口元と頬のたるみの解消を目指す!【筋トレ、グッズ、プチ整形まとめ】

顔を老けて見せる口元や頬のたるみには、加齢に伴うコラーゲン量の減少による肌の弾力低下や、顔の筋肉の衰えによる脂肪下垂が招くものがあります。筋力向上には顔の筋肉を鍛えるトレーニングやたるみ解消グッズを使ったエクササイズなどが有効です。また、ヒアルロン酸注入や、サーマクール、HIFUなどのプチ整形で解消も目指せます。

湘南美容外科大宮院 院長 吉原伯

この記事は、湘南美容外科大宮院 院長 吉原伯先生が監修しています。

頬や口元は、実はかなり老いの兆候があらわれやすいポイント。

この辺りの皮膚がたるんでいると、一気に老け込んで見えてしまいます。

頬のたるみによって目立ってくるほうれい線が見えないだけでも、ずいぶん見た目年齢は変わってきます。

頬のたるみや口元のたるみは、それだけで顔全体にプラス何歳分も年を取ったかのような雰囲気を与えてしまうことも少なくないのです。

頬や口元のたるみの原因は?

頬をさわる女性の写真

頬や口元のたるみの原因には、「肌の弾力低下によるもの」「筋肉の衰えによるもの」の2種類があります。

肌の弾力低下:コラーゲンやエラスチンが減少

人間の肌の弾力は、内部の真皮層というところで作られるコラーゲンやエラスチンなどの成分によって保たれています。

このコラーゲンやエラスチンの体内での生成量は加齢とともに減少していき、ハリを失った皮膚はたるみを生じやすくなるんです。

筋肉の衰え:口輪筋・大頬骨筋・小頬骨筋の衰え

加齢によって口元にある口輪筋(こうりんきん)と呼ばれる筋肉や、頬を支える頬筋や大頬骨筋(だいきょうこつきん)小頬骨筋(しょうきょうこつきん)などの筋肉が衰えると、それらの筋肉によって支えられていた脂肪が重力に従って下がり、口元のたるみや頬のたるみを生じる元となります。

顔筋トレで口元や頬のたるみの解消を目指す方法

頬をさわる女性の写真

口元や頬の皮膚や脂肪が垂れてしまうのは、その支えとなる筋肉の衰えが大きな原因。

顔の筋肉を鍛えるエクササイズで上に乗っている皮膚や脂肪を垂れにくくすることで、個人差はありますが、口元や頬のたるみを予防できます。

顔筋トレ1:頬筋トレーニング

頬筋を鍛え、ふっくらとした若々しい頬を手に入れるためのトレーニング。

このトレーニングは1日2回、朝晩おこなうと効果的だそうです。

トレーニング方法

  1. 口を「お」と発音する時の形に思いきり開く
  2. 口を開いたまま、唇の両端を顔の奥に向かってぐっと引く
  3. そのままの状態で、上唇を上の前歯にぴったりと貼りつけるようにして伸ばす
  4. そのままの状態で、両手の指先で頬に軽く円を描くようにマッサージする
  5. 頬がふっくらしてきたら、手を頬のうえから外し、手のひら同士が向き合うように顔の横に向けてその場でまた指先を回す動作を30秒間おこなう

顔筋トレ2:口輪筋トレーニング

唇に力を入れ、口まわりの口輪筋を鍛えるためのトレーニング。

口を動かすだけで簡単にできるので、ちょっとした空き時間などにくり返しおこなうのがおすすめです。

トレーニング方法

  1. 唇を閉じた状態から、力を込めて「う」と発音する形に開く
  2. そのまま5秒キープしたあと5秒休む
  3. 1~2の動作を10回くり返す
  4. 唇を閉じた状態から、上下の唇を思いきり閉じ合わせる
  5. そのまま10秒キープしたあと5秒休む
  6. 4~5の動作を10回くり返す

顔筋トレ3:あいうべ体操

口腔内の筋肉を鍛えることで口呼吸の防止に高い効果が期待できるという話題の体操、「あいうべ体操」。

思いきり口を動かすことで、口輪筋を鍛える効果もあります。

トレーニング方法

「あ」「い」「う」とそれぞれ発音する形で口を大きく開け、最後に「べー」と思いきり舌を突き出すというのを1日30セットを目安におこなう。

グッズを使って口元と頬のたるみの解消を目指す方法

顔をさわられる女性の写真

口元や頬のたるみの解消を目指すグッズは、実はたくさん市販されています。費用も1,000円しないものから高額なものまで。効果には個人差がありますが、どれも手軽に試すことができるでしょう。

フェイシャルフィットネス PAO

フェイシャルフィットネス PAO
出典:MTGオンラインショップwww.mtgec.jp/wellness/pao/lp/#buy

揺れるバーの振動を表情筋に伝え、鍛えるフェイシャルフィットネスマシーン、「フェイシャルフィットネス PAO」。

1日2回くり返し使用することで顔の筋肉が鍛えられひき締まり、口元や頬のたるみの改善も期待できます。

使い方

マウスピースを口にくわえ、首を振って1回30秒間バーを振動させ続けます。

スリムマウスピース

スリムマウスピース

口輪筋を鍛えることで口角を上げてくれるマウスピース「スリムマウスピース」。

1日3分の使用を継続することで、口元や頬の筋肉を鍛える効果も期待できます。

形状の異なるいくつかの種類があります。

スリムマウスピース 850円(税抜)

プチ整形で口元と頬のたるみの解消を目指す方法

注射を持つ医師の写真

毎日継続して少しずつ改善を図るエクササイズではなく「もっと手っ取り早く解消したい」という人におすすめのたるみ解消法が、「プチ整形」です。

美容整形でのたるみ取りというと皮膚を切開するフェイスリフトなどを想像する人も多いかもしれませんが、メスを入れることなく口元や頬のたるみの解消を図ることも可能です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注入することで肌をふっくらと盛り上げるプチ整形「ヒアルロン酸注入」。

肌のたるみによって生じた皮膚の凹凸を平らにしたり、たるみによって生じたほうれい線などを目立ちにくくすることができます。

ヒアルロン酸は数か月~半年ほどで自然吸収される物質なので安全性が高く、即効性が期待できる方法ですが、ヒアルロン酸による肌のふくらみを持続させるためには継続して施術を受ける必要があります。

費用

注入箇所や注入量、注入するヒアルロン酸の種類によって異なりますが、目安は注射1本当たり3万~10万円。

サーマクール

マシンでラジオ波を照射して肌のリフトアップを図る「サーマクール」。

肌のたるみをひき締める効果以外にも、ニキビ跡や毛穴を目立たないようにするなどの効果が期待できます。

熱の作用でコラーゲン線維を収縮させることにより、活性化と増殖を図ることができるので、肌の弾力をアップする効果も。

1回の治療でも大きな効果を実感できることが多いようですが、1年に2回ほど定期的に施術を受けると効果が長持ちするようです。

費用

照射箇所の数によって異なりますが、顔全体への照射で、費用の目安はだいたい20万~30万円ほど。

HIFU(高密度焦点式超音波)

HIFUは、今までのレーザーやラジオ波よりも、より深くまで熱が届き、痛みが少ないのに、効果的なたるみ治療の最前線。ウルセラやウルトラリフト、スマスセラなど、たくさんの施術が出ています。

これからのたるみ治療の大本命はこれともいわれています。

加熱することで、コラーゲンを産生する仕組みは今までのものと同様ですが、よりパワーアップしたものです。

こちらも、1年に2回ほど定期的に施術を受けるのが望ましいようです。

費用

クリニックや機械、照射数によって異なりますが、顔全体への照射で、費用の目安はだいたい10万~30万円ほど。

口元や頬のたるみの解消を目指して若々しい顔に!

笑顔の女性の写真

顔にたるみが生じるのを防ぐためには、首から下の筋肉同様、顔の筋肉も折に触れて積極的に動かすように心がけることが大切です。

日頃から硬いものやガムなどをよく噛んで食べたり、おしゃべりしたり、大きな声で笑ったりする機会をたくさん持つようにしていると、口元や頬の筋肉は少しずつですが鍛えられていきます。

たるみを生じにくい顔づくりのために、まずは日常の習慣から少し見直してみることをおすすめします。

筋肉を鍛えると、タルミは多少、解消しますが、表情皺が目立つことがあります。
ご自身ではなかなかコントロールが難しいので、美容の専門家にご相談くださいね。

written by エクリトアコ

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー