんです。

重合型カテキンは、糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあります。なので、食べ過ぎても体内に吸収されにくいということです。また、プーアール茶を飲むと、リパーゼという脂肪を分解する酵素の働きを高めるといわれています。

玄米茶

玄米茶にはビタミンB群、ビタミンE、GABAなどが含まれています。ビタミンB群は、糖質や脂質などを代謝する時に必要なビタミンで、これらが不足すると代謝がうまくまわらず、体内に脂肪が溜まりやすくなってしまいます。ダイエットのためにはビタミンB群は必須です。

また、ビタミンEには血行促進作用があり、冷え性や肩こり改善に効果があります。さらにGABAにはイライラを防止する、リラックス作用があるといわれています。

緑茶

緑茶にはカテキンやカフェイン、ビタミンCなどが含まれています。カテキン・カフェインには脂肪の吸収を抑制する働きがあり、ダイエットに効果的です。さらに、カテキンには殺菌作用があり口の中を清潔に保つので、口臭予防などの効果もあります。

そしてビタミンCにはストレスを緩和させる働きがあり、緑茶は忙しい現代人にぴったりの飲み物といえます。

杜仲茶

杜仲茶にはゲニポシド酸などが含まれています。

ゲニポシド酸には、脂肪の分解を促進したり、血中の余分なコレステロールを排出する働きがあります。さらに、中性脂肪が身体につきにくくなり、ダイエットにもってこいです。またデトックス効果もあり、むくみの改善にも期待できます。

お花が入ったジャスミンティーの写真出典:Pinterest

ジャスミン茶

ジャスミン茶にはカフェインタンニンなどが含まれていて、脂肪の吸収を抑制したり、脂肪の分解を促進します。また、ジャスミンの香りにはリラックス効果があり、食べ過ぎの防止にも効果があるといわれています。

ルイボスティー

ルイボスティーはビタミン、ミネラルを豊富に含み、さらに酵素の一種であるSODなどが含まれています。SODとは活性酸素を除去する役割をもつ酵素のことです。SODは体内の酸化(老化)を進行させる活性酸素を除去するため、アンチエイジングや血液サラサラに効果があります。

また、マグネシウムを豊富に含んでいるので、便の硬さの調節をし、便秘を改善します。

ゴボウ茶

ゴボウ茶には、タンニンや食物繊維のイヌリンなどが含まれています。タンニンには血行を促進する働きがあります。イヌリンは善玉菌のエサとなり、腸内環境が良くなり、便秘の改善や美肌、免疫力アップに効果があります。

サラシア茶

サラシア茶には、サラシノール、コタラノールという成分が含まれています。これらは、摂取した糖質の吸収を抑制し、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。血糖値の急上昇は体内での脂肪合成を促進するので、この予防はダイエットのためには重要なんです。

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶にはイヌリンやコリンなどが含まれています。たんぽぽ茶はカフェインレスなので、妊娠中や授乳中でも飲むことができます。腸内環境を整えて便秘を改善したり、むくみの予防に効果があります。

どくだみ茶

どくだみ茶にはクエルシトルリンという成分が含まれていて、デトックス効果があり、むくみの改善に期待できます。また、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

ミネラルの中でも多く含まれているのがカリウムで、カリウムには体内の水分バランスを整える働きや、血圧安定作用などがあります。

グァバ茶

グァバ茶には、グァバ茶ポリフェノールという成分が含まれています。グァバ茶ポリフェノールには血糖値の上昇を抑える働きがあります。また、抗アレルギー作用があり、アトピー性皮膚炎や花粉症の緩和にも効果があるといわれています。

自分にぴったりのお茶を見つけよう♪

お茶は脂肪を分解したり、血糖値の上昇を防いだりとダイエットに効果的です。お茶ダイエットは継続することが大切なので、味や香りなどが気に入る、自分に合うお茶を見つけてみてくださいね。

written by 若子みな美

top image via We Heart It

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43613 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ