NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月22日 更新 | 25,293 views

二重の整形をした私が教える!失敗しないために知るべき『8つ』のこと

山本クリニック 院長 山本豊

この記事は、山本クリニック 院長 山本豊が監修しています。

二重まぶたの整形には主に埋没法と切開法の2つの種類があります。どちらにもメリット・デメリットがありますし、失敗したり二重が戻ってしまう可能性もあります。私は埋没法と切開法の両方を経験してようやく、くっきり二重まぶたを手に入れることができました。二重まぶたの整形を悩んでいる方のために、失敗しないポイントを伝授します。

1. 二重まぶたの整形は大きく分けて2種類ある

二重まぶたの整形の1つめは埋没法、2つめは切開法です。

埋没法とは、まぶたに小さな穴をあけ、数本の糸を埋め込むことで二重の癖をつけようとする整形です。

切開法とは、まぶたを切開し、余分な皮膚を取り除くことで二重のラインを作り出す方法です。整形と同時にまぶたの脂肪を取ってくれる病院もあり、また切開する場所よっても二重のデザインを変えることができます。

2. 埋没法のメリット・デメリット

埋没法のメリットはなんといっても手軽・安価であることです。切開をせずに、針と糸で二重を作る為、傷が目立ちにくい、術後の腫れが少ない、値段が安いなどの大変魅力的なメリットがあげられます。

しかし一方で「埋没法をして1年後には一重に戻ってしまった」という人が多いというのも埋没法の特徴です。整形するのは怖いし不安…人にもばれたくない…私自身もそんな臆病な気持ちから1回目の二重整形手術は埋没法を選びました。

3. 埋没法で整形した二重が戻ってしまう理由

もちろん、埋没法の整形を1度しただけで一生二重で過ごす人もいます。二重がキープできる人とできない人の最大の違いは、「まぶたの厚み」です。

指やピンなどで少し押さえるだけで何秒か二重を維持できる、またはアイプチで1日綺麗な二重を維持できるようなまぶたなら、埋没法の整形で美しい二重を手に入れられる可能性が高いでしょう。

私のまぶたは厚く、また脂肪も多かったため、埋没法で2年もたつと二重ラインは薄く、そしてひどい日には一重に戻ってしまうようになってしまいました。

4. 切開法ならば永遠に二重でいられるか

切開法にも種類があり、小さな傷を作る部分切開法二重のライン全てに傷を作る全切開法があります。

埋没法よりも部分切開法、部分切開法よりも全切開法という順番でダウンタイムといわれる、術後にまぶたが落ち着くまでの回復期間が長く必要になりますが、その分整形手術によって二重が維持される可能性は格段にあがります。

5. あなたのまぶたが「眼瞼下垂」かどうかをチェックすべし

誰もが、「まぶたを二重にする」と聞くと保険の効かない美容整形しかないと感じてしまいがちですが、中には保険を使って二重形成手術を受けることのできる人もいます。それは「眼瞼下垂」である人です。

鏡をまっすぐに見た時、瞳孔が全部見えていますか?瞳孔が隠れてしまっている、まぶたの重さや目の開けづらさを感じている人は、眼瞼下垂である可能性が高いです。

お医者さんによって眼瞼下垂だと判断されれば、「眼瞼下垂手術」として保険を適応させて手術してくれる美容外科があります。手術内容としては全切開法に似ていますが、挙筋腱膜、ミュラー筋などの部分を処理することで、まぶたの開閉を楽にすることができます。

眼瞼下垂だという判断基準はお医者さんによって違うようなので、一件で決めず、いくつかの美容外科を回ってみることをおすすめします。

6. 眼瞼下垂手術は、美容手術ではない

眼瞼下垂は病気と判断されるため、病院によっては二重のデザインを考慮してもらえない病院もあるようですが、普通の美容手術と同様に二重のデザインをしっかり聞いてくださるお医者さんもたくさん居ますので、カウンセリングを受けて自分に合った病院を見つけると良いと思います。

眼科や形成外科などで手術をしてくれる病院もありますが、かなり少なく、そして二重のデザインは考慮してもらえることが少ないのが現状です。

私も美容外科での眼瞼下垂手術によって希望通りの二重デザインにしていただけました。埋没法の手術後とは違い、「自分のまぶたの筋肉で目を開いている」という感覚を生まれて初めて感じられたのが印象的でした。

7. 大切なのは、まぶたのタイプを見極めること

自分のまぶたは埋没法で十分なのか、切開する幅は広い方がいいのかどうか、眼瞼下垂であるのかどうか…その見極めによって、1度の整形手術で綺麗な二重を手にいれることができるかどうかは決まります。

私は2度埋没法をした結果、1年程度で元に戻り、最終的には眼瞼下垂の全切開手術によって現在5年目も二重を維持しています。埋没法であっても切開法であっても、整形手術は痛みを伴う場合もあるし、手術後の変化を人に見られるのも勇気が入りました。

ですが、何度も一重に戻ってしまう不安や手術を繰り返す恐怖が、他の何よりも辛いことでしたので、全切開手術で永久の二重を手に入れられてよかったです。

8. カウンセリングを受けよう

行った初日に手術をしてくれるところもありますが、大抵はまぶたの状態や取り巻く環境を考慮して手術方法をカウンセリングしてくれる病院がほとんどです。

信頼のおける病院・お医者さんを見つけ、自分のまぶたにとって最良の方法を見つけてください。あなたの大切なまぶたを、もっと好きになれたら素敵ですよね!

二重整形でのトラブルを避けるために気をつけたいこと

美容医療サービスでのトラブルを避けるために以下のことに気をつけましょう。
1.不適切なホームページや広告などの情報に気をつける
2.医療機関に行く前に施術やクリニックの情報をよく確認する
3.施術を決める前に、リスクや施術の効果について医師に説明を求める
4.その施術は本当に必要か考える

(政府広報オンライン)

出典:美容医療サービスの消費者トラブル サービスを受ける前に確認したい4つのポイント:政府広報オンライン

二重埋没法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,611円
品川美容外科 18,140円
水の森美容外科 55,555円
城本クリニック 60,000円
聖心美容クリニック 115,000円
東京美容外科 130,000円

※費用は税抜表示です。※2点留め、両目の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

二重埋没法の体験レポート公開中!

test

埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

NICOLY読者の私は、腫れぼったい一重がずーっとコンプレックスでした。そんなコンプレックスを克服すべく、今回NICOLYの美容整形モニターに思い切って応募! とんとん拍子で話が進み、なんと無料で二重まぶた埋没法の施術を受けさせてもらえることになったんです。品川美容外科渋谷院の和田院長に行ってもらった二重整形の一部始終を、動画と写真つきでご紹介しちゃいます。

出典:[美容整形体験レポート] 埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】

二重埋没法は、プチ整形として大人気。美容整形の中でも軍を抜いて症例数の多い施術です。今回は奥二重に悩むあみさんが、品川スキンクリニック表参道院で、二重埋没法を体験してきました!気になる麻酔注射の痛みや内出血、腫れの期間は果たしてどれくらいだったのでしょうか……!

出典:二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】

二重整形をするか悩んでいる、迷っている人に読んでほしい

「一重で恥ずかしくないの?」「ブスは一生ブスなんだよ」と散々いじめられた私が二重整形した今、一重で悩んでいる人に伝えたいこと。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

二重整形の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川美容外科 福岡院

西鉄 福岡駅より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ