NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年02月03日 更新 | 14,610 views

過食嘔吐は痩せる?過食嘔吐ダイエットが必ず失敗する理由

好きなものを好きなだけ食べても痩せられたらいいですよね。たしかに過食嘔吐をすると痩せることはできるでしょう。でも、歯胃が溶けたり、生理が来なくなったり、多くのものを失います。ダイエットで痩せるために過食嘔吐を考えている人は、この記事を読んで、ダイエットをする目的を思い出してください。

過食嘔吐が大幅な体重ダウンにつながったという話をよく耳にしますが、過食嘔吐によるダイエットは命をも脅かす危険なものなんです。

なんと、過食嘔吐を繰り返す人の致死率は16%にも及ぶと言われているんです。

これを割合で考えると、過食嘔吐をしている人の6人に1人は命を落としているという計算になります。

過食嘔吐でダイエットが叶ったとしても体には取り返しのつかない爪痕が残ってしまいます。

過食嘔吐には一体どんなリスクが潜んでいるのかについてまとめました。

過食嘔吐のせいで太ることも

過食嘔吐を繰り返すことは絶大なダイエット効果を期待できると思われがちですが、実は過食嘔吐をすることで太ってしまうリスクもあるんです。

過食嘔吐で痩せる理由は、栄養を吸収するはずだった「食べた物」を吐き出してしまうからです。

そうなると身体は少しでも多く栄養を吸収しようとします。

結果として、腸にまで流れ込んだ食事や嘔吐しなかった分の食事はいつもより体内に吸収される事になるのです。

過食嘔吐は繰り返す

過食嘔吐をしている時の体はほとんど栄養を摂取できていない「飢餓状態」にあります。

飢餓状態になると、脳は「栄養を取らなきゃ!食べなきゃ!」と身体に物凄い食欲を湧かせます。

これがいわゆるどか食いです。どか食いの次に来るのが「後悔」です。

たくさん食べてしまった罪悪感と太る恐怖でまた嘔吐してしまうのです。

過食嘔吐は体をぼろぼろにする

過食嘔吐をすることで体に及ぼす害をまとめました。

無月経などの月経異常

ホルモンのバランスが崩れ、無月経が続くと不妊症や骨粗鬆症、高脂血症といった更年期障害のような症状が出ます。

歯が溶ける

嘔吐をする事で、嘔吐物と胃酸が逆流してくる事になります。そしてその胃酸によって歯が溶けてしまうので、最後には差し歯や総入れ歯になってしまうのです。

唾液腺の腫れ

栄養不足が続くと、耳やあごの下の唾液腺が腫れて、顔は大きく丸くなってしまいます。

指に吐きダコ

手を使って吐くと、上あごの歯が指の甲に当たり、皮膚が硬くなってタコが出来ます。気付かれないかと気にするようになり、そのストレスが過食嘔吐の悪化を招きます。

むくみ

嘔吐により胃液を失う事で、身体に必要なミネラルや水分も失われます。すると、むくみやすくなり、だるさや疲れ、便秘の症状が現れます。

食道炎や胃、食道が傷つく

水分や食べ物を無理やり出したり入れたりすると、胃酸が行き来します。胃酸は強い酸性なので食道は焼かれて、ゲップ、咳、出血を引き起こします。最悪、食道がんになる可能性もあります。

また、食道が裂けて穴が空いたり、胃に穴が開いて破裂すれば命にも関わります。

貧血

過食嘔吐が続くと、体内が鉄分やビタミン不足になり貧血を引き起こします。また、貧血は目眩や息切れ心臓への負担に繋がります。

免疫低下

栄養失調になる事で免疫が低下し、病気や感染症にかかりやすくなります。また肌荒れや抜け毛、身体の冷えなども引き起こします。

睡眠不足

外では誰かに見られてしまいますから、夜に家で過食嘔吐をする場合が多いようです。就寝前に過食嘔吐をする事により睡眠時間が削られてしまい翌日も倦怠感が残ります。

過食嘔吐はダイエットではなく自殺行為

過食嘔吐はダイエット方法ではなく、精神疾患への第一歩です。

痩せるつもりが顔は腫れ、浮腫みで足はバンパン、歯はボロボロです。痩せる以上に、失うものが多すぎるでしょう。

体重を減らせたとしても、自分の命をもすり減らしてしまっては意味がありません。

泥沼から抜け出せなくなる前に立ち止まってよく自分と向き合ってみてください。

written by マルコリン

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ