NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 3,536 views

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香が監修しています。

肝斑はシミの一種で、30〜40代の女性に多くみられます。頬骨付近にぼんやりと広がり、顔の両側にほぼ左右対称に現われることが特徴です。肝斑の治療方法は、飲み薬のトランサミン、塗り薬のハイドロキノンやトレイチノン、レーザートーニングなど。また、処方箋なしで購入できる肝斑治療薬には「トランシーノⅡ」があります。

体調不良の時や生理前に悪化するシミがあったら、それは肝斑かも。

肝斑のできる原因はほかのシミとは違うのでしょうか? また、どんな方法で治療できるのでしょうか?

肝斑はおもに女性にできるシミ

正面を見つめている青い瞳の女性出典:Pinterest

肝斑(かんぱん)は、目の下(頬骨周辺)にぼんやりと広がるシミです。

両頬にほぼ左右対称に出来ることが特徴で、眼の周囲にはできないため目元だけが白く浮き上がって見えることも。

30〜40代の女性に多く見られ、男性の顔に現れることはまれです。

肝斑以外のおもなシミ

  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん):紫外線が原因の、最も一般的なシミ。日光黒子(こくし)と呼ばれることも
  • 雀卵斑(じゃくらんはん):そばかすとも呼ばれる、細かく散らばるようなシミ。遺伝的要素が強く、紫外線によって悪化する
  • 炎症後色素沈着:ニキビ跡や傷跡など、炎症が治ったあとに残るシミ

肝斑の原因はホルモンと摩擦刺激

肝斑のメカニズムは完全には解明されていませんが、おもな原因は「女性ホルモンの乱れ」と、「肌への摩擦刺激」とされています。また、紫外線を浴びることで悪化します。

そのため、季節の変わり目や生理前などに色が濃くなると感じる人もいるよう。

肝斑ができやすい人

  • 30〜40代の女性
  • 妊娠中である
  • ピル(経口避妊薬)を服用している
  • ストレスが強い、不規則な生活をしている
  • 顔のマッサージをよくする
  • 洗顔やメイクの際にこすってしまう
  • 頬杖をついたり顔を触るクセがある

肝斑を皮膚科やクリニックで治療する方法

複数の種類のシミが肌に混在する場合には、原則的に肝斑の治療を優先して行います。

なお、シミの治療は基本的に保険適用外です。

トラネキサム酸(内服薬)

トラネキサム酸は、止血剤や抗炎症剤、抗アレルギー剤などとして処方されることもある成分。

肝斑が作られる前のステップにはたらきかけ、メラニン色素を作らせないようにする作用があります。薬品名は「トランサミン」で、ジェネリック(後発品)もあります。

価格の目安は1ヶ月分2000〜3000円ほど。

ハイドロキノン(外用薬)

ハイドロキノンは漂白作用のある外用薬(塗り薬)。既にできてしまったシミを漂白するほか、新たなシミを作らせない作用を持っています。

浸透力がとても高いので、洗顔直後ではなくスキンケア後(乳液やクリームなど)か洗顔後20分以上経ってから塗りましょう。副作用として、肌の色がまだらに抜け落ちる「白斑(はくはん)」という現象がまれにあります。

価格の目安は1か月分2,000〜3,000円ほど。

トレイチノン(外用薬)

トレチノインはビタミンA誘導体の一種。肌のターンオーバーを強力に促す作用を持ち、シワやニキビ治療などに用いられることも。肝斑をはじめシミの治療にはハイドロキノンとセットで使用します。

効果がとても強い薬品なので、一時的に皮むけや赤みなどが生じることもあります。

価格の目安は1か月分で4,000〜6,000円ほど。

レーザートーニング(レーザー治療)

これまで、肝斑にレーザーを照射するとかえって悪化させてしまうため、肝斑治療には不向きとされていました。ところが「レーザートーニング」という照射法の登場により、肝斑治療も可能になったんです。

レーザートーニングは、弱く均一にレーザーを出力することで、肌内部の炎症を刺激せずに、メラニン色素だけを分解するもの。「メドライト」や「スペクトラ」などのレーザー機器が対応しています。

6〜12回ほど、施術の回数を重ねることで効果を実感することができます。料金の目安は顔全体への照射で1回1万〜10万円ほど。

肝斑を自分で治す方法:飲み薬

トランシーノⅡ

処方箋がなくても、ドラッグストアや薬局などで購入できるトラネキサム酸医薬品が「トランシーノⅡ」です。注意書きをよく読んで、用法用量を必ず守りましょう。

なお、2ヶ月服用して全く改善が見られなかった場合には、肝斑ではないシミの可能性も考えられます。

第一三共ヘルスケア トランシーノⅡ

肝斑を自分で治す方法 :化粧品

美白効果のあるハイドロキノンやトラネキサム酸の含まれた化粧品は、医薬部外品に指定されています。医薬部外品は、ふつうの化粧品と医薬品の中間のものと考えると良いでしょう。

オバジ HQブライトニングナイトセラム(ロート製薬)

ハイドロキノン配合の夜用集中美容液 10g 9,000円(税抜)

オバジ HQブライトニングナイトセラム

トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX(第一三共ヘルスケア)

トラネキサム酸配合の美白美容液 50g 6,300円(税抜)

トランシーノ 薬用ホワイトニングシリーズ

HAKU メラノフォーカスCR(資生堂)

トラネキサム酸配合の美白美容液 45g 10,000円(税抜)

HAKUメラノフォーカスCR

肝斑治療には根気が必要

正面を見つめているグリーンの瞳の女性出典:Pinterest

体質や肌の状態によって個人差はありますが、肝斑を改善するには時間がかかります。皮膚科で肝斑治療を行った場合に十分な効果を感じるまでには、早い人でも2か月以上、長い人では1年以上かかることもあるようです。

また、クリニックでの治療は、肝斑の原因を根本から解決できるわけではありません。治療を進めるとともに、肝斑ができやすい生活習慣を改善していきましょう。

肝斑レーザー治療(スペクトラ)の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 2,593円
品川美容外科 2,800円
聖心美容クリニック 30,000円
シロノクリニック 40,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お悩み別人気クリニック

全国

品川美容外科

肝斑

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43507 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ