NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年07月29日 更新 | 13,454 views

一重でも可愛い目元♡ 「脱・地味」できるメイクテクとは?

二重まぶたに比べて、一重は厚ぼったい目元になりがち。一重まぶたにコンプレックスを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、一重でもちょっとメイクを変えるだけで、とても華やかで可愛い顔立ちになるんですよ!今回はそんな一重まぶたの悩みを解消できる、メイクの方法を紹介します。

一重まぶたの悩みといえば、

  • 目が小さく見える
  • 華やかさが少ない
  • 可愛い感じに仕上がらない

などが挙げられますね。

けれど、今回レクチャーするメイク法を取り入れれば、あっという間に悩みを解消できるかも?

一重まぶたをメイクの魔法で可愛くナチュラルに仕上げるメイクテクニックを、ぜひ覚えて実践しましょう!

しっかり目ヂカラを強調して、コンプレックスを感じさせない素敵な目元を演出できればきっと毎日が楽しくなりますよ。

メイクは女子に与えられた特権!フル活用して可愛いを作りましょう!

一重のメリット

二重じゃなければ女子にあらず!といった極端な思考を持っている人も多いですよね。しかし一重にしかないメリットだってたくさんあるんです。

まずはそういった一重さんの良さを紹介していこうと思います。一重だからといって、決してコンプレックスに思うことはありません。

知的でクールな印象に

一重の切れ長な瞳は、かっこよさを醸し出す最大のアイテムです。二重だとどうしてもかわいい系の印象になりがち。

10代の頃はかわいいをアピールしてもいいですが、年を重ねるごとにそれだけでは女性として勝負していけなくまります。

やはり大人になるに連れて、かっこよさやクールさを出せる方が得になります。こう考えると、年を取るに連れて一重さんの方がメリットが出てくるのです。

とくに仕事をしている人は、キリっとして落ち着いたイメージがあった方がいろいろなことが円滑に進むでしょう。一重まぶたはできる女の雰囲気を醸し出すにはぴったりの目元です!

いつまでもハリのある目元に

一重まぶたは目元の構造上、シワができにくいと言われています。二重に比べて、目の周りが年齢を重ねてもスッキリしているのです。

30歳を過ぎたことから一重と二重の目元のシワには差が徐々に出てきます。一重さんはまぶたが厚いことが多いので、たるみやくぼみが起きにくいというのもメリットではないでしょうか。

老けにくいというのは女性にとって非常に嬉しい要素です。ぜひ一重の方は整形などせずに、今あなたが持っている一重というのを大事にして欲しいと思います。

一重は外界から目を守ることに長けている

見た目の印象だけでなく、一重まぶたは機能性においてもメリットがあります。一重は冷たい空気や風から眼球を守るような機能を持っているのです。

なので二重の人に比べて目が乾燥しにくい、というメリットがあるようです。ドライアイになる人も少ないのではないでしょうか。

そして空気中のゴミなども目の中に入りづらいので、目が傷つきにくいということも挙げられます。厚いまぶたは決して難点などではなく、人体の構造上メリットになっているのです!

可愛いメイクのための、アイシャドウの選び方と塗り方

一重に合うメイクをした女性の写真出典:Blossom in the SOL

一重さんはカラー選びに注意!

一重の人におすすめしたいカラーは、ブラウン・ゴールド・ベージュ・ブルーなどです。

特にブラウンやゴールドは立体感を出しやすく、日本女性のオリエンタルビューティーを引きだしてくれる優秀カラー。

可愛いテイストにするときは、ほんのりパールが入ったシャドウをメインで使い、グリッターなどで涙袋にきらめきをプラスするのが◎です。

一重まぶたは重く見えがちなので、まぶたが腫れているように見えてしまう暖色系は基本的にNGですが、グラデーションで奥行きを出したり、ラインで目の際を締めるテクニックを使ったりすればOKです。

なのでピンクやオレンジといった色味でなく、カラー系を使いたい場合はブルーやグリーンの色味を使うのがベター。

原色だとキツイ印象を持たれやすいので、パステル系のブルーやグリーンのアイシャドウを使うと、一重が活かされるのでおすすめです!

魅力をアップさせる、シャドウの塗り方は?

可愛いメイクでは、目尻をやや下げたラインを描いて、「タレ目」をつくりましょう。

アイシャドウの締め色やアイラインを、目尻から1/3くらいのところに入れるとキュートな目元に

ただし、タレ目にしすぎると品がなくなってしまうので、「色をのせる」程度にするのがポイントです。

アイシャドウはぼかさないでつけるのが一重アイメイクのポイント。ぼかすと目を開けたときに、カラーがまぶたに隠れて見えなくなってしまうことが多くなります。

なので一重さんはアイシャドウをぼかさないで、ハッキリと塗ることを意識してください!

アイラインを駆使して、さりげなく目力アップ

タレ目に見えるアイラインを描いた女性の写真出典:Blossom in the SOL

アイラインの色味の選び方

アイラインは目を大きく見せるためには欠かせないアイテムで、カラーのチョイスも重要

ペンシルの場合はブラックでもブラウンでもいいですが、存在感が増すリキッドでは、ブラウンを選ぶと、優しい印象になります。

さらに目尻をやや太めに少しはね上げると、印象的な目元をつくれます。

アイラインの引き方①ペンシルでナチュラルに

ペンシルで描くときは、まつ毛の隙間を埋めるように、こうすることによって、よりつぶらで可愛い瞳を作り出すことができます。

少し手間ですが魅力的な目になるため! 肌色が見えている部分をしっかり塗りつぶしましょう。

アイラインの引き方②リキッドで視線を集める目元に

一重の人は、かなり太めにアイラインを引いてしまってOK。太めでも、ブラウンならやり過ぎ感が出ません。

幅の目安は、もっとも太いところで3ミリ以上に。

ナチュラルメイクを意識しすぎて細いアイラインにすると、目力ゼロの華のない顔になってしまうのでご注意を。

マスカラ&ビューラーはマスト!

ビューラーを使う女性の写真出典:Pinterest

マスカラはロングラッシュタイプを選んで

一重さんのまつ毛は、ボリュームより長さを意識するといいでしょう。ビューラーは幅が狭いものが、角度を調節しやすくおすすめです。

さらにビューラーでまつ毛を上げすぎずに、真上ではなくななめ上に向かって開くようにすると、目の魅力が活かされるメイクに。

ロングラッシュタイプのマスカラを使って、こまめにコームでとかしながら塗れば、一重さんに合うナチュラルまつ毛のできあがりです。

ビューラーの使い方

自然なまつ毛にするには、ビューラーの使い方にもポイントが。

通常ははじめに根元をしっかりはさみますが、今回のハウツーではややひかえめに。

その代わりに中間にしっかりカールをつけて、毛先はやや丸みを帯びる程度にすれば、目元の立体感をアップさせるまつ毛になります。

ビューラーをライターなどで炙ってからまつ毛を上げると、カールをつけやすく、もちも良くなります。ただし、やけどには十分注意してくださいね。

まつ毛エクステという選択肢

毎回まつげメイクををするのが面倒、時間がない、という人にはまつ毛エクステがおすすめです。

まつエクは、一度施術を受ければ2週間〜1か月は目元のパッチリ感が持続します。

目元をゴシゴシ洗えないのが難点ですが、普通に生活するうえでの不便はほとんどありません。

まつ毛エクステにも種類があり、一重さんにおすすめなのは、10〜12ミリのナチュラルカール

「可愛い=ぱっちりした目」と長め&カール強めのエクステをつけている人が多いですが、人工的な目元になってしまっては本末転倒。

「可愛い」ではなく、「顔を作り込みすぎて怖い人」「おばさんぽい顔」になってしまいます。

なので、あくまでも自然な仕上がりになるように、スタイリストに相談しましょう。

下まぶた・下まつげにも工夫を

一重マスカラ出典:ameblo.jp

一重さんは上まぶただけでなく、目の下のアイメイクにもしっかり工夫を入れていくのが可愛い目元をつくる上でのポイントです。

下まぶたに陰影をつけて

下まぶたの目尻に、眉毛に使ったのと同じ色味のパウダーをのせると目が縦に強調されてよりデカ目を演出できます。

だいたい目尻から横幅1/3くらいのところまで、パウダーをのせるようにしてみてください。幅は目尻にいくほど広げると、なお仕上がりがよく見えます。

下まつげにもしっかりマスカラを

一重さんは下まつげにもマスカラを塗っていきましょう。カール力のある黒のマスカラを下まつげに使うのがおすすめです!

マスカラを塗ったあとはビューラーを使って、まつ毛全体を押し上げていくようにしてください。こうすることで、先ほどのアイシャドウと同じように目元が縦長み見える効果を出すことができます。

一重だから作れる可愛い目元

brown eyed girlsのgainの写真出典:Pinterest

一重でもパッチリ可愛いメイクができるということが伝わったでしょうか?

普段のメイクに多少気をつけるだけで、自分の魅力を再確認できるはず。

この記事を参考に、自分に合ったアイテムを見つけて、メイクで「可愛い」をかなえましょう♡

written by kurihara

top image via Pinterest

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45691 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ