2016年04月29日 更新 | 1,651 views

緑茶を飲めば、ダイエットもエイジングケアもできるって本当?

昔から、日本では緑茶を飲む文化が盛んです。おそらく、多くの人が「お茶=緑茶」というイメージを持っているのではないでしょうか?そんな緑茶には、女性にとってうれしい効果がたくさんあるって知っていましたか?それは、ダイエット、アンチエイジングに美肌づくりに……などなど!今日から緑茶を飲んで、緑茶生活を楽しみましょう♪

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美さんが監修しています。

緑茶を飲むことは、身体にとって多くのメリットがあるんです。今回は緑茶のダイエット効果や飲み方を紹介します。

そもそも緑茶とは?

緑茶の茶葉の写真

緑茶は、日本茶とも呼ばれ、古くから日本で飲まれてきました。

緑茶は、茶葉を摘みとったあと、加熱処理を行い乾燥させて作ります。

実は、緑茶も紅茶や烏龍茶も原料は同じ茶葉なのですが、紅茶や烏龍茶は発酵させているのに対し、緑茶は発酵のステップを踏んでいないという点が特徴となっています。

緑茶のうれしい効果

緑茶にはダイエット効果があります。

さらに、血液サラサラ効果や、乾燥肌の予防抗酸化作用など、健康や美容に関するメリットがたくさんあるんです。

脂肪燃焼効果

緑茶にはカテキンカフェインが含まれているのですが、これらの成分はダイエットの手助けをしてくれます。

カフェインには脂肪燃焼効果があり、この効果は運動することでさらに大きくなるので、運動前にカフェインを摂取するのが効果的。

さらに、カテキンは脂質代謝に関わる酵素「リパーゼ」の活性を高めるといわれているので、こちらでも脂肪燃焼効果が期待できるんです。

乾燥肌の予防

緑茶にはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCはコラーゲンの生成に関わっており、ビタミンCを摂取することは、乾燥肌の予防や改善に効果があります。

しかし、ビタミンCは体内で生成できないので、食事や飲み物から摂取する必要があるんです。

ダイエット中は食事制限をする人が多いので、ついビタミンが不足しがち。

そこで、緑茶を飲んでビタミンCを補給すれば、痩せと美肌を両立できるんです。

アンチエイジング

緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、体内で発生した活性酸素を除去します。

活性酸素が増えると老化が進んでしまうため、活性酸素を除去することは、若々しくいるためにはとても重要なんです。

加えて、緑茶の抗酸化作用はとても高いといわれているので、飲み続けることで継続的なエイジングケアが可能になります。

殺菌作用

緑茶のカテキンには殺菌作用もあります。

食事をした後に、緑茶を飲むと口の中がすっきりしたことがありませんか?これは、口の中が緑茶によって殺菌され清潔になるからです。さ

らに、緑茶は口臭予防虫歯予防などにも効果があります。

緑茶の効果を活かす飲み方は?

緑茶が入ったおしゃれな茶器の写真

緑茶の効果を最大限に得るための効果的な飲み方を紹介します。

温かい緑茶を飲む

温かいお茶を飲むことで、身体の中から温めましょう。胃腸を温めることで、身体全体が温まります。

身体が冷えていると、代謝がうまくいかず、太りやすくなってしまうので、ダイエットのためには意識してホットで飲むようにしましょう。

寝る直前は飲まない

緑茶を寝る直前に飲むと、場合によってはカフェインの作用で目が覚めてしまいます。

なので、寝る直前は緑茶の代わりに、水か白湯で水分補給するようにしましょう。

食前や食事中に飲む

緑茶は食前や食事中に飲むようにしましょう。1日3食の食事時間に飲むだけでOKです。

すべての水分補給を緑茶にすると、利尿作用でお手洗いに行く回数が増えてしまうかもしれません。

緑茶の利尿作用に関しては、後でもくわしく解説します。

運動前に飲む

運動前に緑茶を飲むことで、脂肪燃焼効果が高まります。運動30分前を目安に飲むようにしましょう。

エクササイズではウォーキングやストレッチなどの有酸素運動をすると、さらにダイエット効果が高まります。

緑茶ダイエットの注意点

緑茶ダイエットは効果があるぶん、気をつけたい点がいくつかあります。

妊娠中や授乳中は避ける

通常の緑茶にはカフェインが含まれますので、妊娠中や授乳中は控えた方がいいでしょう。

市販品でもノンカフェインの緑茶が売られているので、表示を見て購入するようにしましょう。

1日水分補給を全て緑茶で行うのはNG

ダイエット中は意識して水分を摂るようにすることで、代謝が活性化されますので、水分補給をこまめに行いましょう。

しかし、緑茶には利尿効果があり、摂取した水分以上の尿が排出されることがあります。

なので、1日の必要水分量すべてを緑茶で摂るのはやめましょう。食前や食事中、運動前だけにとどめてください。

食事をおろそかにしない

ダイエットの基本は食事です。緑茶を飲むだけで、痩せられるわけではありません。

お菓子や脂っこいものの食べ過ぎていては、いくら緑茶を飲んでいてもダイエットにはなりませんので、ご注意を。

日々の生活に緑茶を取り入れて、ステキ女子に

おしゃれな湯のみの写真

日々の生活に緑茶を取り入れて、身体の中からキレイになっちゃいましょう。

急須や湯のみなど、オシャレなものを見つけて緑茶ライフを楽しんでくださいね。

written by 若子みな美

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

57,099 views

この記事の監修者

管理栄養士 若子みな美

若子みな美

管理栄養士

この記事のライター

管理栄養士 若子みな美

若子みな美

管理栄養士

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー