NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 5,836 views

30歳の処女ってイタいですか? アラサー女子の初恋の始め方

恋愛の仕方がわからない、そう悩み続けて15年。30歳を迎えようとしているりさ子は、恋愛経験ゼロ、もちろん処女だ。周りには男嫌いだと思われているけれど、恋愛ができないのには実は理由があって……

恋愛の仕方がわからない。

そう悩んでいるのが、10代の女の子ならどんなによかったか。大人になればわかる、社会に出ればわかる、いい人に出会えばわかる……。そうやって、自分をごまかし続けて15年。

りさ子はついに、30歳を迎えようとしていた。

世間一般からすると、女の30歳は「次のステージ」に進んでいなければいけない年齢らしい。次のステージというのは、20代のもろくて、不毛で、そして熱狂的な恋愛を脱したところにある、結婚とか出産とか安定とか、そういう平凡な幸せのことだ。

まるでゲームみたいだ、とりさ子は思う。

障害物だらけの道を、傷ついたり、苦しんだりしながら進み、ようやくクリアしたと思ったら、今度はもっと難しいステージが始まる。一体何面までクリアすれば、ゴールにたどり着けるのだろうか。

それでも「進んでいる」と思って立ち向かってきたのに、実は動いていたのは背景の方で、自分の立っている場所は少しも変わっていないのだ。

みんなはそれに気付いているんだろうか。

りさ子はよく同性から「上から目線」とか「偉そう」という評価を受ける。そして自分でも、そう思われても仕方ないと感じる。どうしても、恋愛やら結婚やらのために躍起になっている女を見ると、ついひどいことを言ってやりたくなるのだ。

だって、次のステージに進んでも、どうせまた茨の道が続いているだけなのだ。

この恋愛やら結婚やらにまつわる、女の幸せ獲得ゲームのなかで、りさ子はまだ最初のステージすらクリアできていない。

結婚や出産はおろか、熱狂的な恋愛……いや、恋愛なんてしたことがないのだ。男性経験がないことは、まだ誰にも打ち明けられていない。

高校生のころ、周囲の友だちに合わせるために、彼氏がいるという嘘をついてしまったために、いつも脳内で適当な彼氏像をでっち上げ、妄想のなかでデートやケンカをし、そして別れた。

それを女子同士のおしゃべりのなかで、いかにバレないように話すか。どんな質問にも答えられるように、デートの待ち合わせ時間から彼氏の服装、何回キスをしたかまで事細かに設定していた。

そうこうするうちに妄想力と話の構成力がめきめきとたくましくなったりさ子は、気付くとラジオドラマの脚本コンクールに優勝し、いつの間にか放送作家になっていた。

初めて書いたドラマも、これまで担当してきた番組も、テーマはみんな恋愛だとか結婚だ。いまさら、本当は恋愛経験が皆無だなんて、口が裂けても言えなかった。

カラフルなカクテル出典:Weheartit

それにしても、世の中の女は、どうして次から次へと、魅力的な男に出会って好きになったりできるんだろう。

さっきから隣で「好きになっちゃったらどうしよう」なんて、グダグダ言ってるこの女がまさにそうだ。

「だって、この歳で既婚者好きになるなんて、不毛でしかないじゃん」

なんでも、意を決して行った美容外科のドクターを好きになったかもしれないとのことだった。

「えー、いいじゃん愛人にしてもらえば。お金持ってそうだし」

と、いつも世の中の既婚女性を敵に回すような発言をするのが美樹だ。

「やだよ、そんなの。わたしあと2、3年のうちに結婚したいんだもん」

そして、既婚者を好きになりかけているというのが彩香。

りさ子と美樹、そして彩香は高校時代からの腐れ縁だ。本来なら、りさ子たちは4人組なのだが、もう一人のかんなは唯一の既婚者なので、夜の集まりには来られないことが多い。

かんなはいつもそれを残念がるが、今日ばかりは来れなくてよかったかもしれない。

友だちが不倫に走りそうなんて、生真面目なかんなが聞いたら卒倒しそうだ。

「ていうかさ、好きになったらどうしようなんて言ってる時点でもう手遅れなんじゃない?」

「やっぱり? でもさ、そもそもわたしは婚活のためにキレイになろうとしてるわけで……」

「婚活かあ……。あーあ、なんで20代のうちに結婚しなかったのかなあ。プロポーズなんて腐るほどされたのに」

美樹も彩香も昔からモテる。顔立ちが整っているし、美意識も高い。りさ子が知っている限り、20代の半ばまで、男に不自由していることはなかった。

でも、だからこそ売れ残ってしまったのかもしれない、とりさ子は思う。

彩香の後輩が「アラサー女は婚活市場じゃ終わってる」と言い放ったそうだ。美樹も彩香も、自分の価値が年齢とともに落ちていくなんて想像もしていなかったんだろう。だから、30歳を手前に周囲の男たちが手のひらを返したように冷たくなっても、その状況を受け入れられず、そのままズルズルと独身のまま。

一方自分は、30歳にして、男性経験ゼロ。もちろん、仲の良い三人にもこのことは言えていない。嘘をつき続けていた罪悪感もあるが、30歳の処女……自分でもさすがに引く。これが他人ならなおさらだ。

でも、どうしても恋愛をしよう、という気にならない。いや、恋愛の仕方がわからない。

これまで、いいなと思う人がいなかったわけではないが、どうしたって恋愛に発展しないのだ。

薄暗いお洒落なバーの様子出典:Weheartit

「かんなが一番賢かったってことだね。20代でそこそこの男で手を打っとくっていう。わたしも妥協しとけばよかったかも」

「たしかに。でも、だから婚活しなきゃなんだよ。美樹だって幸せになりたいでしょ?」

「てかさ」

りさ子が、美樹と彩香の話に割って入った。

「そもそも、女は男なしじゃ幸せになれないわけ?」

いつからだろうか、自分が恋愛できないというコンプレックスを隠そうと、恋愛話のときは高圧的な物言いをしてしまうようになった。

「出た! りさ子の男嫌い」

「りさ子、あんたそれ、そろそろ直した方がよくない?」

社会に出てからは、脳内で彼氏を作ることはしなくなった。仕事が忙しかったし「作る暇がない」と言えばみんな納得した。

そしてそのまま、5年間彼氏がいない設定になっているが、最近周りがその理由を男嫌いだからだということにしてくれている。

自分でそう言った覚えはなかったが、サバサバした性格が幸いして、そういうことになっているようだ。

「男嫌いかあ……」

たしかに、好きか嫌いかで言ったら、嫌いなのかもしれない。でも本当は、嫌いというより怖いのだ。

りさ子は、自分に恐怖心を植えつけた男の顔を思い出していたーー。

30歳の処女ってイタいですか? アラサー女子の初恋の始め方(後篇)(2016年2月5日(金)公開予定)に続きます。

Top image via Pinterest

written by NICOLY編集部

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45866 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ