NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年07月19日 更新 | 1,871 views

シミに効く食べ物は、パプリカ・アボカド・モロヘイヤ

ビタミンA、C、Eは抗酸化力の高い栄養素。ビタミンAはシミの排出、ビタミンCはシミの改善、ビタミンEはシミの予防に効果的です。A・C・Eを一緒に食べることでお互いの働きをより高める作用があります。シミに効く食べ物にはモロヘイヤ、アボカド、パプリカ、カボチャ、アーモンドなどがおすすめ。

日々の健康や美肌を保つために、欠かせない栄養素がビタミン。

なかでもビタミンA・C・Eは、抗酸化力の高い「ビタミンACE(エース)」と呼ばれ、一緒に摂ることで相乗効果もあるんです。

それでは、シミに効く食べ物にはどんな物があるのかチェックしてみましょう。

ビタミンAは新陳代謝を高めてシミを排出する

トーストの上にのっているハート型の双子の目玉焼き出典:Weheartit

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ち、免疫機能を強化します。

ビタミンAを積極的に食事に取り入れて肌のターンオーバーによるメラニン色素(シミ)などの排出を促進しましょう。

また、ビタミンAは酸化しやすいため、抗酸化作用の高いビタミンCやEと一緒に摂取するのがおすすめ。

鶏や豚のレバー、うなぎ、あなご、卵黄などに多く含まれています。

体内でビタミンAに変化するβカロチン

植物に多く含まれるβ(ベータ)カロチンは、体内でビタミンAに変化します。そのままでは吸収率が悪いので、油と一緒に食べるのがおすすめです。

モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ、バジルなどに多く含まれています。

ビタミンCはシミを防ぐ&漂白する

砂糖漬けにしたいちご出典:Weheartit

ビタミンCは、メラニン色素をつくる「チロシナーゼ」の作用を阻害し、シミを防ぎます。

さらに、ビタミンCの強力な還元作用によって、既にできてしまったシミを漂白する作用も。

また、肌のうるおいを守るコラーゲン生成の際にもビタミンCは必要不可欠な栄養素です。

ビタミンCは体内に貯蔵することができず、余剰分は2〜3時間ほどで尿から排出されてしまうので、こまめに取り入れる必要があります。

ピーマン、アセロラ、芽キャベツ、いちごなどに多く含まれています。

ビタミンCはこまめに摂取して!

ビタミンCは美肌になるためには必ず摂取したい栄養素です。美容に関する知識を少しでも持っている人ならば、ビタミンCがいかに重要な役割をするかご存知だと思います。

ただビタミンCには難点があります。それは、水溶性であるということです。つまり積極的に摂取しても体外に排出されやすい栄養素というのと同義になります。

せっかく体内に取り入れたビタミンCも、体に蓄えておくことが難しいためなかなかその効力を発揮できないまま終わってしまうことがあります。

そこでおすすめしたいのは、ビタミンCのこまめな摂取です。こまめに補給していれば、一定量が体外に流れ出てもまた補うことができます。

朝昼晩と、しっかりビタミンCを含む食材を使った食事を摂るようにしましょう!

ビタミンCはL-システインといっしょに摂取

シミ対策に効果的なビタミンCは相性の良い栄養素があります。それはL-システインです。

この2つの栄養素を同時に摂取することによって、お互いの相乗効果でより大きな恩恵を受けることができます。

L-システインは豆乳にたっぷり含まれている栄養素。ビタミンCを豊富に持つレモンを加えた、豆乳+レモンの特製ドリンクを飲めば気になるシミを撃退できるでしょう!

ビタミンEは肌の老化防止効果でシミを防ぐ

アーモンドを持ったクマのクッキー出典:Weheartit

ビタミンEは、体内の活性酸素(フリーラジカル)による細胞の老化を防ぎます。

血行を促進する作用が高く、肌のターンオーバーを活性化させてシミの排出を促す効果も。

また、抗酸化力を失ったビタミンEを再生させるはたらきを持っているのが、ビタミンCです。

すじこやイクラ、たらこなどの魚卵類や、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

シミに効く食べ物

かぼちゃ

かぼちゃはビタミンA(βカロチン)・C・Eが豊富に含まれている、抗酸化力の高い野菜なので、シミに効く食べ物といえます。

特にβカロチンが豊富で、トマトのおよそ8倍含まれています。

皮の部分には果肉部分の5倍以上のβカロテンが含まれているので、皮ごとの調理がおすすめ。

アボカド

アボカドには抗酸化力の高いビタミンEのほか、むくみの解消に効果的なカリウム、脂肪を分解するビタミンB2が豊富に含まれています。

さらに、肌のうるおいを守るセラミドをつくるために必要なリノール酸も多く、美肌効果のとても高い食材で、シミに効く食べ物のひとつ。

モロヘイヤ

世界3大美女のひとり、クレオパトラも好んで食べていたと言われる野菜です。モロヘイヤにはニンジンの約1.5倍、ほうれん草の3.5倍ものβカロチンが含まれています。

また、美肌には欠かせないビタミンCやビタミンBのほか、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富です。

パプリカ(赤ピーマン)

パプリカとピーマンはどちらもトウガラシ科で、栄養素はほとんど同じ野菜です。

ピーマンは緑色のものが一般的ですが、じつはまだ未熟な状態。熟することで色が黄色、赤と変化し、ビタミンCの含まれる量も、「緑<黄<赤」と変化します。

特に赤パプリカに含まれるビタミンCの量はレモンのおよそ4.5倍。この点から、パプリカはシミに効く食べ物と言えそうです。

また、パプリカやピーマンのビタミンCは熱に強いことも特徴。赤、黄色のパプリカに多く含まれるβカロチンの吸収率を高めるためにも油を使った調理がおすすめです。

アーモンド

アーモンドに含まれるビタミンEの量は、ピーナッツのおよそ3倍、ゴマに比べるとなんと310倍!

そのほか、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分も豊富に含まれているため、シミに効く食べ物であることはもちろん、健康や美容にも効果を発揮してくれそう。

100gあたり600kcalと一見カロリーが高いため、ダイエット中の人には敬遠されがちですが、アーモンド1粒の重さはおよそ1g程度。つまり10粒食べても60kcalほどです。

シミに効く食べ物を使った超かんたん料理

モロヘイヤスープ

ニンニクのみじん切りと鶏肉を香ばしく炒め、水を加えます。

塩コショウで味を整え、ざく切りにしたモロヘイヤを入れてさっと火を通せばクレオパトラも飲んでいたというモロヘイヤスープのできあがりです。

レバーペーストとアボカドのカナッペ

バゲットやクラッカーにレバーペーストを塗り、スライスしたアボカドを乗せるだけの簡単おつまみ。アボカドの変色防止にレモン汁を掛ければビタミンA・C・Eが揃います。

かぼちゃサラダ

かぼちゃを適度な大きさに切り耐熱容器に入れ、レンジでチンします。

フォークで潰せる柔らかさになったら、マヨネーズや塩コショウで味を整えましょう。カロリーを抑えたい場合には、マヨネーズの代わりにヨーグルトを使ってもOK

仕上げに砕いたアーモンドを振りかければ出来上がりです。

パプリカのイタリアンマリネ

パプリカの種を取り、細切りにし、レンジで1分ほどチンします。

お酢、オリーブオイル、塩、こしょうで作ったマリネ液に漬け込んで、冷蔵庫で一晩置くだけ。味付けに自信がない人は、市販のドレッシングを使用してもOK

赤、黄色の2種類を使うと色合いも綺麗です。

ココア

ココアにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、さらにお通じを良くするような効果も期待できます。

抗酸化作用はビタミンEの章でもお話したように、肌荒れ全般やシミを防いでくれる作用です。毎日コンスタントにココアを飲めば、シミができにくいお肌になるでしょう。

ココアは甘ったるくてたくさん飲むと太るんじゃないか?と思われている方も多いと思います。

しかしココアは脂肪の蓄積を抑制するを持っている、非常に優秀な美容ドリンクなのです。さらに血行促進の効果もあるので、冷え性でお悩みの女性にはとってもおすすめ。

シミをなくしたい!そしてダイエットもしたい!という欲張りなあなたには、ぜひ積極的に飲んでもらいたいのがココアなのです。

ドリンクなので、いつでも手軽に摂取できるのもありがたいですよね!できればホットで飲むと、さらに体へのいい影響が期待できるでしょう。

コラーゲンはシミに効果的?

コラーゲン出典:kenko-ikumo.com

美容成分といってすぐに思い浮かぶのが「コラーゲン」。コラーゲン入りのスキンケアアイテムを使っている人も多いのではないでしょうか。

コラーゲンは化粧品として直接肌に塗りこむイメージですが、実は食材にも多く含まれているのです。

さてコラーゲンは肌に直接塗るのがいいのか?それとも食事として内側から取り入れた方がいいのか?

一体どちらなのでしょうか。

コラーゲンを食事から摂取するためには

コラーゲンが豊富に含まれている食材は、鶏皮・手羽先・すっぽん・フカヒレなどがあります。

コラーゲンは加熱すると水に溶け出すという性質があるので、こういった食材はスープや鍋にして出汁までしっかり飲み干すと無駄なくコラーゲンを摂取できます。

さらにゼラチンはコラーゲンを高音で変性させた状態のものを指しますが、このゼラチンにもコラーゲン同様肌をきれいにしてシミを薄くする効果があります。

どちらも積極的に食事に取り入れていきましょう!

体の内側・外側どちらからもコラーゲン補給

コラーゲンはスキンケアとして肌に直接塗りこむことと、食事として体内から摂取することどちらも行って欲しいと思います。

どちらがより効果的であるとは言い難いです。同時進行することで、より大きな効果を発揮するでしょう。

どうしても食事からコラーゲンを補給できないという方は、サプリメントやコラーゲンドリンクをうまく活用していってくださいね!

美肌のために旬の食材を食べよう

シミに効く食べ物は多くありますが、同じものばかりを食べるよりも、多くの種類を食べてさまざまな栄養素を摂りましょう。

また、旬の食材は値段も安くて栄養素も豊富なのでおすすめです。

Top image via Pinterest

written by nodoguro

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川美容外科

シミ・肝斑

詳しく見る

全国

シロノクリニック

シミ・そばかす

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45376 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ