NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 3,472 views

黒豆ダイエットで1ヶ月2キロ減に成功! その効果的な方法とは?

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

お正月以外に食べる機会がない黒豆...。若い人からすると黒豆は手が出しづらい食材なのですが、黒豆はダイエット効果が抜群の優れた食材なんです。そこで今回は、食事制限なし! 黒豆を食べるだけの「黒豆ダイエット」に注目してみました。実際に私も、黒豆ダイエットで1か月2キロ減を成功させていますからね...黒豆ってすごいんです。

効果大! 黒豆ダイエットが成功する理由

まずハッキリと申し上げます。黒豆ダイエットの方法は簡単です。なぜなら厳しい食事制限などは一切なく、乾燥した黒豆を1日70g(調理後140g)食べ続けるだけの簡単ダイエットなのです。黒豆を食べる時間帯も、全てあなたにお任せします!朝食・昼食・夕食・おやつなど、自分が食べたい時で大丈夫です。

ただし、黒豆自体が低カロリーということではないので、普段のお菓子などをやめずに黒豆を追加でパクパク食べていては、ダイエット効果が期待できないので注意してくださいね。

私は小腹が空く15時に黒豆ダイエットを実行していました。チョコレートやクッキーに手を出していた自分を卒業して、黒豆でお腹を満たすだけでも素敵なダイエット効果を得ることができましたよ!

黒豆ダイエットの最大の魅力は、黒豆の秘めたる栄養成分です。

食物繊維で便秘の改善

黒豆は大豆の一種で、食物繊維が豊富。腸内環境を整えてくれ、便秘改善や肌荒れの改善が期待できます。

大豆サポニンで余分な脂肪を撃退

大豆サポニンには、体内の脂質代謝を促進し肥満を予防したり、血中脂質のバランスを整える作用があります。

アントシアニンで血液サラサラ

黒豆の黒色はアントシアニンの色です。活性酸素の発生を抑制し、血液がドロドロになるのを防いだり、疲れ目を改善する働きがあります。

大豆イソフラボンで美しい身体を

大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た働きをし、美肌や女性らしい身体作りに期待ができます。

生の黒豆を使おう! オススメのゆで方とは?

黒豆ダイエットを実践しようと思ったとき、まず思い浮かぶのは市販の「黒豆の煮豆」ですが、「黒豆の煮豆」は黒豆ダイエットには不向きです。甘くて美味しいですが、調理上で大量の砂糖を入れていて、生の黒豆と比べカロリーが高くなっているため、毎日食べたら太ってしまうだけです。

そこで、黒豆ダイエットを実践するときは、生の黒豆を使いましょう。スーパーの乾物売り場で生の黒豆をゲットして、自分でゆでるのです。

黒豆ダイエットの基本レシピ☆黒豆のゆで方

  1. 黒豆を水で洗いましょう。十分に汚れを取るのがポイントです。
  2. 黒豆:水=1:2の割合で、水を入れた鍋に洗った黒豆を入れましょう。5時間以上つけおきしておくのが、ポイントです。
  3. つけおきに使った汁ごと火にかけます(ここがポイント!)。最初は中火です。
  4. 沸騰する直前を見極めて、すぐに弱火して20~30分ほどゆでます。
  5. ゆで上がったら10分蒸らしてでき上がりです!

これで、ふっくらツヤツヤの黒豆が完成します。黒豆ダイエット歴半年の私は、黒豆をゆでるのが本当に上手になりました。紹介した方法なら、誰でも美味しく黒豆をゆでることができます! 皆さんも、ぜひ黒豆を美味しくゆでる技を習得してください。

私の黒豆ダイエットレシピ

ふっくらとゆで上がった黒豆ですが、残念なお知らせです。甘くありません。そのまま食べても美味しいのですが、だんだんと飽きてしまうので、私が実際に試しているオススメの黒豆ダイエットのアレンジレシピを紹介します。

  • 朝食の定番に! 黒豆ヨーグルト(黒豆+きな粉+ヨーグルト+はちみつ)
  • 黒豆ごはん(白米に黒豆を混ぜるだけ)
  • 夏に最適! 黒豆寒天(水に少量の砂糖と寒天、黒豆を加えて冷やして固める)
  • 黒豆スープ(たくさんの野菜と共に、鶏がらスープで煮込む)
  • 黒豆サラダ(いつものサラダに黒豆をプラスするだけです)
  • 黒豆スムージー(牛乳、黒豆、はちみつ、バナナをミキサーにかける)

このように、アレンジ次第で黒豆はもっと美味しくなります。実際に、黒豆ダイエットを始めて便通が良くなったせいか、1か月で-2キロ体重が減りました。体重がストン!と落ちたときはとても嬉しかったです! 私は、今後も黒豆ダイエットを続けていく予定です!

まとめ

以上が、黒豆ダイエットの紹介でした。いかがでしたか? 黒豆はお正月だけに食べる食材ではなく、毎日食べることができるダイエット食材としてもオススメです。味にクセがないので、パクパク食べることができると評判です。もちろん、食べ過ぎは禁物なんですけどね。是非、黒豆ダイエットを実践して、素敵なボディラインをゲットしましょう。

written by ゆりぽん

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44537 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ