NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月26日 更新 | 2,100 views

チークは小顔のマストアイテム! 顔型別チークの入れ方

女性の顔を可愛く華やかに仕上げてくれる、メイクでは欠かせないチーク。実はチークは、顔型によって似合うぬり方がちがいます。正しいチークのいれ方をマスターして、小顔に見せつつ華やかさを手に入れちゃいませんか。

メイクの出来栄えを左右するチーク。

華やかな印象を与えてくれるので、女性にとってかかせないアイテムです。

実はチークは、顔型によってぬり方がちがいます。

間違ったぬり方をしていると、顔が大きく見えたり平面的に見えたり、マイナスな要素があるかもしれません。

自分の顔型に合わせた正しいチークのぬり方を知って、小顔を手に入れちゃいましょう。

チークのブラシ選び

チークブラシとチーク

チークを買うとほぼついてくる付属のブラシ。

付属のブラシがついてくるのは便利ですが、この付属ブラシでぬろうとすると粉がつきすぎ、色ムラができて不自然になる可能性が。

チークを使うときは付属ブラシではなく、チーク専用ブラシを使うのがベスト。

また、チークをブラシに取ってすぐにつけるのではなく、余分な粉をティッシュなどで落としてからぬると、つけすぎることなくナチュラルに仕上がります。

顔型に会わせた小顔チーク術

チークをぬる女性

顔の形ごとに、似合うチークのぬり方があるんです。

卵型の顔

理想的な顔型と言われている卵型の顔。

チークのぬり方も基本「王道」でOKです。

頬骨の一番高いところからこめかみにかけて形は丸く、角度は斜めにチークを入れましょう。

ぬりはじめのスタートは黒目よりも外側の位置から入れるとうまくぬることができ、小顔効果も抜群です。

丸顔

顔の縦幅よりも横幅が広い丸顔。顔が大きく見えたり幼く見えたりするので、ほっそりシャープな印象に変身しましょう。

チークは頬骨の一番高いところからこめかみのあたりまで。

これは卵型のチークの入れ方と同じですが、違いは幅をせまめに入れること。

角度は先ほどと同じく斜めにいれます。ぬりはじめのスタートは同じく黒めの外側から入れるとほっそりシャープな小顔になれます。

面長の顔

顔の縦のラインが目立ってしまう面長の顔。その縦長な印象を打ち消すようなチークの入れ方が望ましいです。

頬骨の一番高い位置より少し下から角度は水平に、形は横長のだ円形を描くようにぬりましょう。

角度を斜めにしてチークを入れてしまうと、縦長が強調されてしまうので避けたほうが良いかも。

ぬりはじめのスタートは黒目の下にすると、横幅が広く見え小顔に見せることができちゃいます。

逆三角形の顔

あごのラインが細めの逆三角形の顔。

性格がきつく見られがちなので、その輪郭をやわらかく見せるのがポイントです。

頬の少し高めのところに広く、大きく、ふんわりと形は円形にチークを入れます。

ぬりはじめのスタートは黒目の下あたりから入れるとより小顔に。 チークをあまい下の位置に入れてしまうとあごを強調してしまい、年齢が老けてしまう可能性があるので気をつけましょう。

ベース型の顔

エラが張っていて、平面的な印象のベース型の顔。

まずは少し暗めのファンデーションで、こめかみからエラにかけてシェーディングを入れてみて。

そしてチークは頬骨の高いところから耳に向かって形はだ円形に、角度は斜めに入れます。

この2つのメイク法で、小顔効果は抜群。

下ぶくれの顔

下あごのライン部分がふっくらしている下ぶくれの顔。このふっくらした部分を細く見せるようにメイクしていきます。

チークは頬の少し高めの場所から横長にいれていきます。

そしてシェーディングを、こめかみからあごにかけてふくらんでいるところに入れると、影をつくる事ができほっそりとした印象に。

頬の下にチークを入れると顔の輪郭を強調してしまうので気をつけましょう。

チークをよりきれいに仕上げるためのコツ

チーク出典:hadalove.jp

チークをよりきれいに、効果的に入れるためには2つコツがあります。さっそくそれらをご紹介していきましょう。

ベースをしっかり整える

やはりメイクの基本はベースづくりです。これがしっかりしていないと、チークだけでなく他のポイントメイクも美しく仕上げることができません。

ベースメイクはムラがないように、しっかり整えておきましょう。とくにコンシーラーの使い方がポイントとなります。

コンシーラーはファンデーションのタイプによって使う順番を変えるというのが基本です。以下を参考にしてみてくださいね!

パウダーファンデーションの場合

化粧下地→コンシーラー→ファンデーション

リキッドファンデーションの場合

化粧下地→ファンデーション→コンシーラー

リキッドファンデーションを使用する場合、ファンデのあとにコンシーラーを使いますが仕上げにはフェイスパイダーを使ってサラサラの状態にしておきましょう。

そうすると、よりチークもきれいに入れることができますよ!

ブラシ・スポンジ選びもポイント

チークを美しく入れるためには、ツール選びもとても重要です。ブラシやスポンジは安物ではなく、しっかりとした優良品を選ぶようにしてくださいね。

ブラシは持ち手が長くて毛質が柔らかいものがおすすめです。余計な力が入りづらいので、チークをムラなく入れることができます。

またスポンジを使う場合には、厚さがあって大きめのもをチョイスしてください。肉厚なスポンジを使うとムラのないチークが入れられて、美しいメイクの仕上がりになるでしょう。

チークの持ちをよくするための裏ワザ

裏ワザ出典:www.beautynewstokyo.jp

せっかく小顔になるように丁寧なチークを入れたのですから、できるだけ長持ちさせたいですよね!

そんなあなたのために、チークの持ちをよくする裏ワザを伝授いたしましょう。

パウダーチークと液体チークのW使い

チークにはいろいろな種類があって、自分の好みに合わせて使い分けることができます。チークにはパウダー・リキッド・練りチークの3種類があるのです。

まずはパウダーチーク。これがいちばん一般的なチークの形状です。粉状になっているので、肌に乗せるとふんわり仕上げることができます。

初心者の方はこのタイプのチークを使うのがおすすめです。ブラシでふわっとのせると、きれいに仕上がりになります。

そしてリキッドタイプ。液状になっているので、肌にのせると透明感のある発色になります。肌の奥からにじみ出ているような色合いを楽しむことができます。

最後は練りチーク、クリームタイプになっているものです。かなりはっきりとした発色になるので、ビビットメイクをしたい人にはおすすめです。

さて、小顔が演出できるチークを少しでも長持ちさせるにはパウダータイプとリキッドタイプをW使いするのがおすすめになります。

やり方は・・・

  1. まずベースメイクをした直後にリキッドタイプのチークを薄めに塗ります
  2. このあとに通常通りのメイクを行っていき、最後にパウダーチークを頬にのせます

この工程を行うことで、肌とチークの密着度が高くなってチークが落ちにくくなります。

「せっかく小顔効果のあるチークを入れたのに落ちてしまう!」とお悩みの方は、この方法をぜひ試してみてくださいね♪

小顔になれるチークでふんわり可愛らしく

花をバックにカメラ目線の美しい女性

顔型が違えばチークのいれ方も違います。

これまでのやり方を見直して、骨格を意識したメイクを心がけてみては。

小顔になれる上に、女性らしく可愛い雰囲気に変身できちゃうかも。

written by えぃみん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44918 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ