2016年12月29日 更新 | 6,537 views

肌の漂白剤? シミに効くというハイドロキノンの正しい使い方

メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを薄くする効果が期待できる成分「ハイドロキノン」。その効果と安全性を高めるための使い方とは、あらかじめパッチテストを行ったうえで4%以下の濃度のものを夜に1日1回、洗顔20分後にシミなどが気になる部分のみに塗り、紫外線対策を欠かさないこと。また、長期の連続使用も避けましょう。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香先生が監修しています。

すぐれた効果をもつとされる成分、「ハイドロキノン」

「肌の漂白剤」などとも呼ばれるこの物質は、肌のシミやそばかすを薄くするのに有効ですが、効き目が強力な分、使い方を誤ると皮膚に取り返しのつかないダメージを与えることも。

ハイドロキノンの効果を最大限に引き出しつつ、安全に使うためには、正しい使い方を知り、きちんと守ることが大切です。

そもそも「ハイドロキノン」とは

ハイドロキノンは、シミやくすみの改善に高い効果を発揮するとされる天然成分で、その効き目の強さは従来の美白成分の10倍~100倍とも。

クリームや化粧水など、ハイドロキノンが配合されたコスメにはさまざまなタイプのものがありますが、気になるシミやそばかすや色素沈着などを薄くする目的で使用するなら、ピンポイントで強力な効果を発揮する「ハイドロキノンクリーム」がおすすめです。

ハイドロキノンクリームの効果

美白のイメージ写真

肌のシミの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きをするハイドロキノンが配合されたハイドロキノンクリームを使用することで、すでにできている肌のシミなどを薄くするとともに、あらたなシミを予防する効果も期待できます。

加齢や紫外線によるシミ以外にも、そばかすや肝斑(かんぱん)、ニキビ跡や傷跡、やけど跡などの色素沈着にも効果があるようです。

ハイドロキノンクリームの使用によって生じることがある副作用

ハイドロキノンクリームを使用するとき、使い方次第では次のような副作用を生じることがあります。

肌の赤み、炎症

体質的にハイドロキノンが合わない場合や、劣化したクリームを使用した場合などに、肌に赤みやかぶれなどの炎症を生じてしまうことがあります。

症状がひどい場合にはクリームの使用を中止し、皮膚科で診察を受ける必要があります。

シミや色素沈着などの悪化

ハイドロキノンクリームを塗った肌は紫外線に対して無防備な状態になっているため、日焼け厳禁です。

この状態で紫外線を浴びてしまうと、治療前よりもかえってシミやそばかすが濃くなってしまうおそれがあります。

白斑

ハイドロキノンクリームを長期間続けて使用したり、高濃度のものを使用したりすることで、皮膚の色素が部分的に脱色されてしまう「白斑」という症状を引き起こすおそれがあります。

一度生じてしまった白斑を元に戻すのはまず不可能とされており、ハイドロキノンクリームがひき起こしうる副作用のなかでとくに注意したい症状です。

ハイドロキノンクリームの効果と安全性を最大限に高める使い方

ハイドロキノンは効き目が強い分、副作用も少なくない成分。

ハイドロキノンクリームは、なるべく効果的かつ肌に与えるダメージの少ない使い方で使用しましょう。

ハイドロキノン濃度の高すぎるものは避ける

ハイドロキノンクリームは、安全性が高いとされているハイドロキノン濃度4%以下のものを使用するようにしましょう。

あまり高濃度のハイドロキノンが配合されたクリームの使用は肌へのダメージが大きく、白斑を生じるリスクが高いので避けましょう。

パッチテストの実施

ハイドロキノンが体質に合わない場合があります。使い方の基本は、かならず使用する前にパッチテストをおこなうことです。

パッチテストのやり方

ハイドロキノンクリームを薄く塗った絆創膏を二の腕の内側の目立たない部分に貼り、24時間ほど放置します。

とくに皮膚の赤みやかぶれなどの異常を生じなければ、クリームを使用しても問題ないでしょう。

塗るタイミング

1日1回、毎晩の洗顔後にハイドロキノンクリームを塗ります。

ハイドロキノンクリーム使用時の洗顔には、なるべく皮膚への刺激の少ない洗顔料を使うことをおすすめします。

洗顔した直後の顔の皮膚はハイドロキノンの浸透性が高まり、とくに刺激に敏感な状態なので、洗顔後20分ほど経ってから塗布するか、化粧水と乳液でケアをしたあとで塗布するという使い方をしましょう。

塗り方

ハイドロキノンクリームを皮膚のシミやそばかすなどのない部分に塗ってしまうと、必要以上に脱色され白斑を生じるリスクがあります。

ハイドロキノンクリームは肌全体に塗らず、あくまでもシミやそばかすなどが気になる部分にだけピンポイントで塗ることが大切です。

細かい部分には綿棒などを使用する使い方が塗りやすいようです。

保存方法

ハイドロキノンは酸化しやすい成分です。

変質したものや劣化したものを使用すると肌の炎症をひき起すこともあるので、開封後のハイドロキノンクリームは密閉して冷蔵庫などの冷暗所で保存し、かならず使用期限を守るようにしましょう。

たとえ使用期限内でも、茶色く変色してしまったものなどは絶対に使用しないようにしましょう。

使用期間

ハイドロキノンクリームの長期的な連続使用は、肌へのダメージが大きいので避けましょう。

ハイドロキノンが低濃度のものでも、1年以上にわたって同じ部分に使用し続けていると肌に白斑を生じる可能性があります。

長期的にハイドロキノンクリームを使用する場合の使い方は、ずっと塗り続けるのではなく、2、3か月おきに使用を中断し、1か月ほど間隔をおいてから使用を再開する……という使い方にしましょう。

肌の紫外線対策

ハイドロキノンクリームを塗ることでメラニン色素の生成が抑制されている肌は、紫外線を浴びると通常時の何倍ものダメージを受け、今あるシミやそばかすをかえって悪化させてしまいかねません。

ハイドロキノンクリームを使用している間、室内で日光を浴びたり外出をする際には、かならず最低でもSPF20以上の日焼け止めを塗りましょう。

ハイドロキノンの使用に焦りは禁物!

悲しむ女性

「塗るだけでシミやくすみがうすくなる」と聞くとなんだかお手軽なもののように思えますが、ハイドロキノンは効き目が強い劇薬です。

「漂白剤」という異名が示している通り、用法や用量を間違えると、「こんなに白くするはずじゃなかったのに……」「ここだけ色が抜けちゃった……」なんていう事態にもなりかねないので、その取り扱いには慎重に慎重を重ねるに越したことはありません。

ハイドロキノンを使用する際は、早くシミを消したい、早く肌を白くしたいという気持ちは抑えて、少しずつ肌の反応を見ながら慎重にケアをおこなっていきましょう。

シミ治療の体験レポート公開中!

test

フォトシルクプラスとパール美肌でシミ治療してきた!

品川スキンクリニック表参道院で、フォトシルクプラスとパール美肌を体験してきました。

1回の施術で、シミをワントーン明るくすることができました。

1回でシミを完全に消すことはできませんが、複数回の施術を重ねることで徐々にうすくなっていきます。

出典:【品川スキンクリニック】フォトシルクプラスとパール美肌で、20歳からのシミ治療nicoly.jp/article/5440

関連する記事

【品川スキンクリニック】フォトシルクプラスとパール美肌で、20歳からのシミ治療

品川スキンクリニック表参道院で、フォトシルクプラスとパール美肌を体験してきました。1回の施術で、シミをワントーン明るくすることができました。1回で完全に消すことはできませんが、複数回の施術を重ねることで徐々にうすくなっていきます。

シミ治療 レーザートーニングの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 2,250円
品川美容外科 2,800円

※費用は税抜表示です。施術条件はクリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

シミ・そばかすの施術を受けられるクリニック

  • 全国シミ・くすみ
  • 顔全体初回 フォトシルクプラス9,250円

品川スキンクリニックの詳細

  • 全国シミ・肝斑
  • レーザートーニング 顔全体初回4,800円

品川美容外科の詳細

  • 全国シミ・そばかす
  • フラクセルレーザー 頬40,000円

シロノクリニックの詳細

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー