NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月09日 更新 | 54,061 views

[美容整形体験レポート] 埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

NICOLY読者の私は、腫れぼったい一重がずーっとコンプレックスでした。そんなコンプレックスを克服すべく、今回NICOLYの美容整形モニターに思い切って応募! とんとん拍子で話が進み、なんと無料で二重まぶた埋没法の施術を受けさせてもらえることになったんです。品川美容外科渋谷院の和田院長に行ってもらった二重整形の一部始終を、動画と写真つきでご紹介しちゃいます。

マスクをした一重の女性の写真

こんにちは!

私はNICOLY読者の一人。

私のコンプレックス、そうそれは……

一重のアップ写真

この腫れぼったい一重(涙)。

この目のせいで自分に自信が持てず、常に髪の毛で顔を隠していました。

アイプチでがんばって二重を作っても、目が腫れぼったいせいかどんどんとれてきちゃうんです。

一重の自分がいやだけど、もう自力ではどうしようもなくなっていました。

そんな時、ふと目にしたNICOLYの美容整形モニター募集。

自分を変えるきっかけが欲しいと思い、何気なく応募してみたところ……

とんとん拍子で話が進み、なんと埋没法の二重整形無料で受けさせてもらえることに!!!

二重埋没法を受けに品川美容外科渋谷院へ……

品川美容外科の看板と一緒に写真を撮る女性

二重埋没法の施術を受けるため、お邪魔したのは品川美容外科渋谷院

担当してくださったのは品川美容外科渋谷院の院長をなさっている、和田先生です。

ほんわかしていて笑顔がすてきな先生でした。

埋没法はメスを入れない二重整形

糸で二重の線を作り出す方法です。

ダウンタイムが短いことを知っていたのもあり、ほとんど不安はありませんでしたが、ちょっとだけ気になったことを質問。

ーー「仕事の休みが少ないんですが、腫れや赤みはどれくらい続きますか?

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

二重埋没法は、腫れや赤みなどのダウンタイムは比較的少ない手術です。

ーー「手術は痛いですか?

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

麻酔注射を打つ際に感じる痛みが、一番強いかもしれません。

まぶたの表と裏に麻酔注射を打つのですが、表はチクッとする程度。
裏への注射は少し痛みがあると思います。

ーー「まつエクやメイクはいつからしていいんでしょうか

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

まつげエクステは3日後から可能です。
化粧は手術翌日からやっても問題ないと思います。

メイクができない期間や腫れが一番不安でしたが……

思った以上に二重埋没法は気軽に受けれる整形手術なのかも、という印象を受けました。

カウンセリングで理想の二重幅ライン決め

先生のお話では、人それぞれ似合う二重の幅があるとのこと。

正直私は、自分ではどれくらいの幅が似合うか分からず……

カウンセリングで、鏡を見ながら一番しっくりくる二重幅を決めることになりました。

美容外科医と二重幅を相談する女性患者の写真

和田先生と二重幅の相談をしている様子。

いろいろな幅で試してくださいました。

二重幅をどこにするか確認している女性患者の写真
品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

これくらいの幅がちょうど良いかもしれませんね。

お、おお~~~! え? こんなキレイな二重が手にはいるの?

なんでもなじんでくると、少し二重の幅が狭くなるとのこと。

それも考慮しながら、最適な二重幅を選んでくださいました。

麻酔を打って、いざ二重埋没法の施術!

カウンセリングが一通り済み、施術台に移動。

施術台の上で笑気麻酔を施される女性患者

まずは笑気麻酔から。

笑気麻酔には緊張をほぐしてリラックスさせる効果があるんです。

いきなりまぶたに注射したら痛いですもんね……

笑気麻酔を吸っている間、看護師さんにまぶたを消毒して頂きました。

そしていざ、まぶたに麻酔注射!!!

まぶたに麻酔注射を打たれる女性患者の写真

まぶたの表の注射はチクっとする程度でしたが、まぶたの裏に注射を刺したときはめっちゃ痛かったです(涙)。

まぶたをくりんと持ち上げられ、いきなり視界が明るくなったと思ったら……

いっ、いたい!!!という感じでした。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

まぶたに力が入ると腫れやすくなってしまうので、なるべく力を抜いてリラックスしてください。

とは言われたものの、やっぱり力入っちゃいました。だって怖いんだもん。

でもその後の施術は、 笑気麻酔でぼんやりしていたこともあり、あんまりよく覚えていないんです。

まぶたの整形を受ける女性患者

ライトが日向ぼっこのようで心地よく、実は寝そうになってしまったくらい(笑)。

まぶたの上の 紫の線はマーキングです。

マーキングにそって糸をちくちく……

施術中の動画はこちら。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

はい、お疲れさまでした。

もう目を開けても大丈夫ですよ。

え、もう終わったの? ちゃんと二重になったのかな……!?

なんと施術にかかった時間はたったの 15分

おそるおそる目を開けると……

二重整形の手術を終えて目を開ける女性患者の写真

最初に感じたのは

眼球が涼しい……! 今まで空気が当たっていなかった眼球の一部に空気が当たってる!

でした(笑)。

視野が広がったことに感動。

二重整形を終えて鏡で確認をする笑顔の女性患者

その後鏡で二重の状態をチェック。

キレイな二重になってる……!!!

人生でこんなに感動したの、初めてかもしれません。

品川美容外科の詳細・無料カウンセリングはこちら

ダウンタイムの腫れや内出血、痛みは?

二重整形2週間後の目元の写真

埋没法をうけてから3週間が経ちました。

3週間経った頃の目元はこんな感じです。 施術直後はちょーっとだけ腫れている感じがありましたが、想定内。 私の場合、経過はとっても順調です!

ちなみに手術当日の夜は、ちょっとまぶたのあたりが熱っぽい感じがしました。

品川美容外科で処方されたロキソニンを念のため飲んで、熱さまシートをこめかみあたりに貼って顔を冷やしてみたりしました(笑)。

結局ロキソニンを飲んだのは手術当日だけで、麻酔が切れてからもほとんど痛むことはありませんでした

埋没法による二重まぶたの術後経過写真

二重埋没法の手術って、腫れや赤みを心配する方が多い気がします。

私も施術前はそうでした。

でも経過をみていると、思ったほど腫れはなかったように感じます。

ちなみに私の場合、赤みはでませんでした。

施術前

二重整形前の一重の女性の写真

施術前の目元はもちろん一重。

施術直後

二重整形直後の女性の目元の写真

施術直後の二重まぶた。

実は施術当日はそこまで腫れないことも多いのだとか。

1日後

二重整形1日後の目元の写真

手術翌日は、麻酔をうつ時に ちょっと力んでしまった右目が、若干腫れているように感じます。

2日後

二重整形2日後の目元の写真

手術から2日後、二重になって初めての出勤!

職場の同僚に「なんか眠そうじゃない? 」って言われちゃいました(笑)。

まだちょっと腫れてるのかな?

3日後

二重整形3日後の目元の写真

3日経ったあたりから、だんだん腫れが引いてきたかも!

4日後

二重整形4日後の目元の写真

4日経ちました。目に負担のかかる作業はまだちょっと疲れやすく感じます。

5日後

二重整形5日後の目元の写真

5日経って、左目はかなり落ち着いてきました。

12日後

二重整形12日後の目元の写真

12日経過。右目も落ち着いてきて、だんだんナチュラルな目元に……!

3週間後

二重整形2週間後の目元の写真

3週間経つとなじんで、生まれつきかのような二重になってきた気が!

こうして日を追って見てゆくと、だんだん腫れが引いてゆくのが分かりますね。

1か月後

二重埋没法から1ヶ月経過後の写真

1か月も経つと、実感値としてはかなり自然な状態に。

二重の自分にも慣れてきました。

ナチュラルなアイメイクでも目元の存在感があるのがうれしいです!

品川美容外科の詳細・無料カウンセリングはこちら

二重埋没法のビフォーアフター

顔全体のビフォーアフターはこちら。

二重埋没法前

二重整形前の顔の写真

施術前の写真です。

あああああ腫れぼったい一重が気になる……。

心なしか表情もちょっと暗いです。

二重埋没法直後

二重整形直後の写真

施術直後の写真!

表情は緊張気味ですが、この時感動で心の中はうきうきしています(笑)。

二重埋没法から3週間後

二重整形から3週間経った女性の写真

そして二重埋没法をうけてから3週間経った写真です。

一重の頃と比べて、自然と表情が明るくなってきました。

二重埋没法から1か月半後

二重埋没法を受けた女性の経過写真

二重埋没法から1か月半経った写真。

もうすでに二重は自然になじんでいるように思います。

何より自分の顔に自信が持てて、毎日のおしゃれが楽しくてたまらないんです。

二重埋没法の施術を受けた女性のビフォーアフターの写真

正直自分でも、同一人物だなんて信じられない(笑)。

二重埋没法から3か月後

二重埋没法から3か月後の写真がこちら。

二重埋没法を受けた女性の顔写真

目元にまったく違和感もなく、「生まれた時から二重だったのでは」とたまに自分で思っています(笑)。

気になる二重埋没法の値段は……?

貯金箱の写真

ちなみに気になる二重埋没法の値段ですが……

ひとえに埋没法といってもさまざまな手法があり、また何点留めかによっても値段が変わってきます。

今回行って頂いた埋没法は、1dayナチュラルクイック法3点留めというもの。

値段は両目で157,500円(税抜)です。

埋没法の種類や使う麻酔によって値段が異なるので、金額についてはカウンセリングできちんと相談するようにしましょう。

二重埋没法、やってよかった

二重整形後、うれしそうに二重になった後の話をする女性の写真

幼い頃から、腫れぼったい一重が強いコンプレックスでした。

鏡を見るのもおっくうだし、人と目を合わせるのもなんだかいやで……

でも二重整形をしてから、毎日鏡をみるのが楽しみで仕方ありません。

そしてなにより、メイクの研究をするようになったんです!

今までは

「なんとか目をおっきく見せよう」

と思ってアイシャドウを濃くぬりたくったり、とにかく「欠点を隠す」メイクばかりしていたんです。

でも今は

二重だとこんなメイクも似合うんだ!

と、メイク法を変えるたびに新しい発見があって、すごく「女の子」を楽しめている毎日です。

二重埋没法、やってよかったです!

品川美容外科の詳細・無料カウンセリングはこちら

二重埋没法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,611円
品川美容外科 18,140円
水の森美容外科 55,555円
城本クリニック 60,000円
聖心美容クリニック 115,000円
東京美容外科 130,000円

※費用は税抜表示です。※2点留め、両目の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

NICOLYでは随時、美容整形の体験レポートを公開しています!

美容整形の最新情報をゲットするために NICOLYのLINE@に友だち追加してくださいね。

NICOLYのLINE@でできること

  • おすすめの最新記事のお知らせ
  • 無料のモニター募集(不定期)
  • その他お得情報の配信

NICOLY限定!美容整形をモニター料金で安く受けられちゃう情報もいち早くお知らせします!

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

二重整形の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川美容外科 福岡院

西鉄 福岡駅より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44150 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ