NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1036記事

メルマガ登録

2016年11月02日 更新 | 16,408 views

一人目とは違う二人目不妊の妊活体験談ブログまとめ

二人目の妊活は一人目の妊活と違う点があります。いちばん違う点は年齢。妊娠適齢期を過ぎるほど、不妊になる可能性があります。ただ、一人目の赤ちゃんを不妊治療で授かった人は、そのデータを利用することで二人目の妊活のほうがスムーズにいく場合もあります。今回は二人目不妊の妊活体験談ブログを紹介。タイミング法や人工授精、胚移植、顕微授精など、さまざまな不妊治療の体験を見ることができます。

第一子を授かってから「もう一人子どもが欲しい」と思うご夫婦は多いもの。ただ、「二人目不妊」という言葉があるように、二人目の妊活は苦労することがあるんです。

理由のひとつは加齢。子育てが一段落して「二人目の赤ちゃんが欲しい」と妊活を始めたときには、一人目のときより年齢を重ねてしまっています。そして、この「年齢」つまり「出産適齢期」が不妊の原因になることもあるんです。

二人目不妊の妊活ブログ1:妊活について淡々と綴ります

女性がソファで横になっている画像

去年の秋頃から二人目妊活を始めました。

妊娠検査薬を使用した
自己流タイミングでしたが、
お互い仕事と育児に忙しくて、
タイミングを取ること自体に消耗…orz
そしてたまに取れたタイミングも
うまくいかず…。

正直、第一子を速攻で授かったので
舐めてました。。。
でも年は確実にとってるし、
生活パターンも全然違う。
平日は夜に顔合わせることがほぼナシ!

出典:妊活について淡々と綴ります

二人目の妊活が一人目のときと大きく違うのは、やはり年齢のこと。

一人目の妊活はスムーズにいって妊娠できたとしても、子育てが一段落した二人目の妊活のときには、年齢が不妊の原因になることがあります。

このブログでも一人目の妊娠はスムーズにいったものの、二人目の妊活ではうまくいかず、不妊治療を行うことになります。

年齢が妊活の障害になっている様子はブログでも触れられています。

「周期早いでしょう。
25日くらいで生理が来ちゃう。
排卵が早いから
人より早く卵使い切っちゃうんですよ。
これが終わったら、
もう妊娠は不可能ですね」

…うーん、体力的には
若いほうだと思ってたんだけど、
卵巣はそうでもなかったみたい。
体力かんけーねーか。。

それにしても、生理周期が早いって、
妊娠のチャンスが増えるわけで、
「お得ラブラブ」
と思ってたけど、違ったわ…。
無駄に多く排卵してたってことねー。。。

このブログでは、不妊治療の検査費用が詳細に書き留められているので、だいたいどれぐらいの費用がかかるのか知りたい方に役立つブログです。

また、現在ブロガーさんは44歳で体外受精にチャレンジしているので、いわゆる高齢妊活について知りたい方の参考にもなると思います。

妊活について淡々と綴ります

二人目不妊の妊活ブログ2:39歳、2回目の赤ちゃん待ち

彼は、私の生理がストップしていることを
知った上で結婚してくれました。
感謝しても感謝しきれません。

結婚してしばらくして、
やっぱり生理が来ないのはまずい
赤ちゃんは今すぐ欲しいわけではないけど
いずれ欲しいし
と思って、またまた勇気を出して
地元の産婦人科に行きました。

出典:39歳、2回目の赤ちゃん待ち

生理が止まった状態でご結婚、不妊治療で男の子を授かります。その後、二人目のお子さんが欲しくなり39歳で妊活をスタートしたブロガーさんです。

不妊治療を続け、陽性反応があったものの最終的に稽留流産してしまいます。

このブログは、体温が細かく記録してあるので、高温期の目安や体温変化の目安を知りたい方の参考になります。

39歳、2回目の赤ちゃん待ち

二人目不妊の妊活ブログ3:コウノトリ捕獲大作戦~再び~

上司には、まだ言いたくなかったんだけど、現状を説明した。
診断書をもらってくるように言われた。
その旨を先生に話して、エコー


心拍が消えていた。。。

もう、気持の整理がついたと思って、記録として残し始めたけど、こうやって言葉にするとダメみたい。。。

涙が出てきた。。。

出典:コウノトリ捕獲大作戦~再び~

一人目の妊活では、高プロラクチン血症が発覚しカバサールを服用しながら、タイミング法で赤ちゃんを授かりました。

その後、二人目の妊活では繋留流産、子宮外妊娠での卵管流産を経験しながらも、現在も前向きに不妊治療をしているブロガーさんです。

働きながら妊活をしているブロガーさんなので、仕事と不妊治療との両立について悩んでいる方の参考になると思います。

コウノトリ捕獲大作戦~再び~

二人目不妊の妊活ブログ4:がんばりまっせ!2人目妊活日記

女性が横になっている画像

出産時って、もっと心底感動するものと思ってたけど
「だぁー!終わったー!」
そんな感じ。

そんで、「お腹の中の子」と何カ月も過ごしてるからか
外に出てきた子がまた全然別物に思えて。
産んだ後、しばらくはなんともいえない寂しさがあったな。
時々腸かなにかが動くたびに「あ・・・」てなったり。
自分でもけっこう意外な感情だった。

出生届だすまではどうも胎児ネーム「チビ子」って呼んじゃうしw

寂しさはいつしか消えて
今は間違いなく赤ちゃんは大事な大事な家族!

こういう気持ちって、産んですぐじゃなくて
日に日に少しずつ高まっていくものなんだね。
これからもさらに高まっていくんだろうな。

出典:がんばりまっせ!2人目妊活日記

このブログでは、一人目の妊活と二人目の妊活が同じブログに書かれており、一人目と二人目の不妊治療の流れを見たい方におすすめのブログです。

一人目の妊活でも苦労されており、橋本病や2連続の強制リセット(プラノバールなどの薬を服用して強制的に生理が起きるようにすること)で疲れてしまい妊活を休んだことも。

一人目の妊活で苦労しても、やっぱり子どもはかわいいもの。二人目の妊活をスタートするときは

一人目妊活の時って、二人目で悩む事なんてあるのかなぁって思ってた。
というか一人産んでまた悩みたくないって思ってた。

でもやっぱりほしくなるんだね。こんなにかわいい子をぜひもう一人!

できないのは辛いし悔しい事なんだけど
子供がほしいって思える今の生活に感謝。

またクリニックに通いたいけど、正直お金がナッシング。
通院費出してたら子供にしてやれることがあまりなくなっちゃう。
あとは時間も。
子育てしながらの妊活ってそれはそれで大変なんだねぇ・・・。

出典:がんばりまっせ!2人目妊活日記

と言っています。

現在は、二人目を授かるために人工授精で不妊治療中です。

がんばりまっせ!2人目妊活日記

二人目不妊の妊活ブログ5:産声聴けたよ☆

そして、、、
一番気になってた心拍。

先生が教えてくれる前に、
胎芽に波打つ心拍を確認できました!!

アップにしてみると、


ドクっドクっドクっドクっ


元気な音が聞こえました

感動

悪阻、頑張ろう。。
辛いけど、頑張ろう。。。
そう思えた。

出典:産声聴けたよ☆

一人目を帝王切開で出産、不妊治療を経て二人目の赤ちゃんを授かり、現在は一人目赤ちゃんの成長とお腹の中の赤ちゃんの記録をアップしています。

一人目の子育てと並行しての二人目妊活や帝王切開について知りたい方におすすめのブログです。

特に帝王切開については、ブロガーさんがこんなことを言っています。

私、ベビーナを帝王切開で出産しました→♡

私が帝王切開で出産したってわかってるはずなのに。医療行為そのものの帝王切開だって出産は感動したもん。
(それに、1人目だろうと2人目だろうと、命が誕生する時の感動は同じだと思うんだけどなぁ。)

私、帝王切開だよ。まんま医療行為でも感動したけど!って言ってやれよ(怒)

私よりも憤慨してた
おかげでちょっとモヤモヤが治まりました

出典:産声聴けたよ☆

悪気はないけど帝王切開を否定するような親友の発言を受けたブロガーさんが感じたことです。

一人目でも二人目でも。通常出産でも帝王切開でも。自然妊娠でも人工授精でも体外受精でも。「命が誕生することの素晴らしさと感動は変わらないんだ」と気付かされる言葉です。

産声聴けたよ☆

二人目の妊活は一人目とは違う

女性が橋の上で座っている画像

出産適齢期をすぎると不妊症になるリスクは高まるもの。だからといって二人目の赤ちゃんをあきらめる必要はないと思います。

また、一人目の赤ちゃんが不妊治療で生まれたからといって、二人目の赤ちゃんを遠慮する必要もないでしょう。一人目での不妊治療のデータが残ってれば、二人目不妊の治療の方がスムーズに行く場合だってあるんです。

妊活ブログを見ていると、まずは食生活や生活習慣を改善していく妊活から始めている人が多いようです。それでも難しいときは、タイミング法や人工授精、胚移植、顕微授精と、妊活と並行して不妊治療を続けている人が多いようです。

妊活ブログを見ていると、二人目不妊の様子がわかってくるもの。しっかり読み込めば、二人目不妊の悩みが少しずつ解決されていくと思います。

written by nopaso

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45983 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ