NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年04月09日 更新 | 20,084 views

彼氏に「ケモノ臭」と言われたアソコのニオイをどうにかしたい![体験談]

ある日のドライブデートで車内に充満したケモノ臭、それは私のデリケートゾーンのニオイでした。インターネットで解決策を探すも、どれもすでに実践しているものばかり……。悩みを誰にも相談できず、彼の前で下着を脱ぐのがイヤになり、ギクシャクした関係になってしまいました。

肩だしトップスにダメージジーンズを履きこなしている女性出典:We heart it

人には「誰にも相談できない悩み」があると思います。

私もまた、その「悩み」を持つひとりでした。

同性にすら相談できなかった私の悩み……、 それはデリケートゾーンの黒ずみとニオイです。

女性ならではのデリケートゾーンの悩み

海辺にきてはしゃいでいる若い女性たち出典:We heart it

インターネットの掲示板には、デリケートゾーンに関するさまざまな悩みが寄せられています。

10代や20代の頃はそうでもなかったのに30代に入ってきたら急にデリケートゾーンの黒ずみが濃くなってきました。年を取っただけで特に昔と変わったことはしていないんですが……

おりものが何だかニオウような気がしてもやもやしています。ニオイをなくすにはどうしたらいいのでしょうか

……など。多くの女性が、なかなか人に言えないデリケートゾーンの悩みを抱えているようです。

ニオイを気にするようになったきっかけ

ドライブ中行き止まりになってしまった様子出典:We heart it

私の初体験は10代の頃でしたが、特にニオイについては気にすることなく過ごしてきました。

しかし、とある日を境に、アソコのニオイが悩みの種となったのです。

私が自分のデリケートゾーンを気にするようになったのは、20代前半の頃でした。当時お付き合いしていた彼氏が、ドライブ中にこう言ったのです。

「なんかケモノ臭がしない?」

たしかに車内はかすかに動物っぽいニオイがします。

ちょうどその少し前にペットショップに寄ったこともあり、動物のニオイが洋服に移ったのだと考えました。

「多分あの動物のニオイだね」

と2人で笑っていたのです。

しかし、車から降り用事を済ませ、再び車内に戻ったときのこと。

車内はまるで何もなかったかのように何のニオイもしなかったのです。

そして車を走らせ、家路に。すると、どこからともなくまたあのケモノ臭がしてきたのです。

私は口にこそしませんでしたが、少し心あたりがありました。

「このケモノ臭は私のデリケートゾーンのニオイかも……」

私は帰宅後にトイレへ行き、自分のデリケートゾーンを確認してみたのです。

すると、少し蒸れたようなニオイがしました。

それは、まさに車内に漂っていたケモノ臭だったのです。私はあまりのショックに言葉を失いました。

「臭い」と思っていたのが、まさか自分のニオイだったとは……。

私は彼に打ち明けることができないまま、何もなかったかのようにその場をやり過ごしました。

不安な日々

疲れてベットに倒れ込んでいる女性出典:We heart it

その日から、私は自分のデリケートゾーンが気になって仕方ありませんでした。

毎日きちんとお風呂に入っていますし、ちゃんとデリケートゾーンも石鹸で洗っているのです。

それなのに、どれだけ洗ってもやはり臭う気がする……。

私は彼とセックスをするのさえ、ためらうようになっていたのです。

下着を脱がされたときに「ケモノ臭がする」と思われたらどうしよう。ニオイのせいで嫌われないだろうか……。

考えれば考えるほど不安で仕方ありませんでした。

人に言えない悩みはインターネットで検索

パソコンでファッションの勉強をしている女性出典:We heart it

私はどうにかこの悩みを解決できないかと考えました。

しかし、同性の友達にでさえ相談できるようなことではありません。

とても恥ずかしい悩みだと、思っていたからです。

そこで、私はまずインターネットの検索機能を使って、調べてみることにしました。

検索ワードは「デリケートゾーン」「ニオイ」でした。

すると、何件もの情報がヒットしたのです。

信頼できそうな医療系のページ選び、読んでみると、そこにはこう書いてありました。

デリケートゾーンのニオイは雑菌から排出される老廃物がにおいのもと

デリケートゾーンのニオイの主な原因は、雑菌が繁殖する際に排出される老廃物

デリケートゾーンなどに多く分布しているアポクリン腺という汗腺からは、皮脂やアンモニアなど、雑菌が繁殖するための栄養分を豊富に含んだ汗が分泌される

高温・多湿という、雑菌の繁殖しやすい条件がそろっているデリケートゾーンは、雑菌が繁殖してしまい、きつくにおうようになってしまう

デリケートゾーンのニオイの原因はわかったけど、一体どうしたら解消するんだろう……。

さらに、

デリケートゾーンは、衣類をつけているためムレやすく、雑菌にとって居心地のよい環境です。においが気になる方はまず、できる限り通気性のよい下着をつけましょう

入浴時にやさしく洗う、トイレのたびにビデを使うなど、常に清潔に保つように心がけましょう

といったことも書かれていたのですが、私はすでにそれを実行しています。

それでもニオイが消えない人はどうすればいいのか……。

どのサイトにも、私が求めていた解決策が書かれていなかったのです。

彼とギクシャク

愛する人を見つめている男性出典:We heart it

苦肉の策で、私は生理の日以外もナプキンをつけることにしました。

普段のナプキンよりも薄い「おりものシート」を試してみました。これは少なからず効果があったように思います。

自分自身でニオイを感じることが減ったからです。やはりデリケートゾーンから分泌されるおりものがニオイの原因だったようです。

これで解決かと思いきや、思わぬ弊害が私を待っていました。

それは、「ずっとナプキンをつけている不自然さ」です。

彼氏と一緒にいるときに、良い雰囲気になっても、私は生理でもないのにナプキンをつけているため、下着を脱がされて「どうしてつけているの?」と問われるのが怖かったのです。

それで、いくら良い雰囲気になっても彼がそういう感じに持ち込もうとすると私は避ける……という、不自然な動きばかりしていました。

彼もなんとなく察知したのでしょう。

「なんか俺のこと、最近避けてない? なんかあった?」

と指摘されてしまったのです。

でも、正直に打ち明けることなど到底できません。

私はただただうつむき、なんとか誤魔化すので精いっぱいでした。

納期に間に合わせようと仕事を進めている様子出典:We heart it

もう自分ではどうしようもない。

そう考えた私は、再びパソコンを開きました。今度はこう検索したのです。

「デリケートゾーン」「ニオイ」「解決」と。

そして、検索結果で最も上にきたページを開くと、そこは、アダルトグッズを取り扱うサイトでした。

しかし、パステルカラーを基調とした配色の、可愛らしいデザインで、私が持っていたアダルトグッズのイメージとはかけ離れていました。

しかも、販売されているものが女性専用のものばかり。そこは女性専用のアダルトグッズ販売サイトだったのです。

あまりに衝撃的だったので、私はそのサイトをしばらく眺めてみました。とても興味深い内容がたくさん盛り込まれていました。

そのなかに「ジャムウソープ」というものを見つけました。

初めて聞くそのネーミングに惹かれ、私はページをクリックしました。

なんとそこには、私が求めていた情報が詳しく記載してあったのです。

「デリケートゾーンで悩んでいるのは、あなただけではない」というキャッチコピーに、思わず目を奪われました。

そのページにはこう書かれていました。

「デリケートゾーンに関する助成の悩みについてのアンケートをしたところ、約92%の女性が何かしらの悩みがあると判明!」と。

なかでも多い悩みは、「ニオイ」「黒ずみ」「おりもの」だとか。

ニオイを気にせずパートナーとの時間を楽しみたい

ニオイも気になるけど黒ずみも気になる

汗ばむ季節やしゃがんだ時に気になるニオイを気にせず、快適に過ごしたい

と、まるで私の心の声を代弁したかのようなことが書いてありました。

ジャムウソープを試してみて

自分へのご褒美に泡風呂を楽しんでいる女性出典:We heart it

「ジャムウソープ」は、ハーブから作られた石鹸でした。

私は藁にもすがる思いで、その石鹸を購入したのです。

石鹸1個で2,000円という、決して安い買い物ではありませんでした。

しかし、これで悩みが解消されるなら……。注文して約1週間、ジャムウソープが届くと、私はさっそく試してみることにしました。

使い方は、ソープを泡立てたあと、気になる部分に泡パックをするというものでした。まったく難しくありません。

洗いあがりはしっとり、かつさっぱり。とはいえ普通の石鹸とさほど変わらない使用感でした。

効果のほどは?

天気のいい日に外でヨガをしている女性出典:We heart it

ジャムウソープを使い続けて1か月……私はさっそく効果を感じ始めます。

お風呂に入るとき、下着を脱いでニオイを感じることがまったくなくなりました。

あんなに気になっていたデリケートゾーンのニオイが、いつの間にか消え失せていたのです。

これには驚きましたし、うれしくてたまりませんでした。

3か月ほどで使い切ると、私のニオイに対する悩みはまったくなくなっていました。

以来、私は自信を持って彼と楽しく過ごせています。

彼に悩みを打ち明けることなく、気づかれることもなく解決できて、正直ホッとしました。

思わぬ効果

恋人とベットで抱き合っている様子出典:We heart it

そうして悩みを解消することができた私。

あの時のジャムウソープは今でも使い続けているのですが、先日 彼がふと、こう言ったのです。

「なんか、アソコがピンク色になってきてる」と。

私はもともと、色素沈着がひどいほうで、デリケートゾーンが赤黒くなっていました。

ジャムウソープを使い続けた効果でしょうか、彼にそう言われた後 自分でも見てみましたが、たしかに色素が薄くなって綺麗になった気がしたのです。

ニオイを解消しようとして使い始めたジャムウソープでしたが、さらなる効果があったとは……!

思わぬ効果に、さらによろこんだのは言うまでもありません。

悩んでいる人へ

ベットの上で雑誌を読んでいる女性出典:We heart it

かつての私と同じように、デリケートゾーンのニオイで悩んでいる人は少なく無いと思います。

女性にとって、アソコの悩みはとても深刻なのです。

もし悩んでいる人がいたら、解決策をしらべて行動を起こしてみてください。

私のように専用のソープを使ってもいいし、ほかにもさまざまな商品があるはずです。

石鹸では解決できないこともあるらしい

階段に座って好きなアーティストの音楽を聴いている女性出典:We heart it

産婦人科へ行くこともおすすめだと聞いたことがあります。デリケートゾーンのニオイは、清潔にすること以外の解決策もあるようです。

ニオイの原因であるアポクリン腺には、タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれていて、常在菌によりこれらの成分が分解されるとニオイが発生します。

つまり、ニオイは、毎日食べている物によって変化するのです。

また、性感染症がニオイの原因になっていることもあるようです。性感染症のなかでもっとも症例が多いクラミジア感染症。クラミジアに感染しても、8割の人は無自覚、無症状で、自分が感染していることに気づいていないのです。

クラミジアに感染しているとデリケートゾーンのニオイがきつくなることがあります。

じつは私も半年に1回は産婦人科へ通っています。

病気のみならず、ニオイや黒ずみなどの相談にも乗ってもらえつので、気軽に足を運んでみるといいと思います。

ニオイの悩みを解決して快適な生活を!

公園で恋人とじゃれあっている様子出典:We heart it

今では、ニオイで悩んでいたことが遠い昔のことのようです。

自信を持って彼と接することができるようになりました。

女性にとっても、そしてパートナーの男性にとっても、女性のデリケートゾーンに対する悩みは重要な問題だと思います。

Top image via Weheartit

written by NICOLY編集部

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43689 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ