NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年02月09日 更新 | 1,154 views

自分に合った治療法を選ぶのが重要。目的別に見る視力回復方法5選

視力回復をする方法はさまざまあります。確かな効果で選ぶなら、豊富な実績の視力回復センター、手軽にスキマ時間で済ませたいなら超音波治療器を使った施術やアイトレーニング、リーズナブルに済ませたいならオルソケラトロジーやサプリメントがおすすめです。また、ふだんの生活習慣を見直すことも重要でしょう。

近年「レーシック」という視力回復手術が登場しましたが、眼というデリケートな部分に直接メスを入れることに抵抗を覚える人は多いはず。

でも実は、メスを入れなくても自分に合った正しい視力回復方法を見つければ視力は取り戻せるかもしれないんです

視力回復方法1:東京視力回復センターでトレーニングをする

女性の目もと出典:we heart it

東京視力回復センターとは、薬を使ったり直接手で目を触ったりせず、それぞれに合ったトレーニングを組み合わせて視力回復を図ったり、さらに超音波治療なども取り入れながらさまざまな角度から視力回復を目指す場所。

費用は、入会金が税別1万円、そして月々の指導料が約1~2万円程度です

ただ、現在の視力と目の状態でプログラムや費用が変わってくるよう。

効果が出るかどうか不安なまま自宅で視力回復を一人で進めるよりも、プロのトレーナーの視力回復指導を受けた方が効果が期待できるかもしれません。

確実に視力回復を目指したい人におすすめの方法です

東京視力回復センター公式ホームページ

視力回復方法2:超音波治療器を使う

超音波治療器とは、簡単に言うと眼のマッサージ器のようなもの。

超音波による細かい振動で眼の組織の奥のほうまで刺激を与えることで、緊張状態にある眼をリラックスさせることができるんです。

眼の動きを調節する筋肉のこりをほぐして眼の周囲の血行を良くするので、新陳代謝が活発になり視力が徐々に正常に戻るというしくみ

また、超音波治療器は、厚生労働省の認可を受けた機器を使って閉じたまぶたのうえから1日に10分間だけ超音波を当てるという手軽なものなので、ちょっとしたスキマ時間に施術を受けられちゃうかも。

いくつかのメーカーがそれぞれの超音波治療器を販売しており、価格は約7万円~14万円とかなり幅があるようです。

また、超音波治療器は基本的に副作用はないといわれています。

超音波治療器を実際に使ってみて

超音波治療器を試したとき、超音波治療器を眼に当てたままじっとしていると、何となく眼の周りがふんわりと温かくなるような感覚がしました。

ただ、試したのは数日だけだったので効果を実感するには至りませんでした。

ほかにも、覗くと暗闇のなかで赤いランプが移動しながら点滅を繰り返しているという双眼鏡のような視力回復器具も試してみたことがあります。

双眼鏡のような視力回復器具の場合は、自動モードで約5分間のぞいたあとに少し眼が楽になった気がしました

視力回復方法3:アイトレーニングをする

目を押さえながら読書する女性出典:we heart it

アイトレーニングとは、東京視力回復センターが長年の経験をもとに公開した視力回復法のこと。

アイトレーニングの内容は、東京視力回復センターオリジナルの訓練用グッズと、眼の筋肉を動かすためのトレーニングシートなどを組み合わせて、1日に13分のトレーニングで視力回復を図るというものです

アイトレーニングに必要なセット一式の値段は、アフターフォローなども含めて1万5,800円

東京視力回復センターに直接通うよりはかなりお得です。

アイトレーニングを実際にやってみて

東京視力回復センターのトレーニングキットを長期にわたって試したことが1度あります。

当時は、まだ主流だったカセットテープがついていて、カセットテープをBGMとして流しながらいくつかの視力回復グッズを順番に試していくというものでした。

メインのトレーニングは、いろいろな図形が描かれたボードを見て、音楽に合わせてその図形を目でなぞっていくだけ

さらにマッサージやヒーリングなどもとり入れられており、当時としては画期的なプログラムでした。

3か月ほど試してみましたが、3か月では明確な効果は現れず、やめてしまいました。

ただ、継続的に続けられる自信がある人にはいいトレーニングかもしれません

視力回復方法4:オルソケラトロジーを試してみる

オルソケラトロジーとは、目のレンズ本体である水晶体をカバーしている眼球の先端の角膜に、特殊なハードコンタクトレンズを装着して角膜の形を変えて癖をつけるという視力回復方法。

角膜の形を変えるだけで、最終的には裸眼で見えるようになるまでに視力が回復するんです

オルソケラトロジーのやり方

オルソケラトロジーのやり方は、夜寝るときに専用のコンタクトを着けて、あとはぐっすりと眠るだけ

朝起きたらコンタクトを外して、日常生活は裸眼で過ごします。

長期的に使用することで、角膜がコンタクトを着けた状態で保たれるようになるため、コンタクトを外しても視力がそのままになるんです

もちろん、コンタクトを着けた状態で正常な視力になるように、コンタクトは個人の目の状態に合わせて調整します。

手術とは違って眼に負担がかからず、コストも一般的なコンタクトレンズと同じ程度でなのでかなり手軽に試せる視力回復方法かも。

ただ、使用をやめると徐々に元に戻ってしまうので、視力を保つためにはずっと続ける必要があります

視力回復方法5:視力回復サプリメント

ブルーベリージュース出典:we heart it

ブルーベリーは、昔から目にいいと言われ続けています。

ブルーベリーには、眼の疲れをとる「アントシアニン」、アンチエイジング効果の「ポリフェノール」、眼には必要不可欠な栄養素の「ビタミンA」、「ビタミンE」などが含まれているんです

でも、毎日ブルーベリーを食べ続けるわけにはいかないので、さまざまなメーカーから出ているブルーベリーを素材にしたサプリメントでブルーベリーの要素を摂取するのがおすすめ

ブルーベリーのサプリメント

ブルーベリーのサプリメントとしては、やわたの「北の国から届いたブルーベリー」がおすすめ。

通常価格は税込みで2,160円ですが、初回は半額の1,080円で購入できます。

また、DHCの「速攻ブルーベリー 30日分 4個セットは、通常価格で税込み5,162円なので、安く成分を取り入れたい人におすすめです。

視力回復効果のあるブルーベリー以外のサプリメント

ブルーベリー以外で視力回復効果のあるサプリメントは、植物由来の「ビルベリー」というフルーツや、緑黄色野菜などからとれる「ルテイン」、視神経を活性化させる「メグスリノキ」などの成分を配合したものなど。

どれも手ごろな価格で、通販でも近所のドラッグストアでも手に入れられます。

ただ、サプリメントでの視力回復効果はあくまでも疲れ目の解消程度と考えていた方がよさそうです

目にいい生活を心がけることが重要

本を開く女性出典:we heart it

視力回復を目指すなら、東京視力回復センターで治療を受けたり、超音波治療器を使ったり、アイトレーニングをしたり、オルソケラトロジーを試したりするのがおすすめ

また、パソコンなどのデスクワークでは背筋を伸ばした正しい姿勢を保ったり、本を読むときやスマートフォンを使うときは画面や文字から距離を十分にあけたりしましょう。

さらに、ブルーベリーをなるべく摂るようにしたり、肉のレバーやうなぎ、ほうれん草などのビタミンが豊富に含まれた食材を食べるようにしたりするとよりいいいです。

視力の低下を防ぐために、適度な目の運動をし、食事の栄養に気を付け、目をいたわる生活をしましょう。

top image via we heart it

written by PINNOHIDE

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45928 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ