NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月26日 更新 | 1,926 views

ほうれい線は自宅で改善! 簡単マッサージを動画でマスター

ほうれい線は消えないのでは?と思っている人。実は毎日のマッサージで、ほうれい線はかなり改善されます!今回紹介するマッサージやエクササイズはすべてコスパ0円でできるので、ぜひやってみましょう!マッサージのコツやポイントなど、効果的なケア方法をくわしく解説します。

ほうれい線を改善するにはマッサージが最適。毎日継続すれば、必ずほうれい線は改善されるはずです。地道にコツコツ続けてみましょう!

マッサージでほうれい線は改善できる

ほうれい線の原因は大きく分けて3つ。

それは、肌のコラーゲンやエラスチンが減少することによる体の老化に伴う「肌の弾力の低下」、スマホの見過ぎなどの「表情筋の衰え」、そして中高年以降に多い「皮下脂肪の増加や蓄積」です。

特に顔の表情筋は手足の筋肉とは違って、骨ではなく直接皮膚についています。年齢を重ね、筋肉が低下すると皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなって、たるみが発生します。ですから「表情筋のマッサージ」はほうれい線の改善にとっても効果的!

そしてほうれい線ができる原因は老化だけではありません。自分の癖や習慣、乾燥や姿勢など、ちょっとしたポイントを改善することで、ほうれい線を予防することができます。

それに加えて、何よりも効果が高いのが毎日のマッサージ。特に顔のリンパマッサージは、ほうれい線の改善にオススメです。

リンパをマッサージすると、顔の中に蓄えられてしまった余分な水分や老廃物の排出にも作用するので、ほうれい線だけでなくむくみの防止にもなって一石二鳥ですね♪

ほうれい線改善の顔マッサージ

顔を触る女性の写真

それでは具体的なほうれい線のマッサージ方法を、YouTubeを見ながら一緒にやってみましょう!

むくみも取るリンパマッサージ

  1. 右手を左肩に置き、鎖骨までさすります。続いて、左手を右肩に置き、同様に鎖骨まで­さすります。左右交互に5回繰り返しましょう。
  2. 右手を左肩に置き、今度は鎖骨を通って、右脇の下までさすります。反対側も同様の動きをして、左右交互に5回繰り返しましょう。
  3. 親指以外の4本の指で、顎の先からフェイスラインに沿って、耳の下までさすりあげま­す。
  4. 続いて、口角からこめかみまでさすりましょう。この動作を、5回繰り返します。
  5. 両手の人差し指と中指で、口角の下から小鼻の横へ、ほうれい線をなでるように5回さ­すります。

このマッサージ法は、1日5分続けることで、「かなりほうれい線が薄くなった!」という人が多数。リンパの流れを意識して鎖骨からしっかり流すことで、むくみやコリを改善します。

口の中からほうれい線を押すマッサージ

  1. 親指を口にそっと入れます。
  2. 唇の中央から口角に向かって、指をすべらせてマッサージ。口の内側からほうれい線を押し消すようなイメージで行いましょう。

毎日3分のこのマッサージ。「継続していたら小顔になってきた♡」といううれしい口コミも。毎日行うことで、ほうれい線が薄くなって小顔もゲット。アボカドのサラダでのインナーケアも良いですね。

美顔対策マッサージ

  1. 人差し指の腹をほうれい線のくぼみにあてます。
  2. 指先3分の1が白くなるくらいの力を入れながら、指を押しまわします。

おでこなど顔全体をマッサージしても肌が活性化してハリがでます。「顔のコリにも効く」「顔の輪郭がすっきりした」という人もいるそうですよ。

ほうれい線を薄くする頭皮マッサージ

頭皮マッサージをする女性の写真出典:Pinterest

頭皮と顔の皮膚は関係ないようで、実は密接な関係があります。頭皮をマッサージすることで、ほうれい線も薄くなると言われているのです。

小顔効果も!お風呂場で頭皮マッサージ

※動画の0:40ほどから側頭筋のマッサージが始まります。

  1. 頭の両ワキにある側頭筋を、手のひらのつけ根のあたりで引き上げながらほぐします。
  2. 心地よいと感じる圧で引っ張って元に戻す、という動きをを1〜2分繰り返しましょう。
  3. 髪の生え際にある前頭筋を、指で円を描くようにしながら押します。頭蓋骨から筋肉をはがすイメージで行いましょう。
  4. ぼんのくぼの少し上にある後頭筋を、4本の指でさすってほぐします。
  5. 最後に鎖骨を指2本ではさみ、リンパを流すイメージで中央→外側→に指を滑らせます。

お風呂場で行うことで、血行も促進し、効果がアップ♪ ぜひ毎日の習慣にして下さい。「肩こりも解消した」「肌が綺麗になった!」という人もいるようです。

髪の毛もツヤツヤ!頭皮マッサージ

  1. 頭頂部にある百会というツボにオイル(自分が好きなオイルで可)をたらし、そのオイルをもみ込むようにマッサージします。
  2. 襟足まで揉みほぐし、首の後ろのくぼんだ箇所(天中)も3本の指で優しくもみます。
  3. 耳たぶを指で挟んでまわした後、指2本を使って耳たぶ全体を挟んで優しくマッサージします。ほうれい線が引っ張られる感覚で行って下さい。
  4. 最後に頭を指先でタッピングし、髪の毛を上に引っ張りながらオイルをなじませることで、ほうれい線も引っ張られます。

自分で気持ちいいという力で1日1回を目安に行って下さい。「髪の毛がサラサラになった」「首のコリがとれた」と感じられるようになるかもしれません。

頭皮と一緒にたるみを引き上げるマッサージ

  1. 頭頂部に両手を置き、指の腹を頭皮にしっかりとつけて、ゆっくりと円を描きながら3回まわします。このとき、おでこのシワを引き上げるようなイメージで行うのがポイントです。
  2. こめかみの部分に両手の4本の指をあて、そのままぐっと上に引き上げます。
  3. 耳の上に指を4本あて、引き上げるように3回まわします。
  4. 手のひらをこめかみにあて、挟みこむように両手で圧迫します。
  5. 4のポーズのまま、目がつり上がるくらいのイメージで上に持ち上げてください。
  6. こぶしの第2関節を首の付け根のへこんだ部分にあて、グリグリと強めに3回まわします。
  7. 顔を上げ、6と同じ部分を親指で押し上げるように指圧します。

頭皮と顔の皮膚は直接つながっているため、頭皮の引き上げは顔のたるみケアに効果的です。顔のお肉が動いているか、確認しながら行ってもいいですね。

1日1回3分マッサージ

  1. 額の髪の生え際から頭頂部にかけて持ち上げる様に皮膚を上にあげ、30秒そのままキープします。
  2. こめかみから後頭部→耳の上から頭頂部→耳の後ろから後頭部→最後に襟足のくぼみとなるように指を優しく滑らせてマッサージします。

頭皮を優しく揉みだけで、顔の皮膚も引っ張られます。とても気持ちがいいので、頭皮マッサージを1日1回3分程度行う習慣をつけましょう。1週間で「顔のラインがすっきりした」と言う人もいますから、毎日継続してみてください。

ほうれい線を薄くする身体のエクササイズやマッサージ

肩のマッサージをする女性の写真

実はほうれい線には「猫背」や「姿勢の悪さ」も影響します。常に顎を上げて姿勢をまっすぐ保つだけでも顔の筋肉は引っ張られてほうれい線が薄くなります。さらに、両手を上げて体を後ろに倒す様な簡単なストレッチをするだけでも、ほうれい線予防に効果があります。

椅子に座っている時もお腹を引っ込めて上半身の姿勢を良くするだけでも効果アリ。顎をあげて上を向くだけでも違いますから仕事の合間にやってみてはいかがでしょうか。

猫背を改善しながら代謝をあげ、ほうれい線を伸ばすラクダのポーズ

  1. お尻に両手をあて、上を向いて体をそらします。(ゆっくりと2〜3回呼吸をします)
  2. お尻を落とさず、ゆっくりと手をすべらせて足首をつかんで大きく上体を反らします。(ゆっくりと2〜3回呼吸をします。)
  3. ゆっくりと体を戻します。

リンパマッサージでほうれい線ケア

  1. 耳の下から鎖骨までの首の側面を、手のひらでやさしく撫でるように左右10回ずつさすります。
  2. 肩の後ろに手をあて、鎖骨に向かって手のひらでさすります。左右10回ずつ行いましょう。
  3. 肩先から鎖骨の中央まで、鎖骨の上下を左右4本の指で交互に10回さすります。
  4. 手首から脇の下まで手のひらを密着させ、腕の内側と外側を5回ずつさすります。これも両腕で行います。

このマッサージは首から肩にかけて行い、リンパの流れを良くし、肩こりを解消することもできます。肌の負担にならないように、そっとさする程度の力で行いましょう。

猫背とさよならストレッチ

  1. 後ろで両手を組み、足を肩幅に開きます。
  2. 息をはきながら、肩甲骨を中央に寄せながら腕を引き上げます。
  3. 腕を上げられる位置まで上げて、8秒間キープします。

これを3回繰り返しましょう。「猫背が治って顔がシャープになった。」「ほうれい線がうすくなった」という口コミも寄せられています。

大胸筋伸ばし

  1. 後ろで手を組み片足を一歩前に出した上体で8秒キープします。
  2. 息をはきながら、肩甲骨を中央に寄せながら腕を引き上げます。
  3. 腕をあげられる位置まで上げて8秒間キープします。

このエクササイズは、簡単なようで効果大。「姿勢がよくなった」「顔のしわがうすくなった」という人もいますので、毎日3〜5回を目安に行ってみて下さい。

ほうれい線マッサージを効果的にするために

ほうれい線出典:www.xn--n8jd2d8d9bxfwb8945c2edh45fx08ae9c.com

ほうれい線マッサージを効果的にするためにも、日頃注意してほしいことがあります。些細なことですがこれらに気を配ることで、より一層ほうれい線ができにくくなるでしょう。

猫背にならない

ここ数年、仕事などもデスクワークが中心になり猫背になってしまう人が増えてきました。猫背はあらゆる体の不具合を起こしていきますから、すぐにでも改善したいことです。

猫背は背中を丸めるため首を前に突き出すような姿勢になります。こうなると自然と顔の皮膚をうしろに引っ張っるかっこうになるので、たるみを起こしかねません。

引っ張られた顔の皮膚がたるむ→ほうれい線がより深くなるといった悪循環が生み出されると、顔はより老け込んでしまいます・・・。

ほうれい線を解消するマッサージをせっかく定期的に行っても、こういった猫背による悪影響でほうれい線が深くなっては効果もトントンで終わってしまうでしょう。

マッサージの効果を最大限にするためにも、ぜひ猫背は直していきたいところです!

猫背にならないようにするには、座っているイスと背中の間にクッションをおいて姿勢がまっすぐになるように調節するのがおすすめです。

これをすることによって、長時間でも猫背にならないような姿勢をキープすることができるのです。

保湿をしっかりする

保湿の重要性というのは肌はきれいに保つ上では欠かせないと、美容界隈では常に言われ続けていることです。

とくに初期のたるみはちょっとした乾燥から起こることが多いです。同世代に女性に比べてうっすらとしたほうれい線が目立っているという方は、肌が乾燥ぎみだからでしょう。

保湿力の高い化粧水やクリームを使って、角質層に十分な水分を与えてあげてください。

洗顔時の注意点

洗顔というのはあまり考えずテキトーにしてしまっている女性が多いですが、これもほうれい線をよりひどくする原因になることがあるので注意です。

まず洗顔のしすぎというのは、皮脂膜層やセラミドといった保湿に必要なものを流してしまう可能性があります。これらがなくなると、肌は一気に乾燥状態になるのです。

夏場は汗をかいてじとじとしがちですが、洗顔を何度もしてしまうのはNG!一日1~2回に留めておいてくださいね。

またクレンジングの仕方にも気をつけてください。クレンジングは決してゴシゴシと摩擦を起こすようなやり方はしないように!

余計な力を入れてしまうと、角質層痛めることになってしまうでしょう。こうなるとせっかくしているほうれい線マッサージの効果も、薄れていってしまいます。

皮下脂肪の蓄積を防止する

ほうれい線マッサージを効果的にするためには、顔についている余分な皮下脂肪をなくす必要があります。これはリンパを流すことで、少なくしていけます。

皮下脂肪がたっぷりついた状態だと、その脂肪によって頬がたるんでしまいます。そしてマッサージしても表情筋が動く上で、邪魔になってしまうのです。

ほうれい線マッサージを効果的にするためにマッサージ用のクリームをたっぷり顔につけて、リンパを流していきましょう

目の周り・口の周り・おでこなどを左右対称に指のひらでなでていきます。最後は耳の前から首筋を通って鎖骨へ流れるようにすればリンパマッサージ完了です。

ほうれい線マッサージをする前にこのリンパマッサージをすると、さらにほうれい線解消の効果を高めることができるでしょう!一手間かかりますが、確実に効果はアップしますよ!

マッサージを習慣づけよう

マッサージはリラックスして行うほうが効果が高いので、寝る前の習慣にしても良いでしょう。メイクを落としたときなどに行うようにしてもいいですね。

ほうれい線の改善には毎日のマッサージと、生活習慣の改善も大切です。食生活や睡眠時間を見直すことは、ほうれい線だけでなく、美肌作りにはかかせませんよね。

来年はもっと美しい私でいるために、この手軽なほうれい線のマッサージをぜひ習慣にして下さい。

written by ぎりぎりへぶん

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

くすみ・しわ

詳しく見る

全国

聖心美容外科

痛くないたるみ治療

詳しく見る

全国

品川美容外科

しわ・ほうれい線

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ