NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月26日 更新 | 1,569 views

オイル美容はお気に入りブランドではじめる。こだわりの美容オイル4選

冬の乾燥対策として取り入れたいオイル美容。美容オイルにはたくさんの種類がありますが、はじめの一本は、自分のお気に入りブランドのこだわりの品を選ぶのが正解かもしれません。

冬の乾燥対策として、いますぐ取り入れたいのが「オイル美容」。

化粧水や美容液といった水分を補給するタイプのスキンケアではなく、こっくりしたオイルを肌の奥に浸透させることで、内側からふっくらと潤う肌を目指す美容法です。

オイル美容の効果を最大限に高めるには、なんといってもオイルの選び方が重要。

ただ、オイル美容が話題になるのと同時にたくさんのブランドやメーカーから、さまざまな種類の美容オイルが発売され、もはや飽和状態……!

正直、どのオイルを選べばいいかわからない!というときは、素直にお気に入りブランドのオイルを選ぶのが正解かもしれません。

美容オイルの役割

細胞間脂質出典:www.kaisyou-navi.jp

美容オイルというものはどんな役割をしてうるのでしょうか?ざっくりいうと、肌に潤いをもたらすためにつけるというのが正解です。

しかし女性の中には「わたしは毎日化粧水でしっかり保湿しているから大丈夫!」「美容オイルは不要だと思う」という方がいるでしょう。

確かに化粧水も肌に潤いをもたらす重要なアイテムです。しかし、化粧水をたっぷり使うだけでは十分な保湿ができているとは言えません

肌は角質細胞が並ぶことによって構成されています。その隙間を埋めるのが、細胞間脂質。細胞間脂質は角質細胞を守るためには欠かせない存在です。

そんな細胞脂質が十分でないと、いくら化粧水で水分をチャージしてもどんどん蒸発していってしまいます。

なので化粧水で水分補給すると同時に、美容オイルで細胞間脂質を与えることもしないといけません。

細胞間脂質はオイルとの相性がバツグン。美容オイルを与えることで、細胞間脂質の隙間にオイルが自然となじんでいきます。

美容オイルは細胞に潤いのバリアを張ってくれるような存在です。使用し続けることで、肌をいい状態にキープすることができる素晴らしいアイテムなのです!

オイリー肌に使ってもOK!

オイリー肌出典:femit.laughy.jp

「わたしはオイリー肌で顔が脂っぽいから・・・オイルなんか使ったらさらにベタついちゃうんじゃ?」

と思っている方も多いでしょう。確かにオイリー肌の上からオイルを使うと、余計ひどくなりそうな印象ですよね。

しかしこれが大きな勘違い。むしろ美容オイルは、オイリー肌の人こそ使うべきスキンケアアイテムなのです。

美容オイルには細胞間脂質の乱れを整えるような効果も期待できます。過度に分泌してしまった脂質を、しっかり調整して適切な量にしてくれます。

なのでオイリー肌の人は美容オイルを使用することで、過剰な皮脂の分泌を抑えることができるのです。肌質が改善していくような感覚が味わえるでしょう。

オイリー肌で悩んでいるという方は、ぜひ美容オイルを使用してみてください!テカりが少なくなって、顔の油っぽさもなくなっていきますよ。

美容オイルによく使われるオイルの種類

「美容オイル」とひとえに言っても、実はいろいろな種類があるのをご存知でしょうか?どれを使うかによって効果はがらっと変わってきますので、ぜひ知識として入れていきましょう。

ホホバオイル

ホホバオイル出典:mery.jp

ホホバオイルの中には、「ワックスエステル」という聞きなれない成分が含まれています。これは人間の角質層にも含まれている成分です。

なので肌につけると非常になじみがよく、どんどん浸透していきます。オイル特有のベタつきがないため、サラっとした使い心地が楽しめます。

マッサージオイルなんかにも使用されているみたいです。顔以外にも身体のいろいろな場所に使ってみてもいいかもしれませんね!

アルガンオイル

アルガン出典:iemo.jp

アルガンオイルはホホバオイルよりもやや重めのテクスチャーです。ベタつくというほどではありませんが、仕上がりはかなりしっとりとします。

アルガンオイルの特徴といえば、豊富なビタミンEです。ビタミンEは身体の酸化を防いでくれる成分として、重宝されていますね。

このビタミンEの作用で、肌にシミやしわができにくくなると言われています。アンチエイジングにおいても注目されているのがこのアルガンオイルなのです。

ツバキオイル

名前のとおり、ツバキの実からとれるオイルです。ここ数年、日本でも大手メーカーが商品化していることでも話題ですね。

酸化しにくいオレイン酸を含んでいるので、品質がいつまでも長続きするというのがツバキオイルの特徴とも言われています。

日本では古くから親しまれてきたこのツバキオイル。肌のケアだけでなく、髪の毛につけてヘアケアできるということもあって人気のアイテムとなっているのです。

マカダミアナッツオイル

肌への浸透率が非常にいいことで知られているのがマカダミアナッツオイル。なじみやすいので、オイルの使用感が苦手・・・という方にはとてもおすすめのオイルです!

パルミトレイン酸という成分を含んでおり、これらが老化防止をサポートしてくれるんだとか。アンチエイジング効果も出してくれるすごい美容オイルなんです。

オイルは個性派ばかり!

上記で挙げたオイル以外にも、馬油などの動物性オイルも最近では人気が高まっています。どれも効果や使用感が違うので、自分にあったものを見つけてみましょう。

また香りが個性的なのも美容オイルの特色です。肌につけるものですから、お気に入りの香りのものを使いたいですよね。

こういった面にも注目しながら、ベストな美容オイルを探してみてくださいね!

CHANEL「サブリマージュ レクストレ」

シャネルのファンデーション出典:CHANEL

シャネル サブリマージュ レクストレ 15ml 63,000円(税抜)

「CHANEL(シャネル)」のエイジングケアライン「サブリマージュ」の美容オイル。

これぞ、本物のご褒美コスメという逸品。再生力と修復力を集中的に高めてくれるというこの美容オイルは、たった一滴でもすさまじい生命力を感じられます。

贅沢にオイル美容を極めるのなら、ぜひ手に入れたいところ。

YVES SAINT LAURENT「フォーエバー リブレイター ウォーター オイル」

イヴサンローランの美容オイル出典:YVES SAINT LAURENT

イヴ・サンローラン フォーエバー リブレイター ウォーター オイル 16,000円(税抜)

「YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)」の美容オイルは、その名のとおり、まるで水のようなサラッとしたテクスチャーが魅力。

サッと肌の奥に吸い込まれていくような浸透力は抜きん出ています。

とくに朝にメイク前に使用すると、化粧ノリが一変。シルクのようななめらかな肌に、メイクがすんなりと落ち着いて、極上の仕上がりに。

shu uemura「パーフェクター オイル」

シューウエムラの美容液出典:shu uemura

シュウ ウエムラ パーフェクター オイル 7,300円(税抜)

2016年2月1日(月)に発売されたばかりの「shu uemura(シュウ ウエムラ)」の美容オイル。

クレンジングオイルが世界的に大ヒットしている「シュウ ウエムラ」。まさに、オイルのパイオニアといえるブランドが満を持して発売した商品なだけに期待大。

テクスチャーはライトで、するんとはだに馴染むのが特徴です。

SK-II「フェイシャル トリートメント オイル」

SK-2の美容オイル出典:SK-II

エスケーツー フェイシャル トリートメント オイル 16,500円(税抜) 「SK-II(エスケーツー)」の美容オイルの特徴は、2層に分かれていること。「SK-II」の独自成分であるピテラTM層と、天然由来オイル層の2つ。

ボトルを振ることで、とろみのある乳液状になるので、しっとりと肌に馴染みます。

ライン使いをすることでより高い効果が見込めそうです。

美容オイルの使い方

使い方出典:kokokara.hateblo.jp

さてお気に入りの美容オイルが見つかったところで、今度は正しい使い方についてみていきましょう。

美容オイルを正しく使用することで、更なる効果が見込めます。しっかり勉強していってくださいね。

使い方①スキンケアの最後に塗る

美容オイルは「どのタイミングで肌に塗ればいいの?」と疑問に思っている方が多いでしょう。美容オイルは美容液の変わりに使っている、という人も多いでしょうか。

そういった使い方でも問題はありませんが、美容オイルはスキンケアのいちばん最後に使って肌をバリアする役割にすることもできます。

化粧水→乳液→美容液、と使っていって最後に2~3滴手にとった美容オイルを両手で肌になじませていきます。これで美容成分が蒸発せずに、しっかり肌へ浸透していくのです。

オイリー肌が気になっていつも化粧水だけで済ませている、という方も化粧水のあとに美容オイルを少量肌になじませてみてください。

これだけで肌の保湿力が格段にアップしていきますし、過度な皮脂分泌を抑えてオイリー肌を改善することもできるんですよ!

使い方②化粧水や乳液にまぜて使う

直接肌にオイルをのせるのに抵抗がある・・・という方は、今までご自身が使っていた化粧水や乳液に、美容オイルを混ぜるという方法もおすすめです。

化粧水や乳液にまぜても、美容オイルの効果が変わることはありません。乖離して肌になじまない、なんてこともないのでご安心ください!

そして上級者は、メイクアイテムの中に美容オイルを混ぜて使用するんです。リキッドファンデーションに美容オイルを1滴落として、あとはいつもどおり肌になじませてみてください。

こうすることで、メイクの持ちがよくなって崩れにくいベースが完成します。夕方近くになるとメイク崩れやヨレが気になる・・・という方は、ぜひ試してみましょう!

そして乾燥防止のフェイスミストにも、美容オイルを少量混ぜてみください。肌が柔なくなり、保湿の面でもさらなる効果が期待できます。

このように美容オイルというのはさまざまな使い方が導き出せるすごいアイテムです!肌だけでなく、髪の毛やツメに使ってみてもいいかもしれませんね。

あなたなりのオリジナルな使い方を見つけてみるのも、面白いですね!美容オイルを最大限に活用していきましょう。

こだわりのオイルでオイル美容を始める

立春を迎えたとはいえ、実は一番冷え込むのがこの時期。

また、冬のあいだ乾燥にさらされてきた肌はすっかり疲れてしまっています。

肌の奥からうるおいを与えるオイル美容。お気に入りの一本から始めてみたいです。

Top image via CHANEL

written by NICOLY編集部

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43613 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ