これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例7選

ほくろ除去は、一見簡単そうに感じても実はトラブルがゼロではありません。よくある例としては、陥没状態、ヤケドのような傷できた、ケロイドなった、 赤みがひかないなど。ほくろ除去を検討している人は実際にどのようなトラブルが起こる可能性があるのかを知っておきましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

顔など目立つ箇所にあるほくろは、できるものならなくしたいと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、ほくろ除去は思わぬトラブルや失敗が起こるケースがあるため慎重に検討する必要があります。

ほくろ除去をしてから「こんなはずでは……!」とならないよう、事前にほくろ除去のトラブルについて把握しておきましょう。

目次

ほくろ除去後のトラブルやリスク・失敗パターン7選

ほくろ除去後のトラブルやリスク・失敗パターン7選
出典:NICOLY

ほくろ除去後に起こり得るリスクや失敗をチェックしてみましょう。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

ほくろ除去の失敗リスク1:患部が赤みをおびる

肌の赤みを気にする女性の写真

ほくろ除去をした後に赤みが続くことがあります。ただし、これは皮膚が元に戻る過程で、とても重要な時期です。

除去後の経過は、ほくろの形状や除去方法によってさまざまです。

たとえばレーザーだと、直径〜2mmの小さなほくろの場合は1〜2週間で、直径5mmを超える大きいほくろだと3〜4週間で赤みを持って傷が閉じていき、小さなほくろほどに目立たなくなります。

ほくろの種類によっては赤い小さな痕が残るケースもありますが、メイクなどをすれば目立たなくなる程度になります。

除去後の経過はほくろの形状や除去方法によってさまざまですが、いくつか目安はあります。

レーザー治療の場合

  • 直径1、2mmの小さなほくろ……1、2週間
  • 直径5mmを超える大きいほくろ……3、4週間

ただ、根が深いほくろや肌質によっては、赤みが数か月続くことも。とはいえ、赤みのピークは2、3か月で、半年もすれば落ち着いてくるとされています

また、ほくろの種類によっては小さな赤い跡が残ってしまうケースもありますが、メイクで目立たなくなる程度のものだそうです。

ほくろ除去の失敗リスク2:患部にシミのような黒ずみが生じる

患部に黒ずみができる原因には、1度で除去できないほくろだった、ほくろが再発した、色素沈着、の3つが考えられます。

ほくろ除去の失敗リスク3:患部が盛り上がる

患部が盛り上がる原因は、肥厚性瘢痕、ケロイド体質、術後にテープで圧迫しなかった・圧迫する期間が短かった、の3つが考えられます。

ほくろ除去の失敗リスク4:患部が陥没(クレーター・凹み)状態になる

鏡を見て悲しむ女性

ほくろを除去したあと、その傷跡が陥没したまま治らないという人が意外と多くいるようです。

通常半年もすれば皮膚は再生するといわれていますが、ほくろの大きさ、根の深さ、医師のスキルなどによっては、陥没したまま戻らなくなることも

ほくろが陥没する原因は、かさぶたを無理にはがしたり、医師に決められた薬の用法を守らなかったりなど、自分で原因を作ってしまうこともあるので注意が必要です。

また、ニキビ跡の赤みがなかなか引かない人や敏感肌の人は、傷跡の赤みが引いてきれいな状態になるまで時間がかかる可能性があります。

ほくろ除去の失敗リスク5:患部に火傷のような傷跡ができる

顔を隠す女性の写真

ほくろ除去後に、やけどのような症状を起こしてしまうトラブルがあります。

レーザー治療は、照射する強さや医師のスキルなどによって、ほくろと関係のないところにもやけどを起こしてしまう可能性があるのです。

さらに、クリームで自力で手軽にほくろ除去をする方法では、クリームがとても刺激の強い化学やけどを引き起こすため、ほくろを除去するつもりが広範囲に目立つやけど跡ができてしまう......というケースもあるのだそう。

クリームはレーザーに比べて安価で手に入りやすいため、化粧品を使い慣れてる女性は慎重さが欠けてしまうのかもしれません。

またクリームを使用する際は、綿棒などでほくろ部分に少量ずつ塗り重ねるようにしましょう。

ほくろ除去の失敗リスク6:患部がケロイド状態になる

ケロイドとは、傷跡が盛り上がって不自然になってしまうこと。

ほくろ除去をしたあと、ほくろを除去した部分が盛り上がった傷跡「ケロイド状」になってしまうというトラブルがあるのです。

とくに手の甲や胸、肩、鼻の下のほくろを除去するとケロイドになりやすいといわれています。

ケロイドは「まれに」起こるものですが、一度ケロイドになってしまうとなかなか治りにくいので、もしできてしまった場合は皮膚科で診察してもらいましょう。

ほくろ除去の失敗リスク7:患部が白色(灰色)になる

ほくろをレーザーで除去した場合、傷が治っても赤みのある時期があります。ただ、まれに傷がかなり早くに治り、赤みが出ず、灰色に見えることがあるのです。

それは、ほくろの取り残しかと思うかもしれませんが、ほくろ除去が失敗している状態であるわけではなく、「瘢痕(はんこん)」という組織なため、徐々に元の皮膚に戻っていくようです。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

ほくろ除去は慎重に検討を

頬をさわる女性の写真

ほくろ除去をするうえで、安全性を重視したい方は、適切な対応方法を知っている医師のもとで、除去してもらうのが良いでしょう。

なるべく美しい、満足のいく仕上がりになるよう、丁寧に治療をしてくれる医師が好ましいです。

また、セルフケアを行う場合は自己責任になるため、薬剤を慎重に見極めたうえで、用法や用量を守り行うことが大切です。

きれいにほくろ除去したい場合は美容皮膚科・美容外科を受診することをおすすめいたします。

ほくろ除去の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 4,860円
聖心美容クリニック 9,800円
城本クリニック 10,000円
シロノクリニック 10,000円

※費用は税抜表示です。※主に直径1mmのほくろ除去の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2017年10月11日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

サイトメニュー