NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年05月05日 更新 | 9,584 views

口元と頬のたるみを解消する筋トレ、グッズ、プチ整形まとめ

顔を老けて見せる口元や頬のたるみには、加齢に伴うコラーゲン量の減少による肌の弾力低下や、顔の筋肉の衰えによる脂肪下垂が招くものがあります。筋力向上には顔の筋肉を鍛えるトレーニングやたるみ解消グッズを使ったエクササイズなどが有効です。また、ヒアルロン酸注入やボトックス注射、サーマクールなどのプチ整形で解消することも可能です。

頬や口元は、実はかなり老いの兆候があらわれやすいポイント。

この辺りの皮膚がたるんでいると、一気に老け込んで見えてしまいます。

「マスクをしている時はなぜか若く見られる」なんていう人もいるようですが、これは目元は若々しいのに口元が老けた印象を与えてしまっているケースでしょう。

頬のたるみによって目立ってくるほうれい線が見えないだけでも、ずいぶん見た目年齢は変わってきます。

頬のたるみや口元のたるみは、それだけで顔全体にプラス何歳分も年を取ったかのような雰囲気を与えてしまうことも少なくないのです。

頬のたるみや口元のたるみがの原因は?

頬のたたるみや口元のたるみのできる原因には、「肌の弾力低下によるもの」「筋肉の衰えによるもの」の2種類があります。

肌の弾力低下によるたるみ

人間の肌の弾力は、内部の真皮層というところで作られるコラーゲンやエラスチンなどの成分によって保たれています。

このコラーゲンやエラスチンの体内での生成量は加齢とともに減少していき、ハリを失った皮膚はたるみを生じやすくなるんです。

筋肉の衰えによるたるみ

加齢によって口元にある口輪筋(こうりんきん)と呼ばれる筋肉や、頬を支える頬筋や大頬骨筋(だいきょうこつきん)小頬骨筋(しょうきょうこつきん)などの筋肉が衰えると、それらの筋肉によって支えられていた脂肪が重力に従って下がり、口元のたるみや頬のたるみを生じる元となります。

顔筋トレで口元や頬のたるみを解消

口元や頬の皮膚や脂肪が垂れてしまうのは、その支えとなる筋肉の衰えが大きな原因。

顔の筋肉を鍛えるエクササイズで上に乗っている皮膚や脂肪を垂れにくくすることで、口元や頬のたるみを予防できます。

顔筋トレ1:頬筋トレーニング

頬筋を鍛え、ふっくらとした若々しい頬を手に入れるためのトレーニング。

このトレーニングは1日2回、朝晩おこなうと効果的だそうです。

やり方

  1. 口を「お」と発音する時の形に思いきり開く
  2. 口を開いたまま、唇の両端を顔の奥に向かってぐっと引く
  3. そのままの状態で、上唇を上の前歯にぴったりと貼りつけるようにして伸ばす
  4. そのままの状態で、両手の指先で頬に軽く円を描くようにマッサージする
  5. 頬がふっくらしてきたら、手を頬のうえから外し、手のひら同士が向き合うように顔の横に向けてその場でまた指先を回す動作を30秒間おこなう

実際に試した人の口コミ

「頬の位置がちょっと上がったような気がする」

「口元の動きに頬がついてくるようになって、笑う時に口角と一緒に頬ももち上がるようになった」

頬の筋肉は、普通に生活しているとなかなか鍛えられない場所。

トレーニングで集中的に鍛えることで、頬がきゅっともち上がり、頬のたるみが解消される効果を実感している人もいるようです。

顔筋トレ2:口輪筋トレーニング

唇に力を入れ、口まわりの口輪筋を鍛えるためのトレーニング。

口を動かすだけで簡単にできるので、ちょっとした空き時間などにくり返しおこなうのがおすすめです。

やり方

  1. 唇を閉じた状態から、力を込めて「う」と発音する形に開く
  2. そのまま5秒キープしたあと5秒休む
  3. 1~2の動作を10回くり返す
  4. 唇を閉じた状態から、上下の唇を思いきり閉じ合わせる
  5. そのまま10秒キープしたあと5秒休む
  6. 4~5の動作を10回くり返す

実際に試した人の口コミ

「口をおもいっきり閉じる時、いつもは使われていない筋肉が伸ばされる感じがする」

習慣的にやっていたら、口元の小じわがすこし薄くなったような気が……」

口もとのエクササイズで口を開く動作は多いですが、思いきり閉じるというのは少し珍しく、日ごろ使われていない部分の筋肉を使っているのだという気がします。

くり返しおこなうことで口輪筋が鍛えられ、口元のたるみが解消したという声も。

顔筋トレ3:あいうべ体操

口腔内の筋肉を鍛えることで口呼吸の防止やインフルエンザ予防に高い効果が期待できるという話題の体操、「あいうべ体操」。

思いきり口を動かすことで、口輪筋を鍛える効果もあります。

やり方

「あ」「い」「う」とそれぞれ発音する形で口を大きく開け、最後に「べー」と思いきり舌を突き出すというのを1日30セットを目安におこなう。

実際に試した人の口コミ

「しょっちゅう喉を痛めていたのが、あいうべ体操を始めてからめったに痛めなくなった。心なしか口元も引き締まったような……」

「インフル対策にと思って始めてみたら、なんだか口元の筋肉が鍛えられたみたいで、笑った時に口角が引きつらなくなった」

あいうべ体操は、口の筋肉を鍛えるばかりでなく、免疫力アップによる風邪やインフルエンザ対策、虫歯や歯周病のリスクを高める口呼吸の改善など、さまざまな健康効果が期待できるお得な体操です。

実際にやってみると、口輪筋の強化だけでなく思わぬ収穫がいくつもあるかもしれません。

グッズを使って口元と頬のたるみを解消!

口元や頬のたるみを解消するためのグッズは、実はたくさん市販されています。

フェイシャルフィットネス パオ

揺れるバーの振動を表情筋に伝え、鍛えるフェイシャルフィットネスマシーン、「フェイシャルフィットネス PAO」。

1日2回くり返し使用することで顔の筋肉が鍛えられひき締まり、口元や頬のたるみの改善も期待できます。

使い方

マウスピースを口にくわえ、首を振って1回30秒間バーを振動させ続けます。

実際に使った人の口コミ

「頬がぐっと上がってきたような気がする」

「以前は笑うたびにくっきりと目立っていたほうれい線が、笑っても目立たなくなった」

PAOを使用した表情筋トレーニングは、顔のしわやたるみ、ほかにも筋肉の衰えが目立たせる大きな原因となるほうれい線の改善にも一役買ってくれるようです。

「直したかった口元の小じわには全然効果なし」

PAOは顔の筋肉を鍛えるものなので、肌のハリやうるおいの不足によって生じるちりめんじわなどには効果がありません。

スリムマウスピース

口輪筋を鍛えることで口角を上げてくれるマウスピース「スリムマウスピース」。

1日3分の使用を継続することで、口元や頬の筋肉を鍛える効果も期待できます。

形状の異なるいくつかの種類があります。

使い方

STEP1
本品は、口にはめた際にスムーズに動くようになめらかなカーブになっています。両端のU字の小さい方をお持ちください。

STEP2
マウスピースの両端のU字の大きい方が口の中に、小さい方は口の外に出る様に唇の間にはさみます。「い」の発音をする感じです。

STEP3
唇の横の筋肉に意識を集中しながら、歯にぶつからないないように、水平にゆっくり縮めます。「う」の発音をする感じです。口先を突き出さない様に注意。

出典:ノーブル株式会社公式サイト

実際に使った人の口コミ

「バネの力が強くて、いかにも鍛えられてるって感じ。ちょっと顎がすっきりしてきたような……」

「使い始めて2週間。頬と口角がもち上がってきて、使用前よりも笑顔が自然できれいになった」

というように顔のシェイプアップやリフトアップ効果を実感する口コミもある一方、こんな意見も。

「口まわりの運動にはなると思うし、口角も前より上がるようになったけど、顔のしわやたるみはなにも変わらず」

「バネが効果を発揮しないので、口が大きい人にはあんまり意味ないかも」

バネの力で口の筋肉を鍛えるスリムマウスピース。

筋力をアップする効果は感じられても、必ずしもそれがしわ取りやたるみ取りなどの美肌効果につながるとは限らないようです。

また、あまり口の大きい人には対応するサイズがありません……。

プチ整形で口元と頬のたるみを解消!

毎日継続して少しずつ改善を図るエクササイズではなく「もっと確実に手っ取り早く解消したい」という人におすすめのたるみ解消法が、「プチ整形」です。

美容整形でのたるみ取りというと皮膚を切開するフェイスリフトなどを想像する人も多いかもしれませんが、メスを入れることなく口元や頬のたるみの解消を図ることも可能です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注入することで肌をふっくらと盛り上げるプチ整形「ヒアルロン酸注入」。

肌のたるみによって生じた皮膚の凹凸を平らにしたり、たるみによって生じたほうれい線などを目立ちにくくすることができます。

ヒアルロン酸は数か月~半年ほどで自然吸収される物質なので安全性が高く、即効性のある方法ですが、ヒアルロン酸による肌のふくらみを持続させるためには継続して施術を受ける必要があります。

費用

注入箇所や注入量、注入するヒアルロン酸の種類によって異なりますが、目安は注射一本当たり3万~10万円。

実際に試した人の口コミ

「ヒアルロン酸を打ち始めてから、ほんとにほうれい線が目立たなくなった。すぐ吸収されるのが玉に瑕だけど」

「注入したところにちいさなしこりができたような気がする」

注入されたヒアルロン酸が体内に吸収されるスピードは、ヒアルロン酸の種類やその人の体質によっても変わってきます。

また、ヒアルロン酸注入量が多かったり、偏りがあったりするとしこりができてしまうことがあるようです。

そうしたしこりは施術後の肌のマッサージや時間の経過とともに改善されていくことが多いようですが、ヒアルロン酸分解注射で溶かしてしまうことも可能です。

注入後の皮膚にしこりや凸凹ができてしまわないように、ヒアルロン酸注入は腕のいい医師に施術を担当してもらうことをおすすめします。

ボトックス注射

局所的に筋肉の動きを弱めることで、筋肉の収縮を押さえる働きをもつボトックスという薬剤を注入することで表情じわを改善する「ボトックス注射」。

口元の皮膚のたるみによって生じるしわにも効果があるといわれています。

効果の持続期間はもって半年ほど。効果を持続させるためにはくり返し施術を受ける必要があります。

費用

注入箇所の数にもよりますが、注射一本当たりの費用の目安は5万円前後。

実際に試した人の口コミ

「おばあちゃんみたいって悩んでた唇の上の縦じわが消えた!」

「小じわが目立たなくなったのは嬉しいけど、口を動かすたびにちょっと引きつれるような感じがある」

ボトックスは表情筋の動きをコントロールすることで目立たないようにものなので、注入量の加減を誤ると筋肉を動かしにくくなって無表情になってしまうことも。

サーマクール

マシンでラジオ波を照射して肌のリフトアップを図る「サーマクール」。

肌のたるみをひき締める効果以外にも、ニキビ跡や毛穴を目立たないようにするなどの効果が期待できます。

熱の作用でコラーゲン線維を収縮させることにより、活性化と増殖を図ることができるので、肌の弾力をアップする効果も。

1回の治療でも大きな効果を実感できることが多いようですが、1年に2回ほど定期的に施術を受けると効果が長持ちするようです。

費用

照射箇所の数によって異なりますが、顔全体への照射で、費用の目安はだいたい20万~30万円ほど。

実際に試した人の口コミ

「全体的に顔がひき締まって、前より顔が小さくなった気がする」

「口元の小じわが目立たなくなって、なんか肌もプリプリしてきた」

サーマクールによるひき締め効果やリフトアップ効果、コラーゲン増殖による美肌効果などの効き目を実感している声も多いその一方で、「効き目が感じられない」という声もあるので、効き目には個人差があるようです。

また、

「サーマクールを受けて、かえって老けたような……」

という見逃せない口コミも。

サ8ーマクールは良くも悪くも肌のふくらみを解消しひき締める治療*なので、照射の仕方によっては若々しい雰囲気を保つのに必要なふくらみが失われ、かえって老け顔になってしまうこともあるようです。

口元や頬のたるみを防ぐために、普段からできること

顔にたるみが生じるのを防ぐためには、首から下の筋肉同様、顔の筋肉も折に触れて積極的に動かすように心がけることが大切です。

日頃から硬いものやガムなどをよく噛んで食べたり、おしゃべりしたり、大きな声で笑ったりする機会をたくさん持つようにしていると、口元や頬の筋肉は少しずつですが確実に鍛えられていきます。

たるみを生じにくい顔づくりのために、まずは日常の習慣から少し見直してみることをおすすめします。

Top image via Pinterest

written by エクリトアコ

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46032 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ