NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月22日 更新 | 66,717 views

【画像付き】埋没法のダウンタイムはどれくらい必要?

山本クリニック 院長 山本豊

この記事は、山本クリニック 院長 山本豊が監修しています。

とっても安価で手軽に受けられる二重手術として有名な「埋没法」。勇気を出してトライしたいけれど、やはり気になるのは「手術後どれくらい腫れるのか?」「何日休むべきか?」ですよね。そこで当記事では、ダウンタイムと呼ばれる手術後まぶたの腫れが落ち着くまでの期間がどれくらいかかるのか、またダウンタイムをできるだけ短くおさえるコツをご紹介していきます。

ダウンタイムの原因は「腫れ」と「内出血」

ダウンタイムの原因は大きく二つあります。1つは「腫れ」、そしてもう1つは「内出血」です。それぞれどのような症状が出るのか見て行きましょう。

腫れ

二重手術後の腫れは、よく「ガチャピン」に例えられます。二重幅が落ち着いた状態よりも広く、ラインが強くなります。埋没法体験ブログ《経過記録**》さんのブログから参考に見ていきます。

手術前

埋没法手術前出典:埋没法体験ブログ《経過記録**》

手術当日

埋没法手術当日出典:埋没法体験ブログ《経過記録**》

手術翌日

埋没法手術翌日出典:埋没法体験ブログ《経過記録**》

3日後

埋没法手術3日目出典:埋没法体験ブログ《経過記録**》

9日後

埋没法手術9日後出典:埋没法体験ブログ《経過記録**》

こちらのブロガーさんは、手術当日よりも翌日の朝の方が強く腫れが出ています。少し不自然にトロンとしたような目になっているのがわかると思います。

このブロガーさんの施術病院:城本クリニック

内出血

手術後のもう一つの症状として、まぶたに出る内出血があります。こちらは、まったく出ない方もいれば、1ヶ月近く内出血が続く方まで、症状に大きな差があります。憧れ☆二重への道~埋没法(3点留め+脂肪吸引)~さんのブログを参考に見ていきます。

手術前

埋没法手術前出典:憧れ☆二重への道~埋没法(3点留め+脂肪吸引)~

手術当日

埋没法当日出典:憧れ☆二重への道~埋没法(3点留め+脂肪吸引)~

翌日

埋没法翌日出典:憧れ☆二重への道~埋没法(3点留め+脂肪吸引)~

1ヶ月後

埋没法1ヶ月後出典:憧れ☆二重への道~埋没法(3点留め+脂肪吸引)~

上から手術前、手術当日、手術翌日、手術1ヶ月後です。こちらのブロガーさんも先ほどのブロガーさんと同様に腫れがありますが、内出血が強く出ています。1ヶ月たつと腫れは落ち着き綺麗な二重になっていますが、内出血は多少残っているのがわかります。

このブロガーさんの施術病院:品川美容外科

最短でもダウンタイム「3日」は取ること

腫れには個人差がありますが、やはり手術当日から3日〜5日が腫れのピークとなる方が多いようです。また、当日から3日程度はまぶたが引っ張られているような、開けづらい感覚があります。私自身も埋没法を2度経験しましたが、翌日〜3日間はまばたきも不自然になり、物が見辛く、とても目が疲れて外出は難しかったです。

ピークが過ぎ、1週間を超えてくると腫れのほとんどは落ち着き、慣れてくる方が多いようです。手術を行った後、内出血がひどかった方はさらにダウンタイムが必要かもしれませんが、その頃にはファンデーションで隠す程度の化粧はできると思います。1ヶ月過ぎた頃にはほとんどの方の腫れも内出血も落ち着きます。

ダウンタイムを早く終わらせるために出来ること

手術中にはリラックスして!

誰でも手術は緊張してしまうと思いますが、まぶたに力が入りすぎてしまうとまぶたが腫れやすく、また内出血も起こりやすくなってしまいます。

私が手術を受けた時は、立会いが可能な病院だったので、母にずっと手を握ってもらっていました。痛い時や緊張するときに手をぎゅっと握っていると自然とリラックスできたので、家族や友達に立ち会ってもらうか、何か握りやすいものを持参するのがオススメです。

手術直後は優しく冷やそう!

自宅に帰ってから、または出来れば帰り道でもアイスノンなどでまぶたを冷やしましょう。その時、手術の傷そのものではなく、傷の上側やこめかみなど周りを冷やすようにします。手術後は、まぶたが熱を持っているような感覚になりますので、ヒンヤリ冷やすと気持ちいいと思います。

当日〜3日間はなるべくとにかく目を使わない!

学校や仕事をお休みすると、ついついテレビを見たりスマホやパソコンを使ったりして暇つぶししたくなってしまいますが、目を駆使してしまうと腫れが長引いでしまいます。外出も知らず知らずのうちに目をたくさん使いますので、できるだけ目を瞑り、安静にしているのが腫れの引く近道です。コンタクトを使用している方も、3日間は控え、メイクも控えましょう。

高めの枕で寝よう

夜寝る前よりも、朝起きた時の方が腫れぼったく感じる気がするのは、むくみのせいです。できるだけ頭が心臓より上になるような高めの枕で寝ましょう。うつぶせもむくみやすいので、あおむけがオススメです。

まとめ

学校や仕事を長くお休みするのは無理…という方も多いとおもいますが、腫れをはやく引かせるためだけではなく、手術後は思っているよりも目が開け辛く疲れますので、3日間はとにかく目を休ませることに全力を注ぐのがおすすめです。その方が、傷も早く安定し、綺麗な二重のラインが定着するようです。

勇気を出して手術に挑んだ自分をこの際思いっきり甘やかして、素敵なまぶたを手に入れましょう!

二重埋没法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,611円
品川美容外科 18,140円
水の森美容外科 55,555円
城本クリニック 60,000円
聖心美容クリニック 115,000円
東京美容外科 130,000円

※費用は税抜表示です。※2点留め、両目の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

二重埋没法の体験レポート公開中!

test

埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

NICOLY読者の私は、腫れぼったい一重がずーっとコンプレックスでした。そんなコンプレックスを克服すべく、今回NICOLYの美容整形モニターに思い切って応募! とんとん拍子で話が進み、なんと無料で二重まぶた埋没法の施術を受けさせてもらえることになったんです。品川美容外科渋谷院の和田院長に行ってもらった二重整形の一部始終を、動画と写真つきでご紹介しちゃいます。

出典:[美容整形体験レポート] 埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】

二重埋没法は、プチ整形として大人気。美容整形の中でも軍を抜いて症例数の多い施術です。今回は奥二重に悩むあみさんが、品川スキンクリニック表参道院で、二重埋没法を体験してきました!気になる麻酔注射の痛みや内出血、腫れの期間は果たしてどれくらいだったのでしょうか……!

出典:二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】

二重整形をするか悩んでいる、迷っている人に読んでほしい

「一重で恥ずかしくないの?」「ブスは一生ブスなんだよ」と散々いじめられた私が二重整形した今、一重で悩んでいる人に伝えたいこと。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

二重整形の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川美容外科 福岡院

西鉄 福岡駅より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43397 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ