NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年02月26日 更新 | 6,393 views

病院治療の末に過食嘔吐の克服や共存した人のブログ5選

過食嘔吐はなかなかやめられないものです。病院治療のブログを見ても必ず克服できるわけではありません。でも病院治療をした方のブログを読むと、過食嘔吐と共存するヒントがわかるかもしれません。今回は病院で治療をし、過食嘔吐を克服した人や共存の道を選んだ人、合わせて5つのブログを紹介します。

病院で過食嘔吐の治療をした人のブログを5つ厳選しました。

ブログを見て分かることは、病院に行ったからといって過食嘔吐を克服できるわけではないということ。

ただ、ブログを通して病院治療を見ることで、過食嘔吐と共存しながら克服するためのヒントを得ることはできると思います

病院で過食嘔吐の治療をした人のブログ1:つらつら。

女性がうつむいている画像

また食べるのが怖くなってきてしまった
こないだまで朝昼食べてたけどまたちゃんと食べれなくなった

食べなくなったら今度は過食衝動に襲われる
それで今過食が酷くなってる
一日中食べてるわ

目の前でありえない量食べても、疑問に思ったりしない彼氏さん…
すごく、ありがたいというか、過ごしやすい

でもやっぱり過食嘔吐やめたいなあ

出典:つらつら。

現在は更新をストップしていますが、入院57日目までの食事記録をアップしてくれています。

入院当初は太ることへの恐怖からご飯などの炭水化物を残していますが、病院での生活を経るにしたがって食事を完食するようになっていきます。

病院での食事がどんなメニューなのか大変参考になります。

病院1日目からの食事メニューはこちら

つらつら。

病院で過食嘔吐の治療をした人のブログ2:摂食障害1年生

過食嘔吐辞めればちゃんと食べれば体力だって戻って健康になって薬だっていらなくなる事。

でも体重増えるのが怖くて怖くてまだまだ普通の食事が出来ないんだ。

いつまでこんな生活が続くんだろう・・・・・

過食嘔吐辞めなきゃと思う反面、過食嘔吐を楽しんでる自分もいて。

ホントバカ過ぎるねー。

懲りずに明日も3Rくらいやらかしちゃうんだろうなー

出典:摂食障害1年生

二度の閉鎖病棟の入院を経験した方のブログ。以前と比べると食事メニューに変化が見られ、過食嘔吐が少しずつ改善している様子がわかります。

日々の食事メニューや病院食も詳しく公開しており、病院に行く前、病院に入院しているとき、通院時と食事メニューの変化を参考にできるブログです。

摂食障害1年生

病院で過食嘔吐の治療をした人のブログ3:摂食障害、過食嘔吐、ゆうかの日記

女性が大量の食べ物を食べている画像

診察室に入って、少し話しをしただけで、
『あっ、この先生、信頼できる!私、この先生に診てもらいたい!私、この人に見捨てられたくない!』
って思いました。

私は病気になってから12年間の間、色んな病院に行って、数えきれないくらいの先生と話をしてきたけど、
『信頼できる!この先生に診てもらいたい!』って思えた事は、一度もありませんでした。

今日、先生と話して、ちょっとびっくりしたことは、
まず、『過食嘔吐をやめる必要はないよ』って言われたこと。

過食をやめる必要はない、過食嘔吐がやめられなくても、生理がある体重まで体重を増やすことができたらそれでいいって言われました。

そのためには、やっぱり、お母さんに、思いっきり甘えて受け入れてもらって、子供の頃に感じることが
出来なかった、『お母さんは、何があっても、自分を裏切らない、ずっと味方でいてくれる』って気持ちを、これから取り戻すことができれば、精神的に自立出来て、よくなっていくはずだと言われました。

出典:摂食障害、過食嘔吐、ゆうかの日記

最初、過食嘔吐がうまくできず非嘔吐過食になっていたブロガーさん。ただ、体重が増える恐怖で下剤を毎日300錠飲んでいた時もあったようです。

過食嘔吐をするようになってからは、家族との触れ合いがブログのなかに出てきます。過食嘔吐を克服するにせよ、過食嘔吐と一緒に過ごしていくにせよ、家族との関係は大切だと感じさせてくれるブログです。

摂食障害、過食嘔吐、ゆうかの日記

病院で過食嘔吐の治療をした人のブログ4:摂食障害のキミへ・・・

吐く・・・?
食べ物のおいしさを充分味わい、後は吐いてしまってカロリーは
無かったことにする?

最高じゃない!?

体質的に、吐くことができる人とできない人がいるらしい。

思い切って、充分食べた後に吐いてみた。
私は吐ける体質だった。

抑制していた食欲を充分に満たし、無かったことにする。
こうすれば、吐いた後でも更に多食することができる!

一旦胃に入り、消化と吸収を命じられた脳が、胃の中に
何もないことにパニックを起こし、更に食欲を増加させる、
という仕組みを理解していなかった。

出典:摂食障害のキミへ・・・

27年間もの間、拒食症、非嘔吐過食症、過食嘔吐とあらゆる摂食障害を経験しついに入院。一度退院するも、ブロガーさんはこんな事を思い浮かべます。

これで、私は治ったのだろうか?
体重は38Kgになったけど、過食嘔吐しないで
ストレスなどを誤魔化せるようになったのだろうか?

全く、自信がなかった。



外来で先生にお願いした。
「もう一度入院させてください」
入院期間が短く、私が完全に回復していないことが分かったのか、
「では、あと2週間入院しましょうか」

早春、私は懐かしくイライラしていた病院のベッドに
寝ていた。

出典:摂食障害のキミへ・・・

その後、2週間の入院をし過食嘔吐を克服したように思えましたが、また過食嘔吐に逆戻りしてしまいます。

過食嘔吐治療の現実がよくわかるブログです。

摂食障害のキミへ・・・

病院で過食嘔吐の治療をした人のブログ5:過食嘔吐に苦しんだ17年間のブログまとめ

治療を始めてから1年後には、妊娠することができたんです!体も治ったばかりだし、いろいろな不安もありましたが、夫をはじめ、家族や友だちに支えてもらいながら、無事に出産することができました。

いろんな治療をしてもダメで、過食嘔吐を完治するなんて、正直、あきらめていたところもありました。こんな私でも、過食嘔吐を克服することができたなんて、いまでも信じられないくらいです。

出典:過食嘔吐に苦しんだ17年間のブログまとめ

10代から17年間も過食嘔吐に悩んでいたブロガーさん。大学2年生のときに抗うつ剤による薬物治療、カンセリングによる心理療法を行うも、ブロガーさんにはあまり効果がないようでした。

その後、社会人になったブロガーさんは栄養治療を受けるように。すると自分の過食嘔吐の原因が低血糖症だと分かります。

過食嘔吐は精神的なものだと思っていたので、それを克服できない自分は、意思の弱いダメな人間なんだ、と自己嫌悪に陥ってしまうことがよくありました。

でも、低血糖症という体の症状が原因で過食嘔吐を繰り返していたのだとわかって、「それなら治るかもしれない」と希望が持てたし、「私はダメな人間というわけじゃないんだ」と心が軽くなりました。

出典:過食嘔吐に苦しんだ17年間のブログまとめ

そして、ついに過食嘔吐を克服し、愛する旦那さんの子どもを出産することができました。

過食嘔吐に苦しんだ17年間のブログまとめ

過食嘔吐と共存しながら克服する

手を取り合っている人の写真

過食嘔吐は精神的に辛いのはもちろんですが、胃酸によって歯が溶けてしまったり、食道が炎症を起こしたり、生理不順になったりと、身体全体にも負担がかかるものです。

そのため、病院で治療を受けようと一歩踏み出すのはとても大切なこと。

しかし、病院で過食嘔吐の治療をした方のブログを見ていると、残念ながら病院に行ったからといって過食嘔吐をすぐ克服できた方は少ないように感じます。

それならば、過食嘔吐と共存しつつ、気が向いたら病院に行って治療するのも手です。

たとえば、毎日嘔吐するのではなく2〜3日に一回にする。過食をやめて普通の量の食事をこころがけ吐きたくなったら吐く。身体にできるだけ負担の掛からない食事メニューや嘔吐の仕方を心がける。

このように過食嘔吐してしまう自分を受け入れつつ、少しずつ改善していくといいと思います。

過食嘔吐に限らず、無理して克服しようと思ってもなかなかできないのが人間という生き物。「過食嘔吐と共存しながら、少しずつ克服しよう」と考え方を変えるだけで、気持ちがたいぶ楽になると思います。

written by nopaso

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44478 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ