NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年02月24日 更新 | 1,796 views

より目解消で自撮りが盛れる♡ 私的おすすめアイライナー

コンプレックスになりがちなより目な目もとをかわいく解消してくれるのが、ブラウン系のジェルアイライナー。ブラウン系のジェルアイライナーを使って目じりに余分なアイラインを引けば、ナチュラルにより目をごまかしてくれるし、特に髪を脱色している人にはなじんで優しい印象を与えてくれるんです。なかでもORBISの「ジェル アイライナー ピンクブラウン」は発色がよく、目もとを上品に彩ってくれます。

カラダを右に傾ける少女出典:we heart it

写真を撮ったときにはっきりとわかってしまう、より目な目元。

プリクラを撮ると、目を外側に大きく広げてほしいのに内側にも広がっちゃって、「なんか宇宙人の目みたい……」と思ってしまうことも。

また、より目をなんとか解消しようとして目尻に長くはっきりとしたアイラインを引きがちですが、濃いメイクが好きではない人もいます。

でも実は、ナチュラルなメイクでより目を解消したい! という人にオススメのアイライナーがあるんです♡

ジェルアイライナーでどれくらいナチュラルな目元に変わる?

ナチュラルメイクでより目を解消したい人には、ブラウン系のジェルライナーがおすすめ。

まずはアイラインなしのより目がちな目元の画像。

アイラインなし

濃いリキッドアイライナーで目尻に長くアイラインを引いてみます。

リキッドアイライナーで引いたアイライン
伏し目

より目がちな目元がかなり解消された気がしますが、少し目元を強調しすぎなメイクに見えてしまうかもしれません。

でも、リキッドアイライナーを落としてブラウン系のジェルアイライナーでアイラインを引いてみると、

リキッドアイライナーでアイラインを引いた画像
伏し目

と、なかなかナチュラルな印象に変わるんです。

髪の毛を脱色している人には、特にブラウン系のアイライナーがなじむのでおすすめ♡

ジェルアイライナーで簡単により目を解消するメイク法

ジェルアイライナーでより目解消アイラインを書くときは、ネコ目を書くイメージで、目尻から0.5センチ強~1センチ弱はみ出るくらいにするのがいいです。

ウインクをしながらメイクをするのもいいですが、

アイラインを引く写真

というように目尻のアイラインを引くときは目を開けたままにするとやりやすいかも

また、ブラウン系のジェルアイライナーは淡い色で肌になじみやすいので、

涙袋を描く

というふうに涙袋をはっきりさせることもできちゃいます。

ジェルアイライナーで作った涙袋をもっとかわいく目立たせたいときは、作った涙袋の上に白いパールのアイシャドウをのせるといいでしょう。

ナチュラルにより目を解消できる私的おすすめジェルライナー♡

ORBISのジェルアイライナー

ナチュラル思考な人におすすめなジェルアイライナーは、今回の記事でも使用した、ORBISの「ジェル アイライナー ピンクブラウン」です。

ORBISの「ジェル アイライナー ピンクブラウン」は淡くてやわらかい色をしているので、目もとに優しい印象を与えてくれます。

ジェルはの中身は、

ジェルの中身

という感じ。

付属の筆は毛先が細くまとまるものと太いものの2種類がひとつになっており、毛先の細い方でアイラインを引いて、太い方でぼやかすこともできるんです

毛先

薄めの色なので手でこすったら取れてしまいそうですが、何度かこする程度では簡単に落ちないうえ、一日中アイラインを書き直さなくても夜までキレイなアイラインを保つことも

また、リキッドアイライナーだと多少色落ちしてしまって目元の下が黒くなってしまうことがありますが、ジェルアイライナーは色落ちしにくいし、色が淡いので色落ちしていてもかなり分かりづらいんです

値段も1,620円とリーズナブルなので手軽に買いやすいみたい。

ただ、数量限定商品なので、試してみたい人は早めに購入しておいた方がいいでしょう

アイラインを引き直すときの注意点

キャミソール姿で椅子に座る女性出典:we heart it

アイラインを毎日引いていれば慣れであまり引き直すことはなくなってきますが、失敗して引き直したくなってしまうときもあります。

でも、アイラインを引き直すときは水で濡らしたティッシュた綿棒など、メイク落としではないものでアイラインを落とすのは絶対にやめましょう

メイク落としには保湿成分が入っているものが多いのですが、水で濡らしたティッシュや綿棒でメイクを無理やり落とすと、水が乾いたあとに肌が乾燥し、乾燥した肌のうえにアイラインを引くことになってしまいます。

乾燥した肌のうえにアイラインを引くことを習慣化してしまうと、どんどん目尻の肌がぼろぼろになっていき、皮膚が剥がれ始めてしまうんです

アイラインを引き直すときは基本的にメイク落としを使うようにし、やむをえず濡れたティッシュなどを使ったときは、ティッシュでふき取ったあとに必ず目じりを集中的に保湿しておきましょう。

また、保湿成分がたっぷり入っているおすすめのメイク落としシートは、BIOREの「ふくだけコットンうるおいリッチ」です。

持ち運びのできるタイプもあるので、ちょっとしたメイク直しにも活躍してくれます。

より目はナチュラルメイクでも解消できちゃう♡

額に手を当てる女性出典:we heart it

より目が気になるナチュラル志向の人には、ORBISの「ジェル アイライナーピンクブラウン」を使って目じりから余分にアイラインを引くのがおすすめ。

ただ、ジェルアイライナーを使う人は、目じりを乾燥させないように、アイラインを引き直す際には保湿成分が含まれたメイク落としを使うようにしましょう。

top image via we heart it

written by みる

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ